製図アドバイス

2018年09月19日

【製図】本試験課題は,これまで解いてきた課題とテイストが違う

f014d6d5
昨年,製図試験を受験された方は思い出してください.通学しようが,独学で頑張ろうが,本番で課題文の内容を見た際に,これまで解いてきた練習課題と明らかにテイストが違うことに驚かれたはずです.これは,毎年の話でもあります.ちなみに,学科試験でもその傾向が強まっています.一見,新問題だらけのように見えてしまう.


そういったテイストの違いに戸惑い,本番で実力を発揮できないまま試験時間が終了してしまう方が急増している.これも,学校などでの成績はピカ一なのに,なぜか不合格を繰り返してしまう原因の一つとなっています.


そこで,今週末に開催するウラ指導の一発逆転模試【製図】では,これまでの練習課題とテイストが違う,本試験レベルの課題を出題します.これまでの課題を解いた知識と経験があれば,ほとんどの受験生が制限時間内に完成させられる難易度に抑えてあります.


続きを読む

ura410 at 08:22|Permalink

2018年09月18日

【製図】「吹抜け」が要求された場合の風除室上部の扱い

120前回から続きです.画像のようにエントランスホールの風除室の上部を吹抜けとした場合,風上室の上部吹抜け部分は,下部に風除室が存在するため2層吹抜けとみなせません.

エントランスホールに吹抜けが要求された場合は,純粋に2層吹抜けとなる部分だけを吹抜け面積として計上しましょう(=画像のような風除室上部の吹抜け部分は算入しない).



ura410 at 13:24|Permalink

2018年09月16日

【製図】空調機械室とAHU

IMG_20180819_102742
温水プールのある福祉系施設の設備系実例公開シリーズ.前回からの続きです.
画像は空調機械室の内部風景です.AHU(空調機)が設置されています.AHUの仕組みは,一級建築士「学科試験」にも頻繁に出題されています.コチラ
続きを読む

ura410 at 11:31|Permalink

2018年09月15日

【製図】ドライエリアと電気室

IMG_20180819_100322前回からの続きです.画像は地下1階機械室に設けられたドライエリアの様子.上部に見えるグレーチングは取り外し可能で,メンテナンス時はここから設備機器を搬出入します.

続きを読む

ura410 at 20:16|Permalink

2018年09月14日

【製図】初受験生を一発合格させる唯一の方法

lgi01a201401142300
9月22日(土)に実施する一発逆転模試を受付中です(コチラ).定員となり次第,受付終了.

初受験生を含め,毎年,多くの受験生を逆転合格させている模試です.今のままでは合格できそうにないと考えている方はご活用ください.

昨年の本試験を含め,本番でプランニング・ポイントを適切に見抜けなければこの試験に合格できません.なぜなら,プランニング・ポイントの絞り込みを誤ってしまえば,合格者たちの解釈とズレてしまうからです.当然,最終的な答案そのものが合格答案とズレたものになる.

これが,本番で不合格答案を作成し続けてしまう仕組みです.逆に,プランニング・ポイントさえ適切に見抜ければ,初受験生であっても一発合格できてしまう.ミスだらけの答案であろうが合格できているのです.その実態は,ユープラを通じて受験生の皆さんにお見せしました.

続きを読む

ura410 at 09:11|Permalink

2018年09月08日

【製図】10/6(土)に東京で今年最後の講習会

kore
クリーク・アンド・リバー社より依頼され,10月6日(土)に,一級建築士「製図試験対策」講習会を東京都千代田区麹町で開催します.詳細・申込はコチラ

昨年,受験された方はご存知の通り,通学しようが,独学で勉強しようが,本試験課題は,これまで解いてきた訓練課題とは,まったくテイストが違う形で出題されます.その上で,本試験課題のプランニング・ポイントを適切に見抜けなれば制限時間内に合格答案を完成できません.

続きを読む

ura410 at 09:11|Permalink

2018年09月07日

【製図】より身近な「サクセスの共有」

千葉さんエスキス
難関な国家資格試験であればあるほど,最強の合格ノウハウを知っているのは,苦労を重ねて合格を手にした昨年の合格者達です.しかしながら,従来はそういった合格ノウハウ(昨年の合格者たちが本番で完成させた合格エスキスや,効率的な勉強手法など)はウラ側に埋もれてしまい,オモテの世界で日の目を浴びることはなかった.

