2019年01月21日

【製図】どうだったの?大阪地区ユープラ検証会

20190118大阪ユープラ検証会_190120_0001
2019年1月19日(土),20日(日)に大阪地区でユープラ検証会(合格・不合格答案の検証会)を開催.東京同様に(コチラ),合格者たちを招き,再現答案や本番当日のエスキスをもとに,制限時間内に合格答案を完成できたプロセスを受験生の皆さんの目の前で発表して頂いた.

いわば成功体験の共有だ.これによって,受験生の皆さんに合格への最短ルートを明確化して欲しい.キャリアやキャラクター,受験回数などが異なるため,受験生一人ひとりの合格への最短ルートも異なる.だからこそ,様々な合格者たちの合格プロセスを知り,自分にあった合格ルートを理解して欲しい.今回の合格者たちも影響を受けて,その勉強法を採用した前年度の合格者は異なっていた.

続きを読む

2019年01月20日

【人材】建築業界をオープンソース化する

IMG_20190118_121640
東京建築士会の後輩たちを新橋にあるクリーク アンド リバー社へお連れして,2/16(土)トーク イベントの打ち合わせ.新しく建築士試験(一級,二級,木造)に合格された方を対象に,「建築士としての価値」の引き出し方(=建築キャリア デザインの組み立て方)をテーマにトークセッションします(新建築士以外の方や一般の方の参加も可能).
続きを読む

ura410 at 07:09|Permalink│ │建築教育 

2019年01月19日

【学科・製図】合格への最短ルートを見える化

pic-main_001

一級建築士試験の合格を含め,何事にも最短ルートで達成する方法が必ず存在する.インターネットの登場によって,その最短ルートを「見える化=オープンソース化」できるようになった.

合格したらこそ言える成功ノウハウを直近の合格者たちから集め,オープンソース化していくことで,合格への最短ルートを「見える化」していく.

続きを読む

ura410 at 07:26|Permalink│ │建築教育 | 勉強法

2019年01月18日

【製図】顧客が望むモノを読み取る

IMG_20190113_093019
前回からの続きです.合格者たちは,自分たちが製図試験勉強してきたノートや資料を持参し,公開してくれました.画像上は,ウラ指導の全課題(通信添削5課題+模試の6課題)について,「アプローチと空間構成の関係(通称/APZ)」をまとめたもの.本試験日前にこのブログ上で公開した4ブロック化(コチラ)を実践されています.
続きを読む

ura410 at 04:14|Permalink│ │製図アドバイス | 勉強法

2019年01月17日

【製図】ドーンさんの合否の命運を決めた手法

課題文公開
前回は,合格者のドーンさんが本番当日に行った「作図進行表」と「作図後のチェック項目」をご紹介しました.東京地区のユープラ検証会にて,ドーンさん自身が発表してくれましたが,これらは,前年度合格者の嶋崎さんが広島で発表された手法(コチラ)で,それを自分なりに改良したものだそうです.
※画像は,ドーンさんの本番当日の課題文.

続きを読む

ura410 at 04:37|Permalink│ │製図アドバイス | 勉強法

2019年01月16日

【製図】合格者の「作図進行表」と「チェック項目」

エスキス
前回からの続きです.合格者のドーンさんから,本番当日のエスキスに記載していた「作図進行表」と「答案完成後のチェック項目」を送ってくれました.内容は下記の通り.


続きを読む

ura410 at 17:42|Permalink│ │勉強法 | 製図アドバイス

2019年01月15日

【製図】合格者と受験生をつなぐ「オープンソース化」

IMG_20190113_171242HD
前回からの続きです.東京地区のユープラ検証会後に,合格者たちと受験生の皆さんとを直接,繋ぐ,懇親会を開催.再現答案を合格者に見せてアドバイスをもらったり,本番当日の考え方や勉強法のコツなどを積極的に質問されていました.
続きを読む

ura410 at 07:21|Permalink│ │製図アドバイス | 勉強法