けぇ がるね?日記

ネパールの首都、カトマンズから発信しています。

2014年07月

ヘリパイロット「だけ」懲罰とは?

ヘリを使ったエベレスト登頂、中国女性登山家王静(Wang Jing) さんについての続報が続いている。英文紙としてネパール最大の発行部数であるThe Himalayan TimesのRajan Pokharel記者がこの件、ずっと取材を続けている。

名称未設定 1
2014年7月3日 The Himalayan Times (画像クリックで当該記事リンク)

王静さんに対しネパール政府は、エベレスト登頂証明書を発行したこと。ネパールの観光業界紙が主催した彼女に対する顕彰式典に、登山を管轄する文化・観光・民間航空省の事務次官も来賓として出席したことはこのブログでも既に記事にしたとおりである。

一方王さんをキャンプ2まで/から、ヘリに乗せてフライトを行ったFishtail Air社のイタリア人パイロットMaurizio Folini氏に対しては民間航空局(CAAN) の指導により、調査の決定が出るまで飛行停止処分(社のフライト人員名簿からの除外)が出されている。Folini氏はその後、ネパール国内での飛行が出来ないためイタリアに帰国していることが確認された。

Folini氏は9,000時間の飛行経験があり、昨年はエベレストの7,800mからのレスキューという超人的飛行も成功させている。記事によれば彼はヘリパイロットだけでなく、登山ガイドでもあるという。Folini氏は「あのような登山には賛成出来ないが、会社に所属するパイロットとして飛行を実施しか選択肢はなかった」と、当時の状況を説明している。

*-------*-------*-------**-------*-------*-------*

【以下、私の論評】
Fishtail Air社はヨーロッパ式山岳ヘリレスキュー技術導入に積極的である。レスキュー飛行により数多くの人命を救う可能性の高いパイロットFolini氏が、一握りの外国人登山家とこれをサポートするネパール人の行動によって飛行停止処分を受けたことは、大変遺憾なことである。

同時に、王さんに登頂証明書を発行したのも、Folini氏に飛行停止処分を出したのも、同じく文化・観光・民間航空省(の内部)であり、決定の間に矛盾がある。敢えて踏み込むなら、登山を管轄する観光産業部の動きがおかしいし、その背景について何らかの疑惑を感じている人も少なくない。

登山家の側やヘリ運航会社マネジメントにはお構いなし。外国人パイロットだけが処分を受ける事となれば。それは明確なトカゲの尻尾切り。世界的に大きなニュースにならないとしても、非常に恥ずかしい、ネパールにとって不名誉な出来事となるだろう。ネパール観光業界にとっても、汚点がまた増える。

The Himalayan Times紙とRajan Pokharel記者には、今後とも期待して報道の成り行きを注目している。 

王静さんの登頂認定、ブログ記事追記

本日UPした「すっきりしない、エベレストの結末」記事について、情報を追加する。

フランスの通信社AFPによると、ネパール政府の見解として、王さんの「キャンプ2までヘリで飛行し、登山機材をここにデポしたあと再度ヘリでベースキャンプに戻り、そこから徒歩で登山活動を開始し登頂した」という主張に基づき調査。登頂を認めたとのこと。AFP元記事(日本語)

AFPの記事を更に詳細に紹介したHindustan Times紙によれば(英語)、 上記ネパール政府見解をAFPに対して述べたのは、文化・観光・民間航空省の中で観光産業全体を統括する次官補Madhu Sudan Burlakoti氏。

王さんを顕彰したのはネパール政府ではなく、観光に関するネパールの業界紙Gantabya Nepalであり、国際登山賞名目もこの業界紙独自に作ったものである。ここに観光省の次官は来賓として出席していたようだが、賞状とトロフィーを授与したのはマオ派に属する元の観光大臣であった。当初制憲議会国会のネムバン議長が授与するという噂であったが、実際は現閣僚でない政治家となる。など、スケールダウンした模様。登山界として、評価に値しない顕彰と見るのが妥当であろう。

*-------*-------*-------**-------*-------*-------*

「ヘリでベースキャンプに戻って歩いて登った」という話が湧いて出ていることに関し、ネパール登山界における確実な筋に確認を取ってみた。しかしそこでは、これは初耳!と向こうに驚かれる始末。王さんが行きも帰りもキャンプ2まで/からヘリを使用しこの区間を歩いていないことは、確認が取れていることであるそうだ。

政府が登頂証明書を発行したこと自体、新聞記事を見るまで知らなかったとのこと。昨日の顕彰式典についても招待されておらず、然るべきネパールの登山界とは別な人間関係で行われたものであるそうだ。