その矛盾の解決に挑戦したのが一級建築士受験支援サイト「教育的ウラ指導」です.この話は,資格試験の話にとどまらず,大学受験や高校受験,さらには,会社経営にも通じます.映画化されたり,書籍化されるようなスケールのデカいサクセス・ノウハウではなく,もっと身近で,ちょっとだけ頑張れば誰でも再現できるような,そんなサクセス・ノウハウの提供にこだわり続けたい.続きを読む

ura410 at 08:07|Permalink

2018年09月02日

【製図】なぜ,合格センスのある受験生がプランニングが早いのか

zenntai
受講生がツイッターに投稿されていた後半戦通信添削第2課題についての空間構成パターン.APZ図に,利用者用コア,スポーツ施設部門専用コア,管理者用コアの想定位置をプロット.
※注1  APZ図(アプローチ+ゾーニング図)については,製図試験のウラ指導2018をご覧ください.
※注2  コアどうしは,直線上に並んでいた方がプランニングしやすい.なぜなら,コアどうしは,廊下(通路部分)で繋げるが,直接上に繋げた方が廊下面積を少なくでき,かつ,空間構成もシンプルになる.それは同時に作図しやすいプランでもある.

続きを読む

ura410 at 09:14|Permalink

2018年09月01日

【製図】プランニング・ポイントの見抜き方_その4

IMG_20180826_133234
前回からの続きです.画像は,昨年合格者が後半戦通信添削第2課題の解いた際の課題文.このように,ゾーニングに応じて色を塗り分けています.この内容をそのままプログラム図(P図)に反映させる.このトレーニングを繰り返して欲しい.
続きを読む

ura410 at 08:38|Permalink

2018年08月31日

【製図】歩行距離の見抜き方

歩行距離
後半戦通信添削第2課題の模範解答例を例にして,歩行距離の考え方をレクチャーします.上画像のように各直通階段から同じ半径の円弧を描いてみましょう.この円弧の範囲内が3ヶ所の直通階段の出入口からの歩行距離としてカバーされるエリアの目安となります.逆に言えば,この円弧の範囲外の部分が居室の最も遠い位置から一番近い直通階段までの距離(=歩行距離)が長くなる部分となります.上画像の場合だと,屋内プール室の右下の部分となりますね.このようにあたりをつけたら,あとは実際に,各直通階段までの避難経路の距離を測って,最終的に歩行距離が最も長くなる地点を求めます.実際は廊下形状などにより,歩行距離の長さは異なりますので.


ura410 at 00:03|Permalink

2018年08月30日

【製図】プランニング・ポイントの見抜き方_その3

前回からの続きです.いよいよ本施設の目玉となるスポーツ施設部門です.下記画像では,ピンクでマーカーし,かつ,プール室などウエットゾーンは赤でマーキングしております.後半戦通信添削第2課題では,2階共用部門(黄色)から,受付ホールを介して,スポーツ施設部門にアクセスします.

逆に言えば,受付ホールを経由せねばスポーツ施設部門内へ出入りできない計画としています.これが受付ホールを介さずに,共用部門からスポーツ施設部門へ出入りできてしまう計画だったり,もしくは,共用部門を経由せねばスポーツ施設部門内を移動できない計画はNGです(第2課題1065番様のプラン等).

続きを読む

ura410 at 10:43|Permalink

2018年08月29日

【製図】プランニング・ポイントの見抜き方_その2

前回からの続きです.共用部門は,黄色マーカーで塗ってみましょう.その際,利用者用コア(階段+EV)を見つけたら黄色マーカーで囲って,同時に2,3階もマーキングしてしまう.それによって,利用者系の上下階のツナガリがわかります.

続きを読む

ura410 at 06:37|Permalink

2018年08月28日

【製図】プランニング・ポイントの見抜き方_その1

ironuri
どれほど,エスキス力,プランニング力,作図力があろうとも,本番で「プランニング・ポイント」を見抜けなければ,制限時間内に合格答案を完成できません.昨年の本試験課題もそうでしたね.そこで,本番での「プランニング・ポイント」の見抜き方をレクチャーしておきます.

教育的ウラ指導の後半戦通信添削第一課題,第二課題が今年の本試験課題の基本モデルです.画像は受講生が第二課題の模範解答例をマーカーで色塗りしたもの.色塗りしてみることによって,「ゾーニング(ククリ)と動線(ツナガリ)」の関係性を視覚化できます.

