2017年08月09日

【製図】合格答案のイメージを誤るな!

1前回からの続きです.先日,都内で開催したセミナーの終わりに,ある受験生から次のような相談を受けました.「初受験は,ランク2で不合格だったので,昨年は長期コースに通学.学校での成績も良く,本番も制限時間内に答案を完成できた.ミスも少なく,学校からは合格判定をもらっていたが,結果はランク3.初受験の時よりもランクが落ちた.その理由は不明.今になって,不安が増してきた.もしかたら,目指すべき合格答案のイメージそもののがズレているのではないか?



実際に,その再現答案を見せて頂いたら「空間構成」についての意識が薄いことが判明.ぶっちゃけ,空間構成が悪ければ,どんなにミスをなくしても合格の土俵にすら上がれません(ランク3).逆に,ミスが多くても空間構成が良ければ合格できてしまう試験なのです.それが,毎年,初受験ながら一発合格してしまう合格者が存在する理由でもある.

合格答案に対するイメージを明確化しておきましょう.ウラ指導受講生の皆さんは,各課題ごとに公開している「判断ポイントと優先順位」を自分のモノにしていってください.すでに,通学しており,時間が取れない方は,添削不要コース(コチラ)をご利用ください.

一級建築士製図試験は,考え方を知ることで合格できる試験なのだから.



ura410 at 09:06│ 製図アドバイス