2006年12月

2006年12月31日

12月31日

皆様、今年一年、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

そして、10月下旬からの怒濤のアップで皆さんにご心配をおかけして申し訳ありませんでした。


大掃除も終わり(手抜きですが)やっとパソに向かっています。

いろいろ勉強をさせていただきました。
そして、たくさんの出会いをいただきました。
この出会いを大切にしていきたいとおもいます。

年の変わり目を持って、このブログを通常のウランとナナのブログに戻させていただきます。


本当にありがとうございました。
そして、お世話になりました。

本日からは、コメントも復活させていただきます。
(あ、と言っても、一端下書きで受付させていただいて、その後ブログに反映させていただきます。)

今年一年、見事な(笑)戌年となりました。

来年もワンコ一筋で頑張っていきたいと思います。

(おっちゃんの・・・・シリーズも完全復活いたします:笑)

では、あと数時間、いい年をお迎え下さいませ。





uran_nana2003 at 21:07コメント(5)トラックバック(0) 

2006年12月27日

特派員「ダンボ」最終章

さて、お約束の特派員「ダンボ」の最終章をお送りいたします。

いかなる理由か知らず、大阪は豊中に運ばれたワンコたち。

オーナーさん、頑張ってくれてるらしいけど、スペースの狭さは如何ともしようがない。
限られたスペースで、はせ参じたボラたちの奮闘が始まる。

最終章は、この大阪ワンコボラです。

では、ここから・・・・・

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

無事、大役を終え(爆笑)帰って参りました^^
1週間ぶりのご対面。みんな、覚えていてくれました(泣)
チャーリーなんか、いきなりヘソ天です(笑)
ブランとソラは外の半畳くらいのスペースにいました。
他の子はshopの中のバリケンと、トリミング室のケージ(病院とかの入院の時に入るやつです)の中に。

勝手が解らないので、外でブラン達と触れ合っていると、おとなしくしていたブランが鳴いて騒ぎ始めた。もしや。。。
外に連れ出すと、すぐに。。。はい!ウ○P。下に落とさないように手でキャッチ!もちろん、手の上には新聞ありましたよ。
美しすぎて、形崩さず持って帰りました。みんなに見せたかったけど、いいウ○Pの時は口頭報告。残念。
ペティはバリケンの中で当てウ○Pばかり。。。
すると外に出れるという学習をあちらでも実践しているようです(ーー;)
アルフは、ぎゃんぎゃん疲れを知らぬ鳴きっぷり。
リーナは少しストレスフルのようです。落ち着きがなくなっていました。
エルは散歩や食事の時は騒がしいですが、必ず回りに人がいるので、寂しい感じではないようでした。
shopの中は暖かいので、寒がりセンちゃんは大丈夫ですが、ソラとブランには。。。
ビーグル軍団も元気です^^渋い歌声を披露してくれています。
ナッツはホストさん(この方もボラに参加されています)への一時預かりですが、連れて来てくださいました。元気だった〜^^得意のイーって前歯剥き出し挨拶してくれました^^
ホストさんにも心を開いています。小さな子供がお母さんにしがみついて抱かれるじゃないですか?まんまのかっこで幸せそうに抱かれてます。痩せっポチでも13kgあるセッターです。ホストさんも幸せそうに大切に抱いて下さっていました。嬉しくてウルウル。。。
みんながこうなるんだと、信じてたのに。。。
ナッツとホストさんの姿を見ていたら、悔しさが蘇りました。。。

全員のバリケン洗いましたよ^^
ヒビテン持参した(私の私物です!!!くれぐれも、よろしく(爆笑))ので、消毒も完璧です^^

スペースが狭いので、預かってくださっているオーナーさん、トリミングに来られるお客さん、スタッフの方に大変迷惑をかけています。shopの前の歩道も通行量が多いので、バリケンも1,2個ずつ洗うのが限度です。近隣の方から苦情が来なければいいのですが・・・近隣の皆様、すみません。
おそらく、平日人手が少ない時は難しいでしょう。。。

何より。。。隣から魅惑のおいしい匂いがぷんぷん♪
満腹中枢が正常に機能していないあの子達には試練の場所ですね(。。)

あちらでは、個別の健康管理シートを作成されていました。
便の状態のチェックや薬の管理もされています。昨日は獣医さんが来られて(見物のおじさんとおばさんかと思って気軽に声かけちゃいました・・・先生。すみみませんでした。もちろん、突っ込まれましたよ!ジュリママに(;;))健康診断をして頂きました。

ボラの方の上着に、名前入りのガムテ張られていたのを見て親近感が。。。頑張って下さっていることに感謝です。。。
遠方から広島へボラに来てくださった方が、大阪なら近い^^という事で数名来て下さいました。久しぶりの再会にウルウルです。。。
広島のように善意の物資があるわけではありません。広島では、バリケンの目隠し等に毛布を使っていましたし、ペットシーツもたくさんありましたが、あちらでは限られています。

ヒビテン、首輪、ボトルトップ(バリケンの前に付けてた給水器)、フードボール等々広島には有り余るほどあった物資がここにはない。。。

私達が広島で里親さんに送り出す時。
その日まで食べていたフードを1回量づつ何食分か小袋に入れ、それまで使っていた毛布やお気に入りのおもちゃ、着ていた洋服をお渡しし、その子の癖やこれから気をつけてほしい事等々をお伝えしていましたよね。物資の方でその後家庭で食べてもらうフードや、ペットシーツ、新しいフードボール等々もお渡しできていました。
大阪に第一便で搬送された子の準備は私がしました。大型犬舎の子達の使っていた毛布も入れましたし、ペットシーツも入れました。でも、大阪には届いていませんでした。。。

目隠しには新聞を使っていらっしゃいました。バリケンの中に毛布も敷けません。洗っても干す場所がないのです。広島ボラが送ったフードの配分量のメモを片手にご飯の準備。
情報不足、物資不足の中懸命にワンコのために頑張って下さっていました。

こうして、自分達が逆の立場で大阪にボラに参加させていただいた事で、今まで遠方から広島へボラに来てくださっていた方々の気持ちが分かりました。
益々、感謝です。
皆さんの熱い想い。。。ワンコたちに届いている^^
あの方々には届いていないのかしら(ーー;)

善意の物資や医療費として送っていただいた支援金は届いていません。
ボラにはどうすることもできませんから。。。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ここまで。

本当にご苦労さまでした。
そして、いつもいつもリアルなボラ報告ありがとうございました。

これからは、ご自分のブログで、舌論鮮やかに楽しく書き進めてくださいね。
楽しみにしています。


ダンボさんのブログ
『Only WAN』http://blogs.yahoo.co.jp/danhyan1203




uran_nana2003 at 01:06コメント(0)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

2006年12月26日

ダンボさんの特派員報告

更新遅れています。

特派員(卒業予定)ダンボさんから、先週16,17日の報告があがっていました。

それをアップするのを忘れていました。

すでに過去の話のようにも感じますが、ボラの目から見た事実が書かれていますので、アップしておきます。

ここから、特派員報告。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2006/12/17

火曜日に現地に入ってから、待ちに待った土曜日。
その前の週に。
シェパパピーの(ちなみに、AAさんの管理人ブログのリーナの紹介コメントでは、5,6歳と書かれていましたが、5,6ヶ月の間違いです!!!)リーナは私が先週5連荘でパークに行った時に里親希望さんがいらっしゃいました。
その方は、AAのHPの里親募集の欄をプリントアウトされて、とっくの昔にトライアルに入った黒いラブ&ニューファンMIXの希望でいらっしゃっていました。その子達どころか、パピーは全頭トライアル済みを伝え、頭を下げて上げた時、
おっっっ!ウチにもおるじゃん!でっかいけど、パピー^^
でっかいから、パピーだけど大型犬舎じゃーーー

大型犬舎にいるほとんどの子が(成犬)お座り、待てを覚えてくれた中、リーナは私たち犬舎担当ボラではそれを教える事が出来ませんでした。

物資が閉鎖になった後、物資ボラで尽力された方々は、続けてワンコボラにも来て下さいました。(どっかで書いたけど、コピペじゃないよ!)
私たちはワンコ達の近くにいるから、どうしてもワンコに甘くなっってしまいます。
物資ボラさんでトレーナーアシスタントをされている方を知っていたので、リーナをどうにかしてほしい・・・と泣きつきました。
その方ののおかげで、お座りも待てもあっという間に習得!!!オイオイ。。。

なので、アピールしまくりです。^^
里親さん希望の方はリーナは後ろ足が良くないのを、ご自身で触ってすぐにおっしゃいました。
そんな方に、目覚めつつある未知の大器(^^)かもしれない・・・
でも、成長過程において障害が出るかもしれない・・
リーナに触れて未知の成長を伴に。。。と、さんざん考えさせた挙句、それでも面談に行ってくださいました。
色々話をしてくださったその里親さん候補の方は、
実際にリーナに会って触ってくださった方。
大丈夫かも^^^^^^

でも。。。

警察犬関係の方の予約?が入ってるんですと〜
現場は聞いてない!
聞いてたら「この子は里親さん決定しています」って、言えたのに!!!

その方はまた、犬舎に来られ「ダメだった。。」と、私達に挨拶に来てくださいました。
感謝の言葉に続き謝り続けるボラ。決まっていた事すら知らないボラ。。。

はい!時間を昨日へ進めましょう〜ダンボさん。

予め。。
昨日と今日の境が分からない(;;)

土曜日、いつもの様に8時から開始のボラに間に合うように参加。
その時はゆるゆるの子の事が心配だったんだけど、昨日の朝のことなのに、そこの記憶がレポできないくらいの衝撃の事件。

里親さんの予約?がなかったスリーセッターズ。。。
大阪でホストファミリーが決まった?らしく、リーナもどうやらそちらの方。。。

里親さんもしくは、ホストファミリーさんでも決まったら、喜びの旅立ち。

今まで使っていた毛布やお気に入りのおもちゃ。食べてたご飯。。こんな癖がある。こんな困ることもある。。。見てきたこと感じた事、里親さん希望で決まった方には包み隠さず。。

大型犬舎のゆるゆるの子はみんなナーバス(あれ?特派員ナイーブって今まで使ってたか・・・おばちゃん横文字弱いねん。ごめんなさい)
なのに、スリーセッターズ&リーナ何処へ???

週末しか行かない特派員でも、ワンコの素晴らしさ。ボラを信じ、心を開いてくれている事を目の当たりに感じます。
チャーリー、ペティ、大阪のホストファミリーからパークに戻されたナッツ&リーナ。
それと、小型犬舎の方ではココアと動管から来ていたタッキーとツバサ(3頭ともビーグル)とシーズーだったかな(抱いてたんだけど、うちの子達のほうに意識集中で。。すみません)が、出ると。。。

どこに旅立つの?

ずっとお世話させてもらったんだもん。聞いたっていいでしょ?
幸せになってくれるんでしょ?

スタッフに聞きましたよ。
答「里親だと思う・・・」

思う・・・って???

「今、搬送されていく大型犬舎4頭の行き先だけでもはっきりしてください!!!」
喜ばしい旅立ちとは明らかに異質。。。
確認しにスタッフが事務所行き、行き先のリストを確認したら。。。

私が抱いていたシーズー(だったかな?現場にいた人。違ったてたら訂正してください)
の予定は今日だったって!!!

あのまま出て行ってたら、たぶんシーズー(ごめんね。名前あるのに。。)の行き先はどうなってたの???

その後、かくかくしかじがで。。。
特派員、警察沙汰の現場にいなかったので。。。

今朝。私の住む団地は月の第2週目が町内清掃日です。欠席すると罰金(?)300円。
先月初めて欠席したので、今月こそはと、はりっきって出たら。。。
今日は第3週目だたのね(;;)

パークに着いたら10時頃。

物資受付からワンコ達のいる場所に上がる坂にある、ゲートの前に車が横付けされてて、その車に張り紙が。。。
今日ボラに参加するのは片付け作業だけです。と???

車じゃ上がれません。急な坂を登りましたわ。
受付前でもスタッフ?の方が同じことを。

読んできて上がっとんじゃ!そんな暇あるんじゃったらどっちか1つにしいや!
やることいっぱいあるんじゃないんかい!!!
なーんて、口は出しません^^
笑顔で(自分なりには。。。)入園。

ゆるゆるの子達大丈夫???

大型犬舎に入りましたら。。。

静かやね???

今日はいるはずのピレネーのブラン、お腹ゆるゆるのクロ、昨日はお腹ピーピーのキャラ、ニューファンのソラ、隔離から小型犬舎にしばらくいて、大型犬舎に移ったばかりのエアデールのエル。ダルメシアンのポチも決まったとは聞いたけど、今日だったの?

何処へ??????????????