ルールとして,共用部門は黄色,管理は青(機械室系は緑),スポーツ施設部門はピンク(内,ウエットゾーンは赤)と決めてマーカーで色を塗っていく.※色の設定は自由です.
色塗り手順は次の通り.続きを読む

ura410 at 07:24|Permalink

2018年08月27日

【製図】課題心得と基本心得

心得
教育的ウラ指導では,各課題ごとに「課題心得」を公開しております(閲覧は受講生限定).コチラのページからPDFファイルを開き,必ず,チェックしておいてください.添削の中で「1−1」や「1−2」といった指摘は,この課題心得を示します.例/「1−1」とは,第一課題の1番目心得を示す.
続きを読む

ura410 at 19:51|Permalink

2018年08月26日

【製図】どうだったの?勝てる解き方講習会

IMG_20180825_104317_1
2018年8月25日,東京地区で「勝てる解き方」講習会を開催.昨年,受験された方はご存じの通り,一級建築士製図試験の合否は,本番で「プランニング・ポイントを見抜けるかどうか」で決まってしまいます.学科試験が過去問を最低20年分は勉強しておかないと合格は難しいように,最低限の勉強量は製図試験の合格にも必要です.しかしながら,猛勉強していれば合格できる訳ではないのです.どれほど,エスキス力があろうが,プランニング力があろうが,作図スピードが速かろうが,本試験課題のプランニング・ポイントを適切に見抜けなければ制限時間内に合格答案を完成させることができません.
続きを読む

ura410 at 08:05|Permalink

2018年08月25日

【製図】防火シャッターと防火戸

IMG_20180819_121958
先日,広島県福山市で建築士会主催の一級建築士「製図試験対策」講習会(コチラ)を開催.最終日は,実例見学会を開催.まさに,一級建築士「製図試験対策」のために建築されたような建物でした.画像は,防火シャッターと防火戸の実物.火災時にシャッターが閉まっても,防火戸から避難できるようになっています.

続きを読む

ura410 at 06:06|Permalink

2018年08月23日

【製図】昨年合格者が語る「合格センス」の身に着け方_その4

採用
前回
からの続きです.1999年に教育的ウラ指導(以下,ウラ指導)というサイトを開設して,今年で19年目となる.一級建築士受験環境の様々なブラックボックスをこじ開けてきた分,ネット上では,受験産業の既得権益者の皆さんから叩かれまくられてきた.ネット特有の匿名での叩き方もあの手,この手と進化しており,その成長ぶりにはひたすら感心するばかりだ.

そういった状況の中で,僕たちウラ指導がこだわり続けてきたことがある.それは,合格者たちが受験生たちへ直接,効率的な試験勉強法や合格ノウハウを発表したり,合格メソッドを継承できる場の提供です.毎年,開催してきました.学科試験編は,コチラ.製図試験編は.コチラ
続きを読む

ura410 at 14:50|Permalink

2018年08月22日

【製図】昨年合格者が語る「合格センス」の身に着け方_その3

要点記述1
前回からの続きです.
今回も昨年合格者である嶋崎さんの上手な勉強法を紹介します.要点の記述を丸暗記するのではなく,模範解答例の構成を分解し,どういう形で回答すれば効率的かを検証されたそうです(上画像参照).
キーワードを抜き出したり,自分が回答(アウトプット)する際の切り口を箇条書きにする等.

続きを読む

ura410 at 08:41|Permalink

2018年08月21日

【製図】昨年合格者が語る「合格センス」の身に着け方_その2

エスキス
前回からの続きです.
画像は昨年合格者の嶋崎さんが本番で作成した合格エスキスの実物です.ボリュームチェック(階別振り分け)は,課題文を折り返して作成されています(画像下).

続きを読む

ura410 at 01:39|Permalink

2018年08月20日

【製図】昨年合格者が語る「合格センス」の身に着け方

39514678_2084749628452033_1532890273372176384_n
2018年8月18日(土),19日(日)に広島県福山市で一級建築士「製図試験対策」講習会を開催.主催は,(社)広島県建築士会青年委員会.昨年合格された嶋崎さんが建築士会に入会され,本講習会の運営をサポートしてくれていました.さらに,本番当日の再現図,そのエスキス,課題文などの他,最終的にたどり着いた効果的な勉強法の資料を持参し,受験生の皆さんに公開してくれました.

続きを読む

ura410 at 06:58|Permalink

2018年08月19日

【製図】合格のコツを最も熟知している昨年合格者

ウラ指導卒業生の荒木さんが9月5日に埼玉県川越市で「実例見学会」を開催してくれます(コチラ).同じくウラ指導卒業生であり,昨年度合格者のichiken(イチケン)さんも参加されるそうです.荒木さんのフェイスブックで知ってビックリ!

