建築教育

2018年08月18日

【教育】外房でDIYスクール

IMG_20180812_085601
先日,千葉県長生郡長生村にある建匠舎さんの作業場で,建築学生を対象としたDIYスクールを開催.齋藤棟梁の授業が非常にわかりやすい.

黒船の谷川さんが発注した木製建具を学生たちが制作.クライアントの谷川さんも途中からお手伝い.田園風景に囲まれた建匠舎さんの作業場も快適で,心地いい.
続きを読む

ura410 at 13:41|Permalink

2018年07月07日

【交流】親友の池内君

36277474_1899923870086779_5243195813240242176_o
今の僕は社長職を譲り,普段は千葉県の外房地域で働いている.久しぶりに,東京の事務所に出社した.大学同期で,親友の池内君が事務所に遊びに来てくれたからだ.大学で一緒に建築を学んだものの(コチラ),彼は,一念発起して俳優の道を選んだ.最近は,北野たけし監督のアウトレイジ最終章に出演.たけしさんに拳銃で撃たれるチョイ役だがスタッフロールに池内直樹と名前がクレジットされている.そのシーンを事務所の所員たちも一緒にみて,超興奮した.

続きを読む

ura410 at 08:21|Permalink

2018年06月30日

【学科・製図】「建物の仕組み」をザックリ学べる実例見学ツアー

Kuste_01
千葉県勝浦市にある芸術文化交流センター「キュステ」.このような小規模な文化施設は,都会では,もはや新築されない.田舎だからこその小ぶりで,可愛らしい施設だ.建築面積は3,150平米,延床面積は4,700平米.ちなみに一級建築士製図試験の場合,このような1,2階建ての低層系施設は,さらに小ぶりな2,500平米程度の施設が出題される.したがって,全国的に見てもこういった小ぶりな施設で参考となる実例は極めて少ない.そこで,キュステの基本計画案や図面を建築学生たちに公開し,図面の読み取り方や空調システムなどの「建物の仕組み」をレクチャーする実例見学ツアーを2018年11月17日(土)に千葉県建築士会夷隅支部として企画している.コチラの第三分科会.
続きを読む

ura410 at 11:45|Permalink

2018年06月25日

【交流】いすみ市の高校生と巡る川越,小山市

35476236_1884534228292410_6944975195807416320_o
先日,将来の進路に悩む高校生(千葉県いすみ市在住)と共に栃木へ向かった.千葉県建築士会夷隅(いすみ)支部の青柳支部長が車を出してくれた.はじめに,川越に立ちより,ウラ指導卒業生である荒木さんの地域再生プロジェクトを視察.荒木さんは,地域経済を潤すことに挑戦されている建築士の一人.11月17日(土)に千葉県勝浦市(いすみ市の隣町)で開催する建築交流会にもお招きします.

その後,栃木に入り,建築士会の関東甲信越ブロック大会へ参加.僕自身,以前,会長を務めたことがあるが現役高校生がこの大会へ出席するのは初めてではないだろうか.夜は,青柳支部長と,高校生,その保護者とで互いのキャリア・デザイン(=人生設計)についてぶっちゃけトークした.同郷の先輩,後輩達と世代を超えて語り合う互いのキャリア・デザインの話は非常に面白く,そして,感慨深いものがあった.少なくとも僕の中では地域愛というものが一層,強まったように思う.その一方で,僕を育ててくれたのは,いすみ市という地域だったということを再認識させられた夜だった.

続きを読む

ura410 at 08:27|Permalink

2018年06月08日

【千葉】小屋をつくろう

IMG_20180604_111734千葉県長生郡を拠点に大工道を誠実に追求し続けている建築工房「建匠舎」がある.代表の齋藤孝 棟梁は,僕の同級生.若手大工の育成に積極的で,僕が提唱する「建築教育による街おこし構想」についても,全面的に支援してくれいる.現在,僕たちは千葉県内でのDIYの普及活動を地道に進めている.その一環として,建築工房「建匠舎」では,「小屋づくり」というサービスを開始してくれた.子ども部屋や書斎,教室やスタジオ,農作業拠点や倉庫にと,様々なシーンで活用できる小屋づくりを自由な広さとデザインで実現できるサービスだ.

