学科アドバイス

2018年07月21日

【学科】本試験問題を的中

教育的ウラ指導は,学科本試験問題を的中させてきました.毎年の的中結果は,コチラ
的中結果を公開しているのは,日本広しと言えども教育的ウラ指導だけです.

なぜ,的中できるのか?続きを読む

ura410 at 06:20|Permalink

2018年07月18日

【学科】受験される皆さんへ 最後のアドバイス

今週末は,いよいよ学科本試験日.学科受験生の皆さんに,最後のアドバイスを送ります.

1.勉強時間が少なくて不安.
→すべての合格者たちが同様の不安を抱えながら,合格してきました.万全の体制で本試験にのぞめる受験生なんていません.それを肝にめいじ,実力を最大限に発揮することがだけに集中しましょう.


2.学習量が足りてないことが不安.
→最終的に合否を左右するのは,知識量ではなく,解き方の上手さです.


3.1点でも多く点数を取りたい.
→そのためには,1点でも多くミスを減らしましょう(コチラ).同じ事です.

最後に,合格者たちの本番での心構えやスタンスを読み返しておきましょう.コチラ
すべては,自分のマインド次第.合否の命運を変えられるのはアナタ自身です.




ura410 at 07:35|Permalink

2018年07月17日

【学科】受験生の皆様へ_ウラ指導からのお願い

名称未設定 1
僕自身が学科受験生だった当時,受験仲間たちと試験終了後に集まり,全科目について一問ごとに正答枝として何番を選んだのかを発表しあった.その時,ネットを利用して,より多くの受験生たちと繋がれば,より精度の高い答え合わせができることに気づいた.回答分布のバラつきも把握できる.

その結果,生まれたのがウラ指導採点予想システムです.毎年,数百人の方が利用します.
続きを読む

ura410 at 06:31|Permalink

2018年06月18日

【学科】合格センスとは「目利きのセンス」


現在,一発逆転模試の利用者専用掲示板では,各科目についての上手な解き方例(=受験生たちの思考プロセス)をピックアップしてご紹介しております.その具体例の紹介動画は,コチラ

ぶっちゃけ,一級建築士「学科試験」では,フォーカス・ポイントを適切に見抜くことさえ出来れば,合格点を稼げてしまいます.詳しくは,コチラ.その目利きのセンスを磨くためには,過去問を勉強するのです.


続きを読む

ura410 at 01:29|Permalink

2018年05月11日

【学科】法規のウラ指導(最新版)を出版します

hou-ura2018著書「法規のウラ指導(学芸出版社)」ですが,執筆負担があまりに大きいため,2015年を持って,出版を終了させて頂いてました.しかしながら,定価3,800円のところ,プレミアがついて10万円近い価格で中古本が取引されるようになり,出版社をはじめ,多くの受験生より,再販を切望されておりました.

そこで,この度,最新版を出版することとなりました.まだ,予約受付のみの状況ですが,既に,Amazonなどでベストセラー1位(建築士部門)となっております.コチラ

続きを読む

ura410 at 07:09|Permalink

2018年05月08日

【学科】建築の日本展_茶室「待庵」の実例モデル


森美術館(六本木ヒルズ)で9月17日まで開催されている「建築の日本展」に行ってきました.メッチャ面白かったです.茶室「待庵」の実例モデルを体感できたり,丹下健三先生の自邸の巨大模型,日本建築の内部空間を3Dで体感できるインスタレーション等,建築士受験生をはじめ,建築を志す学生や建築への情熱がしぼみかけている建築人たちに超おススメです.会場の様子(雰囲気)がわかる動画はコチラ
 


ura410 at 06:48|Permalink

2018年05月05日

【学科・製図】地盤や基礎構造を武器にする_その2

jiban-syurui
前回からの続きです.平成28年の一級建築士製図試験で求められた計画の要点の記述の中で,「洪積砂礫層」という言葉が登場し,当時の多くの製図受験生を悩ませました.前回,ご紹介したコチラの動画の中で,洪積層沖積層の違いについて説明されています(再生時間7:50あたり).

続きを読む

ura410 at 13:13|Permalink

2017年12月22日

【学科】再受験を応援! 合格物語をウラ指導負担

goumono2018-10%25製図試験で不合格となり,角番落ち(学科再受験)となってしまった皆さんにお願いがあります.

