2018年06月25日

【交流】いすみ市の高校生と巡る川越,小山市

35476236_1884534228292410_6944975195807416320_o
先日,将来の進路に悩む高校生(千葉県いすみ市在住)と共に栃木へ向かった.千葉県建築士会夷隅(いすみ)支部の青柳支部長が車を出してくれた.はじめに,川越に立ちより,ウラ指導卒業生である荒木さんの地域再生プロジェクトを視察.荒木さんは,地域経済を潤すことに挑戦されている建築士の一人.11月17日(土)に千葉県勝浦市(いすみ市の隣町)で開催する建築交流会にもお招きします.

その後,栃木に入り,建築士会の関東甲信越ブロック大会へ参加.僕自身,以前,会長を務めたことがあるが現役高校生がこの大会へ出席するのは初めてではないだろうか.夜は,青柳支部長と,高校生,その保護者とで互いのキャリア・デザイン(=人生設計)についてぶっちゃけトークした.同郷の先輩,後輩達と世代を超えて語り合う互いのキャリア・デザインの話は非常に面白く,そして,感慨深いものがあった.少なくとも僕の中では地域愛というものが一層,強まったように思う.その一方で,僕を育ててくれたのは,いすみ市という地域だったということを再認識させられた夜だった.



35480807_1884537034958796_7993370549482946560_o

翌日は,ウラ指導卒業生の鶴田先生を訪ねて,関東職業能力開発大学校を視察.サイクリストとしても有名な酒井建築士とも合流.酒井建築士のような先生がいると大学の授業も盛り上がりますね.僕からは,学生たちに向けて「欲しい未来を自分の手でつくり出せる建築士」というテーマで実例を紹介しながら特別講義させて頂きました.講義後,学生たち一人ひとりによる小山市の地域活性化アイデアのプレゼンを聴講.酒井先生と一緒に講評させて頂きました.最後は,キャンパスを飛び出して,学生の皆さんと一緒に栃木県小山市を街歩き.




ura410 at 08:27│ │建築教育 | 建築イノベーション