イチケンさんは昨年,荒木さんが企画された実例見学会にも参加されていました.

続きを読む

ura410 at 07:46|Permalink

2018年08月16日

【製図】セキュリティの実例モデル

212f6925東京都より依頼され,都庁で一級建築士「製図試験対策」講習会を開催(東京都の建築行政職員のみ参加可能).毎年,学科試験対策からサポートさせて頂いてます.続きを読む

ura410 at 09:28|Permalink

2018年08月15日

【製図】不合格者アルアル

合格センスのない受験生ほど,細かい部分を過剰に気にする.本番では,特定の部分に必要以上にこだわってしまうが故,全体の空間構成を崩してしまう.

逆に,合格センスのある受験生は,特定の部分よりも,全体の最適化を目指す.一級建築士製図試験は,最大限の努力で「A判定(ブッチギリ合格)」を目指したりせずに,最小限の努力で「C判定(ギリ合格)」をつかむ感覚でいこう.



ura410 at 07:11|Permalink

2018年08月14日

【製図】クリーク・アンド・リバー社と連携した講習会

38870704_1976671849078647_597505701211799552_n
前回
からの続きです.医師,弁護士,公認会計士に引き続き,一級建築士においてもキャリア・デザインにイノベーションを引き起こそうとされている(株)クリーク・アンド・リバー社より依頼され,一級建築士「製図試験対策」講習会を開催.内容は,8月4日(東京),5日(大阪)にて開催した講義内容(コチラ)と一緒です.今回も合格物語2018で学科合格点を突破し,製図試験を初受験される方が多数,参加してくれていました.

続きを読む

ura410 at 04:09|Permalink

2018年08月12日

【製図】卒業生が企画する実例見学会

一級建築士製図試験2
ウラ指導卒業生の荒木さんが9月5日(水)に埼玉県川越市で「健康づくりのためのスポーツ施設」の実例見学会を企画してくれています.先日,参加されたウラ指導受講生の感想は,コチラ↓
___________________
ウラ指導卒業生の荒木さんの尽力で、見学をさせていただきました。
建物規模が試験課題の倍ではきかないくらい、大きいな物ですが、
レイアウト(空間構成)は参考になると感じます。
この施設は、公園整備事業の一環で建てられて6年。PFIにより公共施設ですが民間の大手スポーツ施設企業が運営しています。
続きを読む

ura410 at 04:35|Permalink

2018年08月10日

【製図】屋内プールの空調系統図

空調ダクト系統図8月4日(土),5日(日)に東京,大阪で開催した製図試験対策講習会で,説明した空調ダクト系統図がみにくかったので見やすくしました.コチラ

8月18日(土),19日(日)に広島県福山市で開催する講習会(コチラ)においても,設計者自ら解説いたします.

ura410 at 05:42|Permalink

2018年08月09日

【製図】合格センスのある解き方を共有する(東京,大阪)

hira
昨年を含め,今の製図試験の合格には,この試験特有の合格センスが必要です.合格センスが先天的に備わっている受験生も少なくなく,彼ら(彼女ら)は,通学せずとも初受験ながら一発合格している.

逆に,どれだけ猛勉強しようが本試験日までに合格センスを身に着けることができねば不合格を繰り返してしまう.

なぜなら,合格センスがなければ課題文の解釈が合格者たちの解釈とズレてしまうからだ.もしくは,判断ポイントの優先順位付け(=計画重要度の設定)が合格者たちとズレる.当然,最終的な答案そのものが合格答案とズレたものになる.
続きを読む

ura410 at 04:31|Permalink

2018年08月08日

【製図】合格者たちの勉強法を徹底して真似る

IMG_20180805_134317前回からの続きです
一級建築士製図試験の合格のコツは,昨年合格者の勉強法や本番での解き方をTTPする(徹底的にパクる)ことにある.それ以外に,限られた時間の中で効率的に合格センスを身に着ける方法なんてない.

先週末に東京,大阪で開催した製図試験対策講習会では,昨年合格者のichikenさんがご多忙の中,どのように勉強していたのかが分かる資料を持参してきてくれた(画像がその様子).

続きを読む

ura410 at 13:12|Permalink

2018年08月06日

【学科,製図】一発合格の仕組みを解明せよ

BlogPaint

前回からの続きです.
今年は,例年以上に多くの合格物語ユーザーが学科合格点を突破することができた.得点センス(コチラを身に着けて頂いた効果が発揮された.


