2018年08月11日

【学科】本番で点数を伸ばせなかった理由

名称未設定 1
□一級建築士学科受験生の皆さんへ
過去問20年分を本気で勉強したのに,本番で点数を思ったほど稼げなかったのであれば,来年,確実に勝てる方法をお伝えします.事実,下記を実践して頂いたことで今年は多数の合格見込者を輩出できました. 
 
【学科試験の上手な勝ち方】 
記憶が鮮明な今のうちに,ケアレスミスによる失点や落ち着いて解けば得点できていた問題がどれくらいあったのかを全科目について検証してください.本来,解ける問題の失点(とりこぼし)は, アナタの想像以上に多いです.20点以上もあったりします.その失点さえなければ,合格できていたケースがほとんどです. 
  
アナタが来年すべきことは,再び,過去問を猛勉強することではなく,失点を防ぐために自分の解き方を改造することです. 


ウラ指導採点予想システム(無料)を利用すれば,今年の学科本試験の各問題について,受験生たちの正答率が分かります.どなたでも無料で利用可能で,利用に伴う営業行為なども一切ございません.

今すぐ,本番での記憶が鮮明なうちに,正答率が高い問題(=正答率60%以上の問題)を失点している理由から突きとめていきましょう.それによって,本番での解き方の問題点(とりこぼしとなった原因)が解決されていきます.それさえ実践して頂ければ,来年,必ず勝てますし,その実践がなければ,どれほど猛勉強したところで来年もとりこぼしによって合格点に届きません.


ura410 at 09:29│ │勉強法