雨期の、土砂崩れで国道でも至る処が遮断されるネパールを東西南北。ネパールに住んでいても、普通は絶対行かないような場所ばかりの地方巡業が2週間。無事完了。

交通封鎖ストライキもあった。我々か通りかかる前日まで通れない道も通れて、通過後また土砂崩れ。なんていう事もあった。この他にも、タライ地方で泊まった某ホテルにて、ネパールらしい/らしからぬ?トラブルに巻き込まれそうになりつつも、全て運良く回避できた。

大雨の中、ヒルに吸血されながら、深い森を数時間歩いて現場にたどり着く。なんてこともあった。村で食べさせてもらったシェル・ロティ(米の粉のドーナツ)の、素朴な美味しさが忘れられない。

今回、私に、得がたい機会と強運を運んできてくれたTさんに、心から感謝したい。同時に、様々な現場で、ネパールや日本のたくさんの方々にもお世話になりっぱなしであった。

みなさん、ありがとうございました。


さて、そんな地方巡業の間、仕事に関係なく見つけてしまった/出会ってしまった「!?」な光景をご紹介したい。

こちらは、ネパール西部の某観光都市の銀行ATM。
P1030743

ATMの横にある入り口から、銀行の中に入ると、ロビーの一角に.....
P1030745
ATMの裏側が剥き出しぃ!

なーるほど。ATMマシンのお金を入れる部分って、こういうダイヤル金庫になってるワケか。ふ〜む。でも、銀行の営業時間中、ロビーに不特定多数の人がいる状況の中、お金の補充をしなくてはならない場合は。不用心ね。


銀行を出たところにある、チョウタラ(菩提樹などの巨木を植えて、石を積んだ公共の休憩場所。木陰が気持ちいい)。この木の根元に....
P1030356

こんな祠!?
P1030736
神はエコである。神もまたエコである。神はエコと同一である。

GOD OF ECOでもなく、GOD IS ECOでもなく、 GOD AS ECO っちゅーのは、どういうニュアンスなの?シバ神であるのは分かるが、彼が環境問題にも造詣が深い(爆)とは、知らんかった。

シバ神の目が「いっちゃってる」感じなのは、(この某観光都市らしい)とある植物による酩酊状態を表しているのだろう。こう考えると、エコなのかもしれない。


最後は、この某観光都市在住邦人のブログ(ここまで書いたら、どこの街かバレバレじゃん)で評判の
P1030749
マチャプチャレ・キス と云う名のケーキ。当該ブログ記事はこちら。

この某観光都市の、某レイクサイドにあるレストランMoonDanceと、その系列のOliveCafeで楽しめます。私は最初MoonDanceに行ったら品切れで、系列店のOliveCafeに電話で在庫確認をしてもらってから駆けつけた次第。

苦労してさがして食してガッカリしない、人を笑顔にする、それでいてオーバーにならない、お口の中の小さな幸せであった。

食後にカフェの名刺をもらったら、が〜ん。カトマンズのタメルNew Orleansと、その系列のパタンJazzGardenと同じ経営者の店だった。やるじゃん!スデシュ!!でもこのケーキ、彼のカトマンズのレストランでは見たことがない気がする。

ネパール版、銘菓「萩の月」なのか?仙台、またはその近郊の直営店。もしくは東京の宮城県アンテナショップでないと買えない萩の月。製造・販売元のウエブショップでも買えません。同店の他のお菓子は買えるのに。

私が知らないだけで、「カトマンズでもこのケーキ食べられまっせ」情報をお持ちの方がいましたら、是非、掲示板に投稿いただきたし。情報お待ちしてま〜す。はあと。


ということで、仕事が一息ついたこともあり、これからはまた、出来るだけ記事をUPしていく予定。

ネパールの政治のこととか、堅い話はあまり期待しないでいただきたいのだが。阿呆なネパール生活の諸々を、書き垂れていきたい。