2018年04月27日

【浦安】液状化被害の実態/悪徳業者による再沈下被害1


ディズニーランドのある千葉県浦安市は3/4が埋め立て地であり,東日本大震災では液状化被害の1/3が浦安市に集中.実に8,700棟の家が傾いた.傾いてしまった家をどのように直すのか,工事費はいくらぐらいか.あれから7年が経つ.当時,多くの悪徳業者が発生した.


素人同然の悪徳業者によるトンチンカンな傾き修正工事により,7年後の今,再沈下被害が発生している.その事実を一人でも多くの市民,行政,建築関係者に知って欲しい.

先日,当時の浦安市長である松崎さん,日本を代表する曳家職人 岡本さん,建築士会の有志とで「液状化と沈下修正(傾いた家を直す工事のこと)を考える講演会」を浦安市にて開催.衝撃的な内容です.コチラの動画(松崎さんと岡本さんの講演内容)をご覧ください.
※建築関係者の皆さんは,岡本さんが出版された「家の傾きを直す「沈下修正」ホントの話(主婦と生活者)」を読まれておくことをお薦めします.かなりかみ砕いて書かれており,面白く,1日で読み終えます.続く
IMG_20180423_153134




ura410 at 00:03│ │建築教育