2019年03月31日

【製図】合格答案特有の合格オーラ

添削
前回からの続きです.ウラ指導受講生の皆さんにお願いがあります.各課題ごとに公開される「自己添削ガイド(上画像)」を使って,ご自分の答案や他の受講生答案を添削してみてください(公開されているページはコチラ).

それによって,どういった図面表現が減点されやすく,どこまで表現すれば減点されないか(=採点者に意図が伝わるか)の感覚がつかめるようになります.表現者としてではなく,採点者としての視点を前半戦のうちに身に着けてしまいましょう.後半戦を圧倒的に,有利に戦えますので.


特に,面積表や断面図,そして,外構表現と計画の要点記述.面積表なら面積表だけを5案以上,添削してみましょう.合格答案には,計画の要点記述からして合格していくオーラがあります.

例えば,下の答案をご覧ください.出題者が何を求めているのか,キーワードを丁寧に読み取り,その上で,わかりやすく回答されています.ちなみに,回答内容が間違っていたとしても,出題者が求めているモノが読み取れている回答であれば本試験では合格できています.

この話は学科本試験も一緒です.猛勉強したのに,点数を稼げない受験生の問題用紙を見せて頂くと,大抵,真っ白です.出題者が求めているモノを読み取る意識が低いから,解答できる知識は持っているのに,それを活かしきれない(=インプットした知識を上手にアウトプットできない)のです.それでいて,復習を嫌がるから,自分のアウトプット力に問題があることに気づけない.これが,勉強が下手な受験生の共通点です.
続く
IMG_20190326_115031HDのコピー



ura410 at 04:14│ │製図アドバイス