続きを読む

ura410 at 05:13|Permalink

2018年05月31日

【教育】日大生たちと「建築の日本展」へ_その2

IMG_20180526_110745_1
前回からの続きです.森美術館で開催されている建築の日本展の目玉の一つが,現存する日本最古の茶室建築で京都・妙喜庵にある千利休の茶室「国宝・待庵」の原寸再現(上画像)です.中に入ることもできます.
続きを読む

ura410 at 03:50|Permalink

2018年05月29日

【教育】日大生たちと「建築の日本展」へ_その1

IMG_20180526_125802
日本大学2年生の河名君(高校の後輩)と山崎君(以前のインターン生)と一緒に,六本木ヒルズで開催されている建築の日本展へ(三角スケールを持参すると入館料が100円引き).
続きを読む

ura410 at 03:21|Permalink

2018年05月08日

【学科】建築の日本展_茶室「待庵」の実例モデル


森美術館(六本木ヒルズ)で9月17日まで開催されている「建築の日本展」に行ってきました.メッチャ面白かったです.茶室「待庵」の実例モデルを体感できたり,丹下健三先生の自邸の巨大模型,日本建築の内部空間を3Dで体感できるインスタレーション等,建築士受験生をはじめ,建築を志す学生や建築への情熱がしぼみかけている建築人たちに超おススメです.会場の様子(雰囲気)がわかる動画はコチラ
 


ura410 at 06:48|Permalink

2018年05月02日

【交流】戦闘力の高い大工と建築学生をつなぐ

IMG_20180501_160622
日本大学理工学部建築学科の佐藤さん達から依頼され,木造建築の工事現場をご案内.学校の課題でレポートを提出しなければならないとのこと.そこで,須賀棟梁にお願いし,巣鴨で建築中の法成寺にお連れしました.

続きを読む

ura410 at 06:55|Permalink

2018年04月28日

【浦安】液状化被害の実態/悪徳業者による再沈下被害2


前回からの続きです.2018年4月23日に有志で開催した「液状化と沈下修正を考える講演会」を浦安市で開催(液状化現象についてのリアル映像が見れます コチラ).第二部パネルディスカッションの様子をYouTubeに公開しました.コチラ



続きを読む

ura410 at 02:59|Permalink

2018年04月27日

【浦安】液状化被害の実態/悪徳業者による再沈下被害1


ディズニーランドのある千葉県浦安市は3/4が埋め立て地であり,東日本大震災では液状化被害の1/3が浦安市に集中.実に8,700棟の家が傾いた.傾いてしまった家をどのように直すのか,工事費はいくらぐらいか.あれから7年が経つ.当時,多くの悪徳業者が発生した.
続きを読む

ura410 at 00:03|Permalink

2018年04月18日

【勝浦】建築設備の仕組みを学べる実例見学会

IMG_20180416_152243
11月17日(土)に千葉県建築士会主催の建築交流会を開催します.毎年,千葉県全域から200名近い建築士が集います.今年は,僕が実行委員長を務めます.先日,会場となるキュステ(勝浦市芸術文化交流センター)を視察.

続きを読む

ura410 at 05:04|Permalink

2018年03月27日

【学科・製図】建物がつくられるプロセス

illust_kansai_受験生から「一級建築士試験規模の建築物の設計・監理に携わった経験がないので,工事のプロセスが分からない.わかりやすい書籍を紹介して欲しい」という相談を多数いただいております.そういった方には,イラスト『建築施工』改訂版がお薦めです.コチラ


ura410 at 08:33|Permalink

2018年03月25日

【防災】7年前のあの日,震災被害と戦った男たち

二人震災などで傾いてしまった家を直す技術を沈下修正といいます.首都圏直下型地震が発生すれば,先の東日本大震災の時のように多くの悪徳業者が登場することになるでしょう.彼らは格安で沈下修正工事を請け負い,デタラメな修正工事を行い,トンズラする.

そのため,月日が経つと再沈下してしまう.

首都圏直下型地震は確実に発生します.それに向けて,建築士と行政(自治体),さらに市民が事前に知っておくべき知識と準備があります.


東日本大震災の記憶が風化しつつある今だからこそ「7年前のあの日,震災被害と戦った男たち」というシンポジウムを4月23日(月)に浦安市で開催します.入場無料ですので,是非,ご参加ください.


画像は,松崎元市長と曳家職人 岡本さん.
チラシは,コチラ



ura410 at 11:33|Permalink

2018年03月15日

【交流】寺院建築を得意とする若手大工と繋ぐ

IMG_20180208_080650
先日,豊島区駒込で改修工事中の寺院建築を見学し,工事を担当された大工の須賀さんとお会いしました.須賀さんは,今の時代,超レアな職人としての戦闘力がすこぶる高い若手大工です.その上,誠実で信頼できる建築人でもあります.

現場見学させて頂いた際,施主であるご住職夫妻にもお話を伺ったのですが,須賀さんの仕事ぶりを大絶賛されていました.それほどまで施主を魅了させる本物の木造大工技術を見学してみませんか.ご住職夫妻の協力もあり,見学会を企画させて頂きます.


