2019年03月12日

【外房】地域の子ども達に「稼ぐ力」を

IMG_20190311_175833母校の千葉県立長生高等学校では,各分野で活躍されている卒業生が在校生へ社会や仕事の面白さを伝える取り組みを行っている.天夢塾という.

ちなみに公文式で有名な公文教育研究会の池上社長や,無印良品でおなじみの良品計画の松崎社長も卒業生だ.

先日,届いた長高同窓会報に天夢塾の記事があった.そこに,山口真矢子先輩(昭和62年卒)が紹介されていて,興味深く記事を読ませてもらった.



IMG_20190311_175806
大網白里市出身で,朝日新聞社に入社.出版と教育部門で記者・編集者を経たのち教育事業部門へ.現在はCSR推進部NIE事務局にて,学校への出前授業の講師を務めている.このように書くと,さも輝かしいキャリアを持つ才女といった感じだが,ご本人の寄稿文が実に面白い.上から目線ではなく,天夢塾で講演された当日の失敗エピソードが面白くおかしく書かれている.

フェイスブックで検索したら登録されていたので,「話をお聞きしたい」と連絡してみたら瞬時に快諾してくれた.まる。の高山先輩と同期ということで,高山さんが千葉市で経営されている「夢を叶えるバー コットンクラブ」で高山さんも交えて4月2日(火)の18時から会食することになった.

いすみ市在住の大学生や,天夢塾を通じて出会った後輩たちにも呼び掛けた.山口先輩は,学生たちの就活アドバイザーもされている(コチラ).中高生の方の参加も歓迎です.キャリア デザインの最前線を地域の子ども達や大人達と共有したい.学校や社会という枠を飛び出し,地域の経営者や独自のキャリアを有する専門家たちと気軽に繋がりあえる機会を拡大させていくんだ.



ura410 at 03:09│ │個人日記 | 街づくり