一級建築士試験の合格を諦めないでください.今年も合格を諦めなかった製図合格者が多数,輩出されました.来年の1月に東京,大阪で開催するユープラ検証会では,合格者たちをお招きし,受験生の皆さんの前で本番当日の考え方や,勉強法を発表して頂きます.いずれの合格者も前年のユープラ検証会(コチラ)に参加された方たちでもあります.

大丈夫,必ず合格できます.諦めない限り.

そこで,学科試験に再度,挑戦される方や,はじめて合格物語での過去問マネジメント学習に挑戦される方を対象に「合格物語2018」の購入費用の一部をウラ指導が負担します(先着50名限定).詳細は,コチラ


ura410 at 08:14|Permalink

2017年12月13日

【学科】法規のウラ指導を購入しないでください

51sLkJAZu1L__SX347_BO1,204,203,200_著書「法規のウラ指導(学芸出版社)」は,2015年度版で出版をやめたので,絶版となっています(今後の出版は未定).

過去問への解説の分かりやすさが人気となり,今でも中古本が3万円近い高値で取引されていますが,合格物語2018を利用されている場合,法規科目のコンテンツはほぼ一緒になるので「法規のウラ指導」の中古本を購入しないでください(過去問の解説については最新の法改正に対応したものを合格物語2018ユーザーには,年明けに提供します).



ura410 at 02:23|Permalink

2017年11月24日

【学科】点数を稼げる「上手な解き方」ワークショップ(東京)

gahag-0015969718一級建築士学科試験は,本番で点数を稼げる「上手な解き方」を知った上で,効率的に過去問20年分をマスターしてください.そのためのワークショップを12月10日(日)に東京で開催します.交通費や宿泊費をかけてでも参加する価値のあるイベントです.

参加申込がゾクゾクと集まっています.頂いている参加理由のうち,一部をご紹介します.


続きを読む

ura410 at 12:13|Permalink

2017年11月15日

【学科】「上手な解き方」ワークショップを開催します(東京)

160319WS02一級建築士試験は,勝ち方(=本番での点数の稼ぎ方)を知った上で,効率的に試験勉強することが合格のコツです.この話(目標の明確化+手法の効率化)は,学科合格後の製図試験においても,ピッタリと当てはまるため,学科試験勉強のうちに,確実に身に着けておいてください.

そのためのワークショップを12月10日(日)に東京で開催します.交通費や宿泊費をかけてでも参加して欲しいイベントです.
本番で点数を稼げる「上手な解き方」を知った上で,学科試験勉強を効率的に進めてください
詳細・申込は,コチラ

今回も合格者に参加して頂き,上手な勉強法について発表して頂く予定です.
※体調不良や仕事の都合で欠席となる場合もあります.

続きを読む

ura410 at 06:51|Permalink

2017年10月28日

【学科】学科試験の合格を科学する

今年の学科試験で「合格物語に収録されている過去問20年分で何点取れたか?」について,一選択枝ごとに検証した結果を公開中(コチラ).合計98点を取得(合格点は87点) .

ただし,本番では「とりこぼし(本来,得点できる問題をケアレスミス等によって失点すること)」等による失点が10点分程度はあります.とりわけ,あと数点で合格点に届かなかった方の場合は,20点分以上の「とりこぼし」がある.信じられないようなら,本気で検証してください.本番で点数が伸びなかった理由は,知識量不足ではなく,とりこぼしが原因です.

続きを読む

ura410 at 10:05|Permalink

2017年10月26日

【学科】勝ち方を知った上で勉強すべし

hon
今から約2,500年前の中国春秋(しゅんじゅう)時代末期,戦(いくさ)の勝ち負けは運に左右されるものと考えられていました.そんな時代にあって,孫武(そんぶ)という人は過去の多くの戦いを分析し,どの戦にも勝った理由と,負けた理由がそれぞれにあったのだと説きました.それらをまとめたのが有名な書物「孫子(そんし)の兵法書」です.その中の一説に次の言葉があります.

彼(か)れを知りて己(おのれ)を知れば,百戦して殆(あや)うからず

「戦う相手の実態を知り,自分の能力をわきまえて事前準備しておけば,何度,戦っても負けることはない」という意味です.この話は,今の一級建築士試験の合格にもあてはまります.それを具体的にまとめた本が,著書「合格者たちの勉強法(学芸出版社)」です.Amazon等でベストセラー1位を記録.読んで頂ければ,本番直前に配信したメルマガで,僕が今年の学科本試験問題の出題を的中させれた理由も分かります.的中内容は,コチラ

続きを読む

ura410 at 04:29|Permalink

2017年10月25日

【学科】カステルヴェッキオ美術館が出題された理由

平成24年度の学科試験にカステルヴェッキオ美術館が新問題(過去20年間で出題されたことのない問題)として登場した時には,ほとんどの受験生を驚かせました.とは言え,他の選択枝が全て過去問だったので,正答率は60%がカステルヴェッキオ美術館なるものを知らなくとも得点できていました(採点予想システムでの調査結果より).

