2016年04月27日

【学科】合格者kuramaさんの上手な勉強法

houki160426今回は,合格者のkuramaさんをお招きし,上手な学科勉強法を発表して頂きました.60歳で合格されたkuramaさんの勉強法は,次の通りです.

質問1.本当に過去問だけで合格できるのか
はい、可能です。「ウラ指導」がいつも話されている、正答率6 割越の問題を確実に得点できるようにしておくことが、新問対策よりも効率的だと思います。特に初受験の方は不安に思うかもしれませんが、私も新問対策は一切しておりませんでした。また、「合格物語」以外の参考書も、問題集も持ちませんでした。

質問2.どのように過去問をマスターしたか
前年受験の経験もあり、まずは1 巡後、2 巡目に入ってからは、分からない問題はネットで調べたり、ノートに少しずつまとめるようにしました。これは、試験直前に、できるだけ効率的に「繰り返し復習」ができるよう、準備しておこうと考えたからです。また施工に関する分からない問題は、ネットで調べると、とても参考になったことが多かったです。こうして調べることにより、文字だけで追っているよりも、確実に記憶に残りました。その上で、よく間違えたり、勘違いしたりする問題は「単語カード(下記の画像参照)」に書き写し、時間がある度に、すぐに取出して、1問でも2問でも見られるようにして、時間の効率的利用をしました。「ちょい勉」です

質問3.効率的な過去問学習のコツとは
繰り返し、繰り返し・・・忘れることを前提に、いかに記憶にすり込むかを工夫することだと思います。その工夫は人それぞれ違うと思いますが、私の場合は、「アナログ人間」の為、まとめること、書く事、対話すること、繰り返すことでした。その上で、いかに記憶に残るように工夫するかが鍵だと思っています。ただ、繰り返すよりも「どの様に、自分の記憶に印象づけるか」私は合格物語の問題文に、いっぱい落書きしていました。

質問4.どんなスケジュールで勉強したか
11 月に「合格物語」や「ウラ指導」などの構造講習会が始まった時期に勉強を開始しました。3 巡を目指しましたが、基本2巡で、それ以降は、各科目の習熟度に合わせてアレンジしました。4 月以降は、「一発逆転模試」や、各専門学校の模試を月1回ペースで受験し、不得意分野の確認をしました。新問は、このような模試に出てきたものだけは記憶しておこうと考えました。

質問5.一発逆転模試(教育的ウラ指導)の活用法
ウラ指導の一発逆転模試は・・・へこみます!確実にへこみますが、これは他の学校などの模試とは目的が違い、ウラ指導の講師が、「これは知っておいてほしい、こう解いてほしい」というメッセージを込めたものだと理解しています。得点は関係ないと当時言われましたが、・・・落ち込みます。試験まで5 回以上繰り返しましたが、試験当日に手ごたえを感じ、感謝できます

*その他のアドバイス
私は学校に行った経験がありません。「合格物語」「講習会」「自分のまとめたノートと単語カード」、これが全てです。この他にとても役に立ったことをお伝えします。それは「受験仲間」です。
1 年目は講習会の存在も知らず、孤独に戦いましたが、2 年目は、合格物語の講習会の出席がキッカケとなり、受験仲間ができました。一緒に一発逆転模試を解いたり、答え合わせしたり、自主勉強会の存在が、どれだけ心強かったか。講習会の機会には、隣通し、前後の席、昼食時、タバコ仲間、是非、コミュニケーションを取られることをお薦めします。一言も話さず、帰宅なんてNG です。皆不安なんです。勝負はこれからです。 頑張りましょう! あとは「気合!」
他の合格者たちの上手な勉強法は,コチラ
memo1

ura410 at 01:03│ │勉強法