2017年10月08日

【製図】本番前の最後のアドバイス

今年も必ず,泥試合となります.粘り強い受験生が勝ちます.どんな窮地に立たされても,9割の受験生が答案を完成させることが出来,初受験合格者も多数,発生する試験レベルであることを忘れないでください.

当然,完成させた答案はボロボロの状態でしょう.それでも合格してきたのです.どのように対応してよいか分からない問題にも直面するでしょう.その際は,落ち着いて,冷静に課題文全体を見渡しましょう.別の問いの中に回答のヒントが隠れていたりします.それでも,ダメな場合は,課題文で条件指定されている内容だろうと,トンチンカンな回答とみなされようが構いません.何でもよいので書いてください.



この試験,記載がなかったり,計画されてなければ完全に減点ですが,記載されていたり,どんな形であれば計画されていれば合格できています.

本番中は,自分の出した回答に後ろ髪をひかれないでください.割り切って,次の問題解決へと進みましょう.集中力を奪われてしまいます.合格者たちはそれが上手です.

最後に,いかなる状況になろうとも,本番中は合否結果のことは考えない.それを考え始めると,緊張と不安に飲み込まれてしまう.また,気負いすぎないこと.50%の力さえ発揮できれば必ず,合格できる.なので,冷静かつ慎重に課題文を読み取り,丁寧にプログラム図をまとめることだけに集中する.その上で,コチラ(キツキツユルユルの防止とゾーニングの方向性)を意識しながらエスキスを完了できれば「勝ち」です.


ura410 at 04:15│ 製図アドバイス