5202b436-s名作を定期的に見学する会「築楽(ちくら)の会」主催の第5回見学会は,ジョサイア・コンドル設計の旧古河邸です.見学には事前申し込みが必要ですが,ちくらの会にて、申し込み済みです.この機会に是非,ご参加下さい.

○日時
 平成25年2月27日(水)
 PM2:10〜PM4:00
(PM2:10本館玄関ポーチ集合,PM2:30〜建物ガイドツアー参加)
 
○場所
 東京都北区西ヶ原1-27-39(コチラ
 現地集合、現地解散

○参加費
 旧古河庭園 入園料150円
 旧古河邸本館 入館料525円
 ※参加者各自負担

○定員10名
 
○問い合わせ・参加申し込み先
 太田陽子 qyk15242@nifty.comまで 
  お名前と緊急連絡先(電話番号)を記載の上,メールにてお申し込みください.
  ※申し込み締め切り:2月23日(土)
 ※参加人数により、早期に申し込み終了となる場合もございます.
 
○建物概要
 1917年(大正6年)竣工 武蔵野台地の地形を活かし、小高い丘の上につくられた洋館.洋館は陸奥宗光の次男潤吉が古河家の養子となり,後に譲り受けた地に,古河虎之介の本邸として竣工.山小屋風の外観,コテージ風の屋根,落ちついた印象の赤紫色の外壁が軽快な印象を与える.また,見る位置により外観の印象が異なることも見所の一つ.斜面の庭園の洋と和の変化も見所.(東京人2002年より抜粋編集)