けぇ がるね?日記

ネパールの首都、カトマンズから発信しています。

2005年05月

うーむ、書けることがない

とまぁ、しばらく更新しなかった。ごめんなさい。
 
カトマンズ暮らし。日々いろんな出来事がある。いろんな事を想う。せつないこと、腹の立つこと、勇気づけられること、いろいろある。
 
でも.......書けないこと。書くべきじゃないことだってある。
 
ということで、筆無精もお許しいただければ幸い。明日は、スカッ!と爽やかなネタが拾えそうだけど。えっ、行くの?って、亭主が逡巡していたりもする。はぁ。

ネパールの、したたかマスコミぃ〜

ネパールではここしばらく、マスコミ 対 公安の隠れた攻防が続いている。
 
この国の新聞、テレビともに、公安や治安組織を叩く【ネタ】を探し続けている様子が見える。そんなところに「すぽ〜ん」とハマってしまうと、何だか本来の趣旨とは離れた形で利用される恐れがある。
 
決定的瞬間に、【ネパールの】マスコミが立ち会っている....なんて場合は、まず最初に、マスコミに【仕込まれたんじゃないか?】って疑うのは私だけだろうか。特にネパールのような国のマスコミが、【狙ったシーン】を撮るために張り付いているなんて状況は、撮られる側の人間にとって大変に危険なものじゃないかな?違うかなぁ〜分かってたのかなぁ〜
 
【正義】と【面子】と【メディア戦略】の三つ巴は、見ていて空恐ろしい。こんなとき、メディアで取り上げられる街の声ってえのも、当然操作されている可能性がある。情報を改変したり規制したりして、自己の有利に使うのは政府だけの専売特許じゃない。
 
それにしても、人が追い込まれてしまう前にフォローすることが大切だよね。世間を注目させる行いの背景に何があるのか?その行動に至る心情や環境に何があったのか?まあ、現場を丁寧にフォローしないとイカンよね。組織はね。そうしないとね、最前線の人間は疲弊してしまう。
 
のほほんとした皮を被ったカトマンズ暮らしだけれど、大組織には特に、危機感を持ち続けてほしいよね。そうでないと、個人が浮かばれない。
 
またネパールでは、人前で面子をつぶすのは避けたい。私怨というのが凄まじい社会だ。こうなると、正義が正義として通らない事態が生み出されてしまう。
 
と、守ってくれる(べき)組織もない人間は、ふとそんな風に考えたりする。

ジャナカプールは暑かった

カトマンズを離れ、南下して来ました。

7e7615d0.jpg旅の最後は【ジャナカプール】。ミティラーアートを生み育てた、マイティリー民族の本拠地でした。またこの街は、インドの古代叙事詩「ラーマーヤナ」の舞台でもあります。主人公ラーマの妃、ジャナキー(シータ)が生まれ育った場所として、インド世界全体で有名です。

8594b775.jpg写真はジャナキー・マンディール。インド藩王妃が寄進したそうで、建物を見ていると「ここはどこ?インド?」という感じですね。インド・サラセン様式と云うのでしょうか。

それにしても暑かったです。この間行ってきたニューデリーの方が、気温的にはより高かったです。しかしインドの暑さは【ドライヤーの熱風の中にいるよう】【ドライサウナのよう】で、カラッ!と不快感が低かったです。しかしネパールの(インド国境)タライ地方は、暑さの中に湿気がある感じです。「べとっ」、というか、「ねちょっ」というか「ぶはっ」「むはっ」と堪りませんでした。

そんなタライ地方ですが、冬に訪れるとなかなかぽかぽかとして、気持ちよく過ごせます。ミティラー文化を訪ねる旅は、冬がお勧めです。

えっ、本場のミティラーアート報告は?ごめんなさい。2時間ほど車で北上した場所での仕事で、帰路カトマンズへの国内線に乗るためジャナカプールに行ったのですね。全然時間がありませんでした。

定刻を1時間遅れの国内線がカトマンズに着きましたら、ひんやり涼しい高原の風が迎えてくれました。帰ってきたなぁ〜、カトマンズに。

マーブルケーキと、シルバーガネさん展示

 
普通のケーキよりあっさりとした風味+チョコレートのこってり感が、不思議なハーモニーを醸し出しています。クセになりそうな予感です。それにしても、ももさんのクリエイションに脱帽です。
 
裕子さんの【フットマッサージ】、シュルティーさんの【ジュエリー】、そして、Nepal Art Souvenir の【チベット天珠ジィビーズの携帯ストラップ】【ミティラーアート】 と、気持ちよく健康なアートも、満載な ばななきゃっとカフェ です。
 