残ってたのはウィペットの寒がり&寂しがりのしーくんと、避妊手術で行ったら、子宮内膜症で昨日の昼過ぎにヘロヘロで帰ってきたトウガだけ。。。

しーくん。。。

今朝何があったの?
ストレスに過敏なしーくんは高速でぐるぐる回っていました。
めったに吠えないしーくんが、ぎゃんぎゃん吠えて。。。

サークルの扉開けたら、頭摺り寄せてきました。。。

術後のトウガ。。。

暑がりトウガの居る場所のすぐ側の窓はいつも開けてあるのに、今日は閉まってた。。。
トウガは、バケツに水を入れて置いてるんだけど、一緒に行ったボラさんが、べチャべチャの上に横たわってたって。。。

行って見たら綺麗にしてくれてたんだけど、窓が開いてなかったんで、すぐに開けたよ。
暑かったよね〜トウガ。。。ごめんね

しーくんは、A1でボラされてた方が昨日来て下さって、「19日に迎えに来る予定なんです。先住犬の避妊の予定が18日なので。その前に、お話を伺おうと思って」と、午後でしたか話をしました。先住犬の健康管理の話とか聞かせて頂いて、この方ならしーくんのぴーぴーも快方に向かう^^

って、喜んでた今日。。。
しーくんとトウガがまだ居てくれて怒りは消沈。。。

居るはずの主が居ない空っぽのサークルを掃除しました。しーくんはボラ(信頼できる?)姿が居ないと周り続ける(ストレスから)ので、声をかけかけ、掃除を中断し、抱きしめて落ち着かせながらの作業です。

怒りや悔しさがこみ上げる。。。
でも、それの気持ちをおさえなきゃ。
しーくんが不安な顔で見つめている。。。

そのうち、2人ボラさんが来て下さいました(しーくんもトウガも顔見知りです^^)。しーくんの状態を伝えると、しーくんの側で掃除をしてくださいました。

午前中で、ボラは解散との事。

しーくんは。。。

19日までは大丈夫よね???

と思っていたら、里親さんが状況を聞いて駆けつけてくださいました。
しーくんは、明らかに情緒不安定です。
環境の変化に敏感で、サークルの移動を斜め前の場所に移動しただけでくるくる高速回転の頻度が高まります。
そして、今朝のあわただしかったであろう現場も見ているのです。

幸い、里親さんの妹さんがA3でボラに来ていらっしゃ方(今日初めて里親さんとの関係を知りました)でした。里親さんは書類の都合とかでバタバタされてました。。

今日めっちゃ寒くてマジ雪降りました(><)

犬舎から里親さんが抱いて出てくださったんですけど(しーくん抱っこ大好きなんです^^)横風、雪混じり(;;)
里親さんから「しーくんにかけてあげる何かありませんか?」
って。。。
ダメじゃん。特派員。。。
オタオタですねん。。。

トウガも里親さん決定しています。ただ、今日の移動は無しです。。
もちろん、その方も駆けつけてくださいましたよ^^

暑がりトウガはいい気温。。。
寒がりしーくんは暖かい家庭でほっこり^^

で、終わるのか。。。

みんな〜元気になってるのか〜
みんな〜幸せになってるのか〜

昨日、移動の車のバリケンに入った後のペティの顔。。。
レスキュー当初の写真に載っていた子達のような諦めた顔。

そんな写真を見て、この子達をどうにかしたい!
って、参加した広島ドッグぱーくレスキューボランティア。

これがレスキューっていうものなの?

まだまだ、勉強不足の特派員でした。。。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ここまで。

また、大阪ボラ報告も入っています。

次回の記事でアップします。

今回は、ダンボさんの報告のみで終りにします。

なお、次回の大阪ボラ報告が、ダンボさんの特派員報告最終章となります。

ダンボさんご自身がブログを立ち上げました。
そちらで、御自分の活動を御報告されるようです。
当ブログのリンク欄にも、「Only WAN (ダンボさんのブログ)」でリンクしました。
アドレスはhttp://blogs.yahoo.co.jp/danhyan1203/1373839.htmlです。

長い間、特派員ありがとうございました。



uran_nana2003 at 12:33コメント(0)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

2006年12月21日

広島 御報告2

まず、謝罪です。

以前、僕は記事の中で「2ちゃんねるは嫌いだ」と書きました。

しかし、この広島の事件で、特に板10辺りからは、非常に助けられました。
また、いろいろな情報もいただけました。
応援や心配もしてもらって・・・・・・

このまま「嫌い」じゃ申し訳なさ過ぎる。
事実、今は、日々、足を運んでいますし。

2ちゃんねるの、特に、広島ドッグぱーくの板にかかわる皆さん、本当にゴメンナサイ。
前言を撤回し、改めて「2ちゃんねるは面白い!」
          「2ちゃんねるのドッグぱーくの板は役に立つ」
です。
本当に失礼しました。

そして、まったくの偶然ではありますが、昨日の夜のファミレスで「741」さんとお会いできました。
まあ、スネークさんが顔をばらすと問題もあるのでしょうが、昨日は特別。
楽しい時間を過ごさせてもらいました。

ちなみに、昨日は「メガネっ子」さんもいましたよ。



さて、昨日の出来事を書いた記事、たくさんのレスありがとうございます。

で、少々説明不足の点もあったので、補足をさせていただきます。


僕は、昨日のボラ集団の代表ではありません。
代表自体が、そもそもいなかったのですから。

また、新たな受け皿として構築された組織では、僕は一県外支援メンバーとしてしか名を連ねていません。

ただ、昨日の行動に関しては、僕もある程度立ち上げに係わりましたし(具体的企画は僕とは別のボラさんです)当日は、なんか、現場の雰囲気でスポークスマンみたいになっちゃって。
ぱーくの現場に行っても、なんか広報みたいなことやったり、代表に声かけたりしてしまって。
でもぱーくに入った時には犬ボラの男性が、第一声を上げてくれたし、他のボラさんも目いっぱい疑問を出してくれたし。
僕なんか、出る幕なかったですから。それだけ、皆さんの疑問や不満が蓄積していたんだな、と思いました。

質問の内容も、全部「犬」に関すること。
物資は一回だけ、支援金は一度も出ず。
みんな、犬を真剣に心配していました。

ドーベルマンの質問の時には、あちこちでみんな泣きながら・・・・・。

本当は広島の人が中心であったほうがいいと思いました。
そして、その思いは実際に中心的なボラさんに口にしています。
でも、返ってきた答えは、ボラはみんな一緒、でした。
県内?県外?回数?
何も関係がない、ボラはみんな一緒。思いが共通ならそれでいい、と。
幸いにも中核で動かれているボラさんたちとは、まるで旧知のような間柄。

で、あえて非難を覚悟の上で動きました。
ですから、昨夜も今でも、広島の人に対しては「でしゃばってゴメン」と言う思いを持っています。

出入り禁止状態の僕には、ぱーくの中は異郷の地に感じました。
残念ですが、11月下旬の最後のボラ以降、ひとりで入る勇気はありませんでした。

代表のあの恫喝に耐える自信がなかったのです。
怖くもあり、逆上しそうでもあり、自分をいろんな意味で抑える自信がなかったのです。
でも、昨日は仲間がいました。
そして、入り口には「ボランティアの出入りを禁止する」との張り紙がありました。
僕だけでなく、ボランティア自体の立ち入りが禁止されていたのです。

ですから、実際にぱーくの敷地内に入ったのは、最初の質問のときと、代表や統括を呼びに行く時だけです。
ムーブでも放送されましたが、みんな「出て行きなさい」と言われる立場でした。

警察が来た時は、どうしても自分の個人情報を出さねばなりません。
代表が「警察を呼んでいるから」と言われた瞬間に、僕が警察の窓口になろう、と内心決意しました。
みんなを、そういう前面にだしちゃいけない。
それは僕の役目だ、と思いましたので。

幸いにも、警察の方が代表者を、と言ったとき、ボラさんが僕を呼んでくれたので、僕が対応させていただけることになったのです。

余談ですが、僕が『解散を・・・・』と告げたとき、耐え切れなくなって頭を下げたあと、足早に車へ戻ると、後ろから仲間の一人が足早についてきて「パパ・・・・」と声をかけてくれました。
まあ、その一言で耐えていたものが切れてしまったんですけどね(汗)
(いつの間にか、僕の呼び名は「ナナパパ」からほとんど「パパ」に代わっていました)でも、嬉しかった・・・・・本当に。その一言は、大きな懐の深い響きでした。

万感の思いのこもった一言、とはああいう響きを言うのかなぁ、とあとになって感じています。

昨日も今日も大阪の犬の件で、事態が動いています。
AAは、撤退会見を行い、物資をトラックに積み込みはじめました。

明日か明後日には撤退だとムーブでも放送されました。
指をくわえて見ていることしかできない自分に腹が立ちます。


とりあえず終わった・・・・・と自分で書きながら、終わりきれない自分がいます。
どうやら、昨日が終わった、のでしょう。

まだ続く・・・・・かもしれません。







uran_nana2003 at 21:27コメント(0)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

広島 御報告

今朝、帰宅しました。
本日お休み。疲れたからね。

さて、もうすでに、ムーブでも放送され、2チャンネルでも多くの情報が流れたボラ達の合同質問行動。

前日夜半に出発して、高松中央ICあたりから、岡山広島県境あたりまで、電話の連続。話し続けてた。あ、イヤホンマイクですので御安心を。

翌日の体制やら、内容、などの打ち合わせの連続でした。

経緯・・・・・・・

前回の広島行き、30分の差で現地に間に合わず、悔しい思いをしたまま引きずっていました。帰るにも腹が立ちすぎて帰れず、広島をウロウロしながら気を静めて、知り合いのボラ仲間の自宅に転がり込んで、コーヒーなぞしばいていると、同じボラ仲間からメールが。

「どうにも我慢ができない。やっぱり疑問に答えてもらいたい」と。

そこから、今回の合同質問の話が生まれました。

その場で、メール相手と計画の練り直し。
さまざまな検討後、いったん帰宅。

翌日の仕事を終えて再び山陽道を疾走。

そう、流星号は、突然現れるのです。

そして、前述した車内電話の嵐になっていったのです。

現地に着く前に、パーキングで仮眠・・・・のはずが熟睡(笑)

目が覚めると、回りは明るい!

”ぎゃ!また間に合わなくなるのか?(汗)”

時計を見ると、6時過ぎ。

”ほっ、まだ間に合う(ここは小谷のSA)”

必死で走り(流星号がですよ)なんとか、友人宅にたどり着きコーヒーを一杯!
(団地内で迷子になり、5分も団地を迷走。ワカリニクイ)

打ち合わせすることは、すでに車内で終わっているから、深呼吸の連続。

20日撤退の噂があるだけに、今日を逃すと、もう質問が出せない。

その不安と、現場を想像することへのプレッシャーで、脈拍が速くなる。


しかも、最大の不安は、最強の相方である「おとめかあちゃん」が動けなかったこと。駆動輪の片方が無いことへの不安。逃げ帰りたかった。

不安を押し殺し、ボラ友達の車に便乗し、現地へ。
ボラたちが三々五々現地入りしたのでは、変なので一旦集会場に集合。

不安な顔のボラさんたちに、今日の内容を再説明。

「暴挙ではない」
「暴動でもない」
「今までの疑問に答を頂きたい」
「犬の搬送先を知りたい」
「紳士であれ(淑女であれ)」

などですね。

で、10時に現地へ。
ひさぶりの現地です。妙に懐かしかった。

しかし、現地には代表も統括も不在だったため、在籍したスタッフさんに質問を行い、回答を求める。
このシーンは、一部ムーブにアップされていましたね。

複数頭を搬送するときに、その搬送先を教えてもらえなかったことに対する疑問に関してなど、一部は間違いであったことは認めていただけました。

しかし、それ以外の搬送先の保護団体名や、ホストファミリー、里親さんたちなど、犬の行き先への質問には「代表と連絡を取ってから」「代表が帰ってから」と回答を保留され、そのスタッフは事務所へ。

再度、質問をしたい、と求めると「自分に答えられるものなら」と男性スタッフのかたが。

ドーベルマンの死に関する搬送までの時間についても、5分と答えていた内容について、間違いであったことを認めていただけました。

そのスタッフが自らかかわったこと以外の疑問には、お答えはいただけませんでした。

まあ、そういう質問のやり取りの中で、女性スタッフの方が「あなたにだけは言われたくない」と言うような内容の発言をされ、ボラたちから一斉に疑問の声が上がりました。この部分の放送はありませんでしたが。まあ、犬の問題とは違う次元の話ですので、仕方ないですね。

でも、あの言葉の意味を知りたい、と思うのは当然だと思います。

僕のブログでも、よく、発言には責任を持ってください、と言う批判レスが良く書き込まれます。どなたが書いているのかまでは、わかりませんが。

それと同じで、あの時の発言にも、自分で出された言葉ですので、責任を持っていただきたいと思います。
そのご自分の発言の意味を説明していただけないことが不満であり疑問でもありました。

