建築力育成セミ

2018年05月31日

【教育】日大生たちと「建築の日本展」へ_その2

IMG_20180526_110745_1
前回からの続きです.森美術館で開催されている建築の日本展の目玉の一つが,現存する日本最古の茶室建築で京都・妙喜庵にある千利休の茶室「国宝・待庵」の原寸再現(上画像)です.中に入ることもできます.
続きを読む

ura410 at 03:50|Permalink

2018年05月29日

【教育】日大生たちと「建築の日本展」へ_その1

IMG_20180526_125802
日本大学2年生の河名君(高校の後輩)と山崎君(以前のインターン生)と一緒に,六本木ヒルズで開催されている建築の日本展へ(三角スケールを持参すると入館料が100円引き).
続きを読む

ura410 at 03:21|Permalink

2018年05月14日

【大阪】「建物・地域再生ノウハウ」勉強会を開催します

zasshi先日,千葉市にて,「インスペクション実践ノウハウ」公開セミナーを開催(主催/千葉県建築士会事業委員会).また,いすみ市では,空き家・空き店舗の再生」勉強会を開催(主催/千葉県建築士会夷隅支部).いずれも申込者が殺到し,満席.

インスペクション業務や既存住宅かし保険の具体的な活用手法は,中古住宅市場の健全なる活性化を実現させる上で,一人でも多くの建築士に知っておいて頂きたい内容です.

さらに,地方創生という国全体の社会変動によって,建築士としての職能は,「建物の再生」から「地域の再生」へと広がりつつあります.そこで,大阪地区にて,「建物・地域再生ノウハウ」勉強会を開催します.

続きを読む

ura410 at 06:40|Permalink

2018年04月07日

【実例】日本建築をガチで学ぶ

IMG_20180406_162401
都内で建築関係者限定の寺院建築勉強会を開催.45分ほど,施工プロセスについて須賀棟梁からレクチャーして頂き,その後,小屋裏や屋根を見学.軒先の納まりなどを間近で解説して頂きました.

続きを読む

ura410 at 08:47|Permalink

2018年04月06日

【交流】建築学生と経営者を繋ぐ場

30019697_1693165597433008_1427215323_n
目黒区内の建築施工会社が集まって構成されるMBC(目黒ビルダーコミュニティ).その歴史は古く,自己研鑽を重ねる地元の優良企業で組織されています.そんなMBCの例会にて,「既存建物の再生活用」をテーマにレたセミナーを開催させて頂きました.また,どの企業も深刻な人材不足に困っているという話も事前にお聞きしていたので,関東職業能力開発大学校の鶴田先生もお招きし,大学での取り組みを発表して頂きました.

鶴田さんは,ウラ指導の卒業生で昨年の一級建築士製図試験に合格(勉強法は,コチラ).
続きを読む

ura410 at 08:43|Permalink

2018年01月28日

【募集】実践的な「建築スキルを学べる場」をつくりませんか?

storageemulated0SilentCameraSoft1517037336744
千葉県内で二級建築士,木造建築士試験に合格された新建築士の皆さんを対象とした免許交付式が千葉市にある建築会館で開催されました.昨年に引き続き,新建築士となった皆さんへ講演させていただきました.今年も演題は,「仕事を生み出せる建築士へ」です.


「モノづくり」から「コトづくり」へ,そして,T型ソリューション(問題解決力)によって仕事を生み出していった(受注産業構造の壁をぶっ壊した)実例の紹介や,建築士会活動の有効性をお話しました.建築業界の人材不足は今後,深刻化していく一方なので,同業者ネットワークの価値は益々,高まっていきます.ツナガリ合い価値の高い仕事を一緒に生み出していきましょう!一級建築士試験の合格者を対象とした免許交付式は2月17日(土)を同じく建築会館で予定しており,同様の話を講演させて頂きます.


僕には実現したい夢がある.

続きを読む

ura410 at 18:14|Permalink

2017年10月23日

【実務】「中古住宅売買かし保険」の勉強会〜インスペクションって何?〜


来年の4月に施行される宅建業法の改正に伴い,今後,中古住宅の売買は一層,活性化することになるでしょう.なぜなら,既存住宅売買かし保険(動画解説は,コチラ)の運用が本格的に始まっているからです.これによって,一般消費者は安心して,中古住宅を購入できるようになります.一方で,既存住宅売買かし保険に加入できない住宅については,その資産価値が大きく下がることになるでしょう.そこにビジネスチャンスが生まれます.建築の専門家である建築士だからこそ,その資産価値を高めるアイデアや活用法を提案できるからです.