そんなカステルヴェッキオ美術館が一級建築士学科試験問題として出題された理由をpadmateaさんが解明されています.コチラ.知りませんでした.世界を代表するリノベーション建築の先駆け的作品だったのですね.

ura410 at 04:41|Permalink

2017年09月07日

【学科】過半の受験生が解ける問題さえ得点できれば合格

PK2013071102100146_size0今年度(2017年度)の一級建築士学科試験の出題内容を検証した所,今年も「過半の受験生が解ける問題さえ得点できれば合格できていること」が判明.その検証結果を公開しました.コチラ
※上記の調査は,教育的ウラ指導が無料提供している「採点予想システム(コチラ)」の回答集計結果に基づいてます.この機会に採点予想システムをご利用頂き,本番でのご自身の解き方を一問ずつ思い出しながら,上記の検証結果と比較してください.続きを読む

ura410 at 22:35|Permalink

2017年09月05日

【学科】製図試験の合格を見据えた学科勉強法

44本日,今年度の一級建築士学科試験「合格者」が発表されました.コチラ
学科試験を合格するためには,最低でも20年分の過去問をマスターしてください.そうせねば,合格の土俵にすらあがれません.実際に,今年度(平成29年度)の学科本試験問題について,過去20年分の過去問をマスターすることで何点,取れているかを検証したところ,98点も取得できています(今年度の合格基準点は87点).詳細は,コチラ

ただし,必ず,とりこぼし(本来,解ける問題であるにも関わらず,本番で得点できなかった問題)があります.その状況を明確化し,その理由を突きとめましょう.それによって,解き方の上手さを身に着けることが出来ます.

とりこぼし方は,受験生一人ひとり,十人十色.大きく異なります.実務上のキャリアや,年齢,性別,性格,資質,右脳思考タイプか左脳思考タイプかなどによって大きく変わります.まずは,ご自身のとりこぼし状況と向かい合ってください.これを嫌がっているようでは,どんなに猛勉強したところで,本番で点数を伸ばせません.勉強下手なまま,受験を繰り返すことになります.本番での点数を伸ばすには,解き方の上手さが必要不可欠です.それでも,とりこぼしてしまうのです.とりこぼしが1点もない合格者など存在しません.

続きを読む

ura410 at 09:12|Permalink

2017年08月14日

【学科】模型で学べる住宅建築イベント


武道館から見て皇居側にある東京国立近代美術館にて「日本の家」展が開催されています(10月29日まで).建築家56組による住宅建築を模型や図面等を通じて学べる絶好の機会です.開催風景の動画は,コチラ

一級建築士学科受験生の方には,超お薦め.過去問(20年分)に出題されている住宅建築を探しましょう.合格物語を利用されている方は,「キーワード検索」機能(コチラ)が便利です.

続きを読む

ura410 at 06:36|Permalink

2017年07月25日

【学科】本試験前日に新問を100%的中させたメルマガ

ME_biz20160902572415_TP_Vウラ指導無料メールマガジン(以下,メルマガ)では,このブログには掲載できない情報を提供することがあります.例えば,今年の学科試験直前に「本試験前日に今年,出題されるかもしれない2つの知識(新問)をお伝えする」と宣言し,学科試験日前日に,「ZEH」と「CLT(LVL含む)」を紹介したところ,2つとも新問題と出題され,業界を震撼させました.LVLを含めると3選択枝分の新問を的中.
続きを読む

ura410 at 08:37|Permalink

2017年07月23日

【学科】受験生の皆様へ_ウラ指導からのお願い

名称未設定 1
私が学科受験生だった頃,試験終了後に受験仲間たちと喫茶店に集まり,全科目一問ごとに答え合わせをしました.その時,ネットを利用して,より多くの受験生たちと繋がれば,より精度の高い答え合わせができると考,その結果,生まれたのがウラ指導採点予想システムです.毎年,数百人の方が利用します.

