2019年03月02日

【外房】地域まるごと建築ミュージアム_鉄骨加工編

IMG_20190222_134547

外房エリア(千葉県いすみ市,勝浦市,大多喜町,御宿町)には,戦闘力の高い建築職人が多い.その価値を引き出し,この地域をまるごと建築ミュージアムにしてしまうのが今の僕の夢.建築教育の力で地域経済を活性化させたいんだ.

先日,房総マリーナさん(千葉県いすみ市)のご協力のもと,建築学生たちに鉄骨加工の仕組みと,溶接技術の美しさを学んで頂いた.



IMG_20190222_134924
講師の吉田さんの技術力(僕は戦闘力と呼ぶ)が半端なく高いことに学生たちはビックリ!その技術に価値に気づけるようになると,建築を学ぶことがどんどん面白くなっていく.分からないことがあれば,ネットや書籍ではなく,職人に教われる環境をつくる.それによって,職人の尊さを理解した建築士を輩出していきたい.

吉田さんは,学生たちの目の前で,美しい溶接の価値と難しさをデモンストレーションしてくれた.さらに,学生たちのために,鉄骨の加工模型まで作成してくれて,なぜスカラップが必要なのか,ダイヤフラムの役割などを丁寧に説明してくれた.溶接の意味がわかることで,一級建築士「学科試験」勉強も楽しくなるんじゃないかな.プロデュースしてくれた青柳事務所の雅明さんにも感謝です.これも僕が学生時代から夢見ていた授業の一つ.また,一つ,夢が叶った.
続く


ura410 at 05:30│ │建築イノベーション | 建築教育