次回おからのマーブルケーキ登場は、来週月曜日の夕方とか。詳しくは直接、カフェにて(もしくは電話予約)ご確認ください。
 
*-------*-------*-------**-------*-------*-------*
 
ところで、おからのマーブルケーキ。ジューシーアイス謹製、イタリアンジェラードと一緒にいただくのもgood!ですね。ジューシーアイス、カカニのフレッシュ苺たっぷりの「ストロベリー」、そして旬の「マンゴー」、特にお勧めです。
 
ジューシーアイスはバトバディニ・スーパーの直営店他、ばななきゃっと・カフェU・Himalayan Javaなどでも楽しめます。
 
*-------*-------*-------**-------*-------*-------*
 
e5f8e085.jpgところで、シルバーガネーシュ(ガネーシャ)携帯ストラップは現在、カトマンズ市内キドホテルロビーに展示しております。この機会に是非、実物をご覧ください。
 
ネパール在住のみなさまには、カトマンズ・パタンに限り無料でお届けいたします。
 
一部再開されたカトマンズの携帯の【お守りマスコット】として、日本へ一時帰国時の【ぷちしゃれたおみやげ】として、いかがでしょう。ガネーシュ大好き!なみなさまにはもちろん、【ぞうさん】ということで、広く世間様にもかわいい♪と思っていただけるアイテムです。
 
キドホテル内の「田村レストラン」ですが、料理人稲本くんが、いつにも増して「にこにこ元気パワー」です。食べた人を幸せにする、料理が満載です。
 
何かいいことあるのかな?ねっ、稲本くん (^O^)

携帯電話が戻ってきた日々と、結婚式狂走曲

3ヶ月ちょっと使えなかった携帯電話が、生活の中に戻って1週間。
 
以前はあの人もこの人も、どこでもいつでも使っていた携帯電話。たった3ヶ月のギャップだけれど、あれ?って感じで、使い方を忘れちゃってた感もある。
 
さて、ネパールではプリペイド式の携帯電話が広く普及していたが、現在再開されているのはポストペイド式の携帯のみ。回線数が半減している。そのせいだろう。携帯同士の電話が、非常によく繋がる。
 
えっ、繋がるのは当然だろ?日本ではその通り。しかしネパールでは、回線のキャパシティを遥かに超えるプリペイド携帯が販売されていたため、「現在回線混雑のため繋がりません。しばらくしてから再度おかけください」メッセージが一日中流れる......という事態であった。
 
20〜30回トライして、やっと繋がるという感じ。緊急時、繋がらない携帯を叩き壊したい衝動に駆られたこと、よくあった。
 
現在、再開されている携帯にすいすい繋がる状態は、本来当然のことなのだけれど、それがネパールでは【特異】なことなんだな、こりゃ。
 
もうひとつ。以前は固定電話にかければいいことでも、携帯にかけてくる人が実に多かった。何をしていても携帯が鳴り、実にうざったく感じることがあった。しかし現在、携帯にかかってくる電話の数も激減している。
 
まあ、携帯が使えると、「糸の切れた凧と化した」亭主をつかまえられるのが実に便利。反面、サ店でまったり過ごしているところを、亭主につかまえられちゃうという困った事態も再発している。
 
ああ、発信だけで着信は出来ない携帯はないものか?って、そんなものみんなが使い出したら、携帯を持つ意味はないよね。
 
*-------*-------*-------**-------*-------*-------*
 
今日は日柄がよく、カトマンズ市内ではあそこでもここでも、結婚式が至るところで繰り広げられていた。我が夫婦のところにも、3件からの招待状が舞い込んでいた。
 
カトマンズの今どきの結婚式。花嫁の家で、花嫁だけで披露宴。そこに花婿行列がやってきて結婚の儀式。そのあと花婿の家で、2人揃ってまた披露宴......しかも、数百人招待なんてえのも普通。朝から夜中まで、2〜3日にわたるどんちゃん騒ぎが続くのも普通。
 
本日昼間、亭主の従兄弟の娘の結婚式も、ごくごく普通の家であるのに、招待客は400人だったそうだ。そうだ......というのは、そんなに結婚式ばかり行っていたら事務所の仕事はどうする?という家庭内業務会議の結果、昼間は亭主だけが行っていたから。
 
夜の招待は、亭主の(別の)従兄弟の奥さんのお姉さんの娘の結婚式。こちらの方は、いろいろ濃いお付き合いがあるので、私も久方ぶりに【サリーちゃん】になって、亭主といっしょに行く。
 
そろそろお暇しようかな?と云うとき、昼間の結婚式の主催である従兄弟もやって来て、そっちの家に移動して.......実にまったりと過ごしてしまった。それにしても、カトマンズの人たちの結婚式に使うエネルギーには驚かされる。
 
