aamall

2011年05月21日

笛吹きプロジェクト

 菅直人は狂っている.年間20mSvなどという基準を設定して,安心安全ばかりを吹聴している.これは本当に危険なことだ.
 さまざまな状況のもとで現実には難しいかもしれないけれど,子供たちを放射線から守る最良の方法は,「集団疎開」だと思う.

 「ジャーナリスト木下黄太のブログ」
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927
によると,「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
http://kofdomofukushima.at.webry.info/
という団体ができたらしい.その紹介の中で,「学童疎開というテーマを考えるべき」という見解にも触れられている.子供たちを避難させるべきだ,という論説は,今も時々見かける.可能であれば、絶対そうした方が良いと私も思う.この案を私はひそかに「笛吹きプロジェクト」と名付けている.出典?はもちろん「ハメルンの笛吹き」だ.


 中世のドイツ.ネズミの大発生に苦しむハメルンの町に,まだら模様の服を着た男がやって来た.男は笛を吹いてネズミを退治し,そして子供たちを連れ去った.
 子供たちはどこに行ってしまったのだろう.ブラウニングの詩
http://www.indiana.edu/~librcsd/etext/piper/text.html
は,物語を終えるにあたって,不思議な指摘をしている.

289 And I must not omit to say
290 That in Transylvania there's a tribe
291 Of alien people who ascribe
292 The outlandish ways and dress
293 On which their neighbours lay such stress,
294 To their fathers and mothers having risen
295 Out of some subterraneous prison
296 Into which they were trepanned
297 Long time ago in a mighty band
298 Out of Hamelin town in Brunswick land,
299 But how or why, they don't understand.

そして,このことも言っておかねばならない
トランシルバニアのある1族は
近隣の人々が言いそやす
彼らの異国的な習慣や服装について
こういう説明をしている
自分たちの祖先は地下の牢獄から来たのだと
遠い昔,その牢獄に送り込まれたのだと
ブルンスヴィックのハメルンの町から.
なぜ,どのようにかは,わからないけれど,と



 学童を集団疎開させる具体的な方策はわからない.しかしそれが子供を放射線から守る最良の方法であることは確かである.
 現実には人々それぞれの生活がある.それに放射線は「ただちに健康に影響がある」ようなものではない.おまけに菅直人は,こともあろうに許容レベルを20mSv/yに引き上げるという,最悪の選択をしてしまった.子供を犠牲にすることに何の抵抗感も持たない.それが現在の日本国政府であるらしい.残念なことだ.

 「結局、何らかの政治決断があれば望ましいし、無理ならシンドラーのリストではないが、助ける事のできる子どもたちだけでも助けたい」と上記ネットワークの人は言っているそうです.

uradowan at 18:47│Comments(9)TrackBack(7)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 両者の比較  [ へなちょこ自然保護 ]   2011年05月26日 03:00
 放射線が惹き起こす「晩発性障害」についての2つの記事,沢田氏の計算とBEIR VII の報告を紹介した.時期を逸してしまった感はあるけれど,いちおう総括してみたい.  まず目につくのは両者の間での数値の著しい違いです.  沢田氏は次のように言っている. - 被曝な
2. 放射性物質と病源体  [ へなちょこ自然保護 ]   2011年05月29日 06:34
 放射線の健康への影響に関し,いま最も注意すべきは「内部被曝をどう防ぐか」である.つまり放射性物質を体内に取り込まないために,どういう注意が必要かという知識である.  それは「病源体を取り込んでしまわない」ための注意とよく似ている.もちろん放射性物質と病
3. 放射能は土中に拡散する  [ へなちょこ自然保護 ]   2011年06月06日 10:57
 内部被曝をひき起こすものは放射活性(放射能)をもったホコリである,ということを前回書いた.このホコリの性質をしっかりイメージしておくことが,被曝を防ぐことに役立つと思う.そこで今回は,このホコリ(死の灰)の性質について,もう少し書いてみたい.  次々と
4. 遺伝子組み換え作物  [ 高知に自然史博物館を ]   2011年06月14日 15:26
 - 学識経験者からは、生物多様性への影響がある可能性はないとの意見を得ました。 遺伝子組み換え作物について農水省のホームページhttp://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/110523.htmlは,...
5. 除染の限界  [ へなちょこ自然保護 ]   2011年09月19日 12:42
 福島県の原発事故で,放射能が撒(ま)き散らされた.そのため人が住めなくなった町もある.これを「死の町」と呼んでマスコミの反発に会い,辞任させられた大臣もいる.たしかに, 自分の故郷が「死の町」などと呼ばれたら,良い気はしない.戻って住みたい人もいるだろう
6. 壮大な陰謀が進行中:朝日がん大賞(2)  [ アルバイシンの丘 ]   2011年10月28日 08:48
 前記事:壮大な陰謀が進行中:朝日がん大賞(1)の前置きを基に,本記事では朝日がん大賞が山下教授に授賞されるという不自然な動きの謎を読み解きたい。そこには,ある壮大な意図(公表されない悪意の意図を陰謀と呼べるなら,その動きは陰謀にカテゴライズされる)を見
7. 笛吹きプロジェクト  [ アルバイシンの丘 ]   2011年11月05日 13:14
 笛吹きプロジェクトとはブログ「浦戸湾」主宰,Ladybirdさんの命名に成る,或るプロジェクトである。そしてそのプロジェクトの目的とは? なんでしょうか?当ててください。  ヒントはプロジェクトの名前の由来となった「ハーメルンの笛吹き男」。 とはいうものの,こ