学科試験勉強の中で得点センスを身に着けた受験生であれば,製図試験で求められる合格センスコチラ)を身に着けるのも早いように思う.考え方のTTP(徹底的にパクる)に慣れているからだ.


そこで,得点センスを身に着けて学科合格を掴んだ彼ら(彼女ら)に製図合格(勉強法)コーチングを実施することで,初受験合格者を生み出し,効率的に一発合格するための思考プロセスや合格ノウハウ(本番で制限時間内に合格答案を完成させるコツ)をリサーチします.その内容や結果は教育的ウラ指導のメールマガジンで発信していきますね.コチラ
続く



ura410 at 04:42|Permalink

2018年08月05日

【製図】合格センスを身につける「たった一つ」の方法

採用
2018年8月5日,東京地区で一級建築士「製図試験対策」講習会を開催(満席のお申込を頂きました).
当日は,昨年合格者たちをお招きし,今から本試験日までの上手な勉強法や,本番で制限時間内に合格答案を完成させるコツを直接,発表して頂きました.

今の製図試験の合格には,この試験特有の合格センスのようなものが必要です.そういった合格センスが先天的に備わっている受験生もいて,彼ら(彼女ら)は,初受験ながら製図試験に一発合格していく.今年はそれを具体的に証明します.

続きを読む

ura410 at 07:52|Permalink

2018年08月04日

【製図】昨年合格者たちもフル活用したコミュニティフォーラム


ウラ指導の通信添削講座受講生の皆さんは,必ず,コミュニティーサイト(フォーラム)をご活用ください.使い方は,コチラの動画解説をご覧ください.

不明な点があれば,僕(荘司和樹)へメールしてください.アドレスは,コチラ↓
yesubu@yahoo.co.jp



ura410 at 08:09|Permalink

2018年07月31日

【製図】初受験生を合格させ,そのプロセスを公開

一級建築士製図試験の合格のハードルって実は低い.過去問研究講座(動画説明はコチラ)を受講されている方は,卒業生たちの合格答案(図面+要点)とそのエスキス(実際に本番で作成したもの)をご覧ください.本番当日の時間配分も記載されています.

初受験でありながら,一発合格していく受験生もいます.なぜなら,本番でプランニング・ポイントさえ的確に見抜ければ合格できてしまう試験だからです.
※もちろん,1.過去問,2.課題添削,3.プランニング,4.作図の4つの基礎勉強は必要.

今年は実際に製図初受験生を合格させて,その合格プロセスをこれまで同様,受験生の皆さんへ公開していきます.そのため,合格コーチングを始めています.コチラ(合格物語2018ユーザー限定とさせてください).



ura410 at 07:28|Permalink

2018年07月29日

【製図】どうだったの?製図試験対策セミナー(東京,大阪同時開催)

IMG_20180728_113929_1
2018年7月28日に,勝ち方を知った上で製図試験勉強をして頂くためのセミナーを東京,大阪で同時開催(上画像は東京会場,下画像は大阪会場の風景).

最初に,製図試験に効率的に合格するためのコツをお伝えした後,課題文の読み取り方を解説.
どれほど,エスキス力,プランニング力,作図力を高めようが,課題文の読み取りに失敗してしまえば,ミスのない答案を完成させようが不合格とみなされます.逆に,課題文の読み取りにさえ成功すれば(=プランニング・ポイントを的確に見抜ければ),知識や技能が劣っていても合格できてしまいます.それが,製図初受験生でも一発合格できてしまうカラクリです.

難しい話は一つもありません.目指すべき合格答案のプランニング・ポイントはどこなのかを的確に見抜くだけです.


続きを読む

ura410 at 05:07|Permalink

2018年07月28日

【製図】広島県福山市で実例見学会を開催します

09159_sub1
広島県建築士福山支部青年委員会が8月19日(日)に福山市で実例見学会を開催します.教育的ウラ指導が講師として同行します.見学後は,本番で制限時間内に合格答案を完成させるコツをレクチャーします.さらに,昨年の製図試験終了後,学校からは合格とみなされていたのに,フタを開けてみれば「ランク3」と評価されてしまった受験生答案(コチラ)をもとに,その理由と対策を具体的にお伝えします.特に通学組の方に知っておいて欲しい内容です.


続きを読む

ura410 at 09:39|Permalink

2018年07月27日

【製図】昨年合格者からの陣中見舞い

IMG_20180720_115656
昨年合格者のきむちょさんが桃を送ってくれた.岡山は先日の水害の復旧対応で大変な状態になっていると聞いているが,そんな状況の中で陣中見舞いを贈ってくれたきむちょさんの心使いに感謝の言葉もあります.

