2017年12月05日

【学科・製図】受験もビジネスも成功の秘訣は同じ

storageemulated0SilentCameraSoft1510900724566
僕の母校である千葉県立長生高校では,卒業生が各クラスの生徒たちに社会での羽ばたき方を講義する天夢塾(てんむじゅく)と言う事業を行っている(コチラ).以前,僕自身も講義させて頂いたことがある(コチラ).それが,東京から故郷の千葉県いすみ市に移住する最大のキッカケとなった.こういう高校生たちが育つ環境で自分の子ども達を育ててみたいと思ったからだ.移住者を増やしたいのであれば,積極的に教育の中身=学校の中身を紹介していくべきだと考えるようになった.

第18回となる今回は,2年生を対象に8名の卒業生講師を迎え,8クラスにて実施.東京大学の修士課程で航空宇宙を専行されている現役大学生の石井さんを始め,税理士であり,地元の名士でもある最首先輩や,現千葉テレビ放送の専務取締役である麻生先輩など,そうそうたる顔ぶれだ.



今回から僕は,同窓会の本部役員として,校長先生を始めとする教員の皆さんと一緒に運営側にまわり,それぞれのクラスの講演内容を見てまわった.いずれの話も面白く,生徒たちは真剣に聞き入っていた.

特に,大学受験やビジネスの成功ノウハウを解説している卒業生たちの話が個人的には面白かった.受験の成功と,ビジネスの成功には共通点が多いということも改めて実感した.ポイントは次の4点だった.

1.目標の明確化が成功の秘訣,他人が予め用意してある目標では意味がない,自分自身で目標を設定し,自分ゴトにすることが肝心.また,目標の立て方(受け身ではなく,自分自身とキッチリ向き合った上で目標を設定したかどうか)と,それに到達するためのスケジューリングの丁寧さで,成功できるかどうかの9割は決まってしまう.それさえ出来ていれば,後は予定通りに1日のノルマをこなしていくだけ.その都度,成長快感を味わえるようになって欲しい.そうなれば,勉強したり,仕事をするのことが嫌でなくなる.むしろ,その達成度合いに快感を覚えるようになる.そのように,自分で自分自信をコントールしていく.受験のみならず,ビジネスにおいても,あらゆる成功者たちは,それを実践している.


2.上手に目標を立てるためにも,最初に過去問の出題内容を把握する(この話は,一級建築士試験も大学・高校受験も一緒).ビジネスの場合は,勝負するマーケットを様々な視点から入念にリサーチしておく.いきあたりばったり的な行動を徹底して避ける

3.失敗は必ずある.大切なのは,その理由を突き止め,具体的な改善策を生み出せるどうかだ.それが,最終的な成功をつかめとれるかどうかの命運を分ける.成功できる人間は,具体的な改善策を導き出し,改めてチャレンジし,克服していく.それによって問題解決力が高まり,そういった克服体験も成長快感となっていく.だからこそ,成功者たちは,失敗を繰り返しながら,より大きな壁を飛び越えようと挑戦し続ける.問題解決力が高まっていくのも当然の話だ.

成功できない人は,失敗したら悲しい,悔しい,もうダメだ!と感情的になるだけで,結局は,失敗した時と同じ方法を繰り返す.当然,いつまで経っても克服することが出来ず,やがて諦めてしまう.当然,問題解決力も成長しない.

4.一人で戦わず,まわりを巻き込む.本気で試験に合格したいのであれば,家族や友人,会社の上司や同僚などに,「必ず合格してみせる!」と宣言して回る.勉強のモチベーションが上がらなくなった時には,「勉強する気になれないんだけど,何かいい方法ない?」と積極的に相談する.なぜなら,モチベーションというのは,実現したい目標のことだけを常に考え続けながら日々を過ごせるかにかかっているからだ.片手間で対応している程度の目標なら,いつまで経っても実現できない.目標の実現に向けて,徹底的に「ハマりまくる」ことが重要だ(それって恋愛の成功にも似ている).そのために必要な環境を回りを巻き込みながらつくり出していく.禁煙でも,ダイエットでも,そういった環境をつくり出した上で実践した場合の成功率は,そうでない場合に比べて,6割も高くなることが立証されている.



ura410 at 06:48│ 勉強法