P10405897月2日(土)に,建築力育成を目的とした「防水工事・シーリング工事セミナー」を開催しました.東日本大震災後に被災地をまわって,防水やシーリングに関する知識の重要性を強く痛感させられました.建物自体が地震に耐えたとしても,防水やシーリングが切れ,そこから雨漏りしてしまえば,被災者は,その建物での生活を継続できないからです.
 
今の建築業界は,専門分化が加速しており,研究開発機能を有する専門メーカーは,ブレイン的役割を担っている.私が駆け出しの新人だった頃も,メーカーの方達の知識力や経験に何度も助けられた.
 
とは言え,中には,独断や偏見に満ちた知識を押し付けてくる無責任なメーカー担当者もいる.個人的に,それがとても嫌だったから,建築勉強会を結成し,今回のような開かれたセミナーを開催していこうと決めた.
メーカー,専門工事会社,設計者,施工者,工事監理者,現場管理者とが,きちんとした信頼関係を保ちながら,今回のようなセミナーを通じて,最新の知識を共有していきたい.個別に動くよりも,建築勉強会という組織として開催した方が,皆が真剣に対応してくれる.疑わしいメーカーは,このようなセミナーへの参加を拒むであろう.今回のセミナー開催に快く協力して頂いた大協建材様に心より感謝いたします.担当の山内さん,光明さん,最後までお付き合い頂きありがとうございました.いろいろ無理難題をお願いしてごめんなさい.
 
独断的,偏見的な知識を排除し,わずらわしい営業行為もなく,より実践的な知識を身につけることができるセミナーを今後も低料金で開催していきます.次回は,東京ガス様のご協力のもと,「今さら聞けないガスエネルギー設計活用セミナー」を7月22日(金)に開催します.詳細は,コチラ