けぇ がるね?日記

ネパールの首都、カトマンズから発信しています。

書評

CDで聞くのが、効く

今年1月手元に届いていたが、何かと気ぜわしく、今まで紹介できなかった本がある。今もヒマではないのだが、こうしていると、ゴールデンウィーク頃にならないと紹介できなくなりそうで。

えい、やっ!

ネパール語を「独習」しようとする日本人にとって、福音と云っていい本が(2006年10月)出た。

ネパール語・白水社

 

 

 

 

 

 

 

野津治仁著 CDエクスプレス ネパール語 白水社刊

著者は、多数のネパール旅行者・在住者に愛用されている、旅の指さし会話帳 ネパール でも有名。日本における、ネパール語・文学の第一人者である。

さて、私が日本でネパール語を独学した二十数年前は、この分野の歴史的名著、石井溥先生の「基礎ネパール語」大学書林刊、だけが頼りであった。辞書としては、鳥羽季義先生の「ネパール語基礎1500語」大学書林刊、という、ネパール語−日本語の薄い小さなものだけ。結局、カトマンズから取り寄せた「ネパール語大辞典」という、ネパール人向けに編集された、ネパール語−ネパール語の辞書しかない!という、大変な時代であった。

それが現在、1冊3万数千円という値段に目をつぶれば、ネパール語−日本語、日本語−ネパール語の立派な辞書も出ている。これは、三枝礼子さんの労作で、大学書林から刊行されている。

今、カトマンズで、ネパールを専門としてご飯を食べている私にとっては、大学書林方面には足を向けられないのだが......いかんせん、これらシリーズは格調高く、取っつきにくい本ばかり。

学習時は???で理解できず、後年、ネパール語が読み書きを含めてある程度出来るようになってから見直して「ああ、そうだったのか。やっと分かった」という点、多々あるのが特徴。

スターウォーズ最終作で、やっと、第1作を見てから三十数年の疑問が解けた!と云うのに似た感じ。いや、それだけ、石井先生の本と鳥羽先生の本は、未だに読み返している。私の半生だ。

*-------*-------*-------**-------*-------*-------*

一方、白水社の、特にエクスプレス・シリーズは、初心者に優しい心遣いの編集である。

CDエクスプレス ネパール語も、20章のうち前半の10章は、デバナガリ文字+ローマ字表記だけでなく、カタカナ表記が明記されている。あの文字を見て「ああ、こりゃダメだ」と挫けがちな初心者には、有り難いだろう。

文法解説も、言語学的な表記ではなく、最大限「普通の言葉で理解できる」ものになっている。練習問題もあり、真面目に取り組めば成果が出るだろう。

何より、付属のCDで、音を耳から確かめられるのが良い。CDのトラック番号が、本に明記されているのも使いやすい。まあ、吹き込んだネパール人の方の発音より、著者である野津さんの方が、日本人の耳でピックアップしやすい(ネパール人より明瞭な)発音である。せめて最初の数章、野津さんによる吹き込みがあったら良かったのに.......と思うのは、私が著者を存じ上げているから。

*-------*-------*-------**-------*-------*-------*

これまでのネパール語教本に比べて、取り組みやすい本である。

この本とCDに真面目に取り組めば、ネパール語の初級〜中級レベルまでの能力が身につく筈だ。ここまで出来れば、使えるネパール語として、仕事や生活に役立つこと間違いない。

現在ネパール語を使っている人間にとっても、この本は有用だ。

今年1月、著者の野津さんの喋る、原理主義的なレベルでの正しいネパール語を、3週間聞き続ける機会に恵まれた。これで分かったことは、自分のネパール語が、発音も文法表現も、非常に独り善がりになっている.....と、いうこと。

私の回りのネパール人たちは、私の喋りに耳が慣れて、おかしなネパール語であっても理解してくれる。しかし、嫌みなほど正しい、しかも耳で聞き取りやすい発音に接すれば、何が違うのかくらいは、私も理解できる。

本の解説で文法を確認し、何気なく口から出している自分のネパール語を、論理的に検証したり矯正する。CDで、ネパール語独特の発音に耳を澄ませる。そして真似てみる。そんな使い方も出来る。