続きを読む

ura410 at 20:55|Permalink

2018年02月23日

【いすみ市】壁塗りDIYワークショップのトレーニング

storageemulated0SilentCameraSoft1510366640216昨日は,学生たちとDIYワークショップのトレーニング.今回は,既存建物への壁塗り体験へ挑戦.家庭用洗剤で塗布面を雑巾で掃除.こびりついた汚れは,スクレーパーという金属製のコテで除去.

塗布面を清掃した後,本当は,プライマーを下塗りした上で,塗り材(水性塗料)を塗った方が仕上がりが綺麗ですが,今回はプライマーを乾かす時間をとれなかったので,直接,木部に水性塗料をローラーで塗布.
※水性塗料と油性塗料の違いはコチラ
続きを読む

ura410 at 08:51|Permalink

2018年02月18日

【千葉】一級建築建築免許交付式にて講演

免許交付式
2018年2月17日,千葉県内の一級建築試験合格者を対象とした一級建築士免許交付式が千葉市にある建築会館で開催されました.昨年に引き続き,新建築士としての羽ばたき方について講演させて頂きました.元塾生で,合格物語を使った学科合格ノウハウを発表してくれた金子さん(コチラ)も合格者として参加してくれました.


続きを読む

ura410 at 12:08|Permalink

2018年01月28日

【募集】実践的な「建築スキルを学べる場」をつくりませんか?

storageemulated0SilentCameraSoft1517037336744
千葉県内で二級建築士,木造建築士試験に合格された新建築士の皆さんを対象とした免許交付式が千葉市にある建築会館で開催されました.昨年に引き続き,新建築士となった皆さんへ講演させていただきました.今年も演題は,「仕事を生み出せる建築士へ」です.


「モノづくり」から「コトづくり」へ,そして,T型ソリューション(問題解決力)によって仕事を生み出していった(受注産業構造の壁をぶっ壊した)実例の紹介や,建築士会活動の有効性をお話しました.建築業界の人材不足は今後,深刻化していく一方なので,同業者ネットワークの価値は益々,高まっていきます.ツナガリ合い価値の高い仕事を一緒に生み出していきましょう!一級建築士試験の合格者を対象とした免許交付式は2月17日(土)を同じく建築会館で予定しており,同様の話を講演させて頂きます.


僕には実現したい夢がある.

続きを読む

ura410 at 18:14|Permalink

2018年01月19日

【人材】ベトナム人の若手建築技術者育成

東京青年会議所(40歳以下の若手経営者たちで構成)の活動にのめり込んでいた時期があった.超過酷だったけど,超面白かった.過酷な活動だからこそ,誰が自分にとって信頼できる経営者なのかがよく分かる.一緒に活動していると誰が手を抜いたり,いざという時に逃げ出すようなメンバーなのかがよく見えるからだ.その中で,河原さん(株)カワハラ代表)は,信頼できるメンバーの一人でした.

深刻化していく建築業界の人材不足問題について,親日で評判のよいベトナム人の若手技術者の受入れ,育成について取材しているという話をフェイスブックで発信した所,目黒区にある(株)オーワークス折田代表をご紹介頂き,お会いしてきました.
続きを読む

ura410 at 03:27|Permalink

2017年11月23日

【上野】曳家職人岡本さんと古民家再生を語る飲み会

IMG_20170613_120059古民家などの再生を語る上で,欠かせない存在が曳家(ひきや)職人です.経年劣化によって,傾いた建物の骨格を修復するのも曳家職人の仕事.

そんな曳家職人の中で,建築業界から注目を集めているのが,岡本直也棟梁((有)曳家岡本)です.

先日,岡本さんを講師に招き,千葉県いすみ市で,曳家セミナーを開催したところ,県内だけでなく,見学からも参加者が集まり,関係者を驚かせました.コチラ
続きを読む

ura410 at 08:05|Permalink

2017年11月01日

【教育】ビジネスチャンスは課題解決にあり

storageemulated0SilentCameraSoft1509351240359
大学でキャリアデザインの講義.中古住宅かし保険(以下,かし保険)の普及・促進によって,今後,中古住宅市場は確実に活性化するでしょう.消費者が安心して購入できるようになるからです.私の事務所は事業者登録されたため(コチラ),かし保険の加入についての窓口業務を開始しております.

中古建築物の活用はノウハウがマニュアル化されてない分,明らかにブルーオーシャンです.しかしながら,現状の大学教育は,新築ありきでカリキュラムが組まれています.そこで,今回の授業では,テオリアハウスクリニックの鎌田さんをお招きし,木造戸建て住宅のリノベーションで必ず,問題になるシロアリ駆除や,断熱リフォームの最新技術について解説して頂きました.