ここからは私の推測であるが、大変な異常事態の中果たした登頂であるため、ヘリの使用について(登山倫理のみならず、法令にも抵触する無断飛行も含め)黙認し政府が登頂を認めた。のであれば、いろいろなことがいろいろな方法で可能なネパールにおいて、あり得る話である。 

一方政府がまともに「ベースキャンプから歩いた」と認めたのであれば、そこには根本的に嘘で固めたやりとりが存在する。としか思えない。 

不可解は不可解なままで終わるのか? ブログには書けない話も多過ぎだ。

すっきりしない、エベレストの結末

今季エベレストネパール側から、唯一登頂を果たした登山隊を率い、ただひとりの外国人登頂者である中国の女性登山家、かつ、アウトドアブランド経営者である王静(Wang Jing)さん。しかし彼女はベースキャンプからキャンプ2の間を登山下山共にヘリコプターを使用した。この背景には、4月に起こったアイスフォールでの大規模雪崩事故とその後の現地大混乱がある。

世界7大陸の最高峰+両極点踏破最短早回り記録に挑戦中であった王さんは、長年彼女をサポートしてきたHimalayan Experience商業登山隊の撤退後、新たに自分独自の登山隊を結成。自分をサポートするシェルパチームを率いて、5月23日エベレストに登頂した。

しかし、

1.キャンプ2への/からのヘリフライトが、正式にネパール政府の承認を取っていなかったと見られること。

2.ベースキャンプから上部の登山活動にヘリを使用した事への、登山のモラルに関わる疑問。

3.下山後、ネパール政府に対する報告で当初ヘリの使用を隠匿しようとしたと見られる行動があったこと。その後ヘリ使用を認めたが、通訳の間違いと主張。

などの問題があり、彼女に対するネパール政府からの登頂証明書が発行されるかどうか?注目を集めていた。

結果としてネパール政府は登頂証明書を発行しただけでなく、王さんの(いろいろな意味で)冒険的エベレスト登頂に対して国際登山賞顕彰まで行った。これらの記念セレモニーが昨日、カトマンズ市内のホテルで挙行された。

名称未設定 1
2014年7月1日 The Himalayan Times紙より(写真クリックで元記事リンク)

ネパール政府による登頂証明より、世界の登山界では権威を認められているHimalayan Databaseには、【航空機の補助を得た登頂】と、但し書き付きで登頂が記載されているという(米国の登山評論家Alan Arnette氏による情報)。

今年春のエベレスト登山隊全面撤退の責任がネパール政府になく、登山隊が自主的に撤退したのだ。としたいネ政府にとって、彼女の登頂は有り難かったに違いない。結論としてヘリの不正使用疑惑を不問としただけでなく、賞を贈って顕彰までしてしまった。

現在のエベレスト登山では、ネパール側ルート最大の難所となる(ベースキャンプからキャンプ2までの間にある)アイスフォール帯のルート工作はネパールの環境保全団体が請け負っている。各登山隊はこれに対して通行料を支払い、その資金が団体の活動資金となっている。このWin-Win的活動の流れは政府の許可を得て行われている筈であり、王さんの登山時このルート工作が為されていなかった時点で政府が介入し、足で歩く登山による登行/下山ルートを確保すべきであった。または、今回の特殊な状況から、キャンプ2へのヘリ使用を政府が認めるべきであった。

同時に登山隊も事前に、そして下山後もヘリ使用をオープンに認め、今季の特殊性と自分たちの正当性を包み隠さず主張すべきであった。

登山村社会の掟を破って王さんに同行したシェルパさんたちは、彼女が学校に高額の寄付を行った村の出身であるらしい。またネパールの高所ヘリ運行会社にも、投資家として出資しているという。王さんの既成概念を突き破る行動力には感嘆するが、結局、お金。という臭いも感じられる。

エベレスト登山に関しては(も)ネパール政府は、何もしない。登山料という高額な収入だけ欲している。無責任。というイメージが再確認されたと思うのは、私だけだろうか?

来年春の登山シーズンの動向は、国際的に注目を浴びると思う。この時日本からは、エベレスト/富士山同時清掃活動をひっさげ、 エベレスト/富士山姉妹山提携を推進している方たちが、エベレストの現場から忌憚ない発信をするべく乗り込んでこられること。引き続き関心を持ち続けたいと思う。
プロフィール
カトマンズの天気
Click for カトマンズ, ネパール Forecast
記事検索
  • ライブドアブログ