私にとってネパール語は、目的ではなく「手段」に過ぎない。ネパール語は、道具である。だ・か・ら、良い仕事をするために、道具は時々磨いで、切れ味鋭くしておくべきなのだ。

CDエクスプレス ネパール語は、良質の「砥石」になるだろう。

ピアノ練習の、ハノン......と同じ。

山下洋輔さんのフリージャズ・ピアノのようなネパール語を使いこなしたいが、基本がダメでは崩せない。

*-------*-------*-------**-------*-------*-------*

ところで、(この本に限らず)教則本は「正しい(正しすぎる)言葉」のみであるため、これをもって、ネパール人の会話理解の全てが出来るようにはならない。

例えば、カトマンズなど都市部の人たちは、ネパール語会話の中で英単語を多用する。名詞だけでなく、形容詞も英語を使うことが多いので、英語の単語能力がないと理解できないことも多い。西洋型インテリ源ちゃんネパール人と会話する時は、これを実感する。

そーゆーことって、実はすごく大切なのに、教えてくれる人っていない。ネパール語の海に飛び込んで、溺れそうになりつつ、自分で覚えるしかないのね。

また、ネパール語以外の言語を母語とする人たちは、訛りのキツいネパール語をしゃべる。これまた、正しいネパール語の音から上下左右にフレキシブルな聞き取り能力が要求される。

私が昔通った、アメリカ政府が経営する、アメリカ英語を教える語学学校では、上級クラスになるとワザと、スペイン語訛りやイギリス式発音の英語もヒアリングさせられた。アメリカ式実利主義は、教わる身にとって、有り難かった。

*-------*-------*-------**-------*-------*-------*

とまあ、難しいこと考えずに、ひとつ買ってみてくださいな。

ネパール語の扉が、開く.....可能性は、過去の本よりずっと高い。

超地図帳 《価格訂正》

スーパー地図帳

 

 

 

 

 

 

ネパール地図と、各種統計調査をマッチングさせた「超地図帳」が、この本である。その名も、Nepal Atlas & Statistics。2006年、ヘリの墜落事故で他界された地理学者、ハルカ・グルン博士の名著である。

2001年に実施されたネパール国勢調査の統計を、地図に落とし込むことで、ビジュアル的な理解が出来るよう工夫されている。ネパールと云う国が、立体的に見えてくる。無味乾燥な統計数字が、地図上で踊っている。

例えば、ヒンドゥー、仏教、イスラームの宗教別人口分布。全国における新聞の発行数。識字率の格差。などなど、統計数字だけではピンと来ないネパール国内の格差が、目で見て理解できる。

しかも、価格は690ルピー!邦貨、約1,100円!!

もう、買うしかない。えっ?英語がちょっと.....って?あなた、辞書引きなさい。ネパールを理解したいなら、英語に我慢して、是非読むべきである。

統計資料とマッチングさせた地図帳という、この素晴らしい事業。グルン博士亡き後、これを引き継ぐ人材が出てくることを祈るばかりである。

故グルン博士を偲び、合掌。

*-------*-------*-------**-------*-------*-------*

以前掲載した価格は、出版元から書店への卸値であったことが判明。申し訳なし (;´Д`)

定価は690ルピー。畏敬する、タメルのVajra Books調べ。

ラクタクンダ(血の池)

かつて権勢を誇った、ネパールのシャハ王家である。しかし、2006年4月の国王親政崩壊以降、凋落していくことを止められないでいる。

これを象徴するような本が出版された。

血の池題名は、ラクタクンダ。日本語に訳せば、血の池。

長編歴史小説と銘打つ、ネパール語の書籍である。一冊100ルピーで、各所で売られている。

代々王室の世話係として仕えてきた家族の女性たちが、自分の見聞きした、世間には知られざる王族の人間模様を作者に語るという形式である。が、登場人物、特に王族の氏名や人間関係が本物そのままで、小説的創作に乏しい。

いや。ノンフィクションとして出版することが憚られたから、エクスキューズとして「小説」としただけなのか?