私たち?超ジミ婚でしたよ。ごく近い方たち20人くらいでお寺に行って儀式をして、そのあとみんなでお菓子とコーラ!で終わり。
 
しかしそれから4〜5年に渡り、周囲から「オマエタチハ、ワレワレニ【ゴチソウ】ヲクワセナカッタ、ワルイヤツラダ」と云われ続けたなぁ。当時女子大生だった義妹(亭主の妹)の友だちグループから「おねえさま、私たちを披露宴に呼んでくれないなんてヒドい!」と責められたり。
 
って、披露宴なんてしてないんだってば!と云うのが、「シンジラレナイ」だったんだろね。
 
ネパールでは現在でも、結婚は【家と家】の結びつき。嫁に【やる】【もらう】感覚が強いため、家族親族地域へのお披露目が大切なのだろう。
 
結婚というのは、成熟した両性が合意の元、それぞれが親から独立し、新しい家庭を作ることでR〜などという考え方にかぶれた私と、それに引きずられたり影響されてしまった亭主の我が家は、大変に特殊なのだ。

メルマガ、あたふたと発行

毎週末発行と銘打ったメルマガ、【ネパールの空の下で】であるが、今日は母の日をはしご(?)していたこともあり、ネパール時間の日曜日ぎりぎり発行となった。
 
日本のみなさまには、月曜日の丑三つ時に届くこととなり、申し訳なく、ごめんなさい。ネパールの空の下、【母屋サイト】には書かない種類の記事もあり、是非是非登録お願いする次第。
 
*-------*-------*-------**-------*-------*-------*
 
さて、【チベット天珠(ジィ/シィ)】を使った携帯ストラップ。
 
シュルテイ・ケールさんのジュエリー展大好評延長中の【ばななきゃっとカフェ限定】で、展示即売中。納得のいく天珠が、今回8個しかなく、先着順の現品限りとなっております。
 
こちらも、よろしくお願いします。

銀ガネストラップ、新デザイン登場

e9d2b652.jpg
 
ぽってり渋かわいいシルバーガネーシュと、流れるようなデザインのガーネット+シルバービーズを、銀色の根付け紐にセットしました。
 
いかがでしょう。
 
*-------*-------*-------*
 
昨日、チベット天珠のストラップも作りました。
 
こちらの販売については.......これから某所で密談 (*゚ー゚) してきます。納得のいく、しかも小振りな天珠入手が困難で、今回は合計8個だけの限定販売です。
 
次の天珠ですが、台湾からの入荷は1〜2ヶ月後となる予定。あなたに幸せをもたらす(と云われる)天珠ストラップ。いかがでしょう?

マイ携帯、フッカツダー!!(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)フッカツダー!!

前日、お役所の裏書き付きの「住所変更届」を出したマイ携帯。本日夕方、生き返った。ああ、3ヶ月あまりの【携帯の鳴らない・携帯でつかまえられない】、静かな生活は、終わりを告げた。
 
通信に対する規制は【終結すべき】なのだ。この基本姿勢は、揺らぐべきでない。しかし、まあ、不便な生活の意外な楽しさちゅーのもあるね。

祝!携帯電話再開〜 銀ガネ携帯ストラップ

カトマンズ盆地内、(ポストペイド)携帯電話サービス再開を祝し、幸運と学問を司る象の神さまガネーシュ(ガネーシャ)、携帯ストラップがNepal Art Souvenirに再登場です。

銀ガネストラップ今回はガネーシュ部分を、シルバーで特注しました。以前のゴールド版より一回り大きく、【ぽってり】した存在感があります。カービング部分には黒を入れ、かわいさと渋さが共存する、不思議な雰囲気を醸し出しています。

また今回、日本にいらっしゃる【ネパール者】某さんのご協力により アリガト!(´▽`) 、基本パーツ類がグレードアップしています。目に見えるところでは、携帯電話に装着するスリング部分の材質が、大きく向上しています。また、アメジストとペリドットを使った製品については、石の色と合わせたスリングです。

目に見えないところでも、極細ワイヤーを2本使って組み上げ、以前のものより強度を上げています。(でも、乱暴に引っ張ったりはしないでくだされ (^∧^))

日本のみなさま、そして携帯再開で【便利だけれど逃げ場のなくなった】カトマンズ在住のみなさま。縁起物のストラップをぶら下げてみませんか?

ネット公開した以外のデザインも、若干数あります。カトマンズ在住のみなさまには、ご連絡いただけましたら【実物】をご確認の上ご購入いただけます。

*-------*-------*-------**-------*-------*-------*

実は、ガネーシュ部分に【チベット天珠(ジィ/シィ)】を使ったストラップも試作中です。台湾で作られた新しい天珠ですが、アンティークもの同様、瑪瑙がその材質です。台湾の秘技(レーザー光線を使っているとか?)で、アンティーク天珠の模様を再現しています。

それにしても大昔、チベットではどのようにして天珠を作ったのか?これは現在に至るまで、謎なんですね。古代チベットに、レーザー技術を持つ地球外生物が来訪したのか?はたまた、神の在来か?