このシステムは,どなたも無料で利用可能で,入力して頂いた解答結果をもとに,一問ごと,最も解答数の多い選択枝を予想解答(正答肢)として点数を自動算出するものです.参加者が増えるに連れ,点数が変動しますので,随時,チェックしてください.
解答速報ではありません.また,この調査による正誤判定・合否判定も行っておりません

一番のメリットは,一問ごとに全利用者の回答分布状況も知ることができることです.このデータは今後の受験生にとってのエビデンス(判断根拠)・データとなるため,お手数おかけしますが何卒,ご協力ください.コチラ

尚,このシステムの利用に伴う営業行為は,ウラ指導で行ったことがありません(そもそも,ウラ指導には,営業マンがおりませんのでご安心ください).

ura410 at 16:00|Permalink

2017年07月22日

【学科】受験生へ 最後のアドバイス

今週末は,学科本試験日です.学科受験生の皆さんに,最後のアドバイスを送ります.

1.勉強時間が少なくて不安.
→すべての合格者たちが同様の不安を抱えながら,合格してきました.万全の体制で本試験にのぞめる受験生なんていません.それを肝にめいじ,実力を最大限に発揮することだけに集中しましょう.


2.学習量が足りてないことが不安.
→最終的に合否を左右するのは,知識量よりも,解き方の上手さです.


3.1点でも多く点数を取りたい.
→そのためには,1点でも多くミスを減らしましょうコチラ.同じ事です.


著書「合格者たちの勉強法(学芸出版社)」を購入されている方は,P90からの「本番での心構え」にも目を通しておいてください.次の内容について記載してあります.
・法規科目のタイムオーバーに注意
・合格者たちの工夫
・本試験日前に必ず確認すること!
・猛勉強してきた人ほど不合格になりやすい
・合格をつかみ取るために必要な「考えるチカラ」
上記の5つのポイントについて,分かりやすく解説してあります.それらを抑えることで,とりこぼしを減らし,合格を決めた貴重な1点につなげてください.


ura410 at 01:00|Permalink

2017年07月19日

【学科,製図】21日(金)に今年度課題の発表

170716chokuzen先週末は,東京地区にて,直前講習会(学科)を開催.高週末はいよいよ学科試験日となります.学科受験生は,コチラの記事に目を通しておいてください.

今年の製図試験課題は,7月21日(金)に発表されます.今年も決戦の夏が開幕しますね.

ウラ指導でも本日から,後半戦製図試験対策サービスの申込受付を開始します.コチラ

今年の後半戦からは,通信添削の各課題ごとに,多数派の判断結果を受講生限定で発表していきます.具体例は,コチラ
続きを読む

ura410 at 08:40|Permalink

2017年07月12日

【学科】過去10年で3回も出題されている「匠明」_その4

IMG_20170701_032233平成17年度に出題された一級建築士学科試験問題です.〇か×かで答えよ.

【計画科目/問題コード17241】(平成17年度24問目1番選択枝)
光浄院客殿の平面は,「匠明」の殿屋集に描かれている「主殿の図」とほぼ同じであり,桃山時代の標準的な武家の住宅の形式を示すものと考えられている.

続きを読む

ura410 at 04:10|Permalink

2017年07月11日

【学科】過去10年で3回も出題されている「匠明」_その3

平成25年度に出題された一級建築士学科試験問題です.〇か×かで答えよ.

【計画科目/問題コード25172】(平成25年度17問目2番選択枝)
木割りは,我が国の伝統的な建築において,各部構成材の比例と大きさを決定するシステムである.
続きを読む

ura410 at 07:31|Permalink

2017年07月10日

【学科】過去10年で3回も出題されている「匠明」_その2

IMG_20170701_032225平成27年度に出題された一級建築士学科試験問題です.〇か×かで答えよ.

【計画科目27074/問題コード】(平成27年度7問目4番選択枝)
「匠明」は,日本建築における柱間や各部の部材寸法の比例関係を決める体系を記述した書物である.

続きを読む

ura410 at 05:52|Permalink

2017年07月09日

【学科】過去10年で3回も出題されている「匠明」_その1

syoumei書斎で調べものをしていたら,本棚から偶然,「匠明(しょうめい)」を発見.古建築を専門とする設計事務所に務めていた妻が修業時代に購入したらしい.知らなかった...
18,000円もする.

「匠明」は,過去10年間に一級建築士学科試験で3回も出題されている(平成27年25年17年).