そこで,11月17日(金)の17時より,大原文化センター(千葉県いすみ市)の2階研修室にて,中古住宅売買かし保険(以下,かし保険)についての勉強会を開催します.講師として住宅保証機構株式会社の垂 雄一郎氏を招きします.建築士しか実施できなくなったインスペクション(既存住宅状況調査)業務についても分かりやすく疑問点を解決いたします.
※建築士会の会員や,建築士以外の一般市民の皆さんの参加も歓迎します.将来的に中古住宅の購入,もしくは,売却をご検討されている方は是非,知っておいて欲しい知識です.
続きを読む

ura410 at 09:25|Permalink

2017年07月07日

【いすみ市】首都圏直下型地震で家が傾いてしまった時に

storageemulated0SilentCameraSoft1499145183873前回からの続きです.建築物の傾きや骨格のゆがみを修正する曳家(ひきや)の仕事は,その建物における力の流れとの戦いでもある.力は,小屋組みや束,梁などを通じて柱に流れてくる.柱に集まった力は,基礎へと流れ,最終的にそれらの下向きの力を地盤反力で受けて,静止状態を保つ.

間取りによって,柱の平面配置には,バラツキが生じるため,より多くの力が流れる(集中する)柱もあれば,逆に,たいした力が流れない柱もある.それらを考慮し,かつ,建物の傾きや骨組みの関係を三次元的に把握しながら,ミリ単位の精度で曳家職人の岡本さんは仕事を進めていく.

続きを読む

ura410 at 07:44|Permalink

2017年06月18日

【実務】どうだったの?空き家再生ノウハウ公開セミナー

storageemulated0SilentCameraSoft1497676045974空き家再生ノウハウ公開セミナー「木造戸建住宅編」を開催(コチラ).満席のお申込を頂きました.(株)テオリアハウスクリニックさんの協力のもと,1.インスペクションって何?,2.シロアリ問題を武器にする!,3.既存住宅への断熱リフォームの具体例について解説して頂きました.非常に分かりやすい講義内容で,ご参加頂いた皆さんにも喜んで頂けたようです.千葉県建築士会夷隅支部の青柳支部長や,酒井工務店(下布施)の酒井さん,尾崎設計事務所(万木)の尾崎さんのおかげで無事,開催することができました.続きを読む

ura410 at 09:08|Permalink

2017年04月28日

【実務】空き家再生ノウハウ公開セミナー「木造戸建住宅編」

¥6月リノベセミナーチラシ_改2木造戸建住宅を中心に空き家再生ニーズが高まっています.売買後に瑕疵(かし)等があった場合の保険商品も整備されてきました.国策としての中古住宅市場の活性化が追い風となっています.さらに,宅建業法の改正法案に伴い,来年(2018年)の4月より,中古住宅を売買する際の契約締結時に,不動産業者が買主に対してインスペクション(既存住宅状況調査)の意向を確認し,あっせんすることが義務化されます.
※インスペクション業務は,建築士しか行うことが出来なくなりました.

一方で,新たなスキルも求められます.例えば,中古の木造住宅の売買の際に問題になるのがシロアリ被害についての対応力です.また,改修コストを削減するため,天井や床を剥がさずに断熱性能を向上させる断熱リフォームにも注目が集まっています(住んだままの状態での施工も可能).弊社でも,先日,実際に性能実験してみました.コチラ


そこで,インスペクション,シロアリ被害応,断熱リフォームにつてのノウハウ公開セミナーを開催します(コチラ).

続きを読む

ura410 at 14:02|Permalink

2017年03月18日

【実務】建築ノウハウ公開セミナー「自ら仕事を創造する建築士へ」

DSC_0399建築ノウハウ公開セミナー「自ら仕事を創造する建築士へ」を開催.講師の荒木牧人建築設計事務所 代表の荒木さん,そして,会場を提供してくれた(株)パクチーの福岡さんも加わってのぶっちゃトークで多いに盛り上がりました.懐かしいウラ指導卒業生の皆さんにも多くご参加頂き,とても嬉しかったです.次は一緒に新しいプロジェクトを一緒に進めていきましょう.続きを読む

ura410 at 08:16|Permalink

2017年01月17日

【実務】シロアリ対策勉強会を開催します(少人数限定)

kouhou02最近,中古一戸建て住宅のリノベーションについての相談が増えています.その中で最も問題となるのは,白蟻(シロアリ)駆除と,断熱性の向上対策です.シロアリ被害は特別な話ではなく,全国のどこでも当たり前のように存在するリスクの一つ.被害にあったとしても慌てずに適切な措置をとることで改善できます.そこで,株式会社テオリアハウスクリニックさんにご協力いただき,2月4日(土)14時〜17時,弊社(コチラ)にて少人数限定での勉強会を開催します.コストの話も含め,ぶっちゃけた話ができる場にします.
ちなみに,株式会社テオリアハウスクリニックさんがシロアリ駆除業者として選ばれている理由は,コチラ
続きを読む

ura410 at 20:44|Permalink

2016年12月19日

【実務】間違いだらけの白蟻知識

DSC_0130白蟻(シロアリ)駆除事業を展開されている株式会社テオリアハウスクリニックさんが来社.噂通り,プレゼンテーションがとても上手で,白蟻駆除についての知識を非常に分かりやすく解説して頂きました.白蟻問題は,中古住宅の流通活性化と温暖化に伴い,今後,建築士にとって身近な課題になっていくと予想しています.防蟻に関連する問題は,一級建築士学科試験問題としても出題されています.


