2017年08月13日

サンキュー!

imageエログちゃんねる

【リンク】通りに水着画を上げてくれました。本当に良い子です。

のブログを教えてコメントの約束してくれても…コメントくれない娘もいれば…約束通りにやってくれる娘もいるからね。これだけは本人次第なのでわからんけどね。

ういった良い子は何度でも撮ります。なので「彼女のファンの集い」もやりたいですな。



て、前回の第4話の話の続き。第4話に限らず、「ファンの好意的に解釈」についてなんだけどね。

々オイラはアメコミってのが…苦手なのよね。でも、今回の作品で…twitterなどで好意的に解釈するアメコミ・ファンを見ると…意外に「アメコミの上っ面」だけのファンなんだなぁという印象を受けたワケ。

局は「アメコミっぽいモノ」でしかないのではないかな…あれは。

日本が大好きなアメリカ映画監督が撮ったトンデモ映画
ってあるじゃない。あれの逆なんではないかな…と。

の作品に限らず…「アメリカ人ってのはこういうジョークが好きなんだろうな」という作品が気になるのよね。

えばこれ…松本人志氏の「バイトするならタウンワーク」のCM。

image





れは前に書いたアメリカのアイドルオーディション番組"American Idol"【リンク】のフランチャイズのパロディ。

ーディションのパフォーマンス後の挨拶 "Thank you! " に対して、「何がサンキューだよ!」「…こっちがサンキューって 言いたいよ…」 っていうCMなんだけど…

メリカが言いそうな粋なセリフのつもりなんだろうけど…アメリカ人ってこういう事を言うかな…?と思ったワケ。しかもオーディションの審査委員が…ね。

度か書いているけど…英語ってのは非情にシンプル。

っちがサンキューって 言いたいよ…」なんて周りくどい言い方なんかしないで…素直に「素晴らしかった。君は合格だ!」というのが普通。

がサンキューだよ!」という風に「聞いてくれてありがとう」という、感謝の言葉を否定する事は…英会話では考えられないよね。

るとしたら…例えば「落としたサイフを拾ってくれた人」が「サンキュー」って言うような状況。

れこそ「こっちがサンキューだよ!」だよね…でも、「拾ってくれたアナタは英語をしゃべれない外国人なんだね」 と考えるよね。

京オリンピック公式スポンサーの「リクルート」でこのCMだもんな。

メコミ風作品」から話はそれてしまったけど…思う事は同じ。なんとか日本のエンタメも世界に通じるモノを作って欲しいのよね。


ura130 at 04:05│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字