ウラ指導流にぶっちゃけ解説すると,「匠明」ってのは,江戸幕府のメッチャ偉い大工の棟梁がまとめた木割りの秘伝書です.

で,木割りってのが分わりづらいよね?



続きを読む

ura410 at 08:56|Permalink

2017年07月03日

【学科】一発逆転模試講習会(東京)を開催

170701moshi週末は,「一発逆転模試(学科)」講習会を2日間かけて開催.両日共,満席.

当日は,受験生の解き方を紹介しながら「あの知識を元に得点に辿りついてほしい」,「こういう視点から解いて欲し」,「このように絞り込んでジャッジして欲しい」,「悩んだ時には,このように落ち着いて適切に対処して欲しい」と言いう具合に,出題した問題に込めた意図(受験生へのメッセージ)を問題作成者自身が解説.それをくみ取れるようになると,面白いように本番で点数を稼げるようになります.
続きを読む

ura410 at 04:40|Permalink

2017年05月28日

【学科 製図】省エネ法の解説動画(国土交通省)

001122739先日,コチラの記事をブログに公開し,設計実務から離れている方たちから大きな反響を頂きました.国策としても,また,ぶっちゃけ景気対策としても,省エネ関連法令の改正をはじめ,国土交通省は建築物の省エネ化に対する取り組みに本腰を入れています.近年の一級建築士試験にもその影響が出ています.今年の学科試験に出題されそうな内容は,一発逆転模試(学科)で出題しますが,学科受験生だけでなく,製図受験生の方も,さらには,実務知識としても,国土交通省が公開しているコチラの動画(12分14秒)を見ておくことをお薦めします.その他,建築物の省エネ化についての資料は,コチラをご覧ください.必要な知識は,このブログで紹介していきますので深追いしないようにしてください.



ura410 at 03:57|Permalink

2017年05月10日

【学科】今年も出題される「省エネ」系知識

全国の建築設計事務所へ国土交通省からコチラのような案内が送付されています..
今年の学科試験には出題されないかもしれませんが,来年は周知徹底のためにも出題される可能性が高い話です.いずれにしろ,省エネに関する知識は国としての一級建築士受験生に周知させておきたい話であるため,今年も何らかの形で出題されることになります.合格物語で学科試験勉強されている方は,試験直前に「省エネ」というキーワードで過去問検索を行い,ザッと目を通しておくとよいでしょう.
※ちなみに,教育的ウラ指導が一発逆転模試(学科)でその年の学科試験問題を的中させているのは,このように国や建築業界の動きを常に把握しているからです.
お知らせはがき



ura410 at 08:19|Permalink

2017年05月08日

【学科】建築展「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」

ando東京・竹橋にある東京国立近代美術館にて,建築展「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」が,7月19日から10月29日までの期間に開催されます.詳しくは,コチラ.僕は初日に行ってきます.一級建築士学科試験直前ですので,学科試験対策として参考になる話があれば,このブログでご紹介しますね.

続きを読む

ura410 at 05:13|Permalink

2017年05月02日

【学科】都市計画法を分かりやすく解説

02住宅保証機構様から依頼され,5月12日(金)に千葉市にある建築会館にて,新社会人向けに建築法規の講義を行います.65名満席で受付は終了済.その準備のため,調べものをしていたら,国土交通省のサイトに都市計画法について分かりやすく解説されているページを見つけました.一級建築士受験対策としても役立つ内容なのでご紹介しておきます.コチラ.法規科目の都市計画法の復習などに活用ていください.続きを読む

ura410 at 09:06|Permalink

2017年04月25日

【学科】法規の総復習に便利な動画


最近は,知りたいことがあるとYouTubeで検索するようになりました.今年から大学で法規科目の講義を受け持つことになったため,建築法規についのての解説動画を探していた所,コチラの動画を見つけました.一級建築士学科試験にも役立つ内容であるため紹介しております.法規科目の総復習に便利です.


ura410 at 09:52|Permalink

2017年03月20日

【学科】サブリースとは?