続きを読む

ura410 at 07:32|Permalink

2017年10月21日

【実務】曳家(ひきや)って知ってる?

22552430_10214116736655349_3368289861328956180_n7月にいすみ市で「曳家(ひきや)セミナー」を開催し,非常に盛り上がりました(コチラ).講師は,有限会社 曳家岡本 代表岡本直哉氏.参加者全員が岡本さんの曳家トークに刺激を受け,また,そのお人柄に魅了されました.

そんな岡本さんが講師を務める「曳家,家起こしセミナー」が千葉市で開催されます.詳細・申込は,コチラ

岡本さんは現在,横浜市で曳家工事を行っています.昨日は,建築士仲間であるクルー建築設計事務所の金山さんが見学され,感動されていました.
※画像は,金山さんがフェイスブックに投稿された記事より転載.
続きを読む

ura410 at 11:06|Permalink

2017年05月27日

【東京】「手描きパース」セミナー

18622382_1318255448303980_3573479044612376683_n卒業生の関谷さんが事務局を務める埼玉県インテリア設計士協会(SIS)が主催する「手描きパース」セミナーへ参加.ウラ指導仲間の皆さんが多数参加してくれていてビックリ.荒木さんも参加してくれていました.講師の宮後(みやご)先生の話は面白く,さらに,書画カメラを用いて,その場で手描きの内観パースと外観パースを作成してくれました.作成しながら同時進行でコツやノウハウを惜しみなくレクチャーしてくれます.続きを読む

ura410 at 03:57|Permalink

2017年04月30日

【地域】二子玉川「お菓子の家づくり」イベント

IMG_20170429_141043千葉県建築士会夷隅(いすみ)支部として,夷隅郡市(大多喜町,御宿町,勝浦市,いすみ市)内で,「お菓子の家づくり」事業を展開していくため,二子玉川で開催された「お菓子の家づくり」イベントに青柳支部長(青柳綜合設計)と,酒井実行委員長(酒井工務店)とともに参加してきました.

この事業は,東京建築士会目黒支部(通称「MAG」)が目黒区の協力のもと10年以上,取り組んできたイベントです(コチラ).

続きを読む

ura410 at 03:07|Permalink

2017年04月18日

【沖縄】「これからの建築士の儲け方」イベントを開催

okinawa今,新著「建築イノベーション」の取材を兼ねて,全国各地で新しい働き方・儲け方を実践されている建築人たちを訪ねて回っています.中でも注目しているのが沖縄の下地さん((株)クロトン代表)の取り組みです.そこで,下地さんに加え,熊本で儲かるエリアづくりに挑戦されている古市さん(FAD建築事務所代表)と共に,「建築イノベーションの舞台裏」というイベントを5月20日(土)に沖縄県那覇市で開催します.申込・詳細は,コチラ
続きを読む

ura410 at 11:30|Permalink

2017年04月04日

【実務】手描きパースの無料講座(上野)

パース2ウラ指導卒業生の関谷さんより,手描きパースのポイントを学べる無料講座の案内を頂いました.時代の流れによってその価値を失いつつある「手描きパース」の普及活動に取り組まれているそうです.

■日時/
2017年5月25日(木)
18時30分開会(18時開場)
※開催時間は2時間程度を予定

■場所/
東京文化会館 大会議室(コチラ
※JR上野駅 公園口改札から徒歩約1分

■参加費/無料
※手描きパースの普及を目的とするため,本講座の参加費は無料です.手描きパース力を身に着ける機会にして欲しいとのことです.

■申込方法などの詳細は,コチラ

続きを読む

ura410 at 13:57|Permalink

2017年03月17日

【実務】日建設計がノウハウを公開

sogozu14日建設計さんが,蓄積されてきた設計監理技術などのノウハウをまとめた社内向け手引書をネット上に一般公開されています.詳しくは,コチラ

こういった動きが広まっていけば,建築業界の魅力を一層,高めていけるように思います.


ura410 at 03:35|Permalink

2017年03月09日

【教育】建築系社員のスキルアップ

千葉職業能力開発促進センター(居住系)様より,今年度前期の建築スキルアップセミナーの開催スケジュールが届きました(コチラ).このセミナーは,設計事務所や工務店などに勤務されている方を対象としており,民間のCADセミナー等よりもリーズナブルな価格で受講可能です.先日,見学させて頂きましたが受講環境も万全です(コチラ).BIMの講座もあります.