いずれにしても、ヘタレている。

内容は、全編、シャハ王家のゴシップ。例えば、現国王の父であるマヘンドラ国王(当時皇太子)は、産褥で、妻であるインドラ皇太子妃を失ったと云われているが......実は、(当時のトリブバン国王一派による)毒殺であったこと。愛妻を失ったマ皇太子は、亡妻の遺言により、妻の妹であるラトナ(現皇太后)を妻に迎えるべく愛をはぐくんだのだが......両方の家族から反対され、しかも結婚前にラトナ嬢は妊娠し、結局、ロンドンに飛び堕胎と避妊手術を受けさせてから、結婚したなどなど。

シャハ王家男性たちの、女性に対するだらしなさ。王族男女の、非人間的言動やケチ臭さも暴露されている。

その極めつけは、2001年6月1日の王宮惨殺事件真相暴露。

なのだが、「小説」と銘打っている以上、どこまでが暴露でどこからが創作なのか?想像は出来ても、判断などしようとするだけ野暮。

結局は、女性週刊誌かスポーツ新聞程度と考えるしかない。

そう割り切れば、王室ゴシップで「お腹いっぱい」感はある。

CDで「読む」、ネパ名作

ラナ将軍家独裁から、トリブバン国王の大政奉還に、民主勢力として重要な役割を果たし、その後、ネパールではじめて、選挙の結果に基づく首相となった、ビシェシュワルプラサード(B.P.)・コイララ。

ガネシュマン・シン、クリシュナプラサード・バタライ、プシュパラル・シュレスタ、マンモハン・アディカリなどと共に、ネパール政党政治の第一世代旗手として。ネパール文学者として。ヒンディー映画界でかつて大活躍したヒロイン、マニシャ・コイララの祖父として。現在まで、ネパールで尊敬されているB.P.である。

彼が晩年、カセットテープに吹き込んで口述筆記した「B.P. コイララ 回顧録(アートマブリターンタ)」は、1940年代〜1970年代のネパール政治・社会を理解するための名著である。絶対読むべき、本なのである。

が....ネパール語なんだよね。いや、読めるんだけど.....ネパール語の本って、英語の本を読む以上に「努力」と「忍耐」を強いられる。亭主が読んで感激して、勧められて、読んでみて、途中で挫折して、投げ出していた。

そんな私に、天の恵み。BP

 

 

 

 

 

 

 

なんと、「B.P. コイララ 回顧録」CD朗読版が出た!

BBCラジオ国際放送で、長年、ネパール語放送の顔(声)として活躍してきたカゲンドラ・ネパリ氏が、BBCから退職したあと取り組んだ労作である。

長年、ラジオ・アナウンサーとして鍛え上げられたカゲンドラ氏のバリトンは、実に聞きやすい。すっ、と、耳に沁みる。テンポが良い。B.P.の時代が、三次元的に立ち上がってくる。生い立ちから始まり、B.P.とマヘンドラ国王夫妻との関係や、その後、政治犯としての獄中生活など、実に興味深い。

B.P.はじめとする政治家を逮捕し、(元祖)国王クーデターで全権掌握したマヘンドラ国王とB.P.が、大変な仲良しであった時代があった。ラトナ王妃(当時/現皇太后)が、B.P.のスシラ夫人をお気に入りであったとか.....うーむ。知らなかった。

ガネシュマン・シンはじめとする、偉人伝的な美化されてしまった巨人たちの、若気の至り的裏話も、ネパール・フリークにはたまらない。

またコングレス党草創期には、政治的活動の一環として「武力闘争」も行われていた事実が語られている。ラナ一族の内紛にからみ、B.P.がラナ家の一派に爆発物を手渡すも、いつになっても爆破が行われず気を揉むところなど、実に正直に吐露されていた。当時の政治状況下でB.P.の存在は、現在のプラチャンダ議長に似通っている部分もあるか?

