2019年01月08日

【学科】熊本県営竜蛇平団地とNEXT21

平成19年に出題された一級建築士学科試験問題です.〇か×かで答えよ.

【計画科目/問題コード19101】
熊本県営竜蛇平団地(熊本市)は,住戸規模の変更に対応することができる構法システムを採用した中層の集合住宅であり,住戸を分割したり,隣接する住戸と合わせて一つの住戸にすることができる.



竜蛇平団地

【解説】
熊本県営竜蛇平団地(熊本市)」は,低層の既存団地の老朽化に伴う建て替え事業であり,不整形な敷地を有効に利用するため,広いテラスをずらして積み重ねた「段上タイプ」と周辺の街と団地を視覚的に連続させるようピロティを備えた「街区タイプ」に囲まれた中庭で構成され,各住戸へはこの中庭からアクセスするよう計画されている.中庭から共用部の階段・廊下を経て,各住戸へは,テラスや土間を介してLDKへと繋がっていく.このように開かれた形で連続させることで,お互いの生活を感じ合いながら居住できるように計画されている.

グーグルアースで検索すると画像のような立体構成が3D地図上に表示されます(コチラ).


問題の記述は,竜蛇平団地のものではなく,大阪ガスによる実験集合住宅NEXT21(大阪市)の特徴である.
NEXT21は,一級建築士「学科試験問題」として,頻繁に出題されています.コチラ


【解答】×



ura410 at 10:28│ │一問一答