2010年07月19日

帯広(北海道)にて家づくり展「作り手と一緒に考える家づくり」を開催


7月17日(土),18(日)に帯広(北海道)のとかちプラザにて,家づくり展を開催しました.こちら
ファイナンシャルプランナーの中谷さんによる住宅ローンセミナーや,帯広という土地になじみの深い建築家の岸さんによる住居論をテーマとした講演会も同時開催しました.
残念ながら私は,別件の会議に出席せねばならないため,18日の午前中に東京へ戻りましたが,最終日となった18日の午後も,多くの来場者があったとの連絡を頂きました. 
 
今回の開催にあたり,帯広の千葉工務店の千葉専務には大変なる尽力を頂きました.この場を借りて改めて御礼申し上げま
す.また,参加して頂いた設計者,施工業者の皆さん,本当にありがとうございました.この家づくり展は,設計者,施工業者が公正かつ公平に開催費用を捻出して手づくり開催しております.主導権を誰が握る分けでもなく,参加メンバーがフィフティーフィフティーな関係で開催することに意義があります.開催報告書は,こちら



DSCN3297東京に戻り,今日の午前中も,私の事務所にて,家づくりを検討中の建主様から家づくり相談を受けたのですが,まだまだ,設計施工分離方式という概念や,建築士という職能の意義が一般社会に浸透していない現実を痛感しました.
 
今回のような家づくり展を全国各地で開催していくことで,設計施工分
離方式の周知徹底と,建築士という職能の社会PRをその地域の建築士達自ら発信していくべきです.
 
設計施工分離方式に慣れてない設計者,施工者の方は,私に相談して下さい.適正,かつ,円滑な進め方や実例をア
ドバイスさせて頂きます.また,私の実家は,千葉で施工会社を営んでいるため,設計施工分離に対する施工者側の気持ちも痛いほど理解しています.たいした技能もなく,口だけ達者で,工事責任のみを押し付けてくるような設計者は,例え,一級建築士であろうともこの業界から排除していくべきですし,悪意ある施工者にも同様の措置を取ることで業界の健全化を目指します.
    
健全かつ良心的な設計者と施工者と建主とが,互いに納得しながら,気持ちよく健全な家づくりを実践できる設計施工分離方式を全国普及させたい.それを求めている建主達も非常に増えています.
 
今回のようなイベントの参加に興味のある方は,こちらまで連絡下さい.家づくり展の開催について私共の役割は,アドバイスを行うだけで費用は一切
頂きません.その代わり,該当地域の皆さんで協力して開催して下さい.そして,各地域で健全な家づくりを実現していって下さい.

今回の帯広家づくり展においても,当初は参加された設計者の皆さんは,このイベントに対して半信半疑な様子でした.しかし,初日に,一般市民の方から最初の家づくり相談を受けてからは,テンションがグッと上がりました.それは,自らの力で社会との繋がりや結びつきを感じられたためです.私自身,以前,千葉で開催した家づくり展(こちら)で同様な感覚を体験しているので,その気持ちが良く分かります.直接,建主達に自分達の職能や技能をアピールすることは非常に面白いし,やりがいを感じます.一緒に企画を立ち上げてきた関建築設計室の関さんのブログでも今回のイベントの様子が公開されています.こちら



ura410 at 00:30│ │イベント | 家づくり展