上級レベルのネパール語(ヒアリング)能力と、ネパール近代〜現代史の知識がないと理解できない。反面、それらの知識さえあれば、実に、実に興味深い内容である。文字で追わなくても、耳で読めるという点が、素晴らしい。

私のような「耳で聞くと理解できるが、(ネパール語を)文字を追うのは億劫」という人間には、福音である。しかも、CD 8枚組で600ルピー。邦貨、1,000円もしない。中流以上のネパール人なら、買える値段。

文字の読めないネパール人にとっても有用であるが、経済的に恵まれない階級であるこれらの人たちにとっては、手が出ないだろう。しかも、CDプレイヤーが必要。と、これを云うのは酷だけれど。

カゲンドラ氏はこれに続いて、ダーヤマンシャムシェル・ラナの歴史的名作「セト・バーグ(白き虎)」のCDブックを制作中とか。これまた、待ち遠しい。

耳で読めれば、ネパール文学の名作も、読めてしまうのだ。

*-------*-------*-------**-------*-------*-------*

"Aatmabrittaanta" CD Version, Jagadamba Publications

縮約・朗読 by Khagendra NEPALI / 定価 Rs.600

晴読雨読、とにかく読々

最近、深夜ベッドに入ってから1〜2時間を、読書の時間にしている。一日の諸々を終え、睡眠に墜落するまでの「至福」である。

忘れる、カトマンズ以前ブログでも取りあげた、「ネパールの政治と人権」は、現在でもカトマンズの書店で、こっそり販売されている、M・タパ女史の原著(英文)を日本語訳したものである。

今日はこの本を、シャハ王朝がネパールの支配者として確立した18世紀以降の歴史と政治史を考えるためのテクストとして考えてみたい。

「歴史展示」「風、霞」「ポストモダン民主主義」の3章は、ネパールの歴史について基本的な知識を持つ読者にとって、日本語による他の本では得られなかったニュアンスが感じられるだろう。著者は、ネパールを代表する王制支持知識人家庭に生まれ育ち(彼女の表現を借りれば、有産階級)、当時のネパール最高の教育を受けたインテリである。

カトマンズでは、この種の社会においても「体制に対する秘やかな批判精神」は、パンチャヤト時代からこっそり語られてきた。タパ女史の画期的なところは、これを白日の下に、著作を通じて晒している点にある。

現国王即位前後の事件に対してなど、みんな心では思っていても、口にはとても出せないでいることに対し、ハッキリ過ぎる表現を使っている(そのため、カトマンズの書店ではこっそり販売されている)。同時に著者の筆は、過去の歴史に対しても辛辣である。

ネパール全史一方、タパ女史の文章は主観がてんこ盛りであり、オーソドックスな歴史理解テクストとしては、読者自身に充分な力量がないと、主観に流されてしまう。

これを補うには、佐伯和彦著「ネパール全史」が、最良のテクストとなるだろう。出版元も、同じく明石書店である。これら2冊の本を並べて、同時に歴史をたどるのは、エキサイティングな知的冒険である。

また「ネパール全史」は、カトマンズ盆地に偏重しがちなネパールの歴史理解に、盆地の外の歴史的政治勢力という膨らみをもたらしてくれる名著である。

惜しむべきは、リッチャビ時代の成立年代に関する、最新の発掘資料による記載がないことである。しかしこのあたりになると、学問的にも未だ確立途中の案件でもあり、ネパール人研究者の英文著作を併読することで解決できるだろう。

日本語を母語とする人間にとって、佐伯氏の労作は、ネパールに関する様々な専門書を読み解くとき、必ず横に置くべきバイブルである。小難しい人名や、複雑に絡まる過去の政治勢力に途方に暮れたとき、「ネパール全史」を紐解くことで、明確な地図を手に出来る。

ネパールの王制最後に、インド人研究者による英語文献、「ネパールの王制」も紹介したい。Deeptima Shukla著、Kalinga Publications, Delhi刊

この本は、マヘンドラ王〜ビレンドラ王の「パンチャヤト」政治体制を理解する役に立つだろう。では何故、今、パンチャヤト国王親政について学ぶ必要があるのか?現国王の行動の基盤に、父であるマヘンドラ王に対する憧憬と、兄王に対するアンチテーゼを感じるからである。

