2017年02月05日

「温泉混浴おまんこツアー」

動画研究所ま♪さん【リンク】のブログでのご協力いただきました。ありがとうございます。

ファン太郎さんのコメントも助かります。まぁエロ業界には興味がある人には良いチャンスだとは思いますが…多くのニートは「エロ業界まで堕ちるつもりはない」というプライドの高い人 が多いワケで…。結局、カリビアンコムを違法ダウンロードして、センズリこいて生きる方がマシという生き方もあると思います。

イラもオイラで参加後のコミュニケーションを危惧しているのよね。過去のコメントもそうだけど…参加するまでは、懸命にコメントいただくけど…参加後は滅多に来ない。

説くまでは懸命だけど…ヤったらそのまま。まぁ男そのものなんだけど…ね。女と金に好かれる男 とは根本的に違う部分だな。

0525サムネイル0525サムネイルイラも今年で50歳だし…そろそろ後継者を考えないといけないのだけどね。

イラが急死したら1000人以上の素材が処分される。エログちゃんねる

品化されていない素材も多々。…なんとかしなければいけないのだけれど…信頼できない人も多いからね。過去に無料で撮影見学に来て…例も言わずに消えた連中にね、現場の写真公開してやろうか。と書いてみても…反応がないからね。本当に現場見学という目的達成したら消えたワケだ。

いう連中のおかげで「訪問者を信頼出来ない部分」もある。困ったものだね。

0525サムネイル0525サムネイル0525サムネイル





ぁ上記した様に…「エロ業界まで堕ちるつもりはない」というプライドの高い人 が多いのは事実。エロ業界も有象無象だらけだけどね。オイラも含めて(笑)

イラ個人ではね。50歳になって思うのは、学生時代の古い仲間と飲んで、大学生や社会人になった子供の話が出来るのは…まだマトモな人間のフリは出来るな。

ロ業界に身を置いて、40歳過ぎても独身というのは…何かしらの「人間的欠陥」があるのだろう。

1990年代のエロ事師は…エロを生業にしていても、家庭を持つとか…子供を幸せにしたいとか、日陰を歩く者としてそういう部分はしっかりしたいという意気込みがあった。

のエロ事師はそういう意識が希薄。だから文化にならない。

に家庭を持っても…エロ事師の過去がバレないように…姑息に生きるハメになる。
そんなのはいやーだ(笑)(Fuck JASRAC)

いうワケで…画は高級フレンチとおまんこ祭り。

新作
(→)こちらのサムネをクリック閲覧のお願い。

ura130 at 18:04│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字