2009年06月15日

IHとガスコンロの火力

IHクッキングヒーターオール電化のIHクッキングヒーター(以下,IH)の火力を表す単位は,kW(キロワット)です.ちなみに,ガスの場合の火力単位には(kcal/h)も使用します.

おおよそ1kW=860kcal/hですので,覚えておくと実務においても役立つでしょう.

話を戻して,IHの最大火力は3kWです.
一方,ガスコンロの最大火力は4.2kW(3600kcal)が主流です(ハイカロリーバーナーと言って4.6kWタイプも有り).この話だけを聞くと,ガスのほうが火力が強そうに思えますよね.

しかしながら,肝心なのは熱効率



熱効率が高ければ高いほど,ムダなく調理に熱を伝えることができるのです.
熱効率が高ければ,調理器のまわりの空気を暖めてしまうような無駄がありません.

その熱効率ですが,
IHクッキングヒーターの熱効率は,90%程度.
ガスコンロの熱効率は,40%程度
となります.

例えば,IHで2kWの場合,2×860=1,720kcal.
これに熱効率(90%)の影響を加味すると,
1720×0.9=1,548kcal
となります.

ガスコンロ4.5kWの場合,4.5×860=3,870kcal.
これに熱効率(40%)の影響を加味すると,
3,870×0.4=1,548kcal
となります.

つまり,IH 2kWと,ガスコンロ4.5kWが同じぐらいの火力となるのです.
(IH 3kWになると,ガスコンロ6.8kWに相当します.)

IHクッキングヒーターのより詳しい解説については,こちら

ちなみに,1kW(キロワット)=1000W(ワット)を1時間使用した電気代はおおよそ20円です.
※各家庭の使用量や電力会社によって多少違ってくるのでおおよその計算です.

例えば,500Wを3時間使用すると,500W=0.5kWなので 0.5kW×3時間×20円=30円という計算になります.

しかし実際には,毎月の基本料金が数百円〜1500円程度かかり,また電気代は使用すればするほど単価が高くなっていくため,上記は概算の目安として活用して下さい.



ura410 at 14:18│ │学科試験 | 設備