リノベーションによって,「自ら仕事を生み出せる建築士」となるために,「サブリース」という用語を理解しておきましょう.昨年(平成28年度)の一級建築士学科試験にも,BCP(コチラ)と合わせて「サブリース」とう言葉の意味について出題されています.コチラ
建物や部屋の賃貸経営では,大家が入居者と賃貸借契約を結び,家賃を収入源として投資コスト(新築の場合は建設コスト,改修の場合はリフォーム費用など)を回収し,その上で利益を生み出していきます.自分で経営されているのであれば,家賃収入はすべて自分に入ります.代わりに入居者がつかなくなってしまうと一気に資金繰りにいき詰まってしまうリスクがあります.
続きを読む

ura410 at 02:56|Permalink

2017年02月22日

【学科】電気の引き込みについて

DSC_0293画像は,電線から戸建て住宅に電気が引き込まれる様子.これを受電といいます.続きを読む

ura410 at 05:58|Permalink

2017年02月16日

【学科】〇〇率とは

前回からの続きです.○○率というものは,原則として1以下(%表示する場合は,100%以下)になるものとして考えるため,大きい値の方が分母にきます.この考え方を知っていれば,どちらの値が分母にくるのかを悩まずに済みます.野球における打率なども分子よりも分母の方が大きくなります.

「電気設備」項目における「率」と言えば,「需要率」と「負荷率」です.この2つについては,コチラの動画をご覧ください.復習にも最適です.
続きを読む

ura410 at 01:20|Permalink

2017年01月20日

【学科・製図】スケール感覚のトレーニング

スケール合格物語さんのブログ大賞に参加されている「のこさん」の
ブログに「高さ寸法の覚え方 」についての記事が公開されています.スケール感覚は,学科合格後の製図試験にもガッツリ要求されますので,学科のうちに身に着けておきましょう.
続きを読む

ura410 at 23:09|Permalink

2017年01月18日

【学科】スタッグ式って知ってる?

昨年は,このブログ記事が一級建築学科本試験問題を的中させました.コチラコチラ.今年も当ててみせますね.
今回,ご紹介するのは,オフィスレイアウトにおける「スタッグ形式」.先日,施主様との打ち合わせの中で登場したオフィスレイアウト用語です.

【計画科目/予想問題】正しいか,誤りかで答えよ.
スタッグ形式は,コミュニケーションとプライバシーの双方を必要とする業務に配慮した机配置である.続きを読む

ura410 at 19:18|Permalink

2017年01月05日

【学科・製図】建築設備を楽しめるブログ

札幌のケロさんより,「設備が楽しい! せつびのブログ」を開設したという知らせを頂きました.一級建築士受験生の皆さんにとっても,設計者にとってもためになる記事が多いので紹介しておきます.コチラ

ケロさんは一級得建築士試験に合格後もウラ指導活動にご協力いただいており,建築設備セミナーなどを開催して頂いております.写真をふんだんに使いながら実例を通じて解説されるケロさんの講義はとても分かりやすく,参加者の皆さんから好評でした.



ura410 at 13:52|Permalink

2016年12月22日

【学科】日本一効率のよい学科勉強法

WEBkougi一級建築士学科試験勉強をされている方は,合格物語さんのWEB講義(コチラ)を活用してください.無料で公開されていますし,勉強する科目・項目部分のWEB講義を最初に読んでから過去問を勉強し,過去問を勉強した後で,さらにWEB講義を読むようにすれば,日本一効率よく合格できます.この話は,学校に通われていようが,独学で勉強しようが変わりません.是非お試しください.続きを読む

ura410 at 09:15|Permalink

2016年11月14日

【学科・実務】BELSとエネルギーパスって何?


アベノミクスによってお金が刷られまくったが経済は活性化していない.その理由は,新たな価値が創造されてないためだ.逆に新たな価値が生み出されていけば,必ずお金は流れ(動き)出す.建築業界において,新たな価値の創造として期待されているのが,建築物の省エネ性能の向上だ.今,住宅版BELS(コチラ)が注目されており,消費者にとって住まい選びの判断材料の一つになりそうだ.というか,その方向に導かれていくであろう.

続きを読む

ura410 at 07:13|Permalink

2016年11月12日

【学科】学科試験に役立つ話

item_iron_tilt同じ部屋の中にいても,鉄などの金属を触ると冷たく感じます.手首の内側を触れてみると,一層,冷たさを感じるでしょう.

では,質問です.金属に触れると冷たく感じるのは,部屋の気温より低いためでしょうか?

続きを読む

ura410 at 08:05|Permalink

2016年09月17日

東京地区「学科本試験 検証」講習会を開催予定

名称未設定 110月15日(土),16(日)に,東京地区にて,「学科本試験 検証」講習会を開催します.詳細は,コチラ(とりこぼしチェッカーも無料ダウンロード可能).