能力開発促進センターは,千葉だけでなく全国にありますので,最寄りのセンターが開催するセミナー内容をご確認ください.コチラ



ura410 at 06:24|Permalink

2017年02月21日

【講演】一級建築士免許証の交付式(千葉)

16832969_658193237696134_922493051_o千葉市にある建築会館にて一級建築士免許証の交付式が開催されました.先日,開催された二級建築士・木造建築士免許証の交付式に引き続き,新しく建築士となった皆さんに向けて,「新たな羽ばたき方〜仕事を生み出せる建築士へ〜」という演目で,講演させて頂きました.

昨年の塾生合格者のOさん(コチラ)をはじめ,ウラ指導卒業生たちが参加されていて驚きました.Oさんは,塾生だったから顔を知っているけど,通信講座生の場合,お会いするのが初めてだったりします.後日,一緒に食事をする約束もしました.
続きを読む

ura410 at 07:55|Permalink

2017年02月08日

【実務】事業者としての創業実例セミナー「自ら仕事を創造する建築士へ」

 rinobesemi0206このブログでも,たびたび紹介している「リノベーションスクール」.コチラの動画は,リノベーションスクール@豊島区での嶋田洋平さんによる「欲しい暮らしは手作りで手に入れる」というプレゼンテーションです.儲かるエリアづくり,儲かるストリートづくりの実践例や具体的な仕組みづくりの参考にしてください.
※ここでいう「儲かる」とは,健全な意味で「新たな価値を創造する」ということ.新たな価値を創造できれば,必然的にニーズが生まれ,そこにお金も集まってきます.

「まちおこし」」における致命的な問題点は,「お金の流れのデザイン」が成り立ってないこと.ボランティア感覚で一過性のお祭りイベントを繰り返しても運営メンバーが疲弊していくだけです.
続きを読む

ura410 at 08:40|Permalink

2017年02月03日

【製図】受験生と茂原で差し飲み

ローカルネタですみません.昨日は,千葉県茂原市で製図受験生のOさんと飲みました.Oさんは,20代で昨年,一級建築士製図試験に不合格となり,今年,角番です.昨年の本試験の再現図を見せて頂き,不合格要因や今後の勉強法についてアドバイスさせて頂きました.著書「合格者たちの勉強法(学芸出版社)」の中でも説明しましたが,製図試験は猛勉強すれば合格できるという試験ではありません.不合格となってしまった方は,必ずご自分の敗因を突き止めましょう.また,一枚でも多くの合格答案に目を通しましょう.最低でも30案くらいは見て欲しいです.

 続きを読む

ura410 at 12:58|Permalink

2017年01月28日

【教育】家づくり奮闘記コンテスト

10年以上,「家づくり奮闘記コンテスト(建て主ブログのコンテスト・サイト)」を運営しています.2016年度グランプリは.コチラ.成功談,失敗談を含め,建て主のナマ(生)の声に勝る家づくりノウハウはありません.僕たち,建築する側にとっても参考になります.一級建築士育成事業も同様ですが,他では手に入れることができないナマ(生)の情報を今後も発信していきます.



ura410 at 07:07|Permalink

2016年12月11日

【街づくり】目黒区でのお菓子の家づくり

DSC_0020昨日は,目黒区と東京建築士会目黒支部(通称「MAG」)とで共催する「お菓子の家づくり」イベントが目黒区役所で開催されました.親子50組,計100人が参加.今年で11年目を迎えるイベントでもあるため,区報で案内すると.申し込みが殺到し,抽選で参加者を決めるほどの人気ぶりです.続きを読む

ura410 at 08:12|Permalink

2016年12月09日

【教育】客に選ばれる側から客を選べる側へ

20161208_152936_779前回からの続きです.日大の船橋キャンパスで「キャリア デザイン」の授業を毎週,木彫日に受け持っています.昨日は,ゲストスピーカーとして,日本大学理工学部建築学科時代からの親友でもある大塚君(大塚建設(株)代表)をお招きして,不動産ビジネスという仕事の面白さや,大学で学んだ建築のスキルをどのように活かせるかについてレクチャーして頂きました.将来,人口現象や少子化により,空き家問題が深刻化していきます.その状況を好機と取り,設計者自ら投資をして不動産を取得し,独自のデザイン力を発揮したリノベーションによって付加価値を高め,新たな場として再生していく.それによって,街の活性化を促進させていこうとする設計者が増えています.それは,我々,建築設計者の念願だった受注産業からの脱却(お客さんから選ばれる立場から,客を選べる立場へのシフト)をも実現させます.大塚君も自ら都内(市ヶ谷)で実践した事例を紹介してくれました.年明けには,そういった建築士としての新しい羽ばたき方に興味のある学生たちを連れて,見学させて頂く予定です.その様子も後日,このブログ上に公開します.

ura410 at 09:19|Permalink

2016年12月06日

【教育】お金の流れのデザイン力

毎週,木曜日は大学でキャリア・デザインの授業を担当しています.僕の授業では,「職業を選ぶ時代から,仕事を生み出す時代へ」がテーマ.

