2019年10月08日

【製図】ゾーニング破綻を瞬時に見抜く

一発逆転模試を通じて,無難な合格プランのつくり方をご紹介します.

1349番さんのプランをご覧ください.2階の受付を通った後のエリアが有料ゾーンとなっています.頭の中で色分けすると,利用者用コアは誰でも利用できるので共用の黄色となります.そのコアの北側にある利用者用便所も共用(黄色)です.

一方,受付を経由した後のエリアが有料ゾーンとなる展示部門(ピンク)です.このプランのように,2階には展示部門しかないのであれば,利用者用便所はピンクゾーンの中に欲しい.このように,頭の中で色分けで確認することで,ゾーニングや動線が成立しているかどうかを瞬時に判断できるようになります.

同様に,1371番さんのプランも色分けしてみましょう.2階プランを色分けしてみると,どこが黄色で,どこからがピンクかわからない.利用者用便所も何色になるか微妙となる.このように,色分けすることで,自分がエスキスしているプランがゾーニング破綻してないかを確認するようにしてください.
続く



ura410 at 10:16│ │製図アドバイス