一級建築士学科試験は,「過半の受験生が解ける問題さえ得点できれば合格できる試験」です.それを立証データも毎年,公開してきました(コチラ).逆に言えば,過半の受験生が解けた問題をケアレスミス等によって取りこぼしてしまうことで,不合格となってしまう試験なのです.

今年の学科試験問題についてのご自分の回答を「とりこぼしチェッカー」に全科目入力して頂ければ,各教科ごとに,どの問題を「取りこぼし」たのかが自動算出されます.さらに,50%以上の受験生が得点できた問題について何点取りこぼしたのか,また,60%以上の受験生が得点できた問題については,どうだったかのかといった具合に,得点できた受験生のパーセンテージ設定を変更することも可能です.

続きを読む

ura410 at 01:53|Permalink

2016年07月24日

学科試験,お疲れ様でした.

本日,一級建築士学科試験を受験された皆さん,長時間に渡る試験,お疲れ様でした.大変お手数ですが,教育的ウラ指導の採点予想システム(完全無料)にご協力ください.コチラ

各教科問題ごとに他の受験生の解答分布状況を知ることが可能です.このデータは,ウラ指導がその年の学科本試験問題を予想する上で貴重な参考データにもなっておりますので,回答入力にご協力頂けるとありがたいです.

ura410 at 18:00|Permalink

2016年07月23日

明日は学科試験

2016チラシ配布_0620-オモテ明日は,一級建築士学科本試験日です.
どんなに猛勉強してきた受験生であっても,本番中,自分が何点,得点できているかは分かりません.それが一層,不安をかきたてます.想像していたより,手ごたえがないように感じても動揺しないでください.余計なことは考えず,実力を発揮することだけに集中しましょう.何より怖いのが「とりこぼし」です.「とりこぼし」さえなければ,合格できることを忘れずに丁寧に解いてきてくださいね.


昨年の学科合格者のニライさんがご自身のブログに,受験生の皆さんへの応援メッセージを掲載されています.大変参考になりますので,是非,ご覧ください.コチラ

続きを読む

ura410 at 12:52|Permalink

2016年07月17日

学科受験される皆さんへ 最後のアドバイス

今週末は,いよいよ学科本試験日です.学科受験生の皆さんに,最後のアドバイスを送ります.

1.勉強時間が少なくて不安.
すべての合格者たちが同様の不安を抱えながら,合格してきました.万全の体制で本試験にのぞめる受験生なんていません.それを肝にめいじ,実力を最大限に発揮することがだけに集中しましょう.


2.学習量が足りてないことが不安.
最終的に合否を左右するのは,知識量ではなく,解き方の上手さです.


3.1点でも多く点数を取りたい.
そのためには,1点でも多くミスを減らしましょうコチラ同じ事です


著書「合格者たちの勉強法(学芸出版社)」を購入されている方は,P90からの「本番での心構え」に目を通しておいてください.
・法規科目のタイムオーバーに注意
・合格者たちの工夫
・本試験日前に必ず確認すること!
・猛勉強してきた人ほど不合格になりやすい
・合格をつかみ取るために必要な「考えるチカラ」
上記の5つのポイントについて,分かりやすく解説してあります.それらを抑えることで,とりこぼしを減らし,合格を決めた貴重な1点につなげてください.


ura410 at 03:00|Permalink

2016年07月14日

【学科】ウラ模試の活用

いといとさんウラ指導の学科一発逆転模試(通称/ウラ模試)は,第1回をウラ模試1,第2回をウラ模試2と呼ばれています.ウラ模試2について,いといとさんのブログで下記のように紹介されています.

「それにしても、奥深い。ウラ摸試2」

掲示板もじっくり読もうと思うと、子どもたちの邪魔が入らない夜になりますね。
施工で疑問のあった、手すり85cm、95cmの謎も掲示板に書いてあり、スッキリ!
そして、法規でどんどんのめりこんでしまった・・・。
そして、日付を超えてしまった。
建築士法の法改正の部分や、既存建築物の問題。
この時期に新しい知識を入れるのが少し楽しく感じてしまった。
続きは,コチラ

続きを読む

ura410 at 00:09|Permalink

2016年07月12日

今年の学科試験問題を当てる!

sample1
昨年度(平成27年度)の一発逆転模試では,461選択肢中,75選択肢(うち新問で3選択肢)を的中させました.毎年,本試験問題との的中結果を公開している唯一の模試です.詳細は,コチラ