その後、代表が30分程度で帰ってくる、と言う話がありましたので、その間に休息とマスコミさんのインタビューを受けていました。

ここからは時系列がごちゃごちゃです。
どれが先だったのか、記憶があやふやです。
それほど緊張していましたので。
時系列の狂いはお許しください。

緊張で口の中がカラカラになる、と言うことを久しぶりに体験しました。


代表と統括が戻られた時は、マスコミが代表を取り囲みインタビューをしていましたが、代表の着替えとかもあるのでしょう、一旦事務所に戻られました。

再度出て来られた時もマスコミが代表を取り囲みインタビューを続行していました。
ボラ達も後ろから話を聞いていましたが、ある程度インタビューが終わると、もう話すことはない、予約も取らずに押しかけてきているマスコミの話は聞けない、と言うような主旨のお話で戻ろうとされている時、あるマスコミが追いかけるように代表に質問を投げかけると、「情報を金で買うようなマスコミの取材は受けない!」と激昂(僕にはそう見えた)されました。さすがに、そのマスコミも思わず、それはどういう意味ですか、と突っ込んでいると、証拠を持ってくるから待ってなさい、と言い残して事務所へ。
ずいぶん待たされ、次に戻られた時は、その話ではなく別の話になっていました。証拠提出はありませんでした。

また、先に女性スタッフから回答のあった、代表が戻られたなら、その質問にお答えします、という部分に関してもお答えはありませんでした。
まあ、こちらが再度聞かなかったのが悪いのでしょう。

傷害事件の話にもなり、代表がインタビューで答えていた「顔中傷だらけ」発言について、引っかき傷ぐらいで傷だらけ、ではないでしょう、と言うボラの発言に「あなたは見ていたのですか。現場を見ましたか?」と代表が突っ込まれて、そのボラは「わたしが見てませんが・・・・・」とためらった時、隣から「僕は現場にいました。見ています」「わたしも現場で見ました」という実際に現地にいたボラたちが多数声を上げました。
代表は「じゃあ、写真を見せてあげる。傷だらけの写真を」と言い、再び事務所に戻りました。

写真を撮りに帰るには長すぎる時間を待ち、事務所に「あのぉ、ボラが待っているのですが」と聞きにいくと「今、プリントアウトしているから待ってなさい。誰が入っていいと言いました?」「出なさい」「待ってなさい」と連発されました。

あのぉ、ボラたちは部下でも生徒でもじゃないんですけどぉ・・・・・・

きっとあれだけの時間を待たせるのだから、2〜30枚の写真を持ってきてくれるのか、と思ったら3枚でした。

そして、その写真を見せて「どうですか?これ、傷でしょ。傷ついてますよね。これでも傷ついてないと言うんですか?」と。
(傷だらけでしょ、とは言わなかった)
ボラからは「傷だらけじゃないですね。引っかき傷が三箇所ですね」と。

「そういうことは警察が調べることだから、あなたが言うことではない」と言う趣旨の発言で、はい、終り、と戻りかける代表に別のボラが・・・・
「ボラが物資を盗んだ、と言っていますが何がどう盗まれたのですか?」と問いかけると「それは、あなたの胸に手を当てて考えなさい」と発言。

あのぉ・・・・胸に手を当ててもわからないから聞いているんですが・・・・
証拠がある、とおっしゃっていたから証拠を見せて欲しいと思ったワケなんですが・・・・

思わず、僕が追いかけ、「待ってください、代表!」というと、
「誰が入っていいと言いました!?出なさい!」
「まだ他にも・・・・・」
すべてを言わせてもらえず
「出なさい!あなたに話す必要はありません。今、警察を呼んでいますので!」

しばし互いに無言でした。
初めて怒りを瞳に出しました。

それまではできる限り冷静に、礼を尽くし、挨拶もし、頭も下げ対処しました。
しかし、その時は、怒りで言葉を失いました。

「わかりました。警察を待ちます」
そう言えたのは数秒がたってからでした。


ゲートの外に出て深呼吸をしながらボラたちに状況を説明し、警察が来るからそれを待って事情を説明しますと伝えました。

警察が来るならその前に帰る事は卑怯な行為に写ると思ったからです。
悪いことはしていません。
暴動も罵詈雑言も罵声も、何一つありません。
やましさはないのです。

しばらくすると、都合4台の警察車両が。
全部覆面パトカーです。
正直焦りました。
まるで「特捜最前線」(古い!)みたいなデカさんがぞろぞろ降りてきて
パトカーのおまわりさんじゃなく、デカさんですよ、刑事さんたち・・・・

”僕って悪者?犯罪者?”って言う気分です。

そのまま警察の責任者の方が「代表の人は?」と問いかけ、ボラさんが僕を呼ぶのでいつの間にか、その日の代表になってしまいました(苦笑)

そのまま警察の人たちに囲まれ再度パーク内へ。
このシーンが、2チャンネルに流れ
「ナナパパ連行!?逮捕!?」というとんでもない情報が流れたのでした。
2チャンネルの皆さん、御迷惑をおかけしました。

中に入ると、連れ込まれた、と言う雰囲気ではなく、カメラがアップで事務所を追いかけているので、もっとこっちへ、と奥に奥にと入り込み、そこで、今日の状態を聞かれたので、合同で質問してその回答をもらいたかった、暴動ではない、暴言も一切ない、と説明。当然、僕はすすんで免許証を提示し、自分のすべてを開示しました。やましさないですから。

で、質問の内容を一つ一つ説明し、資料となる以前の質問書を提出。
その上で、面談を強要すると「強要罪(?)」になるので、早く解散しなさいね、と。(僕、強要せず、お願いしたつもりなんですが・・・・・強要できるほど強くないし権力ないし・・・)

僕は「先ほど最終の答を統括から頂いたので、もう解散するところでした。警察の方が来ると聞いていたので、待っていただけです」と。

で、警察の方に促されボラたちを集めて、説明を

「これ以上、ここで打つ手は・・・・・・・・・・・・残念ですが・・・・・・・・・・ありません」

「とりあえず・・・・・・・・・・・車を置いてる場所まで・・・・戻りましょう」

この言葉の空白は事実です。
悔しさと、もどかしさと、怒りと、何もかもがごちゃごちゃになって言葉に詰まりまくりました。
こみ上げてくる悔しさに堪え切れませんでした。


ボラの疑問に何一つ満足できる回答をもらえず、何一つ教えてもらえず、一方的に「入るな」「君たちに話す必要はない」「出なさい」でした。

犬の世話をしている時も、里親が決まって巣立つ時も、搬送される時も、その都度、世話していたボラさんに、行き先を伝えてくれていれば、ボラたちは安心して見送ることができたはず。

それをしてもらえず、犬の行く末に不安を覚えたボラに対し、それでも情報を開示してくれない。
確か、代表は「一対一なら話すから、代表だけ中に入って」と言われました。でも、みんなが代表の口から聞きたかったのです。ですからそれを拒否し平行線のままでした。

なぜ、一人なのでしょう。みんなに話せは済むことなのに。
みんなからさまざまな疑問を出されるのが困るのでしょうか?

今まで、ボラを続けてきて疑問に思ったこと、不安に思ったこと、それを聞きたくて行ったのに、満足する回答どころか、話すら拒否される部分もある。
立ち入ることすら許されない。
現在、管理されているのは確かにAAですが、そこまでかたくなに拒否すると言うことは、ボラの質問は「反対勢力」と言うことなのでしょうか。

質問すら許されない。
犬が心配で、それを聞いているのに、弁護士が個人情報の開示になるので答えられない、と言うからダメだ、と。

挙句の果てに、全頭幸せにするから、里親に出すから、と言い、保護団体に預かってもらう、と説明しながら、事実は大阪のペットショップへ。
そこのオーナーはインタビューに「一月に行われる譲渡会に出す、と聞いている」と。

決まっているのではないの?
一部が決まっている、のではなく、全頭決まっていないの?

地元ではボラたちがすでに、受け皿としての保護団体を構築しています。
もう、その保護団体は完成しています。

その受け皿を母体としての交渉はすでに、別のブログで書かれています。
メンバーの名簿を提出しないと信用できない、と拒否されています。

すでにリストは動管にも提出されています。
行政でもない一民間保護団体のAAに名簿を提出する必要性はありません。
動管に出ており、動管がチェックしているのです。

まして、名簿とは、個人情報の坩堝です。

里親や保護団体の情報は出せない、と言いながら、その一方で名簿を出せ、と。



昨日の広島行きを含め、今月だけですでに5回広島に行っています。
11月をあわせると、10回を越える回数です。

そのほとんどをブログにはアップしませんでした。
僕のブログはAAの方に見られています。

ですから、何回も黙って広島に行っては、ボラさんたちと会っては話を続けました。
皆さんとともに受け皿作りもしました。広島の動管にも行きました。

そしてやっと、昨日です。

でも、何も納得できませんでした。

犬の行く末を案じ、犬の幸せを守りたくて、動きました。
単に、今、目の前の犬が里親にもらわれていくだけでは不安なのです。

それは、AAのダーク性を感じるからです。
将来にわたる犬の幸せを感じ取るためにも、犬を守りたかった。


すべて納得がいきません。
疑問は一つも解消されないまま、増大しつつ、レスキューの邪魔をしたのは「反対勢力のボラだ」と言う形で、すべての幕を引くつもりでしょうか。

犬を心配する善意のボラを、悪者に仕立て上げたまま、反対勢力の抵抗や邪魔が入りましたが、無事、全頭レスキューができました、と発表するのでしょうか。

行き先のわからない犬。
最初から頭数不明のまま。

増えたり減ったりする犬の数。
有り余る余剰物資。

すべて謎と疑問のまま、今日、撤退会見があると聞いています。

同じ時間に、僕はこの記事をアップします。


最後のあがきかもしれません。
もと早くやれよ、と言われるかもしれません。

すべてボラを守りつつ犬を幸せにしたい、犬を助けたい、と思ってやってきました。
犬たちが、安心して里親さんの元で幸せになることを願っています。

僕の広島は、とりあえず終わりました・・・・・・・
でも、広島ではまだボラががんばっています。

必要とあらば・・・・・・流星号は再び走ります!



PS:
コメントは、現在「下書き状態」で保存しています。
書き込みはできますが、ブログには反映されません。
皆様の書き込みはしっかりと読ませていただいています。
忌憚のないご意見をお聞かせくださいね。
原則として反映予定はありません。御了解をお願いします。


uran_nana2003 at 13:02コメント(0)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

2006年12月17日

お願い 広島DPに集まって

ケイトです

現在 ナナパパは 広島パークへむかっています。

昨日より ドッグパークの犬たちは 大阪へどんどん搬送されているようです。

知り合いの方々から ご連絡をいただきました。
今朝早くも 何頭かが パークを後にしたそうです。

昨日の状態は こちらをご覧下さい 

杉の泊まり犬日記
http://kubifurobo.exblog.jp/d2006-12-17

体調の悪いワンコたちもいます。
水下痢がつづいているワンコもいます。
何故 長時間の搬送を押して広島から運び出す必要があるのでしょうか?

お願いです。

今日 ボラさんたち、里親希望さんたち、里親さん達が 
声をあげようと どんどん広島パークに集まっています。

どうかお近くで駆けつけられる方々、お願いです。
広島パークに駆けつけていただけないでしょうか?

言葉足らずですみません。

uran_nana2003 at 12:06コメント(39)トラックバック(0) 

2006年12月13日

広島 さて気分一新現場報告

今日は、たくさんの現地のワンコ情報が入っています。

しょっぱなのレスでは、ゆいさんが、
「今日Tansoku-devilさん家でダップに里親さんが決まった事を確認出来ました」と。

ああ、tansoku-devilさんところでも、情報があるんだ、と嬉しくなりました。


毎度の特派員ダンボさんから。
ダンボさん、ごめんね、許容量が足りないかな・・・・・

では、ダンボ報告です。
「今日は全頭狂犬病の予防接種(体調不良の子は除く)がありました。
13:30の予定が14:00過ぎに。。。ウチの子達で不参加なのはスリーセッターズとウィペットのしーくん、マラミュートのトウガ。みんなお腹ゆるゆるなので、注射はなし。この子達は先に散歩へ。
注射受けた組は注射後1時間休ませてから散歩へ。
注射受けた子の中でウィペットのキャラと黒ラブクロがゆるゆるに。
腸内細菌はないという検査結果が出ていると、いうことはフードの量多すぎ?

