2017年12月08日

【未来】儲かる建築業界をめざして

千葉県建築士会広報委員会の吉村さんから依頼され,千葉県建築士会の会報誌に「儲かる建築業界をめざして」という記事を寄稿しました.コチラ

建築業界の人材不足は,今後,益々深刻化していく.さらに,新築需要が激減し,空き家や空き店舗,空きスペース再生といった新しいニーズをつくり出していかねばならない時代が始まっている.



そのような大変革期の中で,どのように稼いでいけばよいのか(=価値の高い建築サービスを生み出せばよいのか),多くの建築人がが頭を悩ませている.

この状況を不幸に感じたり,ピンチだと感じたら負けてしまう.新たな成功をもたらすチャンスだと思い,前向きに受け止め,ポジティブに挑戦し続ける勇気と覚悟が必要だ.誰もが問題解決したことのない課題だからこそ,そこには大きなビジネスチャンスが存在する.今後,試されるのは建築人としての問題解決力だ.

そのバックボーンには,異業種ネットワーク以上に,建築人どうしの同業者ネットワークが不可欠であろう.そういった意味で若手建築士たちには,建築士会活動を薦めています.

今日より明日,明日より未来に希望を抱ける時代がこの国には紛れもなくあった.皆で力を合わせて,そんな建築業界をめざしていきたい.


ura410 at 06:08│ │個人日記