アンティークものはもちろん(しかし、1個数十万円〜数百万円)、新しく製作された天珠も、持ち主を災難から守るパワーがあると信じられています。

Nepal Art Souvenir特製【天珠携帯ストラップ】は、銀ガネと同程度の価格帯を予定しております。

携帯電話、続報

一部再開......とお伝えした、カトマンズ盆地内で登録(販売)された(料金後払い)携帯電話である。その後の【続報】をお伝えしたい。
 
まず、国際援助団体を含む【事業所登録】の携帯電話も、2日ほど遅れて再開された。それでもなお、私の個人名義携帯が死んだままであったので電話局に問い合わせをした。結果。
 
電話を取得したときの現住所と、最新の現住所が一致しないためとのこと。引っ越ししたんだな。亭主の場合、本籍地の住所で登録されていたため(本籍地は変わっていない)OKだったとのこと。電話局から、「現住所変更届」っちゅーのを昨日もらってきた。
 
ネパールの場合この手の届け出には、ネパール政府のキャリア公務員が保証人となり勤務先である役所の公印を押すというのがお決まり。今日ちょうど、某ネパール国営放送局に行く用事があり、そこの偉いさんに保証人になってもらった。以前の住所のご近所さんであり、私たち夫婦のことをよく知っていてくれる方だから頼みやすかった。
 
その後電話局で30分ほど並んで、無事変更届を出してきた。窓口で聞いたところ、1週間程度で届け出携帯は再開されるとのこと。
 
と、まあ。やれやれ ┐(´ー`)┌ であった。

携帯電話一部復活するも (´・ω・`)ガッカリ・・・

昨日、料金後払い携帯電話サービスが再開された。
 
違う!
 
昨日、一部の利用者に対し、料金後払い携帯電話サービスが再開された。
 
*-------*-------*-------**-------*-------*-------*
 
新聞報道や仲間内での情報収集によると、ジャーナリストや人権活動家、法曹関係者、外国援助関係者名義携帯の多くは、未だ発信も着信も出来ない状態にある。また、カトマンズ盆地外で販売された携帯回線も不通のままである。
 
The Kathmandu Post紙によれば、ネパール・テレコムは(ネパール全国で)249,000 の携帯電話回線を販売しており、この中には173,200 のプリペイド式回線を含んでいる(プリペイドは、今回再開の対象外)。
 
今回、カトマンズ盆地内のポストペイド(料金後払い)携帯回線55,000 のうち、45,000 の回線は【利用債申し込み手続き】を完了していた。この中で、34,000 の回線が昨日、利用可能となった。
 
と云うことは、未だ11,000 回線が使用不可となっている。
 
この記事最初にも書いたが、仲間内のジャーナリスト個人名義の回線や、報道機関名義の回線も【死んだまま】である。外国報道機関に勤める、ネパール人名義の回線は回復しているが、外国人記者の名義のものは不通となっているケースがある。
 
ビジネスや国際結婚のためネパールに住む外国人、個人名義の回線では、開通した人もいる。
 
ちょっと信じがたいのは、開発援助関係の携帯電話が不通のままだと云うこと(大使館関連は、開通した回線もある)。ネパール政府は、いったい何を考えているのだろうか?冗長なスピーチが特徴的な情報通信相、タンカおやぢをつかまえて小一時間、彼のスピーチのように「ねちねち」責めてみたい。
 
*-------*-------*-------**-------*-------*-------*
 
我が家の場合、ジャーナリスト・報道系NGO幹部として世間に知られている亭主、個人名義携帯は【再開】した。
 
しかし、私名義の携帯は【受信発信共に不可】のまま。
 
どないなってるの (゚Д゚≡゚Д゚)?

クレジットカード・オンライン決済、導入

ぱんぱかぱ〜ん♪ と、発表します!
 
日本側パートナーのご尽力により、日本からのご注文お支払い方法として、クレジットカード支払いが追加されました。
 
支払い方法は、買い物かごの【支払い方法】にてご指定いただけます。
 
買い物かごCGIによるご注文完了後、サーバーからの自動返信メイルを差し上げます。その後改めまして、当方より【カード決済用URL】【銀行振込先】を明記した別便メイルを差し上げます。
 
これからも、欲しくなる商品開発。お客さまの立場に立った、サイトの使い勝手など、前に向かっていきたいと思います。宜しくお願い申し上げます。
 
*-------*-------*-------**-------*-------*-------*
 
初夏のミティラーアート。3作品をばななきゃっとカフェにて、展示即売しています。
 
シュルティ・ケールさんによる、ジュエリー展が開催中のばななきゃっとに、是非お運びくださいませ。
プロフィール
カトマンズの天気
Click for カトマンズ, ネパール Forecast
記事検索
  • ライブドアブログ