日曜日まではユ○カヌ○は混ざってなかったはずなのに、今日のご飯配分メモには、クロとナッツにはユ○カヌ○100gとメンテナンス200g。新しいフードをいきなりこの量???しかも、それまで食べてた量より増えてるしーーー

常勤ボラさんに別件でメール入れてたんだけど、入電(ここまで使えば今時に昇格かな^^)が。ゆるゆる続出です(;;)と、相談しました。

ご飯とお散歩が楽しみの子達。ちなみに、小型犬はウチの子達の後に注射だったので、午後の散歩はありませんでした。。。折角天気よくなっていたのに(泣)

ゆるゆるの子は絶食です。。あの子達にとってこれほど辛いことはないのです!!

クロは注射も打っていました。新しいフード混ざってゆるゆるになったかどうかわからないので、とりあえず、今までのフード半量で絶食は免れましたが。

明日はご飯減らして様子を見るとのことです。

それと、ダップ。今日小型犬担当の里親さん知ってる方とお話できました。優しい里親さんでしたよ^^って。

昨日報告したチャイクレのセンちゃん。帰って来ました。
事情はまあまあ。。。
でも、ここに帰って来たから^^
赤い糸またみつかるよ。」

非常に詳細な報告、ありがとうございました。
(机がありますよう、切に祈っております)


しかし、個人的に受けたのは、ダンボさんのこの書き込み・・・・・

「今日A1ボラさんから差し入れ。。。
みかんとチョコです。
そのみかんがね。。。愛媛八幡浜産!箱に入ってたんですけど、開けてびっくり!!!高価な桃みたく、並んでますねん!それもみんな、シール付よ!
始めて見る高級みかん。みかんももちろん上品な甘さでごっつおいしかったんですけど、高級桃のごとく箱詰めされてるみかんを見たことのないボラばかりだったので、そっちの方に話題集中です!

ビバ!ボラさん(ビバ!も広めてくださいね^^)

あっ。ドンちゃん。まだパークにいます。行き先は不明です。。。私はナナパパには特派員指名されましたけど、パークでは遅れてきた非常勤ボラなのです。。。」

いえいえ、非常勤とはいえ、素晴らしい報告だと思っています。
本当にありがとうございます。

みかん・・・・・・甘かったんだ・・・・ヨダレが・・・・・・


非常勤ですので、毎日は無理でしょうから、どなたか代理特派員でも命名できませんかね。現地の声がないのは寂しいので。
また、ここを読んでくれているボラさんの現地の声もお待ちしています。
(まるで、情報番組みたいだな、ここは)


ライル母さんから、こんなレスが・・・・・
「うれしいニュースです!
泣き虫バアちゃんに素晴らしい里親さんが見つかったそうです♪」

別な場所での発見のようですが、場所がどこであれ、里親さんが決まるってのは嬉しいですよね。


いつもと違ったレスと、それに対する答えレスも・・・・・

「ところで、パークには道に落ちているものを口にする仔が何頭かいるようですが、拾い食いをしない躾をプロの訓練士(ドッグトレーナー?)さんに出張訓練を依頼するなどの対応を・・・」

答え
「私は 訓練士ではないけれど 一つの案が有ります。
散歩に行く時は おやつかフードを持って行ってください。
前方をチェックしながら 時々立ち止まって 名前を呼んで目を合わす「アイコンタクト」の練習をしてください。
上手に出来たら ご褒美をあげてください。
怪しい物があったら 「アイコンタクト」を取り、気をそらさせ 一瞬でも良いから怪しい物を忘れさせ 尽かさずリードを引きその場を 離れてください。
「生と死の狭間」に居た子達ですので特に食べ物には執着心が有って 大変でしょうが頑張ってください。
この件に関しては 訓練士さんに聞いてまた書き込みます。」


で、またまたダンボ特派員。

「昨日の報告に訂正が。。。

フードの量をgで書いてしまいました。。。
正しくはccです。

さっき計って確認しました。ウチのフードですが。

300ccだとgに直すと152gです。

心配してくださっている方々、申し訳ありません。
以後、気をつけます。。。

それと、報告忘れが。。
日曜日、弱ったたぬきをボラの方が発見しました。
見に行ってみると・・・

ワンコたちにしているように、バリケンの中に毛布、外にも毛布がかけてありました。
ちなみに、それは発見されたボラさんの私物です。
その後、別のボラさんが広島市の「あさ動物園」へ連れて行ってくれました。
ビバ!ボラさん!たぬきもレスキュー^^」


タヌキまでレスキューしたんですね。
私物の毛布まで使って・・・・・ありがとうございます。
ホントの愛護精神を見せてもらえました。
タヌキさん、住む場所が変っちゃったけど、頑張ろうね。


そして、今日心を動かされたレスです。

「あの…提案なのですが…
すでに里親となられている方々のサポート的な事は出来ませんか?
パークの犬達は精神的に不安定だったり病気を持っていたりと何かとケアが必要な子が多いので。
里親になってからも不安を抱えているのではないかと思います。
こちらのブログはたくさんの方が見ていらっしゃると思うので、里親さんにアドバイスして下さる方もたくさんいらっしゃるような気がします。
前向きに行きませんか?」

確かに、どこのブログでもしていません。(たぶん)
もし、里親さんで、ここを読まれている方で、不安を抱えていらっしゃる方、良ければ書き込みください。
僕自身は、とてもそこまでの知識はありませんが、きっと読んでくださっている人の中には、そういう知識をお持ちの方もいるはず。

もし、不安を抱えた里親さんの手助けになれば、それほど嬉しいことはありません。

互いにできることをやっていきましょう。
それが、ワンコを飼う人の不安解消につながるのなら、それもまた愛護運動。

ご協力をお願いします。










uran_nana2003 at 23:07コメント(98)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

広島 Karashimaさんへの返事

まず、最初に・・・・・・
今回の記事は、書き込みをしてくれた「Karashima」さん個人への返事の形になることをお許しください。

Karashimaさんへ

先ほど、書き込みを読ませていただきました。(携帯で書き込み連絡が来るので、早めに読めました)


まず、僕がボラに入ってから、本当にお世話になりました。
これは、Karashimaさんだけでなく、Fさんにも伝えたい御礼です。
今、僕がしている言動とは別に、AAとは別個の一個人としてのKarashimaさん、Fさんへの素直な想いであることは確かです。


なぜ、僕が譲渡会のボラに行ったのか・・・・・・

それは、10月18日のボラ初参加の時のKarashimaさんの一言でした。

「受付のボラが足らないんだよなー。あー、20名は欲しいのに、まだこんだけだもんなぁ」

と、物資のところでぼやきながら頭を掻いていたのを今も覚えています。
その時の真剣な思いに、当初無理であった土日のボラに急遽入ることを決意したのです。

ですから、譲渡会の時の走り回るKarashimaさんの姿も鮮明に覚えています。
本当にありがとうございました。



さて、Karashimaさんの書き込みですが・・・・・・


大量に書いて、今、すべてを消しました。

反論は可能ですし、僕も言いたいことは山ほどあります。
でも、止めました。
書いていて、自分でむなしくなりましたから。

反論は反論を呼ぶだけで、それは建設的でもなんでもありません。

今、僕が個人レスを控えているのはそのためです。
僕を批判するのは御自由ですし、何と書かれてもけっこうです。

思いをぶつけてきているKarashimaさんにも、本当ならレスを書くべきなのでしょうが、あなたが書く倍以上のことを書きそうで・・・・止めました。


いつの日か、すべてを書く日が来ると思います。
それまで、僕はKarashimaさんへのレスを封印します。


Karashimaさんへの返事はこれだけです。


uran_nana2003 at 21:55コメント(24)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

2006年12月12日

広島  やれやれ

さて(また、今日も、この言葉で始まる変な記事)昨日の記事で、
いろいろな激励の書き込みを頂きました。
本当にありがとうございます。

県外支援組織を立ち上げる、と書きましたが、立ち上げて、さあ何しようか!と聞かれても、正直まだ何も見えません。

(ッて、この一言で、また、ビジョンも無いのに、意味の無いものを立ち上げるな、と言うお叱りやご批判が来るのでしょうねぇ)

でも、少なくとも、現地に行けないで、悶々とされている人たちの声をできる限り一つに集めていくことで、現地の僕の信じるボラさん達は、これだけ多くの県外からの声援があるんだ、とわかってくれると思うのです。

名称は、なんか読者の皆さんが付けてくれたようにも感じますので、そのまま使わせてもらおうか、と思いましたが、「ハチドリ計画」と言う組織がすでに現存し、そことまちがってしまう可能性もあり、相手様に迷惑をかけることになるかもしれませんので、「ハチドリの会」と言う名称は止めようと思っています。(いい名前なんですけどね。ちょっぴり残念)

ですので、当面は、単純に「広島ボラ県外支援ネットワーク」でいこうと思います。

それと、入会させてください、とか、入れてください、とか、言う書き込みもありましたが、それは皆さん・・・・・大きな間違いです!(笑)

僕は、単なる発起人で、おとめ母ちゃんも、発起人でしかありません。
まあ、発起人ですので、取りまとめみたいなことはしなければならないとは思いますが、決して「代表」(笑)とか「統括」(爆笑)とか役職を持つ組織にするつもりはありません。(ここだけの話、乙女母ちゃんなら、姐さん、でもいいかな?とはちょこっと思いましたけどね)

ですから、入会規約もないし、年齢制限も居住地も性別も関係なし。
ワンコを始めとした動物愛護の精神があれば、それでいい、と思いますよ。

で、一人一人が自分の場所でできる事を探していけるような形にしていきたいです。
今はもちろん、広島のことで力を借りることが出てくるかもしれません。
その時は、ブログでお願いしますので、御自分で判断の上、お力を貸してください。

しばらくは、現地の情報をボラさんから入手次第、お伝えしていきます。
よろしくお願いいたします。

また、書き込みに「広島広報支援の会」というところが立ち上げた「広島で新しい家族を待ってます」というブログがあります、と紹介されました。
広島の子達のための組織のようですので、責任者の方と連絡を取ってみます。



さて(また、「さて」かよ:笑)

先ほど、本日放送のムーブを見ました。

もう、怒りを通り越してあきれています。

反対勢力による妨害工作。

テロか?
暴動か?
一揆か?
クーデターか?

そんなイメージが頭の中を飛び交いました。
動物保護の記者会見とは思えない言葉でしたね。

多分僕も「反対勢力」なんでしょうね。
ま、いいけどね。

ムーブの放送云々は言いません。

言いたいのは、確定した証拠も無く、実名を公表して、その人たちを「持ち出した」=盗人扱いしたこと。
すでに、BBSにも、それらしきことは書いてありましたが、見ていないので書きませんでした。でも、今、見ました。

余談です。友人ボラが「実名出して盗人扱いされたのはナナパパ夫婦?」って2チャンネルで書かれてるよ、ってわざわざ電話くれました。

2チャンネルの皆さん、残念ですが違います(笑)
もし僕がその場にいて、そんな形で僕の名前出して盗人扱いされたら現場は修羅場と化してます(笑)
濡れ衣を着せられてそこまで穏便ではいられません、僕は。


僕が現場にいなくて、僕の名前でなくてよかったですね。AAさん。
修羅場になったらマスコミの前で大変な騒ぎになるところでしたから。


現地情報の特派員ダンボさんは、今日の書き込み(昨日のボラ報告)は無い予定でしたが、律儀に書き込んでくれています。

『ダップは、ごめんなさい。よくわかりません。
ドンちゃんは、私もいつの間に決まったの???って感じです。ワラビーちゃんのように見送ることが出来ず。。
昨日チャイクレのセンちゃんが決まった時は里親さんに会いました。寒がりチャイクレ。。。大切に優しく抱いてくださっていました。』

現地の声でした。
今日は現地に入っているはず。多分書き込み報告があると思っています(期待しています)




PS:
ここからは読んでくれているAAさんへの文です。
この部分に関するスタッフさん以外の批判・反論レスはお断りいたします。
反論されるなら、キチンとHN、あるいは本名を出し、ブログ・HPアドを掲載し、あるいはメールアドレスを掲載しその上で行ってください。
そして書き込まれる場合、その方はAAスタッフと判断いたします。
よく、疑問に対する論点のすり替えによる書き込みが見受けられますが、それもすべてAAスタッフさんの書き込みと判断します。


事実確認も大してせずに、目撃者もいます、などと証拠も出さず、実名を公表するということは、下手すりゃ名誉毀損になることは知ってますよね。
しかも、公式の場ですよ。
覚悟決めたんでしょうかねぇ。

物資はなくなっていません。って断言したのはF氏ですよね。
同じ人が、今度は物資を運び出された!と言っています。
どっちも放送されていますよね。
僕の作った言葉じゃないですよ。
この矛盾を説明してください。

僕は、疑問は疑問として、書いています。
不思議だ、と思う部分を自分の言葉で書いています。
でも、誰も、その僕の疑問の答を書いてくれない。
書いてくれるのは、正体のわからない人の論点のすり替えばかり。

納得できません。

ワンコのために送ってくれた物資を必死に大切に管理してきた物資ボラに、なんと言う酷い言葉を投げつけるのか。

物資ボラだって、直接ワンコに接することができなくても、自分達のやっていることはワンコの幸せにつながるんだ、とみんな話し合ってやってきていました。

その答がこれですか。
わが身の保身しか考えていないAAには、愛想がつきました。

僕の疑問に納得のいく形で答えてください。







uran_nana2003 at 20:42コメント(63)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

2006年12月11日

広島  さてさて

さてさて、どうしましょ。

今日もテレビで放送されて、しかも記者会見生中継まで(ッて、少し生中継とは違うのかな?まあいいや、)。

明日のムーブでまとめて放送してくれるみたいだし。

僕のブログの影響力ねぇ。

ふーん、そんなにあるの?

