2017年05月18日

なんだかなぁ。

0525サムネイル0525サムネイル0525サムネイル0525サムネイル





エログちゃんねる回の「この娘どうよ…」はボツ。選ばれるのは…やはりAV慣れしているモデルだったりして…テンションが下がる。

も出すけど…クチも出す。これをクライアントと言うのだけどね。難しいね。

本映画の話になるが…三池崇史 監督とかすごいね。映画ビジネスにおけるしがらみを…すべて消化しているからね。

村拓哉&三池監督作品「無限の住人」初日興行収入が公開3週目の映画 クレヨンしんちゃん 襲来 !! 宇宙人シリリにも及ばなかったとか。

池作品が最近の日本映画というビジネスの縮図になっている気がする。公開前にバンバン宣伝して公開したらおしまい。話題だけで記憶に残らない作品の量産。…まるでオイラのこのブログ(笑)

監督作品愛と誠(2012)も酷かった。原作を侮辱しただけというね。

年公開の実写版テラフォーマーズ…(笑)アメリカ行きのシンガポール航空の機内で観たのだけど…途中で観るのを止めました。

幼児向け映画かよ! って怒りが収まらず(笑)

うさぁ「映画」が「テレビ番組のレベル」なのよ。予算的にも市場的にもね。だからね…限られた予算内で興行収入に失敗しても…映画監督としての評価が下がろうとも…仕事をする三池監督は凄い。…そゆこと。

んな中で本当に良い作品を世に出すために…クラウドファンディングで資金を集めて制作された映画この世界の片隅には素晴らしかった。日本映画の希望ですわ。

イラの話に戻りますが…あまりにクライアントにキャスティングにまで介入されると…ヤル気も失せるって話。でもビジネスとして失敗すれば…オイラの責任。…厳しいなぁ。

ura130 at 23:50│Comments(1)TrackBack(0) 大好きな映画の話 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by swd   2017年05月19日 09:22
5 いつも更新ありがとうございます!
AV慣れしてない子の方がいいと思いますねー
素の反応見せてくれる慣れてない子の方が絶対面白いと思うんですけど…。

リンヂです。

swdさん。ありがとうございます。おっしゃる通りなんですけどね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字