2013年08月31日

頭のよい人はいつ勉強が好きになったのか?第1回

yahagi_san今月から,社会で活躍している方たちを取材させて頂き,自主的に勉強する意思が芽生えたキッカケを探ることになりました.記念すべき第1回は,友人の矢作さんにお願いし,快諾頂きました.矢作さんは1974年生まれ.東京大学を現役で合格し,現在,弁護士として活躍されています.矢作さんは,誠実で思いやりがあり,実直で信頼できる弁護士さんです.

e0012370_17395628矢作さんへのインタビュー内容は,下記の通り.

(荘司,以下S)学ぶことの面白さや楽しさを意識し始めたのはいつからですか?


(矢作,以下Y)小学校2年生ぐらい頃でしょうか.大阪から奈良県に引っ越してきました.自然環境に恵まれた場所だったので,クワガタやかぶと虫の採集に夢中になりました.その影響で他の昆虫にも興味を抱くようになり,小学校の図書室で図鑑などで調べるようになりました.それがキッカケだったように思います.

(S)小学校時代から図書室に通っていたのですか!。(゜▽、゜
       ありえん....

(Y)あの頃は昆虫の種類や宇宙の話を図書室で調べることが好きで,「将来は科学者や研究者になりたいなぁ.」なんて漠然と考えていました.好きなことを調べることから始めたので小学校時代は,学ぶことに対する抵抗感はありませんでした.

(S)中学生時代はどうでしたか?

(Y)中学からは私立に通いました.公立の場合,丸坊主にならなくてはいけなくて,それがどうしても嫌だったのです.校内暴力騒動が一段落した時代だったので,当時の公立中学校は校則などの締め付けがとても強かった.それに対し,私立の中学校は生徒の自主性に任すといった自由な校風でした.ただ,進学校だったので,これまで通り勉強していたにもかかわらず,順位はドーンと下がってしまいました.平均よりも後ろの方でしたね.中一の終わりのあたりに,そろそろやばいぞ,このままでは巻き返せなくなってしまうと大きく焦りはじめたことを覚えています.その危機感がやる気スイッチをオンにしてくれたのだと思います.

(S)その時から,どのように勉強していったのですか?


(Y)1日1時間は,必ず勉強しようと決めました.


(S)その時の学習環境を教えていただけますか?

続きは,ライシアム・プランタ(通称/ライプラ)の無料メルマガにて10月10日に配信されます.コチラ(登録無料).
ライシアムプランタのメルマガは,私の他にも歯医者さんや,栄養士さん,予備校の先生や,コーチングの専門家など様々なメンバーが独自の視点で「子育て」や「教育」に関する様々な情報を無料メルマガで提供しています.ご家族や友人,地域の皆様との会話の呼び水として活用して頂ければ幸いです.



ura410 at 06:22│ 個人日記