2017年08月01日

【製図】どうだったの?東京,大阪での無料セミナー_その2

20502699_1448411071907469_320781157_o前回からの続きです.どんなにプランニング力やエスキス力があった所で,本番で課題文の読み取りに失敗してしまえばアウトです.そのため,本セミナーの第一部では,「課題文の読み取り方」をレクチャーし,その上で,上手な勉強法をお伝えしました.ウラ指導の場合は,具体的にどのように勉強していくのかについては,8月5日(東京)6日(大阪)で開催する「本試験ウラ対策」講習会で昨年度の合格者たちを招いて具体的に解説します.勝ち方を知ってから,製図試験勉強してください.お金と時間と労力を無駄にしないために.



storageemulated0SilentCameraSoft1501309820095第二部では,昨年,および,一昨年度の本試験課題について,合格・不合格の実態を解説.本番で合格答案を完成させるハードルは,受験生の皆さんが考えているよりもずっと低いとをお伝えしました.それを難しくしてしまうのは,他らない受験生自身です.

1.過去の本試験課題内容を知らないことによる解釈ミス.
2.基本的なプランニング力が欠落しているが故の少数派プラン.
3.いきあたりばったりエスキスによる制限時間の浪費

上記について,昨年の塾生合格者Tさんの合格答案を参考事例として紹介しました.さらに,卒業生の荒木さんも駆けつけて頂き,実例見学会の企画について発表してくれました.コチラ

また,会場のサイズをレーザーで測ってくれました.幅が8m,奥行きが22m,床面積176平米.天井高は,2.6mでした.


ura410 at 05:28│ 製図アドバイス