世の中のニーズを探る→多くの人に幸せをもたらす「価値」を考える→世の中の仕組みを分析した上で,自分がつくり出したい「価値」を決める→その「価値」を商品なり,サービスを通じて提供することで自分にしか出来ないビジネス・モデルを生み出す→それがライフワークとなる.


続きを読む

ura410 at 03:30|Permalink

2016年11月28日

【教育】高校生からの相談

以前,母校の高校の校長先生から依頼され,理系クラスで講義させて頂いた(コチラ).当日,校長室から理系クラスへと案内してくれた生徒から「進路相談に乗って欲しい」という連絡があって,昨日,大原駅近くの喫茶店でお会いしてきました.

20歳以上も年の離れた後輩から相談されるなんて,とてもありがたい事だし,何より,彼女の行動力と勇気を嬉しく思った.


続きを読む

ura410 at 11:43|Permalink

2016年11月20日

【学科・製図】フランク・ロイド・ライトの世界

 
一級建築士学科試験にも頻繁に出題されているアメリカの建築家「フランク・ロイド・ライト」.そんなライトの建築について,コチラの動画(21:49)で分かりやすく学べます.動画の中で紹介されているグッゲンハイム美術館や,ロビー邸,桂離宮は,学科試験に頻繁に出題されています.カウフマン邸(落水荘)は,一級建築士学科試験問題としては,25年間,出題されていませんが,二級建築士の学科試験問題には,よく出題されています.いつ一級建築士学科試験問題に出題されてもおかしくないので,この機会に学んでおきましょう.

近年の製図試験で求められている吹抜けを中心とした空間構成についても参考になりますよ.設計者として知っておくべき感覚の一つです.


ura410 at 06:28|Permalink

2016年11月18日

【教育】BIMの可能性

15036494_1216025995142804_7879796459470499011_n昨日は日大でキャリアデザインの講義.今回,僕がゲストスピーカーとしてお招きしたのは,フリーダム(株)の長澤信さん(設計事業本部事業開発部 部長)です.

フリーダムは,注文住宅(デザイナーズ住宅)に特化した建築設計事務所であり,昨年の建築棟数は,370棟.住宅系設計事務所としては,日本一の設計事務所です.


全国にあるコンビニの総数は5万店舗.では,設計事務所の総数はどれくらいだと思いますか?



続きを読む

ura410 at 01:02|Permalink

2016年10月17日

【御礼】みなさんのおかげです

採用
今年(平成28年度)の一級建築士製図試験課題は,「子ども・子育て支援センター(保育所,児童館・子育て支援施設)」でした.受験指導を行っていく中で,施設の性格上,一般公開されていない保育所建築の実態調査に苦労しましたが,葛飾区にある北野保育園(子育て支援センターも併設)を運営されている徳増園長のご厚意によって,図面を提供して頂いたり,施設を見学しなが使い勝手をきめ細かくレクチャーして頂くことができました.さらに,保育園運営の現状や実態,制度上などの問題点,また,今後の社会に求められる「保育園の未来像」について,丁寧に教えて頂きました.その内容を8月の頭に東京,大阪で開催した講習会(コチラ)にて図面と共に公開.画像は,8月6日に開催した東京講習会の会場風景.全国から大勢の参加者が集まり,「具体的な使い勝手が分かり,とてもよく理解できた」という感想を頂きました.


続きを読む

ura410 at 11:28|Permalink

2016年10月04日

建築ノウハウ公開セミナー「省エネ申請を武器にする!」

建築会館建築ノウハウ公開セミナー「省エネ申請を武器にする!」

開催日/2016年11月12日(土) 10:00〜16:30
講 師/(株)お茶の水工房1代表の坂井まさちか一級建築士(北海道建築士会札幌支部理事)
主 催/千葉県建築士会夷隅支部
会 場/建築会館8階セミナー室(千葉市中央区中央4丁目8番5号)
043‐202‐2100

■講義内容
【注意】本セミナーは,これから省エネ申請を自分で出来るようになりたいという方を対象とした,省エネ関連申請についての初心者向けの内容となります.
省エネルギー基準と低炭素建築物認定制度が今年の4月1日から施行され,今後は,戸建て住宅においても「外皮の断熱性能」と「一次エネルギー消費量」の2つの物差しで評価されるようになりました.設計者自身で評価するにしろ,外注に依頼するにしろ,どのように計算するのか,どういった評価書を作成するのか,その内容を具体的に知っておきましょう.外注任せにしていると回答に時間がかかったり,手戻りが発生する等の理由で必要以上に工期が伸びてしまう等のトラブルも発生しております.本セミナーでは,省エネ計算や,評価書の作成業務に精通されている 株式会社1お茶の水工房1代表の坂井まさちか一級建築士(北海道建築士会札幌支部理事/事業委員会副委員長)を講師としてお招きし,下記の2 点について講義して頂きます.
続きを読む

ura410 at 02:36|Permalink

2016年09月19日

大恥かくくらいにズッコケろ!

