2018年06月15日

【製図】どうだったの?「計画の要点対策」講習会

20180609東京要点講習会_180615_0002
2018年6月9日(土)に東京地区にて「計画の要点対策」講習会を開催.6月23日(土)には,大阪地区でも開催します.コチラ.講習会終了後,有志にて,「製図試験ぶっちゃけ」飲み会も開催します.コチラ.昨年の合格者も参加されますので,合格答案のつくり方や上手な勉強法などについて,腹に刺さるまでご質問ください.コチラ

記述(計画の要点等)の対策にはコツがある.練習課題の模範的な解答例(文章)を丸暗記するような対策では,近年の製図試験では太刀打ちできません.コツさえつかんでおけば,課題発表後の記述対策もスムーズに取り組むことができます.



参加者の皆さまから事前にヒアリングした本講習会への参加理由は下記の通り.
・これまで勉強してきた定型文章のインプットしかできていないため.
・解答例を暗記だけでは,暗記したことしか記述できないと感じたため.
・解答例の要点を読めば理解できるが,自分で書くことができない(文章の組み立てが苦手).


当日は,記述対策のコツをはじめ,押さえておくべきポイント,近年の傾向と対策,昨年の本試験の合格答案における記述例などの解説.その上で不合格答案の記述を添削して頂きました.

減点される記述のほとんどは,内容のミスではなく,出題者の意図(問題文)を理解していないことが原因となっているミス,もしくは,図面との不整合です.採点者の視点で(客観的に)添削してみることで,そのことを体感していただき,ご自分が書いた記述のチェックにも活かしていただくことが狙いです.

講習会でお伝えした記述対策のポイントは次の3つ.
・計画の要点等の問題文からは採点のポイントが読み取れる
・知識(正解)ではなく,考えたことが問われている
・図面と要点の2つで計画を表現する(=不整合を無くす)


休憩時間中には,要点対策だけでなく,国語力開発講座通信添削課題についてのご質問もいただきました.今後の指導内容にも活かしてまいります.不明な点があれば遠慮なくご質問くださいね.



ura410 at 02:40│ │製図アドバイス