じゃあ、僕が「全員、右向け、右!」って言ったら右向くの?

んなわけないよね(笑)

良識ある読者ばっかりなんだから。

自分で判断してくださいね。



僕は、僕の思いを綴りますので。(まあ、これでも考えながら書いているつもりですが)



さて、僕がボラに入ってから、たくさんの人と知り合いました。

現地(広島在住)のボラさん、遠い場所のボラの皆さん、ネットのみでお付き合いをさせてもらっている皆さん。

特に現地、広島のボラの皆さんとも、けっこう多く知り合うことができました。

で、当然、ワンコの話、レスキューの話、いろいろしてきました。

メールでも、電話でも、現地でも。
もちろん、いまも続いていますよ。

そんな中で、僕が実感したこと。


それは、現地の多くのボラさんは

「この広島の、この場所から広島の人の手で、最後まで幸せな家庭に送り出したい」

ということ。

みんな、ワンコを幸せな家庭に送り出したい、と願っていることは、どうやら大多数の事実のようです。話をしてきた結果の感触ですよ。
ですから、すべての人が、とは言いません。

でもね、僕が話してきた多くの方はそうでした。
20人ぐらいかなぁ。たぶん・・・・。

もっとも、のべ6000人に及ぶボラの数からすれば20人なんて「爪の垢」程度かもしれませんね。


僕は、この人たちの思いを支えたい、応援したい、と思いました。

だから、「おとめ母ちゃん」とタッグを組みます。連動します。
二人で相談して決めました。

広島のボラを応援する県外支援組織を作ろう、と。

現在、会員2名(爆笑)
おとめ母ちゃんと僕だけ。
でも、それでいいです。

二人で、どんな応援ができるか考えていきます。
二人で、何が支援できるか考えていきます。

そうそう、もう一つ、感触を書き忘れていた。

話をした、ほとんどの人が「AAには出て行って欲しい。ワンコは置いていって欲しい。AAの手から里親には出したくない。わたしたちの手で里親を探し、わたしたちが最後までやる」と言うことを。

僕は、いろんな話をした多くの(少数の)人たちから、こういう声を聞いています。

この声を大事にしたいのです。

もちろん、人それぞれですので、無理に賛同してくれ、なんて言うつもりもないし、批判する人も一杯いるでしょうから。

少なくとも、生の声を聞かせてくれた(語ってくれた)人たちの思いを支えたいのです。
もちろん、僕も、その考えに共鳴しているから、ですけどね。

ワンコの二ヵ月後、半年後、一年後、まで僕は考えたい。


だから、(とりあえず)二人で考えて、できることを応援して行きます。


「なんで現地に行って声を上げないの?」なんて言わないでくださいね。

行きたくても行けません。


僕「ナナパパ」は現在、立ち入り禁止令みたいなものがでているようですので。
(だって、そう、現地のボラさんが、メールや電話で、そう教えてくれましたから)

もちろん、土地・建物は大前氏の所有ですので、入れるはずですけど、入ったら、みんなに睨まれるのわかっているから。ボラさんに迷惑かかるから。

誰か、どこかに書いていた。
「ナナパパ」という単語は、現地ではタブーみたいだ、って(笑)


「あなたの応援なんか要りません!」って言う人もいるでしょうね。絶対!
ええ、大丈夫。その人たちは応援しませんから(笑)

僕は、僕と話しをして僕が信じた人たちを応援していきます。

今は二人。

でも、一人じゃないから寂しくないですよ!


uran_nana2003 at 21:25コメント(45)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

2006年12月10日

広島 新着情報

さて(って、前振りもなく、変ですが・・・・・)

複合機情報、沢山お寄せ下さり、ありがとうございました。

僕自身は、見ていなかったのですが、薬品庫の奥に眠っていたのですね。
僕の確認不足でした。すみません。

しかし、まさか、あの薬品庫、しかも石鹸の奥だったとは・・・・・
予想外でした。

それにしても、事務所まで確認のお電話もして下さっている。

それによって、現在の個数はわかったようですが、持参してくれた人を含め、現在の個数よりは多く届いているみたいな感じ。

これも不思議です。

どこいっちゃったんだろ・・・・・大阪の事務所で使ってるのかな。




次に、里親情報も多数(だったかな)入っていました。

転記してみますね。


『アンパンは一口サイズ(といっても、女性ボラさんは一口では食べていませんでしたけど)で、何個か入った小袋が3つかな?(私は甘い物だめなんで。。。)それが入った箱入りを6箱差し入れて頂きました。100個以上でしょうね(笑)

それと、ワイラーのラウター。東京行き決定です!
A1ボラされたことがある方なら、ご周知のジャックラッセルのマサコ。A1ボラさんに里親決定です!』

これには、昨日のあんパン情報もありますね。
100個はないだろう、なんて書いたら、どうやら100個以上ですか・・・(笑)


こんな書き込みもありました。

『現地ボランティアさんへの差し入れって
ドッグパーク行きで送ってちゃんとボランティア
さんのお手元に届きますか?』


これは、正直、僕にはわかりません。
届くとは思いますが、個人名宛名で送付されると確実か、とは思いますが、
個人名をあんまり覚えていないし、その人がボラにいつはいるのか、もわかりませんので、何とも・・・・・・。 すみません。


そして、特派員(笑)ダンボさんより書き込み

『大阪のホストファミリーさんからパークに来た、ゴールデンのノア。里親さん決定です。こんなに、嬉しく号泣したのは初めてでした。
パピーも今日最後に残っていたMダックスが決まり、全頭里親さん決定です。

今日は配置換えがありました。
明日以降ボラに参加される皆様。

パピー部屋が空きましたので、明日からそこが休憩室になりました。長靴を置いておられる方は、隣のトリミング室にあります。
その部屋だけでは10人強くらいしか座れないので、部屋の前にある囲いのある下が土のスペースも休憩室(オープンカフェということで。。。)になりました。
寒いのこの上ないので、ブルーシートで囲いストーブもはいりましたが、冷え性の方は厚手の上着があったほうがよろしいかと、思います。』


ノアが決まったんですね。
人気者だったから、もっとはやく決まるかな、と思ったのですが、遅かったですね。でも、決まってよかった!


で、僕が一番嬉しかったのは・・・・・


シンシアのホストファミリーさんと里親さんが、ネット上でつながったこと。
お互いの書き込みを読みながら、本当によかった、もうネットやってて最高!と感じた瞬間です。
さらに、シンシアのお世話をした人もつながっている。
全部シンシアがつながった!って感じ。


本当に、嬉しいです。


今日はボラ多いのかなぁ。
休日だから、多いだろうなぁ。

そういえば、ちゃどらーも現地に入っているはず。
頑張ってるか!(って世話してれば、読めるはずないけどね)


また、現地情報の書き込みお願いしますね!



BBSに、電話で譲渡決定?なんてスレッドが立ち上がっていた。
これって本当?
状況がわからないだけに、何とも不安です。









uran_nana2003 at 12:22コメント(30)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

2006年12月08日

複合機のレスへのお答え

以前の記事の書き込みに、今日、複合機の問い合わせのレスがありました。


「レスキュー当初に支援物資としてブラザーの複合機MFC−7820N(黒いの)送ったのですが、その複合機が眠っているのか事務所で使っているのかが知りたいのです。
送った時にも現地についたかどうか気になったので何度もAAにはメールで確認をお願いしたのに、確認できたら連絡しますというメールを最後にまったく連絡がありません。また最近、撤退云々の話が出たので返却の要請をメールでしましたが音沙汰ありません。もし、ご存知でしたら教えてもらえますでしょうか?また、ぼくの知るかぎり複合機は数台送られてる筈ですがありますか?」

というレスでした。

僕が物資に入ったのは、数回で、最初は譲渡会の数日前、そして譲渡会両日、そして11月に入ってからの数回です。

もちろん、必ずそのたびに倉庫には足を踏み入れ、あちこち整理しまくっているので、大体の在庫はわかります。

残念ですが、複合機は(というか、パソ、プリンタ、等の精密電子機器)は、僕が行ったときは倉庫には一切ありませんでしたね。
あった電気製品は「扇風機」ぐらい。
これは、見たところ、もともとの倉庫の備品だったような雰囲気でした。


物資の元バザーコーナーの倉庫にもありませんでした。
ファンヒーターは、新品中古、ともにありましたが。

複合機だけでは、少々不安だったので、メーカーHPで写真をチェックしましたが、この手のものはありませんでした。

また、後日、物資ボラにメール等で記憶にないかどうか聞いてみますが、やはり、使う場所を考えても、上の事務室ではないでしょうか。

事務室の中は、見ていませんのでわかりかねます。

お役に立てず、申し訳ありません。



次に、今日の書き込みに、ボラさん情報が二つありました。

二つともダンボさんからでしたが(笑)


一つ目

「昨日、ボラにカップラーメンやら、東京のアンパンで有名な木○屋のあんぱんやら差し入れがありました。」


ラーメンの数量はわかりませんが、ありがたいなぁ、と思います。
あんぱんは、書き込みではメーカー名がしっかりと入っていましたが、ここでは、一応伏せさせてもらいました。

まあ、アンパンは、そんなに日数も持たないでしょうし、100個などという数字ではないと思いますが・・・・・



二つ目

「老犬(だろうと、思われている)イエローラブのシンシア。
里親さん決定です。ブラボ〜〜〜(嬉泣)
ボラさんで、今もラブを飼われている方です。
あまり、先の時間がないであろう犬生。ゆっくり、温かく見守ってくださる方です。」

シンシアが決まりました。
よかったです。
この子は、もしかすると、ケイトや娘がボラに行ったときに散歩させているかもしれません。


今日は、この二つがありました。

もっと送ってもらえるように、またメール督促でもしてみます(笑)


それから・・・・・

「一人で抱え込んでいませんか・・・」というご心配をしてくれるレスもありましたが、大丈夫です。
一人では抱えきれませんので(笑)

一人で抱えられる量だけ抱えています。

ハチドリも低空飛行しているみたいです(笑)

僕もハチドリで、できることを探しながらやってみます。




uran_nana2003 at 22:05コメント(26)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

2006年12月07日

広島 わかりました

今、昨日の記事への最新の「らふぃ」さんのレスを読んでいました。


不思議に、スッと入ってきました。
(いえ、もちろん、他のレスもですよ。きっと、食事を終えて、お腹がいっぱいだったせいかもしれません)



わかりました。

らふぃさんとは違い、僕の場合、保留という態度にはなりきれないかもしれません。
その点だけはご容赦下さい。

しかし、とりあえず、今、自分が出来る応援、を考えていきたいと思います。

自分に出来る応援→ハチドリ復活です。

ボラさんの食事状態は、至急現地のボラさんに確認を取ってみます。

今、(って現地のボラさんとは違うので、多少ズレてるかもしれません)一番必要なのは、多分里親希望者さんだと思うのです。

一頭でも多くのワンコを家庭に送り出すのに、里親さんは不可欠ですものね。

まあ、問題はどうやって増やすか、ですね。

本当は、AA主体で宣伝するのが一番いいんでしょうが、それ以外となると、個々のブログや口コミ、ぐらいしか、今は想像がつきません。

また、現地のボラさんの声を聞いて、今、必要なもの、を聞きたいと思います。

って、ここを読んでいらっしゃるボラさんの直訴(笑)でもいいですね。

その方が早いかもしれないし。


出来る限り、現地ボラ連絡係風、みたいな感じで現地の要望をここへ届けてみようと思います。(ですから、直訴が早いって:笑)

      ↓
現地ボラ連絡ブログ風、ですかね。そんなに現場からの情報が入ってこないかもしれませんけど、出来る限りやってみますね。(たまに、個人的日記が出るかもしれませんけど、まあその時は、読み捨てでも無視でもよろしく、です)
現地情報も、手に入ったときにはアップしてみます。


今はそう思います。

とにかく一頭でも・・・・・コタツを!
違うな、暖かい家庭を!



uran_nana2003 at 21:53コメント(15)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

