2011年12月28日

激動の2011年,お疲れ様でした.

事務所本日は,事務所の大掃除+納会.今年は,激動の一年tとなりました.ローコスト住宅に挑戦したり,震災の影響で資材が入手困難になったり,型枠大工相場が急騰したり,新たに大手企業との専属事務所契約が決まったり.
 
それにしても設計という仕事は,あまりに過酷です.仕事としては,確かに面白い.毎日,ワクワクするし,充実していますが,あまりにハード.ぶっちゃけ,労働に対する報酬は,全く割が合わないし,楽しいことよりも,苦しいことの方が多い.ただ,建築人は,苦しむことでしか成長できない.大きな課題に直面し,その解決に苦しめば苦しむほどに,設計事務所としての問題解決力や戦闘力が高まっていく.それに連動して,頼れる仲間達も増えていく.苦しいのは,みんな同じ.一生,修練の世界.苦しみ抜いたものだけが,最後に報われる業界です.

utiawase事務所の打合せスペースも綺麗になりました.今年は,このスペースでたくさんの思い出が出来た.前半戦エスキース塾,東京都知事選公開討論会,家づくり展や地域防災シンポの企画会議などなど.激動の2011年もいよいよ終わります.今年は,私の実家のある千葉県いすみ市大原で年越しします.
 
来年も,「ぬるい道」と「ぬるくない道」の分かれ道に直面したら,迷うことなく,「ぬるくない道」へ進む一年にします.最近,「ぬるい人」が増えている.約束を守らなかったり,自分のことしか考えられなかったり,面倒くさがり屋(手を動かさず,口だけだすタイプ)だったり.
 
だからこそ,今の建築業界は,チャンスに溢れています.

ura410 at 00:23│ 事務所 | 個人日記