きむちょさんは,先日,大阪にて製図受験生の皆さんの前で,上手な製図試験の勉強法を発表してくれました.コチラ.今年,ウラ指導で製図試験勉強される方は,必ず,読んでおいてください.


ura410 at 13:45|Permalink

2018年07月26日

【製図】合格者たちがこの時期に実践していたこと

branch-1290017_960_720

ウラ指導の第一課題の発表日までに初受験合格者が実践したのは次の5つ.

1.著書「製図試験のウラ指導2018(学芸出版社)」を読む
→エスキスには,「情報整理(単純作業)」と「プランニング(思考作業)」という2つのパートに分けられます.それを理解した上で,各パートの進め方(手順)を定型化しましょう.作図もそうですが,手順を完全に定型化し,各ステップごとに時短トレーニングを繰り返していかない限り,時短を実現できません.現場管理と一緒です.いきあたりばったりエスキス,いきあたりばったり作図,いきあたりばったり現場管理をしているうちは,いつまで経っても時短は不可能です.

続きを読む

ura410 at 08:01|Permalink

2018年07月25日

【製図】受験生からの質問「ボーダー対応,学校併用,提出締切」

教育的ウラ指導の一級建築士製図試験対策サービスに例年以上のお申込を頂いております.製図受験生の皆さんからの質問も増えていますので,下記内容を参考にしてください.

■質問1.学科試験の取得点数が合格点のボーダーに届かない可能性がある.

続きを読む

ura410 at 07:52|Permalink

2018年07月24日

【製図】「ゾーニング+動線計画」をアピール

前回からの続きです.
近年の製図試験を受験された経験をある方であればご存知の通り,従来の製図試験対策では,膨大な課題を解かされながら,理想的な解答に近い答案を作成するように強制されます.しかしながら,今の製図試験では,理想的な答案を目指してしまうと制限時間内に完成できなかったり,完成できたとしても不合格とみなされています.理由は,試験元が合格者に求めるのは,「ゾーニング+動線計画」のアピールだからです.課題条件を全て満たしていたとしても,「ゾーニング+動線計画」のアピールがなされていなければ合格答案とみなされていません.


続きを読む

ura410 at 09:28|Permalink

2018年07月23日

【製図】「動線計画」が勝負どころ

前回からの続きです.

今年(平成30年)は,「動線計画」が勝負どころとなる.そのためのプール設定(=更衣室の存在)だ.

温水プールだ,防火区画だ,避難施設はただのブラフに過ぎない.昨年(平成20年)の製図本試験「小規模なリゾートホテル」から周到に「動線計画勝負」となる伏線が張られている.年明けに開催したユープラでも解説したが,試験元が公開した標準解答例や合否結果がそれを証明している.それによって,学校等で合格判定を受けていた答案が不合格とみなされたのだ.それだけ「動線計画の重要度」が高まった.続きを読む

ura410 at 15:00|Permalink

2018年07月22日

【製図】本試験課題を的中

千葉さんエスキス
昨年(平成29年)の一級建築士製図本試験課題では,客室群を1フロアにまとめるのでなく,一部をチギッて別の階に振り分けられるかどうかが,合否の命運を分けたプランニングポイントの一つとなりました.この客室群の一部をチギッて別の階に振り分ける際の注意点を昨年(平成29年)の後半戦通信添削第2課題で出題していました.そのため,第2課題をマスターしていた受講生は,問題なく合格されています.

8月4日(東京)8月5日(大阪)で開催する「本試験ウラ対策」講習会では,実際に,昨年のウラ指導合格者をお招きし,本番での考え方,エスキスの進め方,制限時間内に合格答案を完成させるコツを合格者本人から直接,発表して頂きます.昨年の合格者たちと,その年の製図受験生とを直接つなげる機会を提供しているのは,日本広しといえど,教育的ウラ指導だけです.

なぜ,的中できるのか?続きを読む

ura410 at 18:02|Permalink

2018年07月20日

【製図】平成30年度の製図試験課題は「健康づくりのためのスポーツ施設」

平成30年度(今年度)の一級建築士製図試験課題が発表されました.内容は下記の通り.