広島 なんかなぁ・・・・

まず、最初に・・・・・・・

たくさんの書き込みありがとうございます。
本来なら、一人一人にレスを書くべきですが、現在、すべてのレスを断っております。その点、御了解ください。申し訳ありません。
でも、皆さんのレスは一つ一つすべてキチンと読ませていただいております。


次に・・・・お詫びです。

昨日アップした記事で、「AA」と書くべきところを、つい「アーク」と書いてしまい、皆さんに誤解や迷惑をおかけした事を、申し訳なく思っております。レスをいただいて、取り急ぎ、その部分のみ書き直しをさせていただきました。
本当に申し訳ありませんでした。



さて、皆さんのレスを読ませていただいて、さすがに、とらえかた、感じ方、など千差万別なんだなぁ、と言うことを感じました。

同じ文字でも、取り方によっては、解釈が変ってくる。
なるほどな・・・・・と思いました。

これは、僕が昨日アップした「ズバリ一言」にも、当てはまることだ、と思い当たりました。

しかし、僕が書いたことは、僕の理解できる範囲で解釈し、疑問と思ったことを書かせていただきましたので、その解釈が書かれた御本人(代表のことになりますが)の意図するところとは違うかもしれません。
その部分は理解できます。

が、多くの書き込みを頂きながらも、僕の疑問を解決、あるいは、納得させていただくだけの回答は得られませんでした。

これから先、これらの疑問に答が見出せるかどうか、また、いただけるかどうか、それは現在ではわかりません。

疑問への回答や納得ができない以上、僕が疑問を書かなくなっても、それは、僕が疑問を捨てた、あるいは、解決した、のとは違います。燻りつづけます。

また、レスに対する横レス繁盛ですが、基本的にはやってください。
それで、少しでも解決の糸口や納得の兆しが見えれば、それに越したことはないのですから。(まあ、意見交換会でもないし、BBSでも2チャンネルでもないので、ほどほどに、とお願いはしたいですが・・・)

でも、お願いしたいことは、横レスでの個人攻撃は(今日は無かったかな、と思いますが、今後のことを踏まえて)止めてくださいね。横レス個人攻撃と管理者が感じるようなレスがあった場合、管理者権限で削除させていただく場合もあります。
意見に対する意見なら、大いに結構だと思います。それこそ、解釈の仕方は千差万別ですので。書き込み制限をする予定も、今はありません。今は・・・・ですが。


昨日のまとめみたいな感じになりますが、僕が聞きたいのは・・・・

1.撤退の期日はいつか
2.行き先はどこか
3.ワンコは何頭連れて行くのか(これは、過日のムーブでまだ体調如何で何頭とは決めかねている、という説明がありましたが)
4.残る犬はどう対処するのか
5.撤退までの間、ワンコの里親希望者の大々的募集や改善された譲渡会開催の意志は
6.広島に全頭残す気はないか
7.何頭かでも残る場合、その防寒対策は実施してもらえるのか

だいたいこのようなところだと思います。

まあ、これは、レスを書いて下さる皆さんでも判りかねる部分だとは思いますので、
AAさんからの提示を待つしかないのでしょうが、ボラを始め多くの不安を抱えた人のためにも、少しでも早く公表して欲しいと願っています。

本当にワンコの行く末が不安です。

AAさんの広島のワンコに対する具体的構想を大至急聞きたいです。

もうそろそろ発表してくれてもいいのになぁ。


PS:
今日は、スタッフさんへのメッセージはありません。ゴメンナサイ。
湯来は寒くなっていると思います。
スタッフさんだけでなく、ボラさんも、ワンコたちも風邪なんか引かないように。
特に「ワンコたち」!!!!
湯たんぽも(もう使い切っているかもしれませんね)毛布もあるだけ全部使ってください。毛布なんか一杯あったんですから。それは、ビニール袋に入れたのが僕ですから、知っていますよ。

あれっ?
やっぱり、メッセージあったね、ゴメン。




uran_nana2003 at 19:58コメント(2)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

2006年12月06日

広島 緊急 ズバリ一言への疑問

代表の「ズバリ一言」が更新されていた。

それを読んで愕然とした。



なぜ、マスコミがいたのか・・・・

なぜ、マスコミを呼んだのか・・・・・・

ボラとAAの信頼関係?



不思議な話だ。実に不思議だ。



以下、ズバリ一言への疑問

『今一度襟を正さねばと、ピリッとした気持ちになりました。』

どのように正すのか?
支援金を充分な治療にまわすという意味か。



『今後の冬対策についてのミーティングを開きました』

撤退についてのミーティングではないのか?



『できるだけ代替地を広島で探し、ここから里親様の元に出そうと話していた矢先だった』

以前、ボラにAAの広島支部を作り、代替地を探して、と頼んだが、ボラが支部作りに団結できず、流れた、ボラがやらなかった、と、まるでボラが探さなかったのが悪い、という話を聞いているが。
本当に広島で代替地を探すのなら、それこそ、マスコミやメディアを使えばいいのである。レスキューに入った当初のように。

里親に出そう、と言うなら、もっと早く改善された譲渡会なり、里親募集の大々的アピールをしなかったのか。
すでに、ワンコを連れて出て行く、と言ってるのでは?


『せっかくの信頼関係をどうして裏切るような事をするのか』

信頼関係?

一部のボラとの信頼関係はあるのかもしれないが、すべてのボラとの信頼関係は無いはずである。
それは、アンケートの回答が物語っているはず。


『今でもパークに来て下さっているボランティアさん達は、本当に犬の事を思い、考えています。
一日も早く、パークの子達が家族の元に行ける様にと願って下さっています。
昨日、「目標は、パークの子達全てが暖かい家族の元でお正月を迎える事」と、皆で決意を新たにしました
私達だけでは
目標達成はかないません。
しかし、本当に犬の事を大切に思い、心を痛め、一生懸命考えて下さっている
ボランティアさん達が、今でも私達をバックアップしてくれています。
一日でも早くパークの子達に家族が見つかる様に。
それだけが皆の願いです。』


確かにボラは、犬のことを思い、現地に入っているであろう。
家族のもとに行けるようにと願っているであろう。
では、なぜ、そのボラの思いを形にすべく、里親募集の大々的アピールや、その他わんこのための努力の形が見えないのか。
今からするのか?
撤退を表明していながら?

本当に願うなら、その姿勢をボラに、マスコミに、世論に展開してもおかしくは無いと思う。




なぜ、マスコミを呼ぶのか・・・・・・

この、代表の
「ズバリ一言」を読みながら考えていた。


ここからは、まったくの個人的考えです。



アンケートの結果。
多くの書き込みの声。

AAに、このまま任せてはワンコの行く末が見えないから、自分たちでは非力だから、マスコミと言う手法を選んだのではないか。


僕が心配するのは、今日、明日のワンコのことではない。
このぱーくのワンコの一ヵ月後、二ヵ月後、なのだ。
もし、すでに発表されているようにワンコを連れて出て行く、となると、その将来に不安を覚えるのである。
覚えて当然であろう。
行き先も発表されない。
行く日程も発表されない。

ワンコの体調を考えるなら、周到な準備がなされなければ不安極まりない。
であるなら、もう準備に入っていてもおかしくは無い。
と言うことは、日程や行き先もわかっていなければ、おかしいのではないか。

それが、今だ準備されていないなら、もはや手遅れである。
広島の現地での周到な越冬対策を考えなければ手遅れになる。
(現状の暖房対策で、じゅうぶんだ、とは絶対に言わせない!)
それもされていない。

どうするのか、どうなるのか、先行きが見えないのである。
これほど、ワンコを思う人たちを不安がらせるものは無いと思うが。

どのボラも、みんなワンコが心配で現地に入っている。
日々、どうにかしてワンコに温かい家庭を、と願っているはずだ。
ならば、どうか、ワンコ目線で、ワンコのことを中心に、ワンコを最優先で考えて欲しい。

ボラの皆さんにもお願いしたい。
今日、明日のワンコを心配するのとおなじだけ、一ヵ月後、二ヵ月後を心配してあげて欲しい。
今日のご飯がもらえても、一ヵ月後に、バリケン暮らしに戻るような危険は冒せないことを。

広島に残り、広島の善意のボラさんたちの手で、里親を見つけ、温かい家庭に送り出すことこそが、この長いボランティアの終末の笑顔ではないのか。

そして、それに協力するのがAAの役目ではないのか?
こういう疑問を僕は持った。

そのワンコの将来に不安を覚えたからこそのマスコミ導入ではないのか。

支援金の使い道?
物資の使い道?
もう、時間が無い。
それはすべて二の次でいいと思う。

今はワンコだ。
ワンコの明日と未来だ。

未来に不安があるのは僕だけではないはず。

マスコミにリークされて、問題があるとは思えない。
マスコミに知られて困るようなことがあるとは思えない。

なぜ、ボラが録音をしたか、なぜ、ボラがマスコミを呼んだのか、その原因である「なぜ?」をもっと一人一人が考え、ワンコの未来を守らなければいけないのでは?
と思うのは・・・・・僕だけなのだろうか。


PS:
前回、お土産を持っていく、と書いたが、F氏の嗜好を聞いていなかった。
お饅頭でもいいだろうか。
K君にも聞いていなかったなぁ。でも、彼は若いからお饅頭ではかわいそうかな。
なんか、考えるね。
上記の疑問の声と、F氏、K君への思いは割り切っているので、わかってね。

uran_nana2003 at 22:33コメント(44)トラックバック(1) 
広島ドッグパーク 

広島 どうにも納得がいかない

さて、お久しぶりです。

少し休養中・・・・・熱くなりすぎた脳みそをクールダウン・・・・・

したつもりだったけど・・・・・・



でも、その前に・・・・・・

皆さんに紹介したいブログが多数出てきました。


まず、前回の記事にレスをくれた「エコちゃんの母」さんのブログで、ドッグーぱーくへの思いと「犬の聖歌」と言うものが掲載されています。

http://www.ecolo-shikoku.jp/
(ペット〜エコちゃんのおもちゃ箱)会社のHPをお借りしています。

と書いてありました。上の( )の順にアクセスするとたどりつけます。

ここに掲載されていた「犬の聖歌」に不覚にも涙を流しました。


”冷たい風が吹きつけ、雪が激しく降る時も
 主人のそばならば冷たい土の上でも眠るだろう。”

この一節まで読んで、耐えられなくなりました。

そうなんだよなぁ。ホントにそうなんだ。



で、次のブログ。

ここは、僕と同じように思いを激白されている「パール姫の執事」さんのブログ

「あまえたぱぁる」
http://amaeta-pearl.a-thera.jp/


読んでみたら、痛快でした。
まあ、一度読んでみてください。



そして、最後の一つ。

ぱーくのどんちゃんのことの暴露です。「サクラの飼い主」さんのブログ。

「サクラの飼い主の今日のなにがし」
http://blog.livedoor.jp/sakuranoie/

譲渡会でのどんちゃんの闇の部分がアップされています。

僕は知らなかった、この事を。





さて、本題。

僕は以前、ゴミ捨て場に捨てられていた首輪とリードの話題を書きました。
そして、その写真を入手し、アップしました。

そのことが、昨日の現地でのスタッフとボラとのミーティングの席上で問題になった(というか、話題になった、というか、僕は参加していないので、雰囲気はワカリマセンが)らしい。


なぜ、あの写真がナナパパのブログにアップされている!?
誰が渡した!?
となったらしいです。

その謝罪の電話が昨夜、送ってくれたボラからありました。

「ナナパパさん、ごめん、今日のミーティングであの写真が問題なった」って。

??????です。

なんで?

たかが、ゴミ捨て場に捨てられたゴミ扱いのリードと首輪でしょ。
あんなのが問題になるんだ・・・・・・
と思いましたが、まあ、それは、ちょこっと置いといて。


僕があの写真をアップした理由は、自分がうそつきになりたくなかったから。

だって、捨てられる前日、最後に物資をあとにしたのは僕。
そして、翌日、そのゴミが見つかった。

一番怪しまれるのは最後に帰った僕。
まあ、普通なら、第一発見者を疑え、と言うのが、推理小説の筋書きですが、幸か不幸か第一発見者は複数。必然的に除外で、僕が第一容疑者。

そのために、確認の電話があったことは書きました。
でも、僕は捨ててない。
でも、それだけでは、ウソとも思われそうなので、写真を送ってもらい、アップしたのです。

まあ、ひねくれたものの見方をすれば、それすら、自作自演と見られますけどね。
でも、僕は捨ててない。(ッていくら自分で叫んでも証拠は?と言われると、まあ、指紋でも取ってもらうしかないけど、すでに焼却場へ行っているだろうなぁ)



とまあ、ここまでは、僕がアップした理由ですわ。

で、疑問に感じたのは、それがなぜミーティングで問題になる?