続きを読む

ura410 at 13:14|Permalink

2016年11月13日

【実務】建築ノウハウ公開セミナーを開催

DSC_00012016年11月12日,千葉市にある建築会館にて,千葉県建築士会夷隅(いすみ)支部主催の建築ノウハウ公開セミナー「省エネ申請を武器にする」を開催しました.講師は,札幌を拠点に活躍されている(株)お茶の水工房代表の坂井まさちか一級建築士.今回のセミナーの開催にあたり,企画段階から快く協力して下さり,省エネ関係の申請書作成業務のノウハウを惜しみなく公開してくれました.

2020年からは,すべての戸建住宅について,省エネ基準への適合が義務化されます.僕はその評価業務,申請業務を建築士会の各支部で協働して行ったらどうかと考えています.というのも,単に申請書の作成を外注すれば済む話ではなくなっていくからです.これからは新築住宅は,省エネ性能を競い合う時代に突入します.「2020年の義務化から省エネ基準に適合させればよい」という意識では,基本計画の段階から建て主に見限られてしまうでしょう.


続きを読む

ura410 at 06:32|Permalink

2016年10月04日

建築ノウハウ公開セミナー「省エネ申請を武器にする!」

建築会館建築ノウハウ公開セミナー「省エネ申請を武器にする!」

開催日/2016年11月12日(土) 10:00〜16:30
講 師/(株)お茶の水工房1代表の坂井まさちか一級建築士(北海道建築士会札幌支部理事)
主 催/千葉県建築士会夷隅支部
会 場/建築会館8階セミナー室(千葉市中央区中央4丁目8番5号)
043‐202‐2100

■講義内容
【注意】本セミナーは,これから省エネ申請を自分で出来るようになりたいという方を対象とした,省エネ関連申請についての初心者向けの内容となります.
省エネルギー基準と低炭素建築物認定制度が今年の4月1日から施行され,今後は,戸建て住宅においても「外皮の断熱性能」と「一次エネルギー消費量」の2つの物差しで評価されるようになりました.設計者自身で評価するにしろ,外注に依頼するにしろ,どのように計算するのか,どういった評価書を作成するのか,その内容を具体的に知っておきましょう.外注任せにしていると回答に時間がかかったり,手戻りが発生する等の理由で必要以上に工期が伸びてしまう等のトラブルも発生しております.本セミナーでは,省エネ計算や,評価書の作成業務に精通されている 株式会社1お茶の水工房1代表の坂井まさちか一級建築士(北海道建築士会札幌支部理事/事業委員会副委員長)を講師としてお招きし,下記の2 点について講義して頂きます.
続きを読む

ura410 at 02:36|Permalink

2014年11月06日

建築設計業務に新たな価値を創造しませんか?

250px-Tokyo_Midtown_2申込みを終了させて頂きました.



ura410 at 13:18|Permalink

2014年05月21日

基礎設計セミナー(木造戸建て住宅編)を開催

1400650954768本日は,「そうだったのか!直接基礎(べた基礎,布基礎)の設計セミナー」を開催.講師は,弊社の槙田構造設計一級建築士.基礎設計の構造計算方法を解説して頂きました.理論は分かりましたし,電卓があれば鉄筋の必要本数やコンクリート断面積も求めることができるようになりましたが,これを意匠設計者が行うのは大変ですね.ただ,計算理論を知っておくことは大切です.受講してみて,整形なプランは構造的に美しいこと(=建築コスト的にも美しい),モーメントは長さの3乗に比例するため,いたずらにスパンを長くしない方が構造的に大変有利であること(2間よりも1.5間を積極的に採用),どんなに強固な基礎を設計しても人通口の取り方を間違えれば台無しになってしまうこと(基礎が適切に設計されていれば,大地震を受けても復旧が用意だし,欠陥住宅となる恐れもない),出来れば人通口を少なくして,床下点検口を増やした方がベターなこと等を学びました.一級建築士学科受験生や,建築学生たちにも聴かせたい内容でもありました.続きを読む

ura410 at 09:25|Permalink

2014年04月21日

そうだったのか!直接基礎(べた基礎,布基礎)の設計セミナー

IMG_0069新築住宅の資産価値を本気で考えていかねばならない時代になってきました.設計図書や検査済証の保存はもちろん,さらに,10年,20年後にも資産価値を落とさないための設計上のアピールポイントを付加させていきたい.そこで今回の建築勉強会は,「基礎」に注目し,意匠設計者向けに「そうだったのか!直接基礎(べた基礎,布基礎)の設計セミナー(木造戸建て住宅編)」を開催します(2014年5月21日(水) 14:00〜16:30).一般の方も参加可能です.限られた予算の中で資産価値の高い住宅を新築する方法を知ってください.続きを読む

ura410 at 10:29|Permalink

2013年11月11日

分離発注方式セミナーを開催

131111_204132今日は,お台場にあるMONOで「CM方式(分離発注方式)導入の事例公開セミナー」を開催.仙台を拠点に活躍されている本間さんを講師としてお招きしました.CM方式の定義から,メリット・デメリット,注意点などを分かりやすく解説して頂きました.