この記事へのコメント

1. Posted by アルバイシンの丘   2011年10月28日 09:10
仰る通り,子供たちは避難・疎開させることを真っ先に考えるべきと思います。

それをさせない理由の一つが,ひょっとしたら福島の子供たちを山下モルモットにしたいから,という妄想を私は抱いています。
または逆に,避難させないんだったらモルモットにしよう,かもしれませんが。

もう一つの記事違いの方に同じコメを送ってしまいました。お手数ですがあちらを削除してくださいませ。この種のボーンヘッドが増えて来ました(^o^)/^^^^^^^^^^
2. Posted by Ladybird   2011年10月28日 11:31
アルバイシンの丘 様
 こちらへもトラバとコメありがとうございます.

 山下先生は「安全だ」と言明してから,あとで調査をしようというわけですね.これは順序が逆だと言わざるをえません.
 まず調査をして,その結果を踏まえて「安全だ」と言うのなら理解できます.調査をすること自体が,安全性については判っていないことを自白しているようなものです.
 とにかく山下先生にすれば,原発事故の影響を継続的に実施できる(そうして業績を残すことができる)絶好の機会と地位を得たわけです.広島のABCCの調査と同じで,住民をモルモット扱いしているという批判も,妥当であると思います.

 ただ,科学的研究としては,たしかに大きな成果というか,貴重なデータが得られると思います.問題は研究の倫理性と,研究協力者たち(つまり住民)への情報公開とを,どう確保するかでしょう.
 倫理性というのは,ある社会的,政治的状況があるので,これは絶好の機会なので,それを利用して科学者としてデータをとる,というのではダメだということです.私はそう思います.
 なぜなら,その社会的,政治的状況(避難移住する住民が少ないこと等)を作り維持することに,山下先生ご自身が関与しているからです.
3. Posted by Ladybird   2011年10月28日 11:33
 すみません.訂正です.

誤) とにかく山下先生にすれば,原発事故の影響を継続的に実施できる

正) とにかく山下先生にすれば,原発事故の影響を継続的に調査できる
4. Posted by アルバイシンの丘   2011年10月28日 20:37
>調査をすること自体が,安全性については判っていないことを自白しているようなもの

なるほど,これは新しい論理を仕入れました。使おうかな(^o^)/

それから,
>倫理性というのは,・・・というのではダメだということです

これはかの,石井七三一部隊の研究?と同じですからね。医学的研究成果としてはそれこそ貴重な学術的成果を挙げたことになるでしょう。しかし,それは許されないことです。

安全トークが「避難移住する住民を少なくするため」だとしたら,ホントにA級戦犯モノ,死刑相当だと思います。
5. Posted by Ladybird   2011年10月29日 02:46
 この1つ前の記事「夢のエネルギー」で私は山下先生の講演について書きました.実名を出さないよう配慮したつもりだったのですが,無用の配慮でした.
 「長崎の鐘」の永井隆は原発賛成だったという話なのですが,その時代背景を山下先生は知っているはずです.知っているのにあえて永井隆を持ち出すところに,この先生の議論の欺瞞性があります.
6. Posted by アルバイシンの丘   2011年11月05日 13:16
こんにちわ。『笛吹きプロジェクト』の名前が大変気に入って,記事にしてしまいました。
もしご趣旨と違うようならお詫びして,私の記事に注釈を入れます。
7. Posted by Ladybird   2011年11月05日 18:56
 コメントとトラバありがとうございます.子供たちを放射能から遠ざけたい,避難させたいというのが基本ですから,私と同じ趣旨の記事だと思います.記事にして頂いて感謝しています.
8. Posted by phaisalis   2011年11月06日 15:14
http://nonuke-savelife.tumblr.com/

こんなことまでされてだれが疎開したいと
思いますか?
避難後に予想される貴方がたの同志からの
福島差別を考えるとできるわけありません。

安易に疎開しろ!!などと無責任な煽りはいい加減
にして下さい。安全地帯でご高説をたれる偽善者には
反吐が出ます。

9. Posted by Ladybird   2011年11月06日 19:08
 phaisalisさん.
 「葬送デモ」ですか.初めて知りました.

>貴方がたの同志
 何の話でしょう?私には同志などいません.

 福島原発の問題では最近のマスコミの論調が,やけに情緒的,感性的になっていると思います.

コメントする

名前
URL
 
  絵文字