2018年10月13日

【製図】更衣室が複数,要求されてもビビらない

ウラ指導過去問研究講座を受講されいてる方は,今一度,過去の本試験課題についての要点の記述内容をザっとでいいので確認しておきましょう.

また,昨年のユープラ(毎年,本試験終了後に開催しているネット上の合格・不合格答案展/合格発表後はランクも掲載)に参加された方は,今一度,昨年の合格答案のレベルを見返して,合格答案のハードルって実は低いということを再確認しておきましょう(一部は,過去問研究講座にも受講生限定で公開してあります).

今年の課題は,更衣室(ロッカールーム)が肝となります.複数,出題される可能性もありますので,その場合も焦らずに課題文で要求されている内容を正確に読み取ってください.やることは,これまで勉強してきた内容と何ら変わりません.車椅子使用者用更衣室が独立して要求される可能性もあるでしょう.その際も,後半戦通信添削の第4,5課題や,一発逆転模試で出題した「車椅子使用者用更衣スペース」を独立した要求室として計画するだけの話です.

肝心なのは「空間構成の全体的な関係性」のみ.それさえ死守できていれば,土俵落ち級のミスがない限り,どんなに細かいミスがあろうが生き残れます.

ura410 at 03:23│ │製図アドバイス