2019年03月26日

【いすみ市】2019年3月31日 最後のムーミン列車(いすみ鉄道)

img_6
僕が暮らす千葉県いすみ市は,いすみ鉄道が有名です.ムーミン鉄道(コチラ)として約10年間,親しまれてきました.列車に乗ってしまうとムーミンが見えなくなってしまうからという理由で,地元の奥村先輩((有)いたみや)は,いすみ鉄道の乗客のみが車窓から見えるスポットをつくってくれた.ムーミン池といって,可愛いムーミン人形たちが乗客を楽しませる.すべて奥村さんの手作りだ.このスポットを通る際,列車は徐行し,社内アナウンスが流れて,ムーミン池の説明が始まる.
※上画像は,徒然メモ帳(鉄道メインの雑記帳、雑感)様のブログより.




雨の日も風の日も,時にイノシシに襲われながらも,奥村さんは一人でムーミン池をメンテンナンスし続けてきました.すべて自腹で.そんなムーミン池も2019年3月31日(日)をもって撤去されます.いすみ鉄道とムーミンとの契約が3月末で終了するためです.

ムーミンたちが見納めとなる2019年3月31日(日)は,いすみ鉄道の国吉駅で下車してください.駅から徒歩10分の場所にある出雲大社上総教会(隣が國吉神社)で,桜・菜の花祭りを開催します(コチラ).

3月31日(日)は,出雲大社から45分おきに無料のボンネットバスが運行します(10時〜).乗車時間は,30分程度.市内の桜の名所を巡ります.また,出雲大社の境内で桜餅を子ども達でもつくれるワークショップ(3個で500円)を開催しますので(10時〜),桜を観ながら,自分たちでつくった桜餅をお召し上がりください.このワークショップは,揚江さんにボランティアでお手伝い頂けることでようやく実現できることになりました.感謝!

出雲大社上総協会(島根県にある出雲大社の分祀/ちなみに出雲大社の分祀はハワイにもあります)や國吉神社は,トイレを含め,掃除が徹底されており,さらに,パワースポットでもあるためとても気持ちよい神社です.境内には,運気が漂っており,祀られている大国主命は,国造りや縁結び(つなぐ力)の神様.まさに地方創生の象徴ともいえます.
IMG_20190314_190928





ura410 at 06:33│ │いすみ市物語