続きを読む

ura410 at 02:38|Permalink

2013年10月21日

【売れている設計者に学ぶシリーズ】CM方式(分離発注方式)導入の事例公開セミナー

cbe9f5ae東京でのオリンピック開催が決まり,今後,7年間は建築業界は活性化すると言われています(問題山積で,一筋縄でいかないでしょうが).ただし,勝負となるのは7年後です.オリンピック開催地となった国や都市は,必ずといってよいほど開催後に経済不況に陥ります.それを見越した経営戦略が必要です.そこで最近は,評判が良く,前向きな設計事務所経営者に直接,ヒアリングするように努めています.その中で,私の心に響く話をしてくれた一人が仙台で活躍されている本間さん本間総合計画代表)です.本間さんは,CM(コンストラクション・マネージメント)を武器に設計事務所を成長させ,今後はアジアマーケットへの進出も見据えています.尚,本間さんの事務所では,一級建築士を募集中です.一級建築士資格者がいないため,断らねばならない仕事も増えているそうです.今,職人の数の減少が社会問題化しつつありますが,建築士不足も10年以内に社会問題化するでしょう.ただし,「設計実務に携わっている建築士」の不足です.続きを読む

ura410 at 12:12|Permalink

2013年09月19日

BIMって何?無料セミナーのご案内

ffbe292107107f8ee355781bff21bf6aBIM導入を検討されている設計事務所や施工会社が増えています.私が驚いたのは,建築学科の学生達がマスターしはじめている点です.学生であれば,安価で使用できるソフトもあり,パース作成ソフト代わりに使いこなしていました.

BIMの採用を検討されている方や,どれだけ導入効果を期待できるのかを知りたい方のためにBIMセミナーを開催します(参加費無料).場所はお台場にあるMONOで開催します.詳細は,コチラ

続きを読む

ura410 at 17:50|Permalink

2013年06月21日

8月に絵画ワークショップを開催

workshop_06218月3日(土),4日(日)にお台場のテレコムセンター内にあるモノづくり施設「MONO」にて,絵画ワークショップを開催します.詳細は,コチラ
※MONOへのアクセスマップは,コチラ
※MONOについては,コチラ

デッサンに上手い,下手はありますが,表現することに上手い下手はありません.書式やマニュアルがなければ,企画書や提案書を作成できない新社会人が増えています.表現する面白さ,楽しさを知って頂くことは,実現力の向上をもたらします.また,親子でご参加いただくことで,親子間のコミュニケーションを活性化して頂けると嬉しいです.続きを読む

ura410 at 02:01|Permalink

2013年06月18日

不動産活用による相続税対策セミナー

46803-25-46月26日(水)に,りそな銀行荻窪支店にて「不動産活用による相続税対策セミナー」が開催されます.相続税対策効果が最も大きい不動産運用について,専門家が分かりやすく解説.既に対策がお済の場合も,流動的に制度が変わっていますので参考になりますよ.弊社は,収益力を高めた賃貸マンションの設計事例紹介を担当します.
  続きを読む

ura410 at 07:58|Permalink

2013年06月15日

木造耐火セミナーを開催

1371271820436本日は,木造耐火建築セミナーを開催.木造耐火については,国産材の有効活用を見すえた国策とあいまって,メディア等で取り上げられていますが,いずれも体育館や大型施設への採用事例しか紹介されていません.今回は,それを30~40坪程度の新築店舗に採用した事例を具体的にご紹介しました.続きを読む

ura410 at 14:28|Permalink

2013年04月01日

緑の設計ノウハウセミナーが新聞記事に掲載

緑のセミナー記事_枠アリ先日,弊社主催で開催した「緑の設計ノウハウセミナー」が3月26日付の建通新聞に記事掲載されました.コチラ続きを読む

ura410 at 11:17|Permalink

2013年03月17日

知識と経験をギブ アンド テイクする

1363498880127今日は,設計者として知っておきたい!「緑の設計ノウハウセミナー(初級編)」を開催.講師には,(株)風景デザイン室の岩本一級建築士をお招きしました.当日は,山口社長もご出席いただき,会場からの質疑に回答して頂きました.

続きを読む

ura410 at 10:40|Permalink

2013年02月08日

同業種交流会

1360243102784昨日は,設計者を中心にアラフォーの建築関係者どうしで集まる同業種交流会を開催.前回は,確認検査機関や日経アーキテクチャーの編集者さんをお招きしましたが,今回は,建築知識の編集者さんをご招待.建築,土木,ランドスケープ,インテリア,デザイン,コスト等,様々な観点から意見交換しました.続きを読む

ura410 at 16:15|Permalink

2012年11月10日

建築設備セミナーを開催

P1010540今日は,札幌で設備設計をされている環境調和設計の成田一級建築士を講師に招き,建築設備勉強会を開催.弊社の打ち合わせスペースの定員が最大8名までなので,講師席とスタッフ席を除いた残り6名を定員として,このブログ上で募集した所,午前中で満席に.やはり,建築設備に関するニーズは高い!ということを実感.これは,業界全体としていい傾向だと思います.