たかが、ゴミでしょ。(と言うには、物資の僕としては辛すぎる。だって、新品とか程度の良いリードや首輪だよ。使えるやつなんだもの:余談ですが、物資ボラはあのゴミを消毒して使えそうなものは使おう、と考えていたらしいです。さすが物資!)

別に、プライバシーの侵害をしたつもりもないし、名誉毀損をしたつもりも無い。
その上、僕は無関係者ではなく、物資ボラで、しかも前日最後の退出者。

そんな写真が何で問題になるわけ?

それが疑問です。

送ってもらったのが問題?
アップしたのが、問題?

たかがゴミ捨て場のゴミの写真だよ。

僕にはワカラン。

それと、その件でもう一つ、わかったことがある。


AAのスタッフさんか、ボラさんか知らないけど、僕のブログを、日々チェックしてくれている、と言うこと。
いやあ、最近、読者が増えた、と思ってたけど、スタッフもランキングアップに協力してくれてたんだ、と思わず感謝。

だって、ランキングがあがれば、読んでくれる人がもっと増えるかもしれない。

        ↓

もしかすると、ライブドアから出版依頼が来るかもしれない。

        ↓

印税が・・・・・知名度が・・・・・・(爆笑)

んなわけないよね、こんなブログでは(笑)

なんてバカなネタは止めて、と。

どうやら、僕がいろいろ書いているから、気になってたのかなぁ。
そんなに悪いこと書いてないつもりだったけど。

そうそう、おとめ母ちゃんのブログにも、すでに書かれてた。
ナナパパさんのブログも見ている、って。

そんなに気にするほど影響力ないけどね。このブログ。

最近は、2チャンネルにまで僕の名前が出ているけど(笑)
(あ、2ちゃんねらーのみなさん、このネタでアップしないでね。また、叩かれるから:笑)



だから、何で、ゴミの写真ぐらいで、そんなに話題になっちゃうのかが、疑問なんですわ。

そんなに出したくなかった写真なの?
って勘ぐってしまう僕。


再度、言いますよ。僕は捨ててないからね、絶対!


だからさあ(なにが、だからなんだ?)譲渡会やろうよ。
もっと里親募集しようよ。

まだ撤退まで時間あるんだから、その間に一頭でも多くの里親さんにめぐり合わせましょうよ。


だって・・・・・・・


もう、シットや、ドーベルマンのような子を見るのは嫌だから。
もう、悲劇は充分だ。

それがダメなら、ワンコは置いていって、ボラさんに任せてほしい。
きっと絶対、ボラさんが、里親さん見つけてくれるから。



PS:
スタッフさんが見ていてくれると思うので、Fさんに伝言を。
今度、現場に行ったとき(入れるかどうか、入れてもらえるかどうか知らないけどさ)お土産もって行くからね!せっかく知り合えていろいろ話できた数少ないスタッフさんだもの。ついで、と言っちゃなんだがK君にも持っていくわ。譲渡会ではムチャクチャ世話になったから。


uran_nana2003 at 20:16コメント(10)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

2006年12月04日

広島 熱すぎたか・・・・・・

冷静になって読み返してみた・・・・・・

いやあ、少し熱すぎたかな・・・・・


思いはそのままだし、本音で書いているけど、
ちょっぴり熱くなりすぎ・・・・・暴走気味ですな。


そう、自分でも思います。

なんか、引くに引けない・・・・・みたいな感じで。




でも、本当に、そう思う。

譲渡会を開催して、少しでも多くのワンコが家庭に巡り合えたら・・・・・



そのチャンスを増やしてやりたい。

やはり、ワンコは家族とともに暮らすのが一番。


だって、人間と言う動物の一番の友達だから。


一緒にヌクヌクとした家庭で・・・・・一杯の愛情をもらって・・・・・・



そのチャンスを増やしてあげたい。

今のペースでは、絶対に歳を越す。


もともと、最初の譲渡会だって、無理を承知でやったんだから、

当時よりはずいぶんとワンコの体調も戻ってきている。

完璧ではないにせよ、元気を取り戻している。


そんなワンコが家庭に巡り合えないなんて・・・・・・


寂しすぎるよな・・・・・・



みんなが集まれば、譲渡会だってできるはず。

里親希望の人だって、絶対に集まってくるはず。



そう思うといても立ってもいられない。

ワンコにチャンスを与えて。

連れて行く、なんて言わずにチャンスを。



連れて行く計画も内容も見えない行動では、ボラも支援者も不安でしょうがない。


チャンスを増やして欲しい。

それこそが、レスキューの姿じゃないのかな。


そのためにも、多くのボラさんが集まって、少しでも、擬似的かもしれないけど、
人の温もりを伝えたい。

そうして、あったかい家庭にめぐり合わせてあげたい。


AAだって、昔はそうだったはず。

昔を知る人は、みんな、なんで・・・・・と言う声を寄せている。


次のレスキューを抱えているからこそ、早く今の子たちに幸せを。


連れて行くことが幸せなんかではない。

家族にめぐり合わせることが幸せなんだ。


それをわかってもらえないかなぁ。


わかってくれると思うんだけど・・・・・・・


ね!


Fさん!

Yさん!

違う?

間違ってる?



みんな、犬好きなはずなのに・・・・・・・

みんな、犬に癒されえいるのに・・・・・・


なんで・・・・・・・・



僕は覚えてるよ。


物資がみんなでツアーを組んでパピールームを見に行ったときの声。


Fさんが・・・・・

「あそこは禁断の部屋だ」って満面の笑みを浮かべながら語っていたの・・・・



みんな、犬好き。

犬も人が好き。


なんで・・・・・・・・







uran_nana2003 at 23:55コメント(38)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

広島 僕の思い そして不安

以前から、僕が不安に思っていること。




もちろん、とりあえずの今、目の前の広島のワンコを救うことが最大の目的です。

でも、ワンコを救うことだけでいいのだろうか。


救うと言っても、その方法は?手段は?

所有権がAAにあるなら、里親希望を募って、譲渡を願い出るか。

所有権そのものを、別の団体に譲渡してもらうか。

譲渡会の開催を迫るか。

いろいろ、方法は考えられます・・・・・が、どれも僕にはまだ実現不能なものばかり。

更に気になるのは・・・・・・


ワンコを救えば、支援金も支援物資も放置する(AAのものになる)でいいのだろうか。

広島のワンコのために集まった支援金と支援物資。
それは広島のワンコのために使うべきもの。

と言う考えがあります。

と同時に、

広島に限らず、ワンコの命を救うためなら、どこで使ってもいいのではないか。

そういった声もあります。


どちらがいいのか、どうなっていくのか、僕には想像ができません。
まして、支援金はすべてAAの共通口座に振り込まれています。
すべてが広島向け、とは限りません。




確かに、悲惨なワンコは広島だけではありません。

それは、僕のブログを読んでくれている人は知っているはずです。

僕も広島の犬だけを救えばそれでいい、とは思っていません。


でも、今は、係わってしまった広島のワンコを救うのが先決だと思います。

もちろん、AAが信用に値する団体であるなら、なにも騒ぎ立てはしません。それどころか、もっと応援するでしょう。

何度も書いていますが、広島に突入してレスキューのきっかけを作ってくれたことには感謝しているのです。

問題は、そのあとなのです。

収支報告は、僕はさほど興味がありません。(興味と言う表現は語弊があるかもしれません。でも、今はとりあえずこの言葉で)


それよりも、レスキューされたワンコたちの、さまざまな状況が心配なのです。

有り余る物資の使い方、

医療体制への疑問、

譲渡方法、譲渡条件への疑問、

ボラへの態度、

など、僕には疑問と思える内容が、どんどん出てきます。

この状態で、残されたワンコが、本当に幸せがつかめるのか、それが疑問なのです。


もし、本当に幸せにしたいなら、譲渡会を開催すべきです。

譲渡会での欠点をあげつらい、開催を否定するコメントがマスコミを通して発表されましたが、否定する前に、より良い譲渡会を開催する方向への努力はされたのでしょうか?

どこを見ても、そのような情報はありません。

努力せずして、否定する。

これは、最初からワンコを連れて出て行く、と言う前提を作っている、としか思えません。

そのような努力をしてくれない、今のAAに残りのワンコを任せるわけにはいかない、と言うのが、僕の思いです。

ですから、あえて、反論をしているのです。


もし、もしもですよ。

僕が残ったワンコの所有権を受け取れたとすれば、僕は責任を持ってすべてのワンコの里親探しをします。それは断言できます。

しかし、支援金などはありませんので、現状での譲渡しかできません。
僕には治療を受けさせる資金もないし、物資だってありません。

でも、今のAAよりは純粋だと思っています。

まあ、僕の里親探しの件は横においておき・・・・・



少なくとも、現状に変化が見られず、ダラダラと時間ばかりが過ぎ去り、雪までちらつきだした状況で、なぜ、里親を大々的に募集し、新しい家族にめぐり合わせる努力をしないのでしょうか。


しかも、です。

次のレスキューが入っている。そこへ行かないと多くのワンコが死を迎える。
と、「ズバリ一言」で明言しています。

(少し前の「ズバリ一言」では「最後の一頭まで・・・・」と書いてあるのに。
たぶん、これには、土地所有者の人から告訴されたから、出て行かないとならない、と言うのでしょう。)


なのに、今、広島にいるワンコを連れて行く?

どこへ?

次のレスキュー先?

大阪?

「在る」と噂される所在不明のシェルター?


どこへ連れて行くにしても、今より悲惨な環境が待っているとしか思えません。

世間や、ボラや支援者を安心させるだけの情報開示が無いのです。

それで、「信用しろ、真実は一つだ」と叫ばれても到底信じることはできません。


信じて欲しければ、さっさと譲渡会を行い、新しい家族を迎え入れるべきです。

それが最優先です。しかも迅速に、です。

そして、最後の一頭まで家族を決めてから、新しいレスキューなり、シェルターなり、行けばいいのです。

広島のワンコを連れて行く必要性(必然性)が見えません。

「真実は一つ」とおっしゃるなら、記者会見だ、収支報告の発表だ、ではなく、マスコミでもネットでも利用して里親を募集し、新しいファミリーを探してあげるべきです。


それだけの時間がありながら、そういう安心させる行動を取れない団体に、ワンコを任せておくことはできません。

それに、こういう疑惑を生み出したのが「AA」という「保護団体」であるがため、
他の健全な保護団体にまで、疑惑の目が向けられようとしています。

これほど悲しいことはありません。

それをキチンとするためにも、AAと言う組織がどのような組織で、何を考え、どのような将来構想を持っているのか、開示すべきです。

そして、「健全な保護団体」と「怪しげな保護団体」が、これを契機に、ハッキリと区別され、健全な保護団体への支援を行っていくべきだ、と思っています。


僕のブログにも、「あなたのブログは影響力が大きいのですから、冷静にワンコの幸せを見守り、それからのAA批判でもいいのではないでしょうか」という趣旨の書き込みがありました。


僕のブログが影響力を持ち出したのは、広島の事件を知り、自分で見知ったことを書き始めたから、すなわちAAと絡んだ行動からです。
それまでは、しがない、わずか十数人の読者のしょぼいブログでした。


影響力を与えてくれたのは、AAと言っても過言ではありません。

僕の初期の広島関連ではAAは一切批判していません。
それどころか、応援さえしています。
譲渡会報告では、それこそ完全にAAを擁護しています。
その時は、そう信じていましたから。

途中で疑問が湧き出しても、一切書かずに、ここまで来ました。
しかし、このまま最後まで見ていたのでは、ワンコが幸せになる、という手ごたえは微塵も感じられなくなっているのです。

そして、それは事実となって、あちこちのブログに現れてきています。
冷静にワンコの幸せを見ようと努力してきた結果が、この疑問だらけの月日なのです。
これで、そのまま、まだ見守ってワンコの幸せを見守れ、と言うのでしょうか。

僕の知る限り、二頭のワンコは、助かるはずの命を落としました。
充分な治療のないままに。


だから、僕は、わんこのため、今後の他の保護団体のレスキューのため、声を出しているのです。

影響力を駆使しようとは考えていません。
読者は賢明です。
自分で判断できる方たちです。

力を貸してくれる方がいれば、傍観する人もいる、反論する方もいれば、擁護する方もいる。
それこそ、人それぞれです。

ですから、僕は僕の思いを書き綴るだけ。
それだけです。


個人的には、とりあえず広島のワンコが救えれば、AAの批判はマスコミやネット、行政に任せてもいいかな、と思っています。

なぜなら、広島のワンコが救えたら、他にも悲惨なワンコがいるからです。

保護団体のようにレスキューに入る、などという大それたことはできません。
でも、微力でも、いろんなところにいる悲惨なワンコの力になれるよう、この広島に集まった善意をどうにか、違う形でも継続したいのです。


でも今は、広島のワンコです。

本当に幸せにしたいのなら、連れて出て行く、ではなく、譲渡をしてください。
譲渡会を開催してください。
里親を大々的に募集してください。
完全な治療をしてください。

