タメルと王宮通り、24時間営業認可か?The Himalayan Times元記事

カトマンズ市内の繁華街。レストラン、ナイトクラブ、ブティック、航空会社、旅行代理店等が並ぶ...

タメル: 外国人観光客のためのエリアであったが...最近は押し寄せる中国資本レストラン等で、賑々しくも趣きない「壊滅的新興チャイナタウン」化が進行中。地元ネパール男性のための風俗店も、ちらほら。

王宮通り King's Way: ナラヤンヒティ王宮(現、博物館)から南に続く。元は、国王一家居城の権威に基づく、ネパールで一番ハイソな通り。タメルに比べると上品なレストラン、ホテル、舶来品高級ショップも並ぶ目抜き通り。

現在はレストラン、ナイトクラブ、風俗営業共に夜10時前後には閉店の行政指導が入っている(が、警察官とネゴネゴして何かを握らせ、シャッター閉めて中で営業する店もある)。これを大胆に、2ヶ月以内に24時間営業を許可しちゃおう!っていう話が、カトマンズ郡行政事務所、カトマンズ市役所、カトマンズ市警察、タメル地区観光開発委員会でイケイケ、ドンドン、アゲアゲで検討されているという噂であったが...現地新聞報道で、あり得そうな、妥当な話が伝わってきた。

曰く、タメル地区観光開発委員会は24時間営業に踏み切る前に、防犯監視カメラの整備、警備員の配置、信号、街灯、駐車場、ゴミ処理等のマネジメントが不可欠であると考えている。先ずは週に2日間だけ。金曜と土曜日の24時間営業を試験的にはじめる。この影響と観光客、顧客からの反応を見て、先行きの見通しを立てたいとのこと。

みなさん、タメルや王宮通りで、オールしたいですか?うーむ...と否定的になるのは、私が年とったから。大昔、バブル景気の大学生だった時代は、新宿や渋谷で朝まで飲んでたけど。カトマンズでそれ、やりたいかなぁ。街や社会のノリが違うような気がするのは、私だけだろうか。

*-------*-------*-------**-------*-------*-------*

高潔なるアイドル公務員、決定!The Himalayan times元記事

きれいな生き方をしている公務員は社会のアイドル!と、何だか不思議な、納得出来るような、何かが根本的に間違っているようなテレビ番組の結果が出たらしい。公立学校の先生が優勝したとのこと。

カトマンズ盆地のすぐ東隣。カブレパランチョーク郡バンチタルの公立学校の教諭ギャンマニ・ネパールさん。彼の15年間の教員生活で、勤務校の教員出席率を90%に向上させ(生徒ではなく、教員の出席率ですよ!)、生徒の(進級試験)合格率を14%から60%に向上させた(ということは、4割は落第)。

彼は自分の携帯番号を生徒や父兄に教えて、ずる休みしている教員の状況をチクらせることで、教員が出勤せざるを得ない環境を作ったとのこと。

日本の公立学校教諭のみなさん、ネパールに来ればあなたもアイドル教員ですよ!いや、日本の真面目な、普通のあなたが、輝ける場所がネパール...かも?いやいや、ネパールの役人根性の中に入れば、空回りするばかり。

ちゃんと仕事している民間企業や団体は、ネパールにも沢山あるけれど。ネパール公務員人生って、何が楽しいの?ネパール本省の役人ども、援助のお金で外国に行ったことを自慢する輩が多いが、それくらいしか楽しいことはないと云う事か。残念な人生だと思う。一部、大変優秀で立派な公務員もいる。そういう方は出世を極めて本省の次官になったり、途中で国際機関や国際的企業に転職していったりする。

ごめんなさい。偏見入ってます。それだけ、いろいろ、見たり聞いたり体験したということで、以下自粛。でも、一生涯忘れないからな。だから、自粛しなよ...