学科一発逆転模試に参加できなかった方は,せめて問題文だけにでも目を通しておきましょう.無料でダウンロードできます.コチラ続きを読む

ura410 at 11:33|Permalink

2016年06月30日

【学科】合否の命運を決めた1点をもたらした模試

005_kouさんの解き方先日,子育てについての講演を拝聴しました.その中で,普段はお喋りなのに,いざ,人前で話そうとすると,どもってしまう子どもの話が紹介されました.どもってしまう理由は,シャイだからではなく,説明する力がないためだという.知っている単語や,言葉の知識は豊富なのに,説明する力がないため,どもってしまう.
では,説明する力を身に着けるにはどうすればいいのか.それは,親や他人との会話の中から説明の仕方を学ぶしかないそうです.なので,子どもへの説明を親は面倒くさがってはいけないという.この話を聞いたとき,一級建築士試験に通づるものがあると思いました.

続きを読む

ura410 at 02:37|Permalink

2016年04月04日

補助金つけてまでもZEH押し

今の日本の現状をウラ指導流にぶっちゃけ解説しておきますね.我が国の外国への輸出量は,バブル期に比べ1.5倍も伸びています.にも関わらず,貿易収支は.マイナス(赤字).その最大の要因は,東日本大震災以降,一次エネルギーとなる天然ガスや石油などの輸入量が増えたためです.貿易収支を黒字化するためには,収入(輸出額)を伸ばすか,支出(輸入額)を減らさねばなりません.収入は伸びていますが,それ以上に支出が増えている状況なので,一次エネルギーの輸入を抑制することが先決です.その余地も多分にあります.

ただ,企業の一次エネルギー消費量の削減(省エネ+創エネ)に対する取り組みは既に徹底して行われており,後は,一般家庭の一次エネルギー消費量の削減を国策として進めていかざるを得ません.とは言え,,母子家庭や単身世帯のような電気使用量が少ない家庭については,これまで通りで構いません.電気をジャブジャブと使用している富裕層クラスの一次エネルギー消費量を抑えるという話です.そのため,国は,ZEH(ゼッチ)などの省エネ促進に本腰を入れているのです.この話をしっているだけで,学科本試験での応用力が変わってきます.新問題対策に貴重な時間を注ぐよりは,時代や社会背景をストーリーで理解しておくようにしましょう.実務でも役立ちますので.時間のある方は,コチラの藻谷さんの講演動画をご覧ください(作業しながら,ラジオ代わりに聴くだけでも十分,参考になります).
※ZEHとは,ゼロ・エネルギーハウスの意味.

続きを読む

ura410 at 23:43|Permalink

2016年04月01日

一級建築士試験で点数を稼げる話

3248%20NAGARAGAWA学科本試験で点数を稼ぐために「日本のエネルギー問題」について知っておきましょう.設計実務においても役立ちますし,建築業界にとってビジネス・チャンスに繋がる話でもあります.ウラ指導流にぶっちゃけ解説します.

昨日,平成28年度の一般会計予算が成立しました.96兆7,000億円です.
※日本の財政には,「一般会計」と「特別会計」の2種類がある.一般会計は,税金などの収入(歳入)であり,「特別会計」は,税金以外の収入(健康保険やガソリン税,地方道路税など)と考えてください.建築士試験とは,全く関係のない話ですが,こういう所が気になってしまう受験生が増えているので説明しておきます.でも,それは,勉強が下手な証拠なんですよ.勉強上手になりたいのであれば,まずは,全体をザックリと読んで,書き手(伝える側)が読み手(アナタ)に何を一番,伝えたがっているのかを汲み取りましょう.教科書やテキスト,さらには,学科試験の問題文や,製図試験での課題文を読みとる時も同様です.このスタンスを実践しているだけで,上司や顧客からの評価は高まり,出世しやすくなりますよ.

話を戻して,我が国の化石燃料(天然ガスや石油などの一次エネルギー)の輸入額(年間)は,いくらぐらいだと思いますか?

続きを読む

ura410 at 06:22|Permalink

2016年03月28日

今後、最も出題されそうなZEH(ゼッチ)


今後の学科試験に最も出題されそうな知識として,ZEH(ゼッチ)をご紹介します.従来の住宅は,電気やガス等のエネルギーを外部から供給してもらうことで機能していました.電気代やガス代などの請求書が届くのもそのためです.
続きを読む

ura410 at 03:00|Permalink