2017年03月12日

【製図】勝ちに不思議な勝ちあり.負けに不思議な敗けなし

勝ちに不思議な勝ちあり.負けに不思議な敗けなし

江戸時代後期の平戸藩主,松浦静山の言葉です.楽天の野村元監督の言葉として耳にされた方も多いのではないでしょうか.この言葉は,一級建築士試験にも,ビジネスにも通ずる言葉です.

負ける時は,理由があります.その理由を丁寧に一つずつ潰していくこと.そんなひたむきな姿勢こそが「不思議な勝ち」の呼び水になるのだと思います.事実,ひねくれたり,甘えたりした経営者が勝った話なんて聞いたことがないもんなぁ.



ura410 at 06:14│ │勉強法 | 事務所