内容もめちゃくちゃよかった.成田さんは説明が上手だし,実例写真をたくさん用意してきてくれたのでビジュアル的で分かりやすい.そもそも空調とは何なのか,給排水とは何なのか,どんな原理なのか.それらが分かってくる確かにシステムとして設備を考えられるようになるので,多くの意匠設計者の皆さんに参加して頂きたいと実感しました.学科試験対策,製図試験対策にもすこぶる効果的なので,年明けにでも建築設備設計セミナー(空調,給排水編)を再度,企画します.昨年,大変ご好評頂いた電気設備セミナーも開催します.建築設計実務者が講師となって,互いの得意とする専門分野の知識を教えあう環境づくりは私の念願です.もう少しで叶えられる.

続きを読む

ura410 at 02:57|Permalink

2012年10月06日

11月10日(土)に建築設備セミナーを開催

cover4本日,ウラ指導活動の盟友とも言える設備設計者のケロさんから,ストーリで分かる設備設計(空調+給排水衛生設備編)セミナー開催のご提案を頂きました.ちなみに,今年の2月に電気設備設計セミナーを開催し,参加者の皆さんより高い評価を頂きました(コチラ).
 
だから,この提案にも二つ返事で快諾しました.設備の実務的知識に対する需要は大きい.なぜなら,専門分化の波で建築的知識はバラバラに細分化されてしまっているからです.私はそれらを再度,統合したい.上手く説明できないけど,そこに新しい建築業界像が待っているような気がするのです.多分.(´・ω・`)

続きを読む

ura410 at 00:58|Permalink

2012年09月18日

木を見て森を見ず

一級建築士を育成する中で,常に受講生達に「木を見て,森を見ず状態になってはならない.」と指導している.この言葉は,毎日,自分自身にも言い聞かせている.そのスタンスがその人の生き様を決めてしまうからだ.日々の仕事の事だけを考えるのではなく,経済や社会情勢や国際問題に関心を持ち続けねばならない.とは言え,そのスタンスを取り続けるのは,簡単なようでとても難しく,苦しい.ただ,少なくとも経営者として生きていくのであれば,このスタンスを崩してしまうと特定の場所から抜け出せなくなる.その先には,よくて現状維持,後は衰退の道しか残されていない.

続きを読む

ura410 at 13:31|Permalink

2012年07月06日

スマートハウスセミナー

dzn_A-ring-by-Atelier-Tekuto-01_squ今日は,(社)東京建築士会主催の「スマートハウスセミナー」に参加.ワークショップのテーブルコーディネーターを依頼されました.

第一部は,アトリエ天工人代表の山下さんと,LIXIL総合研究所の小田さんの講演.
 
山下さんの話の中では,画像のアルミの家や土の家が紹介され,実作を通じたスマートハウスの取り組みについてお話いただきました.建築家として外部や社会を巻き込みながら新たな取り組みに挑戦しつづける姿勢に感動させられました.

続きを読む

ura410 at 20:13|Permalink

2012年06月29日

スマートハウスって何?

529543_270211649752876_1898380089_n国策として,強制的に推し進められている「省エネ+創エネ」住宅(民生部門)の建設促進.助成金制度が複雑化し建築のプロでも分かりにくい状況です.このまま長期優良住宅もスタンダード化されてしまうでしょう.

そこで,そもそもスマートハウスって何なのよ?についてアトリエ天工人の山下さんやLIXIL(リクシル)の小田さんをお招きして,建築関係者でスマートハウスについて考えるワークショップを開催します.私自身もテーブルコーディネーターをつとめます.建築関係者の方の参加をお待ちしております.※このイベントは,建築関係者向けです.詳しくは,コチラ. 

続きを読む

ura410 at 22:48|Permalink

2012年06月23日

東日本大震災で建物がどのように壊れたか?セミナー

P1060269神保町の学士会館にて,弊社主催,旭化成建材様共催の「東日本大震災で建物がどのように壊れたか?検証セミナー」を開催.
 

実際に被災地で建物の応急危険度判定(コチラ)をされた経験のある方であれば,ご存知でしょうか地震被害で自分の建物が損傷してしまったマンションや戸建住宅の住人の皆さんは,被災して建物が損傷した際,私たち建築士にすがるように助けを求めてきます.その時,被害(損傷)状況を適切に判断できること(建て直しか,補修によって構造性能を回復できるか,簡単な補修で済む話か),その上で,適切な補修方法と想定コストを明示できるようになっておかねばなりません.保険適用についての相談への対応力も求められます.首都圏直下型地震の倒壊が危ぶまれている今,地震発生後の建物の資産価値を守れるのは,私たち建築人です.

