2019年03月23日

【いすみ市】待機児童0の教育環境

IMG_20190322_113515
昨日は,千葉県いすみ市にある第一保育所の卒園式でした.いすみ市への移住,もしくは,Uターンを検討中だけど,子ども達への教育環境が不安と思われている方も少なくないと思います.僕自身も最初は不安でいっぱいでした.僕が卒園した幼稚園は既に廃園となり,現在,いすみ市内に幼稚園はありません.子どもの数がそもそも少なく,待機児童は0名.希望する保育所へ入所できます.

そんな保育環境でありながらも素晴らしい保育士の先生たちがいます.その一人が2018年(平成30年)度さくら組を担当して頂いた,くわはら先生.クラスの園児たち全員に,溢れるほどの愛情を注いでくれました.日々,様々な苦難や逆境に遭遇されていたと思いますが,園児や保護者の前で弱音を見せることは一切なかった.常に余裕綽綽とし,問題を抱えた園児や保護者がいつでも相談しやすいような寛容さと安心感があり,特有の問題解決力によって園児やその保護者たちを守ってくれた.

地方の教育事情は複雑で,個人の正義よりも,組織の正義が尊重されます.僕の家系は,教職員が多いので,幼い頃からその現実を見てきました.そんな中で,くわはら先生は個人の正義を貫き通されていたように思う.そんな先生にこそ園長になって欲しい.この地域の教育をリードして頂きたい.地域教育が魅力的な街として,いすみ市を活性化させていくためにも.

外房エリア(いすみ市,勝浦市,大多喜町,御宿町)への移住などで相談したいことがあれば気軽に下記のアドレスにメールしてください.教育,医療,雇用,暮らし等,公的にはできない民間目線のアドバイスをさせて頂きます.
yesubu@yahoo.co.jp
荘司和樹(プロフィールはコチラ
いすみ市商工会専務理事
千葉県立長生高校同窓会 本部常任幹事(平成4年卒/天夢塾担当)
日本大学非常勤講師(建築専行)
IMG_20190322_113229


ura410 at 10:03│ │いすみ市物語