最近、少々困っていることがあるのですよ…







2年半前までは、お庭に出たい時は飼い主に訴えるしかなかったウ〜吉くん…
しかしお庭に出たくて大暴れしているうちに偶然にもドアが開き、それ以来すっかり自力でレバーを開けるワザを習得してしまった!

以来、夏はドア開けっ放しによる虫侵入に悩まされ、冬は冬で暖房中のお部屋が冷やされることに悩まされております。
いや、悩まずとも出入りさせたくない時は施錠しとりますけどね。
それ以外は自由に開けてお庭に出ることを許し、人間は専ら自動ドア閉め係に徹するのです。

これが結構めんどくさいんだけど。

そして今年になって、なんとなんとお外からドアを開けて入ってくるワザまで習得しちゃったのですよ!
今までは室内に入りたい時は要求吠え。
単純でわかりやすいです。
「ワン!」で飼い主を呼びつけ、自動ドア係させればいいのだ。
しかし犬たちを閉め出してお部屋の掃除をしている時なんかは、要求吠えには応じずひたすら無視。
そうしたら、なんと難なくレバーを回してドアを開け室内に入ってきたウ〜吉!

今回ばかりは偶然ではありませんでしたね。
要求吠えで訴える方が手っ取り早いので、今までは自力で開けなかったというカンジ。
要求に応じてもらないなら自力で開けるからいい!というところか…

ところで銀ちゃんは自力でドア開けるということはしないのですよ。
ウ〜吉の後ろにいれば全部やってくれると思い込んでいる様子で…
普段は口数の多い銀ちゃん、要求吠えは一切しないのです。
ただひたすらじーっとドアの前にオスワリで待ち続ける姿は健気そのもの。
実はドアの開け方はわかっているのかもだけどね。

お陰で施錠さえされていなければ出入り自由となった犬たち、もうとんでもなく頻繁に出入りを繰り返してくれるのですよ〜。
自動ドア閉め係も容易じゃありませぬ…


銀ちゃん




























Bros.





























すっかり日暮れの時間が早くなったことを実感する9月…
夕方は5時半を過ぎると一気に薄暗くなってくるのです。
お彼岸が過ぎたらあとはどんどん日が短くなる〜!



ウ〜吉





























湖畔の公園、ものすごい数のキャンパーで埋め尽くされていましたよ。


Bros.





























夕食の時間を迎えるキャンプサイトの、BBQの香ばしいにおいに包まれながらのお散歩なのだ。


ウ〜吉




























銀ちゃん





























お散歩終えて帰宅した6時半には、もうすっかり真っ暗の暗闇でしたよ!
我が家はこれからゴハンの支度。


銀ちゃん





























ところで銀ちゃん、そろそろ毛が汚れて洗い時ではないのかい!?