2018年11月19日

【いすみ市】地域の「稼ぐ力」を引き出す_その2

dai1
前回からの続きです.全大会の後は,第一〜三の各分科会に分かれて頂きました.
 第一分科会は,「体験型コンテンツをつくろう〜0から始める地域資源活用〜」です.既に,この地域で体験型コンテンツを提供されている6名の地域プレイヤーの皆さんにお集まり頂き,7分以内で各自の取り組みをプレゼンして頂きました.

 1.ネクストレベル  舟橋 大吾氏(コチラ
 2.サーフショップ DO  小池 高継氏(コチラ
 3.イタリア料理 ペッシェアズーロ 池田 征弘氏(コチラ
 4.ピア宮敷 内野 美佐氏(コチラ
 5.まるたけ 黒川 友美氏(コチラ
 6.海の見える寺「妙海寺」 佐々木 教道氏(コチラ

いずれもプレゼンテーションも素晴らしく,お互いが取り組んでいること,目指していることを共有できました.そのう上で,佐々木住職にコーディネーターをお願いし,6名の皆さんでパネルディスカッションを実施.

お互いを理解しあった上での意見交換となったため,様々なコラボ企画もこの場で生まれました.互いの力を引き出しあい大きな力を生み出せる瞬間を体感して頂けたかと思います.このように,地域のプレイヤーどうしとつなげ合わせる場づくりは,その地域の建築士会だからこそ実現しやすいように思います.建築という仕事の都合上,その地域のあやゆる産業に関わっていますからね.
続く


ura410 at 08:55│ │いすみ市物語