インド人研究者の著作は上記2冊の本とは異なる視点であり、物事を複眼的にとらえる努力は必要だ。

今日の結論としては、タパ女史のセンセーショナルな著作をテクストとして読み込むとき、これ1冊ではなく、複数の専門書と照らし合わせることが必要なのではないか?と云うことである。

云い方を変えれば、こうした読書態度こそが、自分自身の歴史認識や批判精神を確立する上で、避けては通れない「知的な重労働」なのだ。

☆ カトマンズのおすすめ書店 http://www.vajrabooks.com.np/

書物の中の「冒険」

選挙が終わり時間が出来た私の足は、ついつい本屋に向かってしまう。私が行きつけの書店は、お馴染み「ここ」

カトマンズ市内カンティパト通りにあるこの書店は、私の顔を見ると「にや〜っ」と笑って、次々に新刊書を出してくれる。時々、カウンターの中からこっそり出してくれる本には、我慢して英文を読み解く価値のあるものが多い。

そんな中で、最近一番興味深かった本が「これ」である。ネパール国内からの発信のため、敢えて書名は明記しない。マオ派の活動について書かれた本は、近年多数発刊されている。その中でもこの本がユニークなのは、完全にマオ派の立場からの論点が貫かれていることだ。

著者は、共産主義を信奉するアメリカ人ジャーナリストである。彼女(女性)の文章は読者の「理性」ではなく「感情」に働きかけ、先進国の人間の「共感」を呼び起こそうとする。特に、何故マオ派人民軍兵士に、女性の果たす役割が大きいのか?

文化的・社会的・経済的に、B級扱いされ続けてきた女性。ネパール中西部の山岳地帯で、家畜以下の重要性(家畜は家の財産だが、妻は死んだらまたもらえばよい)しか与えられていなかった女性たちを解放する名目で、マオ派の活動がいかに浸透していったのか。実に巧みなインタビュー構成で、読むものを「そちら側の論理」に引きずり込む握力、大変なものだ。

ネパールに限らず、女性という存在は、「納得させられた価値観」に対する真摯な行動力を発揮する。これが平和的側面に出れば、例えばアジア諸国におけるマイクロクレジット(小規模貸し付け貯蓄グループ活動)など、「お父ちゃんは酒飲んで散財するが、母ちゃんはまじめに小商いをして借金返し子供のために頑張る」社会発展が散発する。

ネパールの村落で活動する人々から、一度納得した後の、村の女性たちの活動力やパワー、真剣さについて聞くことが多い。

そんな女性の特性を、マオ派は深く理解しているようだ。

だからこそ、重婚や暴力に泣いている女性に対し、横暴な夫や権力者たちを「人民裁判と名付けた共産主義の正義」の名の下に、衆人環視の中でばっさり裁いてみせる。虐げられることばかりであった女性たちは、生まれて初めて、自分の生きる価値を認められるのだ。

著者が読者を、極左共産主義に引きずり込もうとする努力の達成度は、マオ派の女性理解ほどではない。と感じるのは、次に紹介する本を私は繰り返し読んでいるから。

*-------*-------*-------**-------*-------*-------*

広瀬公巳 著 「自爆攻撃」 私を襲った32発の榴弾 NHK出版

自爆攻撃スリランカ大統領選挙取材中、自爆攻撃に巻き込まれ九死に一生を得たNHK国際部記者が、自分を死の淵に追いやった「存在」について探求したノンフィクションである。

安全管理や責任意識の強い既存メディアの中で、ここまでこだわる記者やカメラマンはじめとするクルーの存在と、それをバックアップする組織に対して、まず脱帽である。

著者は「テロ攻撃」を「テロリズム」という既成の概念で片付けず、あちら側の人たちにとっては何故、テロが「正統な攻撃」として評価されるのか?外国人が普通「こちら側」と感じる場所の「外」に踏み出し、取材してゆく。そして同時に、「テロとして非難する」こちら側の立場や、双方の陣営に存在する被害者の姿を追い求めていく。

