2018年05月07日

【学科・製図】地盤や基礎構造を武器にする_その4

前回からの続きです.今回も地盤について出題された一級建築士試験問題をご紹介します.

平成19年に出題された一級建築士学科試験問題です.〇か×かで答えよ.
【構造文章題科目/問題コード19091】
沖積層は,最後の氷河期から現在までに堆積した地盤であり,粘土質,シルト層,砂礫層等で構成され,一般に,軟弱な地盤が多い.



【解説】
沖積層とは,最終氷期の終った時(1万5千年前)から現在までにできた地層のことである.一般に軟弱な地盤が多い.より詳しい解説は,コチラ


【解答】〇
続く



ura410 at 06:09│ │製図アドバイス | 一問一答