日本大学での後期授業(全15回)が始まりました.数年前から建築学生に向けた「キャリア・デザイン(職業設計)」の講義を担当しています.15回の講義を通じて,大学で学んだ建築というスキルやノウハウを活かし,社会をデザインしていくマインドを学生たちに伝えたい.今,「職業を選ぶ時代から,新たな仕事を創造する時代」に移り変わっているのだから.建築においても,箱(建物)のデザインから,社会のデザインへと活躍の場をシフトさせる建築士が増えている.

では,社会のデザインとは何か?

続きを読む

ura410 at 01:12|Permalink

2016年08月18日

実例を通じて建物の仕組みを学ぶ

都庁昨日は,午後一から東京都より依頼され,東京都の建築系職員限定の一級建築士「製図試験対策」講習会(参加は東京都職員限定)の講義を都庁第一庁舎にて夕方まで行った後,そのまま東京都の外れに移動し,東京建築士会主催の施設見学会の講師を務めました.今年の一級建築士製図試験受験生を対象とした施設見学会で,多数のお申込みを頂いたようです.

続きを読む

ura410 at 11:10|Permalink

2016年07月16日

2020年の大学入試改革


コチラ
の動画(2016年5月26日公開)の冒頭での下村博文さん(前文部科学大臣)の入試改革の話で,僕の頭の中の点と点が線で繋がったのでご紹介しておきます.下村さんの話を僕なりに補足させて頂くと要旨は,次のようになります.


続きを読む

ura410 at 03:48|Permalink

2016年06月06日

【実務】10,000時間の法則って知ってる?

me10,000時間の法則をご存知でしょうか.聞いたこともないという方が以外と多いので,ご紹介します(コチラ).石の上にも三年という諺(ことわざ)にもある通り,その道のプロを目指すのであれば,最低3年はかかります.

僕の場合は,他人より能力が劣っているため,「種をまいて四年」という言葉を親から教わり,座右の銘としてきました.何かを本気で目指すのであれば,最低,4年間は辛抱するという意味です.

教育的ウラ指導
を始めた時も,4年間を捨てる覚悟で挑みました.とは言え,何事も三日坊主だった僕が4年間も辛抱できたのは,ウラ指導活動が始めてでしたが.ただ,その体験によって大きな自信がつきました.続きを読む

ura410 at 09:11|Permalink

2016年06月03日

【実務】建築法規の学び方

ネットで調べものをしていたら,偶然,コチラのホームページを見つけました.各条文の意味や背景などが解説されています.一級建築士学科試験においても,建築法規の点数を本番で稼ぎたいのであれば,あらかじめ条文の意味を整理しておきましょう.意味を理解せずに,原文を読んでいても,サッパリ理解できません.意味を知ってから,原文を読むことが上達のコツです.この話は,実務においても同様です.合格物語さんのWEB講義もご活用ください.コチラ

ura410 at 08:59|Permalink

2016年05月25日

成熟期の建築の作法−2026年への道しるべ

514wdevQfRL先日,日経アーキテクチュア 創刊40周年記念シンポジウム〜建築のさらなるイノベーションへ〜に出席してきました.演目は,「成熟期の建築の作法−2026年への道しるべ」.

講師は,B案で話題となった伊東豊雄建築設計事務所代表の伊東豊雄先生,プランテックアソシエイツ代表取締役会長兼社長の大江匡先生,東京大学大学院 工学研究科 建築学専攻教授の松村秀一氏です.

強烈な3本立てでした.伊東先生の話は,新国立競技場のコンペ案にまつわる内容でした.コンセプトを分かりやすく解説して頂いた感じです.

次に登場した大江先生の取り組みには,会場全体が釘付けになったように思います.要所は下記の通り.
※本シンポジウムは,撮影も録音も禁止されていたため,僕の記憶によるものです.


・約20年前の1995年に,ソニーがカメラ業界に参入し,業界シェア1位となる日が来るなんて,誰も想像できなかった.


・建築業界は,建築士法や建設業法による業務独占で守られていて他産業が参入してこれない.それは,ガラパゴス化に繋がる恐れがある.
・家具業界には,ファッション業界が参入し始めた.