自爆攻撃に巻き込まれた恐怖感を、当事者として抱えながら、著者を突き動かしたものは何なのだろう。

怪物と戦う者は、自らも怪物とならぬように心せよ。深淵をのぞき込むとき、その深淵も見つめ返している。 〜ニーチェ「善悪の彼岸」第146節

本の冒頭に引用されたこの一節が、著者の思想の根幹である。

スリランカの内戦と、ネパールのマオバディや王制、政党を同一線上で語ることは出来ない。また本書は刊行されて3年以上経ち、スリランカの最新情報とは言い難い。それでもなお広瀬氏の、痛みを伴う鬼気迫るレポートは、ネパールに暮らし続ける私に大きな勇気を与えてくれる。

恐怖や憎しみに、心を占領されてはいけない。難しいことだが、歯を食いしばって努力せねばならない。そうでなければ、表現者としての自分が、その存在が消える。消えてはならない。消されてはならない。

*-------*-------*-------**-------*-------*-------*

ナショジ着地はネパール。「ナショナル・ジオグラフィック 日本語版」 2005年11月号。と、こちらもご覧いただききたい

若者の心を躍らせる前衛的理想が、ネパールを疲弊させているという論調。カトマンズの書店でも、英語版が普通に販売されている。

暴力は、やはり、容認できない......この場合の暴力とはマオ派によるものだけでなく、国家権力による人権無視を含む。世界で広く販売されている、教養系メジャー雑誌としてバランスの取れた内容である。秀逸なカラー写真多数。

ネパールの政治と人権

明石書店からの新刊 「ネパールの政治と人権」 王政と民主主義のはざまで 世界人権問題叢書61を紹介したい。

まず最初に、この本の英語で書かれた原書はインドの出版社から刊行されている。昨年の国王主導政変直後の発行であったため、カトマンズ市内では、知識人が集まる特定の書店で、店主の知り合いや顧客に対してのみこっそり販売されていた。

これは、御上の措置や言論弾圧というより、書店と客の「自主規制」と「保身」であった。逆を云えばこの本は、それだけ、売るのも買うのもはばかられるが読みたい!内容なのであった。

今回この本が、日本語で読めるはこびとなった。定価4,000円+消費税というのは、決して安くない。しかし、カトマンズから、迷わず速攻で注文してしまった。原書を読んでいるにもかかわらず。いや。原書の内容を知っているからこそ、母語である日本語で再読したいのだ。

この本の著者は、体制派知識人であるネパール大物外交官の令嬢である。なぜこのような家庭で、彼女のような御上に対してはっきりものを書く人間が育ったのか?というあたりに、どんな国であっても「超」のつくインテリ家庭のリベラルさを感じてしまう。

*-------*-------*-------**-------*-------*-------*

このブログにおいて、この本の原題や著者、内容について書くのは控えたい。私はネパール政府発行のビザを持ち、ネパールで暮らす外国人であるから。

*-------*-------*-------**-------*-------*-------*

本の内容を考えるに、ネパールに対する基礎知識が豊富でないと理解し難いものであり、価格も鑑みるに、覚悟して買うべき一冊だ。

しかし、それでもなお、買って読む価値のある本だと思う。政変直後、カトマンズのインテリと半テリたちが、こっそりドキドキ手に入れて貪り読んだ話題の本が、政情の賞味期限内に日本語で読める!訳者の皆さんも偉いし、出版社もグレイトである。一度読んで理解不能な部分があっても、これから5年10年ネパールとお付き合いいただけるなら、後になって「ああそうだったのか」と、知識の反芻で楽しめると思う。

実はこの日本語版、未だ手元にない。カトマンズに届くのは、来月になってからの予定。英語の原書の内容を元に書いているので、その部分「引いて」読んでいただきたい。

それでもなお、手元に日本語版が届いてから私の野暮な書評を掲載するより、こうして速報でお伝えする価値があると確信している。原書にはない、著者本人による「その後」の追記もあるそうで、手元に届く日が、今から楽しみである。

プロフィール
カトマンズの天気
Click for カトマンズ, ネパール Forecast
記事検索
  • ライブドアブログ