2012年01月15日

東京地区ユープラ検証会を開催

P1050748東京地区ユープラ検証会を開催しました.会場は,LEC中野本校です.LEC様に会場を無償にてご提供頂きました.
 
今年は,例年以上に多数の合格者にお越し頂き,ユープラ提出図面をみながら,試験当日の考え方,製図試験の受験テクや,本番ので戦略についてお話頂きました.またエムキラさんからは,ビデオレターにて当日のエスキスについてご説明頂きました. 
 
最初に発表されたポアラさん(UP番号002番)の製図受験テクは,海豆研究所さんのメルマガにも掲載されています.コチラ.発表して頂いた皆さんは,独自の合格戦略なるものを用意しておりました.その話が強烈に参考になりました.
要は,「本番では最高のプランを目指すのではなく,課題文から合格できる最低限のプランを探る!」
これが,秘訣です.

合格者の吉田さん(UP番号058番)からは,国語力開発講座の有効性をお話頂きました(詳細は,コチラ).木村さん(UP番号158番)からは,他の受講生図面の採点チェックを重ねることが本番でのチェック力を高めるというお話を頂きました.そして,ニコさん(UP番号021番)の合格戦略には,感動させられました.それは,私がウラ指導を通じて,これまで展開してきた受験戦略のそのものだったからです.余計なことをしない,採点者とキャッチボールできるプランニング,室名表記を大きくするなどの作図PR,そして何より,採点する側のザックリチェック(大枠チェック)で,4割の合格答案候補に分類されるレベルを目指すスタンス.

発表を聞いていて嬉しかったです.KOUHEIさん(UP番号127番)の本番で上がってしまい,1時間半を無駄にしてしまった後の1/200エスキスに踏み切った決断の話も,聞いている私が手に汗にぎるほどスリリングでした.※UPは,ユープラの略.

ウラ指導の前半戦製図試験対策は,コチラ
※今年の前半戦では,エスキース・プロセス力強化に特化した受験指導を行います.これは,後半戦では,実施できません.今年,確実に合格されたい方は,最低でも前半戦の通信添削講座だけは受講して下さい.コチラ
 
また,ユープラにも必ず参加すること!合格図面の計画要点の表記(特に設備関係)を全てに目を通してみて下さい.本番では,この程度の表記内容でも合格できるんだということを体感できます.この経験は,今年の絶対合格に不可欠ですよ.
 
今回,ご参加頂いた合格者たちの学科試験についてのアドバイスは,コチラ



ura410 at 00:52│ ユープラ_課題検証 | 講習会