特に,分譲マンションは厄介です.不在の方もいるため調査に時間がかかり,補修工事を実施するのに住人達の合意が必要となる.中には補修費用を払えない(払いたくない)と駄々をこねる世帯もあり,交渉作業が非常に難航する.そこまでくると,設計者の業務範囲を超えてしまうが,それらを取りまとめてあげねば先に進めない.住人は,補修にとりかかれないまま,余震に怯えながら生活し続けることになる.

続きを読む

ura410 at 02:08|Permalink

2012年06月04日

そのとき建物はどのように壊れるのか?セミナーを企画中

今日は,麻布の既存マンションの構造耐力検証についての打合せ.そこでも,オーナー様から「この建物は首都圏直下型地震が発生した際,倒壊せずに済みますか?」という質問を受けました.地震による建物の損傷,倒壊といった建物被害についての知識をより一層深めておかねばと思いました.

ちょうどタイムリーな話ですが,6月23日(土)に「そのとき建物はどのように壊れるのか?セミナー〜東日本大震災の被害実例に学べ〜」を開催します.詳細・申込はコチラ
※どうしてもスケジュールがあわず急な開催となってしまいました.

日時: 2012年6月23日(土) 13:30〜16:30
会場: 学士会館 203号室
続きを読む

ura410 at 14:14|Permalink

2012年05月25日

音響ノウハウを売りにせよ!セミナー

ブティック_image11086月17日(日)に,建築設計者,施工者様を対象とした音響ノウハウを売りにするセミナー心地いい空間は音がいい(体験可能)を開催します.詳細・申込は,コチラ
今回は,(株)日東紡音響エンジニアリングさんにご協力いただきます.私が一級建築士受験生だった頃,もっとも理解に苦しんだのが「音響」です.参考書も,教える側の講師達も専門的・学術的な解説になってしまうので,どれだけ勉強してもキッチリ理解できなかった.だから,「音響」に関する分かりやすいセミナーを自らの手で開催するのは私の夢でした.さて,今回のセミナーは,「心地いい空間は音がいい」という事実を実際に体感して頂きます.今,設計者としての,設計事務所としての差別化が求められています.そのための武器として,音響設計ノウハウをお薦めします.音響設計は,面白い方向で進化しています.具体例は,コチラ.ただし,最後に体験スペースでグループごとの体感して頂くので定員は30名までとなります.

続きを読む

ura410 at 17:50|Permalink

2012年05月18日

被災建物の構造性能を回復させる設計ノウハウセミナーを開催

P1060219本日は,弊社主催の「 被災建物の構造性能を回復させる設計ノウハウセミナー〜被災建物の資産価値は,建築士が守れ!〜」を開催.このセミナーは,連続開催してきた建築力育成セミナーの第三弾(コチラ).実際に仙台で被災し,損傷したマンションをどのように構造性能を回復させる工事を行ったのか実例を通じて解説しました.さらに,設計料や,工事費用,工期,第三者機関の調査,評価費用も公開.最大の見せ場は,どのように補修計画を作成していけばよいのか,その考え方・進め方の解説です.このプロジェクトは,本当に苦労しましたので,一人でも多くの建築士の皆さんに知っておいて頂きたいノウハウです.
続きを読む

ura410 at 23:36|Permalink

2012年05月11日

長期優良住宅の申請ノウハウセミナーを開催

P1060203今日は,青山にある第一法規さんの9Fホールにて,弊社主催の「実例から学ぶ建築確認,長期優良住宅,フラット35申請セミナー」を開催.今回の試みは,実在する住宅をモデルケースとして確認申請書や長期優良申請書,添付図面を公開し,申請書を作成方法を解説していくというもの.その際,分かりやすさを追求するため,わざと間違いのある内容で公開し,そこに赤を入れて注意点や趣旨を解説していきました(グッドアイズの荒井さんのアイデアです).この手法でのセミナー開催は,他ではできません.※セミナーの最後にご紹介した国土交通省資料は,コチラです.続きを読む

ura410 at 11:02|Permalink

2012年04月19日

建築ノウハウを共有しよう!

b0da0e000000cdmj今日は,朝から大学で建築設計の授業.今回は,図面に描く線の引き方がテーマ.三角スケールや勾配定規、T定規の使い方や、線のメリハリの付け方を講義.昼休みに,庶務課で健康診断の手続きをした後,学食で昼食久しぶりのファラデーホール.18年前と全く変わっていません.建物もそうですが,大学の常勤の先生達って,本当に年をとりません.あの頃と一緒です.いつも若い学生達と接しているからでしょうか?不思議です.それにしても,大学の常勤の先生達って忙しくて大変そうです.続きを読む

ura410 at 14:23|Permalink

2012年04月12日

学生食堂とBIM

sakura1本日から大学での講義が開始.今年も,毎週,木曜日に1年生の建築設計の授業(建築と生活のデザイン)を担当します.日本大学習志野キャンパスは,新入生達で溢れ,初々しい期待感と同時に,どことなく漂う緊張感をやわらかい春の風に舞い散る桜の花びらが優しく包み込んでいるように思えました.
 
