2018年09月03日

【学科】製図試験の合格を見据えた学科勉強法

44今年度の一級建築士学科試験「合格者」が発表されました.
学科試験を合格するためには,最低でも20年分の過去問をマスターしてください.そうせねば,合格の土俵にすらあがれません(特に,計画,施工科目).実際に,今年度(平成30年度)の学科本試験問題について,過去20年分の過去問をマスターすることで何点,取れているかを検証したところ,100点を取得できています(今年度の合格基準点は91点).詳細は,コチラ

ただし,必ず,とりこぼし(本来,解ける問題であるにも関わらず,本番で得点できなかった問題)があります.解説動画は,コチラ

とりこぼしの実態を明らかにし,その理由を突きとめておきましょう.過去問20年分を勉強したのに,本番で点数を稼げなかったのであれば,これが原因です.とりこぼし癖を改善しておかねば,来年も点数を稼げません.逆に,改善できれば,必ず,学科試験に合格できるようになります.なぜなら,過半の受験生が得点できた問題さえ得点できれば,毎年,合格点を突破できているからです(詳細は明日,公開します).また,学科試験勉強中にとりこぼし癖を改善しておけば,次の製図試験にも劇的に合格しやすくなります.
続く



ura410 at 19:19│ │学科アドバイス | 勉強法