・プランテックグループ(コチラ)の社員数は約350人,年商は,約70億(ファーストキャビンを除く).そのうち,建築設計事業(プランテック総合計画事務所)が売上が占める割合は,16〜18%程度.作品とは呼ばず,プロジェクトとよぶ.デザインではなく,ソリューションという.


・コンサルティング業務を主とするプランテックコンサルティングが伸びている.他社の技術との結合や,企業買収など事業スキームの効率化や経営そのもののデザインを提案している.それらのスキルは,長年に渡る物流倉庫の設計業務により培われてきた.

・建築設計者には,物事を統合する力に長けている.それに気づいたボストンコンサルティングは,8名の建築学生が採用した.


・ホテル事業のファーストキャビンの売上は,約20億円.


NA建築家シリーズ 08 プランテック」が出版されています.お薦めです.僕も購入しました.

続きを読む

ura410 at 10:49|Permalink

2016年02月21日

建築士として気持ちよく稼いでいくための同業者ネットワーク

20160220_165333_7192016年2月20日(土),(社)東京建築士会にて建築士試験合格者セミナー(既得合格者の参加も可能)が開催され,第一部で講演させて頂きました.演目は「これからの稼ぎ方!まだまだあるぞ建築士のニーズ」.経営者仲間の丸山さん(総合設備工事会社「(株)三企」を経営)を招いて,結局は同業者ネットワークが稼ぎ方の発掘に繋がっていくという話をしました.続きを読む

ura410 at 08:29|Permalink

2016年02月05日

教育的ウラ指導って何?


教育的ウラ指導(以下,ウラ指導)では,一級建築士受験支援サービスを1999年(平成11年)より15年以上,提供しております.インターネットを活用し,合格者たちの協力のもと合格の実態を受験生の皆さんと共有することがウラ指導流です.

ウラ指導の合格ノウハウは,口コミによって全国に広がり,書籍(法規のウラ指導製図試験のウラ指導合格者たちの勉強法)として出版され,いずれもAmazonや楽天ブックスなどで売れ筋ランキング1位を記録しました(建築士受験部門).

自分たちで運営し,自分たちで試験内容や合否の実態を検証し,自分たちで教材をつくり,自分たちが講師となって指導しています.また,講習会後のアンケートや懇親会などを通じて,受験生の皆さんと直接,語り合いながら,受験環境の問題点と向き合い,合格後は,合格者たちの生の声を集め,発信していく.そういった,経営も,教材作成も,講師も,マーケティングも同一人物が行い続けるというビジネスモデルを実践し続けています.

運営者(講師)と受験生との距離が近い分,強い信頼関係が芽生えるため,合格後も合格者たちは積極的にウラ指導活動に協力してくれます.近年は,受験生の皆さんの目の前で,合格者が自らの勉強法を発表する機会を増やしています.コチラ.合格者たちの協力がなければ,著書「合格者たちの勉強法(学芸出版者)」を出版も実現しませんでした.

続きを読む

ura410 at 23:21|Permalink

2015年12月26日

長生高校の3人組

DSC_1415今,学生たちの建築業界離れが加速しています.その理由を調べてみると,両親や親戚といった身近な大人たちが建築業界へ進むことに消極的な話をされているんですよね.一級建築士の受験者数もここ10年で半減しました.その引き金となったのは,平成17年の耐震偽装事件です.それまでは4万人前後で推移していた学科受験者数が,今年は,25,804人です.

ただ,建築業界も大きく変わり始めています.建築業界の魅力を学生たちに伝えようと,依頼を受ければ,積極的に,「これから建築業界は,こんなに面白くなっていく!」といった講義をしています.

先月は,母校の千葉県立長生高校の理系クラスで講義させて頂きました.コチラ続きを読む

ura410 at 04:08|Permalink

2015年12月25日

エコハウスのウソ

51P1nWG2kZL__SX353_BO1,204,203,200_新書を出版したこともあり,amazonの建築系書籍ランキングを毎日チェックしています.そこで,気になった本が,エコハウスのウソ(前 真之氏著)です(コチラ).常にランキング1位ですので,購入してみました.

面白い!

この本,一級建築士試験の学科試験対策にピッタリです.環境工学で学ぶ知識が,どのように実務で活用されているのかが面白いほどよく分かります.合格物語で勉強されている方は,ザーッと環境工学科目の過去問を見て,どんな問題が出題されたり,知識が問われているのかをチェックした上で,読んで頂けると効率がいいですよ.

実務にも役立ちますよ.今後,このブログでも,環境工学の過去問とリンクするような話をご紹介していきますね.

続きを読む

ura410 at 22:30|Permalink