いよいよ春ですね.建築設計の授業は,3コマ(1コマ90分で計270分)あります.昨年までは,午後からの3コマでしたが,今年からは,午前中1コマ,午後から2コマとなります.そのため,お昼は,他の非常勤の先生達と学生食堂へ向かいました.パスカル,ダビンチ,ファラデー.懐かしいなあ.今年は,毎週,学生食堂を利用させて頂きます.続きを読む

ura410 at 10:57|Permalink

2012年03月22日

知識の共有で業界を活性化せよ

P1030768昨日の日経BP本社での打合せの後,高津編集長と高槻副編集長,桑山副編集長とで食事.今回のセミナー(コチラ)だけでなく,今後,どんどん設計ノウハウの具体例を公開するセミナーを開催し.具体的な知識を提供していきたい.公開した知識を共有することで建築業界を多少なりとも活性化させていきたい.ルートは,私がつくります.後は,やる気のある設計事務所なり,施工会社達によって全国で建築勉強会を展開して欲しい.建築勉強会とは,こちら(入会金や年会費など一切無料).
※勉強会の元締めになるつもりは全くありませんし,セミナー開催で利益を上げようとも考えていません.設計事務所,施工会社,メーカー,研究機関,指定確認検査機関,行政とのネットワークを強化していきたいのです.これからの時代は,「小」で集まり,連携することで「」をしのぐ建築力を発揮できるかどうかが勝負所となります.続きを読む

ura410 at 02:26|Permalink

2012年03月18日

新たな空間を創造し,自ら仕事を生み出せ!

110828_144918午前中は,ビューロベリタスさんとの打合せ.4月2日(月)に渋谷事務所を開設されるそうです(コチラ).それを記念して,4月24日(火)にオープンイベントを開催します.そこでの講演を依頼されました.どんな話をしたらご参加頂いた皆さんに満足して頂けるかを考えましたが,住宅設計にテーマを絞って,6月23日(土),24日(日)に,キッチンハウスさんのショールームで開催予定の家づくり展についてお話しようと思います.お金をかけずに,職能をPRするノウハウを具体的にご説明します.設計事務所が数社集まれば簡単に開催できますし,メーカーショールームを使わせて頂ければ,会場費もかかりません.私達と一緒に開催して頂くのも歓迎ですし,独自に開催して頂くのも自由です.当日は,私達が,これまでの家づくり展の開催内容や成果,開催して学んだことなども分かりやすく解説いたします.簡単にできる営業機会の拡大法として参考にして下さい.※これまで開催してきた家づくり展の様子は,コチラ.個人的には,複数の設計事務所で協力しながら開催できるのが好きです.続きを読む

ura410 at 22:48|Permalink

2012年03月13日

賃貸マンション建築の計画実例公開セミナーを開催

山澤邸外観

私の事務所で設計した月島の集合住宅(本年11月竣工)を実例モデルとして,今回のプロジェクトに関わった設計者,施工者,管理会社,ファイナンシャルプランナーが各々の立場から計画ノウハウを分かりやすく解説する「賃貸マンション建築の計画事例公開セミナー」を4月21日(土)に市ヶ谷で開催します.お申込は,コチラ

開催日/2012年4月21日(土) 14:00〜16:30
会 場/ルーテル市ヶ谷センター2階 
      第1会議室及び第2会議室(一体利用)
参加費/1,000円

続きを読む

ura410 at 16:16|Permalink

2011年12月21日

音響セミナーを企画中

nakaduri音元出版さんから発行されている雑誌「ホームシアターファイル」の編集長の川嶋さんと私の事務所で打合せ.いよいよ「音響」に関する建築力育成セミナーを企画します.
 続きを読む

ura410 at 00:35|Permalink

2011年11月26日

フェイスブックセミナーを開催

111126_154003(社)東京建築士会主催の「建築士のためのフェイスブックセミナー」を開催しました.企画は,私も所属する青年委員会.60名満席でした.ご参加頂いた皆様,誠にありがとうございました.講師は,私の同級生の吉川栄治さん.大学時代からの親友です.吉川君は,日本大学理工学部建築学科を卒業後,WEBデザイナーの道へと進みました.私には,大学時代からの仲間達がいます.互いに信頼し,支えあってきた戦友達です.イエローサブマリン(通称/イエサブ)というグループ名で活動してきました.このイエサブという名前が,私の事務所名の由来でもあります.吉川君もイエサブメンバーの一人.私の事務所の石黒君や,乳井さんもイエサブでした.続きを読む

ura410 at 13:41|Permalink

2011年11月25日

今さら聞けない温熱環境セミナーを開催

セミ1日本オスモ(株)さんの新宿ショールームにて,「今さら聞けない温熱環境セミナー(暖房編)」を開催しました(協力/(株)ウエル様).今回のセミナーのポイントは,断熱材の仕様のグレードアップや,グレードダウンによって,どの程度,年間の暖房費が変動するのかを金額で建て主様へ説明できるようになることです.その際,正確な知識によって,適正な設計,工事を実施できれば,上記の計算結果も机上の空論となってしまいます.皆さん,真剣に受講されていました.このノウハウは,設計事務所や施工会社にとって,他社と差別化を図れる強力な武器となります.そのため,遠くは,石川県や新潟県からの参加者もいました.続きを読む

ura410 at 00:47|Permalink

2011年11月19日

事故を起さない伏図作成の架構設計セミナー

木造架構セミ1(社)東京建築士会主催の木造架構セミナーの風景です.青年委員会が担当しました.このセミナー,想像以上にためになりました.次回は,告知期間をもっと長く確保して,多くの設計者や学生の皆さんに参加して頂きたいです.ちょうど,今,大学でこのような木造架構の話を教えています.
 
