いつものThe Himalayan Times紙より、気になったニュース抄訳。

豚インフルエンザ感染者在宅治療の是非、カスキ郡医療行政
http://epaper.thehimalayantimes.com/Details.aspx?id=1426&boxid=29132052&dat=2/24/2015
報道より...
 隣国インドにおいて、ここ数ヶ月で700人以上の死者を出している豚由来ヒトインフルエンザ(H1N1)。インドからの観光客が多い観光都市ポカラを擁するカスキ郡でも、ネパール人罹患者が出ている。
 ネパールにおいては血液サンプルをカトマンズに送って検査をする。また、郡病院の隔離病棟に入院させるべきであるが、通勤・通学等の外出を控えることを指示して自宅療養させている。

けぇがるねのひとこと...
 H1N1インフルエンザの場合、日本では罹患患者が多すぎて自宅療養となっていたと記憶。ただし医療体制が確立され、国民の栄養状態も良好な先進国。気候や栄養状況厳しい途上国では、先進国なら何でもない病気が多くの人にとって命取りとなる危険性高い。インフルエンザ然り、下痢然り。インド/ネパールは両国民のビザなし相互入国が自由であるため、他人事ではないのだと思う。
 ところで、日本であれば赤丸で隔離される「腸チフス」「赤痢」「コレラ」や、入院治療となる「肝炎」などの伝染病。ネパールの病院では劇症以外「よくある普通の病気」扱いで、鉄板で自宅療養となる。

ネパール考古局、ネパール国内世界遺産の数を力説
http://epaper.thehimalayantimes.com/Details.aspx?id=1434&boxid=29179488&dat=2/24/2015
報道より... 
 ネパール考古局は、ネパール国内にあるUNESCO世界遺産は2ヶ所だけで、それは「カトマンズ盆地」と「ルンビニ」であると力説する。カトマンズ盆地内にある世界遺産モニュメント7ヶ所(カトマンズ/パタン/バクタプル旧王宮エリア、ボーダナート、スワヤンブナート、パシュパティナート、チャングナラヤン)を別々の7つの世界遺産とカウントするのは間違いである。各種報道のみならず、ネパールの学校で使用される教科書にも同様の間違いが見られるとのこと。

けぇがるねのひとこと...
 この新聞記事自体、半分間違い
 ネパール国内のUNESCO世界遺産は、正しくは4ヶ所。文化遺産として「カトマンズ盆地」及び「ルンビニ」。自然遺産として「サガルマータ(エベレスト)国立公園」と「チトワン国立公園」。2ヶ所と明言するなら、文化遺産Cultural Heritageと書かなくてはいけない。ま、小役人さまたちは、(文化観光民間航空省傘下の)考古局が管理するのは文化遺産だけで、(森林土壌保全省傘下の)国立公園局が管轄する自然遺産なんて知らんもんね。というところか。
 カトマンズ盆地が各遺産地区個別でなく盆地全体として世界遺産であるのは、日本で云えば「京都」が世界遺産なのと似ている。カトマンズ盆地全体ではなく、歴史的・文化的価値あるエリアに限って保全が義務づけられているという訳だ。
 ところでネパールでも、これら以外の古い街並みも世界遺産に登録しよう!世界遺産ブランドで観光振興だ!!という動きがある。近い将来、UNESCO世界遺産はモンドセレクション金賞程度になっちゃう、かもね?言い過ぎか...