けぇ がるね?日記

ネパールの首都、カトマンズから発信しています。

トラベル&トラブル

リングロード拡張工事の現実

カトマンズの真夏を彩る、大木に咲く紫のジャカランダ並木を撮ろうとリングロードに出てみたら。花はまだちらほらしか咲いていない。

その一方、カトマンズのカランキからパタン郊外を通り、再度カトマンズのコテソールまでのリングロードは、拡張工事の真っ最中。

P4280458

リングロードとは、カトマンズとパタン市をぐるりと囲む、27kmの郊外環状道路である。今から30年ほど前、中国政府の援助により完成した。

市街地の拡大と郊外に開発されている住宅地とのアクセス。急増する車両やバイク。急激な都市化の進むカトマンズ首都圏の需要を満たすため、今回も中国の無償援助により対向4車線ずつ、計8車線の道路に拡張が進められている。現在第1期工事として、カランキ〜コテソールまで9km区間が工事されている。

これまでの道路部分が中央にあり、その左右、グリーンベルトとして残されていた空き地が掘り返され、排水溝等の工事が為されているのだが。

P4280478

道路部分の昔の埋め立てと、30年間のアスファルト舗装の層により、新規拡張部分との間に大きな段差が生じている。

P4280474

これは今後盛り土をして、道路と同じ高さになるのであろうが。現在掘り返して、ガードレール等の防御も無しに車やバイク、歩行者が通行している。横に置いた自転車と比べて、段差の高さが分かる。

P4280480

今のところ大きな事故は起こっていないが、乗客を満杯に詰め込んだバスが突っ込みなどしたら。大惨事になる事、この写真からだけでも想像出来るだろう。
 
いやはや、チャイナ式土木工事。しかも、ネパール。命あっての物種である。 

旅先快適洗濯術

国内外でのホテル宿泊時、みなさん洗濯はどうしてますか?短期間なら汚れたまま持ち帰れますが、長期の旅行・出張や、大きく汚れてしまった衣類がある場合、旅先でも洗濯してしまいたいもの。ホテルのランドリーに頼むのが基本ですが、でも、安価な衣類なら新品変えちゃう料金!常識の範囲内なら浴室で洗っちゃって許されますよ、ね。ね。「うん」と云って....

ただこの場合、手で絞ると衣類がなかなか乾かない。布が傷む。と云う問題。これを解決すべく、以下をご覧あれ。

1.洗濯後軽く手絞りした衣類を、バスタオルの上に並べる
image(1)(2)(3)

2.バスタオルで衣類をくるくる巻いていく
image_edited-1

3.足で踏みつける
image(1)(2)

4.衣類干しは旅の必需品(100円ショップで現地調達もあり)
image(1)

ちょっとそこの奥さん、社長さん、ダマされたと思ってお試しあれ。衣類の水分がかなり絞れます。空調聞いたホテルなら、一晩でかなりのものが乾きます。外国のホテルであれば、ハウスキーピングにチップ払ってもバスタオルもう一枚もらってトライする価値あります。私のようないつもひとり旅の人間には、浴室に2人分のタオルが完備されていると「にま〜っ」であります。

もひとつ小ネタ。普段は柔軟仕上げ剤使ってるみなさーん。洗濯洗剤(粉でも液体でも/洗濯機でも手洗いでも)をそのまま入れず、空きボトルにまず入れて、ぬるま湯足してフタしてシェイクして、泡泡にした洗剤液作ってこれで洗濯してみてください。いつもの洗剤だけでふっくら、しかも汚れ落ちよく、洗剤臭さも残りません。これ、赤星たみこさんの受け売りです。室内干しでも臭くない!


バンコクでの経験しかありませんが、長期滞在者のためのサービスアパートを短期滞在ホテルとして運営している場合、館内にコインランドリーあることがあります。また、下町にあるホテルの場合、近隣にコインランドリー見つかる可能性アリです。ホテル館内のコインランドリーより、ずっと安いし。 

最近の私、ホテルにプールあるかないか?より、至近のコインランドリーがポイントです。

大量に洗濯ある場合は、地元の人が利用している洗濯やさんにまとめて出しちゃうこともあります。ホテルで出すよりずっと経済的で手間いらず。翌日〜2/3日で仕上がります。ただし、靴下などの小物は紛失したこともあり。ランニングの高価な(なくなると困る)テクニカルウェアなどは、やはり自分でケアします。 

良い旅を! Bon Voyage!!
プロフィール
カトマンズの天気
Click for カトマンズ, ネパール Forecast
記事検索
  • ライブドアブログ