耐力壁と水平構面(剛性)の関係の重要性や,構造ブロック(ウラ指導でいうラーメングリッド)の考え方(1階,2階で立体的に揃える)を学びました.木造のの場合は,基本4P(3,640mm),最大長さ5P(4,550mm).1P=910mm.短辺4P×長辺5Pを最大(基本は,4P×4P)として構造ブロックを考えていきます.5Pの梁の上には,柱を載せないように軸組みを考えます.

続きを読む

ura410 at 23:53|Permalink

2011年10月31日

よりよい伏図作成の架構設計セミナーを開催

P1020715工事費削減のため,今,木造住宅の9割以上にプレカットが採用されています.その際,床伏図の作成をプレカット業者に完全依存してしまう設計者が増えているため,建物完成後の床たわみ事故が多発し,問題視されています.そこで,「今さら聞けない木造架構セミナー(床伏図編)」を二回に分けて開催します.会場は,いずれも(社)東京建築士会 会議室となります.申込チラシは,コチラ
 
第一回 11月5日(土)13:30〜16:30
内容/あなたの設計した間取りに危険は潜んでいませんか?床のたわみによる事故の8割は設計段階で防ぐことができます.設計段階で,簡単にチェックできる手法を解説します.また,木造のスケルトン・インフィルを可能にする構造ブロックという考え方をご紹介します.
 
第二回 11月19日(土)13:30〜16:30
内容/第一回で床伏図の簡単チェック方法を身につけた後は,実際に,床たわみの事故が起きた間取りをチェックしてみましょう.事故が起こる原因が一目でわかり,その対処方法や事故を起こさないためのプランニング術を体験して頂きます.続きを読む

ura410 at 04:57|Permalink

2011年10月30日

「今さら聞けない温熱環境セミナー(暖房編)」

温熱環境11月25日(金)17:00〜新宿御苑にある日本オスモ(株)様の新宿ショールームにて「今さら聞けない温熱環境セミナー(暖房編)」を開催します.Q値,μ(ミュウ)値の意味,計算方法,そしてその活用法を分かりやすく解説させて頂きます.堅苦しい内容にはせず,少人数でアットーホームな雰囲気での勉強会として開催しますので,お気軽にご参加下さい.
 
今,住宅をはじめとする建物の断熱性能を数値化し,それにもとづいて光熱費のランニングコストを建て主様に明示する動きが,ハウスメーカーさんを中心に始まっております.私の事務所でもそのような要望を建て主様より受ける機会が増えています.
 

例えば,断熱仕様を変更することによって,どの程度,暖房時のランニングコスト(金額)が変動するのかを建て主様にご説明できるようになり,そのスキルを実務に活かせます.金額でジャッジできるため,建て主様にも喜ばれます.

続きを読む

ura410 at 23:24|Permalink

2011年10月18日

今さら聞けない断熱+温熱環境セミナーを企画中

温熱環境11月25日17:00〜新宿御苑にある日本オスモ(株)様の
新宿ショールームにて,「今さら聞けない断熱+温熱環境セミナー」を企画中です.

「この建物の熱損失は,どれくらい?」,
「日射遮蔽性能は,どれくらい?」といった建て主の疑問
に答えられるようになりましょう.Q値計算などの実践法もレクチャーさせて頂きます.続きを読む

ura410 at 00:04|Permalink

2011年10月13日

建築士のためのフェイスブックセミナーを開催します.

fb_semi(社)東京建築士会主催の建築士のためのフェイスブック活用セミナーを開催します.案内チラシは,コチラ

主催/(社)東京建築士会
日時/2011年11月26日(土) 14:00〜17:00
会場/(社)東京建築士会 会議室(4F)
定員/50名限定(先着受付)
参加費/3,000円(本会会員は,2,000円)

内容/
第一部【フェイスブックって何?
フェイスブックの使い方講座(初級編)です.そもそもフェイスブックとは何か?,どんなことができるのか?,操作方法などを分かりやすくご説明します.

第二部【具体的な活用事例紹介
建築士としての職能アピールや,営業力強化,地域コミュニティーの形成などフェイスブック活用の成功事例をご紹介します.
 
これからの建築業界は,繋がりこそが財産であり,最大の武器となります.続きを読む

ura410 at 00:50|Permalink