課題名
健康づくりのためのスポーツ施設


要求図書
1階平面図・配置図(縮尺1/200)
2階平面図(縮尺1/200)
3階平面図(縮尺1/200)
断面図(縮尺1/200)
面積表
計画の要点等

(注1)健康増進のためのエクササイズ等を行う温水プールのある建築物の計画
(注2)パッシブデザインを積極的に取り入れた建築物の計画
(注3)建築物の外壁の開口部で延焼のおそれのある部分の位置及び防火設備等の適切な計画
防火区画(面積区画、竪穴区画)等の適切な計画
避難施設(直通階段の設置・直通階段に至る歩行距離、歩行経路及び重複区間の長さ、敷地内の避難上必要な通路)等の適切な計画


建築物の計画に当たっての留意事項
敷地の周辺環境に配慮して計画する。
バリアフリー、省エネルギー、セキュリティ等に配慮して計画する。
各要求室を適切にゾーニングし、明快な動線計画とする。
建築物全体が、構造耐力上、安全であるとともに、経済性に配慮して計画する。
構造種別に応じて架構形式及びスパン割りを適切に計画するとともに、適切な断面寸法の部材を配置する。
空気調和設備、給排水衛生設備、電気設備、昇降機設備等を適切に計画する。


注意事項
「試験問題」及び上記の「要求図書」、「建築物の計画に当たっての留意事項」を十分に読んだうえで、「設計製図の試験」に臨むようにして下さい。
なお、設計与条件に対して解答内容が不十分な場合には、「設計条件・要求図面等に対する重大な不適合」等と判断されます。


【参考過去課題を紹介】
※過去に出題された類似課題とその標準解答例を確認しておきましょう.ウラ指導受講生の場合は,過去問研究講座と著書「製図試験のウラ指導2018(学芸出版社)」をご覧ください.「製図試験のウラ指導2018」には,平成15年度より公開されている全ての標準解答例が掲載されています.

続きを読む

ura410 at 09:41|Permalink

2018年07月19日

【製図】たった6課題で製図合格させている理由

20170805_144428僕(荘司和樹)のメールアドレスは,コチラ↓です.
yesubu@yahoo.co.jp
昨年度を含め,一級建築士製図本試験の合格・不合格の実態を熟知しております.例えば,コチラ

製図試験対策で不安なこと,わからないこと,相談したいことがあれば,気軽にメールしてください.初歩的な質問でも構いません.学科試験が終わってからでも構いませんので.

教育的ウラ指導の後半戦製図試験対策講座の申込受付を開始しました.パックコースは定員となり次第,受付を終了となります.コチラ
※ウラ指導の製図試験対策講座を申込をご検討される場合,必ず,コチラの参加お断り条件をご覧になった上でご検討ください.各課題の添削には,提出締切日があります.

続きを読む

ura410 at 08:40|Permalink

2018年07月10日

【製図】他の受験生との考え方のズレを知る

1531225102402
前半戦一発逆転模試の『判断ポイントアンケート』を行っています(受講生限定/回答期限は16日まで).
※判断ポイントとは,コチラ

高額な受講料を払って通学し,莫大な時間と労力をかけて猛勉強したのに,製図試験に不合格となってしまうケースが急増している.しかも,合格発表日前には,「確実合格」というお墨付きももらっていたのにも関わらずです.一方で,明らかに知識量も経験値も劣っているのに,製図試験に一発合格できてしまう製図受験生もいます.

なぜ,そんなことが起こるのか?続きを読む

ura410 at 21:27|Permalink

2018年07月09日

【製図】試験元の狙いを熟知せよ

サザエさんのコピー
サザエさんを例にした「グルーピング」と「つながり」の関係図を受講生がツイッターで投稿されていた.
※画像は,ほいくジョブサイトより.

まさに,プログラム図のモデル事例です.製図試験におけるプログラム図では,「ゾーニング」と「動線」の関係図をつくる.それ以外の情報はなるべく盛り込まない.「ゾーニング」と「動線」の関係だけを整理することがコツだ.だって,それを積極的にアピールしている答案(プラン+要点記述)ほど合格しやすいんだもの.ユープラに参加されていた方は,再度,合格・不合格答案の実態を見直してみましょう.

合格発表後に合格答案と不合格答案の実態をお見せしたり,その年の合格者たちと受験生の皆さんとを直接,つなげる機会を提供しているのでは教育的ウラ指導でけです.なぜ,ウラ指導だけがそれを実現できるのか.

続きを読む

ura410 at 10:11|Permalink

2018年07月02日

【製図】合格答案と不合格答案の違い

IMG_20180701_112023
2018年7月1日,前日の会場受験(コチラ)に引き続き,前半戦一発逆転模試(製図)講習会を開催.午前中は課題作成者より課題文や解答例の内容の解説.

