2017年09月23日

【製図】一発逆転模試を受ける前に

gahag-0015969718一発逆転模試を受講される皆さんへ

1.課題文を読み取る時は,出題者が何を受験生に求めているのか,それを読み取ることだけに集中する.無理な要求をされたとしても,どう対応しようかなんてことは後で考える.まずは,出題意図を完璧に読み取ることだけに専念する.対応策を考え始めると,読み取りが中途半端になって,結局,王道プランとズレたプランを作成してしまう.狙うは王道プラン,ただ一つ.出題意図を適切に読み取ることが出来さえすれば,それで勝敗の8割が決まってしまう.そこがゴールになるからだ.目指すべきゴールを曖昧にしたままプランニングするから,王道プランとズレていく.

続きを読む

ura410 at 02:24|Permalink製図アドバイス 

2017年09月22日

【製図】車両の回転軌跡の具体例(回転半径ってどこ?)


軌跡アップのコピー

通信添削5課題(受付は終了)の受講生専用ページ(コチラ)に,参考資料として「車両の回転軌跡」を公開しました.車両がどのよに回転するのかを具体的に示しております.車回しを計画する際の参考にしてください.不明な点があれば何なりとフォーラム(受講生専用)にてご質問ください..



ura410 at 06:04|Permalink製図アドバイス 

2017年09月21日

【製図】知識ではない,「考え方をしっているかどうか」で決まる

f8bc870860b9e048cefda0bd9c02e024b93fecff_98_2_9_2
24時間,朝から朝まで,受講生の皆さんの答案を添削する日々です.課題が進むに連れて,皆さんの成長を実感しています.今年から導入した「判断ポイントと優先順位」の効果も発揮されています.

どれほど知識や経験値があっても,エスキス力やプランニング力があったとしても,それだけでは勝てない.課題の本質(出題者の意図)を的確に読み取れたかどうかで合否の90%が決まる.それが,この試験の合格の神髄でもある.

学科試験を思い出してください.通学しようが,独学で勉強しようが過去問(最低20年分)をマスターしていれば,本番で2択まで絞りこめましたよね.A or B の世界です.そこでの回答が正しかったどうか(=得点できたかどうか)は,知識や経験ではなく,問題作成者の出題意図を的確に読み取れたかどうか(ウラ指導でいうフォーカス・ポイントが正しかったかどうか)で決まります.

製図試験も一緒です.製図試験版のフォーカス・ポイント力を鍛えて頂くために,今年から「判断ポイントと優先順位」という思考プロセスを提供してきました.

今週末に課題を公開する一発逆転模試(まもなく受付終了)でも同様のトレーニングを行います.課題レベルは,まさに,本試験レベルで作成済です.本番前のフォーカス・ポイントの最終確認トレーニングとしてご活用ください.
(画像は,NHK 「テストの花道」タイトルバックより)



ura410 at 07:29|Permalink製図アドバイス 

2017年09月20日

【製図】本番対応力(アドリブ対応力)チェック_その2

img02_l好評だったので,前回からの続きです.今回は,EVについて.

製図試験本番で,次の判断が正しいか誤りかで考えよ.

【判断事例】
利用者ゾーンと管理ゾーンとは区画できているものの,利用者用EVとサービス用EVが壁1枚で隣り合うプランになってしまった.管理ゾーンと利用者ゾーンが区画できていれば,問題ないか?


続きを読む

ura410 at 06:13|Permalink製図アドバイス 

2017年09月19日

【製図】課題は解きっぱなしにするな!

課題心得のコピー
通信添削5課題(受付は終了)の受講生専用ページ(コチラ)に,課題心得を各課題ごとに公開しております.その課題について,受講生の皆さんがミスや間違いが多い点をピックアップしております.お手数ですが,必ず,目を通すようにしてください.不明な点があればフォーラム(受講生専用)にてご質問ください..



ura410 at 07:09|Permalink製図アドバイス 

2017年09月18日

【製図】浴槽部分の計画(断面)

浴室の納まりのコピー通信添削5課題の受講生専用ページ(コチラ)に,参考資料として「H29参考資料No.03 浴室の納まり」を公開してあります.平成27年度本試験課題「サービス付き高齢者住宅」の際に作成した資料ですが,今年の本試験にもあてはまります.

浴室を計画する際に,なぜ,スラブを下げるのか,立ち上がりのない浴槽を計画しても,なぜ,階高が4mのままでよいのか.その理由が分かります.

尚,浴槽部分が大梁をまたがないように計画してください.大梁が浴槽分だけ下がり,下階の天井高を確保できなくなります.


ura410 at 09:06|Permalink製図アドバイス 

2017年09月17日

【製図】本質を見抜こうよ

goods3毎日,毎日,図面添削の日々.一級建築士としての知識と技能を問われるのが製図試験なんだから,「設備に頼らず,建築計画手法によって,問題を解決」しましょう.

ゾーニングの方向性が苦手だから,利用者用EVを2台も計画したり,1mの高低差処理が苦手だからスロープを計画せずに,段差解消機(画像は,アビリティーズ様のHPより)を計画したり.

「落とされたいんかいっ!ヽ(≧д≦)ノ」と絶叫したくなります.深夜一人,ファミレスで(自宅や事務所で仕事すると寝てしまうので).

続きを読む

ura410 at 02:48|Permalink製図アドバイス