午後からは,「判断ポイントと優先順位」を用いて,効率的に合格答案を手っ取り早く完成させるために必要な考え方(思考プロセス)を共有しあいました.時間が足らず,4名の方の質疑を引き出せなかったのが心残りです.この形式の講習会では,15名程度での開催が限界でした.ただ,解き終わった答案についてあーだこーだアドバイスするよりも,その答案へと至る思考プロセスについて意見交換できるため,「考え方」や「考えるチカラ」を効果的に自分のものにすることが出来ます.本日の講義のポイントは下記の通り.
続きを読む

ura410 at 02:58|Permalink

2018年07月01日

【製図】自滅さえしなければ勝てる試験

IMG_20180630_151541
前半戦一発逆転模試(製図)の会場受験,及び,講習会を開催.模試を実施した直後に行ったヒアリングでは,会場で受験された参加者のうち17%の方が本試験課題と比べて,今回の課題を「やさしかった」と回答し,逆に17%の方が「難しかった」と回答.残りの66%の方は「本試験課題同様の難易度だった」と回答.

また,制限時間については,23%の方が「時間がかなり余った」と回答し,逆に17%の方が「時間が足りなかった」と回答.残りの60%の方が「見直し時間を何とか確保できた」と回答.

続きを読む

ura410 at 13:02|Permalink

2018年06月26日

【製図】アピールする答案を目指す

前半戦通信添削第4課題の添削を行っています.一級建築士「製図試験」に合格したいのであれば,答案(プラン+要点記述)から「私は一級建築士として必要な知識とスキルを十分に備えておりますよー」といったアピールが採点者にビシバシ伝わってくるようにしてください.

ポイントは,「ゾーニングと動線」です.「ゾーニング」とは一まとまりに「ククル」こと.「動線」とは,「ツナゲル」こと.それらの関係性を整理するのがプログラム図(コチラ)です.また,「ゾーニング」や「動線」を考える時には,「人」をベースにして考えましょう.主体は誰なのか,どんな動きをするのか.それを課題文から正確に読み取ります.

どれほどエスキスが上手だろうが,どれだけ作図が早かろうが,プログラム図の作成(=関係性の整理)が適切でなければ,何度,受験しようが合格できません.その観点から再度,過去の本試験課題を見直してみることをお薦めします.



ura410 at 07:22|Permalink

2018年06月25日

【大阪】製図模試をみんなで集まってタイムアタック

storageemulated0SilentCameraSoft1506138561139
近年の一級建築士「製図試験」は,努力や知識武装だけでは勝てません.本試験会場でのアドリブ対応力(=本番対応力)が必要です.一言で言えば「合格センス」です.

合格センスの高い解き方を参加者全体で共有できる唯一の模試が,教育的ウラ指導の前半戦一発逆転模試(製図)です(コチラ).その一発逆転模試を本番同様に会場受験するイベントを大阪「自主勉強会」チームが企画してくれています.概要は下記の通り(参加は前半戦一発逆転模試の申込者限定).


■日時/
2018年7月1日(日)
10:00〜 開場・準備
11:00〜 模試のタイムアタック(6時間30分)
17:30  終了+休憩
18:00〜 検証(模試課題についてのぶっちゃけディスカッション)
19:00  解散

続きを読む

ura410 at 13:04|Permalink

2018年06月23日

【製図】他の受験生との考え方のズレを知る

1529690111672

第4課題の『判断ポイントアンケート』を行っています(受講生限定).※判断ポイントとは,コチラ

高額な受講料を払って通学し,莫大な時間と労力をかけて猛勉強したのに,製図試験に不合格となってしまうケースが急増している.しかも,合格発表日前には,「確実合格」というお墨付きももらっていたのにも関わらずです.一方で,明らかに知識量も経験値も劣っているのに,製図試験に一発合格できてしまう製図受験生もいます.

なぜ,そんなことが起こるのか?

続きを読む

ura410 at 02:52|Permalink

2018年06月22日

【製図】合格センスのある解き方をみんなで共有する

hira
6月30日(土)に前半戦一発逆転模試(製図編)の課題文を公開します(答案の提出締切は7/3まで).今回,日本初の試みを実践します.それは,前半戦一派逆転模試を通じて,本番で制限時間内に合格答案を完成できる受験生たちの解き方・考え方を利用者全体で共有すること.

続きを読む

ura410 at 05:46|Permalink