それができないなら、僕でもいい、所有権を譲ってください。

それが、僕の今の気持ちです。

譲渡会をしてくれ、ダメなら所有権を渡してくれ、と言いたいのです。



ボラが減っている、と言う情報は、あちこちであります。

これだけ内情が噴出していると、確かに足を向けるのは嫌になります。

でも、ここでボラが手を引いていいのでしょうか。
絶対にダメだ、と僕は思います。

ボラも里親希望者さんも、どんどんパークに行くべきです。
ボラでパークが溢れたっていいじゃないですか。

みんな、ワンコが心配でワンコの世話をするために行くのです。
たくさんいれば、作業の負担も減ります。
心も軽くなります。

スタッフを当てにせず、今こそボラ同士、団結してワンコの世話をすればいいのです。

ここまで書いたら、僕も多分現場へ行かなくては回りが許してくれないでしょう。

11月一杯を最後、とブログに書きましたが、この状況の変化、行かないわけにはいかないでしょうね。


ワンコが気になります。

もう、第二のシットはイヤだ。
もう、第二のドーベルマンはゴメンだ。

これ以上、犠牲はたくさんだ。




uran_nana2003 at 19:54コメント(31)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

広島 飛び込んできたメール

僕のところに一通のメールが昨夜遅く(深夜です)届きました。
とんでもない内容でした。


胃捻転でなくなったドーベルマンの
亡くなるまでに起きた出来事のようです。

発言は一語一句こういったの再現は出来ませんが
このような内容が聞こえたことは 間違いありません。と書いてあった。

最初は、この人ひとりで聞いていたらしいのですが、途中から「ちょっとちょっと」という感じで
もう一人のボラさんと、二人で交互に聞いていたようです。

ですから、メールは一人称的ですが、実際は、二人の見聞きしたものを照らし合わせ合成したもののようです。

ここからは、送ってこられたメールを個人特定されないよう、少々文面をいじらせてもらい、掲載します。
でも、どうやら事実のようです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

その場に直接いた人は、
統括、スタッフのF氏、Y氏、ボラ1名

10月10日に死んだドーベルマン

あの日、担当犬舎の人が、朝の段階で様子がおかしいと気がついていたらしいです。  
朝ご飯を食べず、水も飲まなかったから。

そのため、 事務所前の外灯の柱 につないで様子を見ることにしたらしいです。
明らかにしんどそうな様子、
最初お座りの状態だったが、腹部がつらい様子で立ちはじめ、
ドンドン状態が悪くなり お腹が張ってきたらしい。
そこにいたスタッフの 「ガスが溜まってる」と言う発言に
統括が
 「ガスだったらガスピタン(だったと思う)飲ませておいたらそのうち直る。
病院に連れていくほどの事ではないだろう。(これすべて大阪弁ではなしてたそうで
す。当たり前か)
連れて行ってたいしたことないことよくあるねん」というような発言があったらしいです。
(少し遠くてすべてハッキリとは聞こえなかった)
と言って、統括は事務所に。

そんなやり取りの間、この日はまだ暑い日で日陰のない炎天下。
(その間ボラさんがタオルで日陰を作っていました:気になってチラチラと様子を見ていたので)
ドンドン様子は悪くなり、 ヨダレもダラダラついに立っていられなくなったのはこっそり見ていてもわかりました。
さらにお腹も膨れてきたみたいです。

なかなか病院に行く決断をしない様子。

病院に連れて行けるようになったのは、ほかの犬を診察に連れて行く予約をとっていたため、
その病院に行く時に、一緒に連れて行くことにしたようです。

タオルにくるんですぐにでも連れて行けばいいものを
運ぶのにどうとかで、 バリケンに入れるとか、どうやって運ぶとか、
その準備でまた時間を取り、 立つこともままならないドーベルマンを
無理やり立たせて、バリケンに入れていったのです。
バリケンの中では横になることも出来ない状態ですよね。
苦しかったと思います。
 
そして、市内のその病院へ、パークからだと、1時間はかかる場所です。
パークを降りて、市内に出るまでに、動物病院はたくさん有ります。
ちょうど、下る通りにも有ります。

重症の子を見てくださいといって運び込んで
拒否する獣医さんはいなのではないでしょうか?
結局「具合が悪くなった」と報告してから病院に出発するまで1時間以上はかかってい
たでしょう。

でも、わざわざアポを取っていた病院まで行ったんです。
病院に到着する5分前に息を引き取ったそうです。

具合が悪そうだから、(捻転かも知れないから)
すぐに病院に連れて行ってやってくださいと
ボラさんは最初の時点から、言っていたらしいです。



以上が私が立ち聞き、覗き見したドーベルマンガ亡くなったときに起こった経緯です。

胃捻転は時間との勝負
レスキュー活動してきた人ならわかるはずなのに!!

私以外にも、いろんな方が、しばらくの間このドーベルマンを突っ立って取り囲んでいる
AAを見ています。
不思議に思ってる人多数です。
わたしは気になりすぎたので、チョコチョコ動きながらできるだけ、スタッフから見えない場所で、立ち聞きしてました。


そして、私が間接的にコンタクトを取ったかたが下記のようなことをおっしゃってま
す。
※レスキュー当初の対処に仕方についてですが
  痩せ細った姿や餌を充分に与えて貰ってないという情報からして
  胃袋の異変がある事は直ぐに分かることで その子達へ
  フードとお水を一緒に与えるなんて・・・ボルゾイやドーベルマンなど
  犬種によると胃捻転を起こす事は レスキュー団体さんなら
  常識として認知してるはずですが 彼らはそうでなかったから吃驚+

    
この方も電話で犬種別に知識があるので協力したいと申し出たそうですが
断られたそうです。

その後無くなったスパンキーについてはこの方から
私にスパンキーの冷凍保存のことは知っていたかと質問がありましたので
そのやり取りを・・・・・・・・・

そしてスパンキーの件冷凍保存のことは知ってました
無くなった当初は翌日に火葬するといっていたのですが、
連れて行った気配が無いので聞いたところ、
解剖するので、一応冷凍保存したとききました
で何日かして、やっぱり出来なかったとのことで
また部屋に安置されていました。
全く・・?????????????????だらけですよ

・・・病理解剖するならば 冷凍保存はしないはずです
  この事を知らなかったのなら 無知・・・の一言だし
  (一般の人は知らなくても無知じゃない 彼らはレスキューだから)
  知ってたとなると 目的が他にあったとしか考えられません(・・?


ドーベルマンは対処が早ければ、助かったかもしれないんですよ!
どう思われますか?


ただこのことを公表できなかったのは、
この事実を知っているのが、表向きは、スタッフの方とその場にいたボラさん1名なので、
もし、わたしが公表すれば、現場に立ち会っていたボラさんが、公表した!と絶対に勘違いされると思い、今まで躊躇していました。
それに、私自身、立ち聞きや覗き見、などなんか自分では恥ずかしくなるような行為だったので、それもあって伝えられませんでした。

でも、シットの死を境に、このまま沈黙してていいのか、という慙愧の念が出てきて、あえてナナパパさんには伝えようと思ったのです。

どうか、立ち会ったボラさんには、何の罪も暴露の意志も無かった、ということを知ってください。
今まで一人抱え込んでいて、苦しすぎました。どうかナナパパさん、お願いします。
現実を公表してください。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



ここまでが、送られてきたメールの内容です。

これを、公表していいものかどうか、悩みましたが、僕のところに直接メールしてきて、どうか公表してくれ、
と書いてある以上、出そう、と思い、公表します。

なお、このボラさんとは、残念ながらたぶん一面識もありません。
ですが、向こうは僕を知っている様子です。
パーク内で、「ナナパパ」のネームタグを貼って歩いていたので、知られていたのでしょう。
もちろん、物資にくればすぐわかりますし。

内容が内容なので、取り急ぎアップします。



uran_nana2003 at 07:35コメント(40)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

謝罪

毎日たくさんの書き込みありがとうございます。

もっと早くにアップしようとしましたが、他に少々やるべき事があり、遅くなりました。


僕の記事の表現で、大阪、および大阪に関わる多くの方を不愉快にさせたこと、本当に申し訳ありませんでした。

ここに謝罪いたします。


受け入れていただけるかどうか、は、すべて相手方次第ではありますが、当事者の方、また、多くの読みに来られている方、これからもよろしくお願いいたします。


今回は謝罪のみで失礼いたします。



uran_nana2003 at 02:49コメント(11)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

2006年12月03日

広島 完全撤退決定

昨夜のAAとボラの意見交換会の席上、正式に話が出たようです。

健康な犬(元気な犬)だけつれて今月中に出て行く。

重病の子、心臓疾患の子、など搬送に耐えられない子は現地に残し、ホストファミリーを捜す。


らしいです。


   ↑
高価なフードや、療養食は持ち帰り、安いフードは残して、欲しい人に取りに来させる。


似てません?


口では、何とでも言えます。
理由はいくらでも付けれます。
納得性のある話、理論展開も可能です。

でも、いくらすごい計画でも理論でも、行動が伴わないと、それは「絵に描いた餅」ですよね。


「最後の一頭まで」というなら、なぜ、もっと積極的に里親を募集しないのか。
なぜ、譲渡会をしないのか?

理由は聞いています。
でも、理由は「逃げ」のための弁解とも取れます。

譲渡会開催に無理な理由があるなら、その欠点を補う努力を、まずするべきです。

それが、今、パークにいるワンコたちの幸せにつながるはず。

その努力をせず、元気な子だけを連れ帰る。
連れ帰って、何をする気ですか?

連れ帰る力が、あるなら、その力を、まず里親に巡り合わせる努力、と言う形で使って欲しいと思います。

ここまで書いて、今、気がつきました。

これって、支援金の使い方の医療費の弁解と一緒だ、と。



力があるのに、それを出し惜しみして、余力を残そうとする。

支援金もワンコも、そして物資も。



AAには、もともとこういう体質があるのですね。

最後まで責任を取っているように見せながら、実は要領よく責任放棄し逃げにはいる。



”「最後の一頭まで」と明記してあるが、「広島で」とは明記していない。”

このセリフを言われそうです。

でも、多くの人は、「広島で」と思い信じました。
信じたのはあなたの勝手でしょ、ですか?

微妙に、実にうまく、逃げ道は最初から準備されていました。


このままでは、残された重病のワンコが悲惨です。
いえ、連れて行かれるワンコたちの運命も見えません。

物資を使い、医療費を使う、だけではなく、もっと根本的な部分から考え直して欲しい。

物資に関しては、昨日から、犬ボラさんと物資ボラさんの連携がよくなり、湯たんぽや毛布の移動が楽になった様子。(どっかのレスにも入っていた記憶がある)

でも、一部の情報では、それはスタッフの手が足りないときだけ、と言う感じらしいが。

医療費はワカラン・・・・。


このままでは、ワンコは再び金儲けの道具にされるかもしれない。

その危惧をなくすためには、譲渡会なり里親の大々的な募集をして、少しでも多くのファミリーを見つけてあげることだと思う。

その努力をして欲しい。

力をそこに注いで欲しい。


ワンコのためのレスキューなら、それが最優先だ。
今の段階から、連れて帰る、事だけを考えないで処しい。

まるで、最初から連れて帰る予定だったように見える。




【追記&補記】

上記の意見交換会の席上、ボラから声が上がったらしい。

「パークの中にウンチが落ちているのですが」と。

代表、怒ったらしいです。
「拾わん、っていうのかい?」(まあ、こんな内容の意味だったようです。大阪弁でこれをどう書くのかわかりませんので)

そして、奥様にも暴言

「おまえ!犬連れて大阪帰れ!(あなたもご一緒にどうぞ)」

いやあ、正直、見てみたかったシーンである。


しかし、愛犬の糞を拾う行為は飼い主の義務だと思っていたが・・・・・

(と、この追記はここまでは、実は昨夜3時頃アップしていた、この後の書き方が大阪の人の逆鱗に触れた(気持ちを逆なでした、と言うべきか)大阪の人は糞を拾わないのか、みたいな書きかたをしたのである。まあ、大阪の人から見れば「馬鹿にすな!」となりますよね。指摘されて、そりゃそうだ、と思いましたが、気がついたのは眠りについて2時間程度の今朝未明。文章校正をする気力も出ず、後で書き直せばいいや、と一括削除。で、さっきから新しい記事を書きながら、昨夜アップしたエピソードを混入させようとしていると、再度ご指摘が。文章、コメントごと削除して結構ですと書いた覚えはない、ハイ、その通りです。でも、削除しちゃいました。スミマセン。眠たくて、校正するより削除だ、と思ってしましたが、結局コメントまで消えてしまったんですね。その点は謝罪します。申し訳ありませんでした。AAと同じ事をやっている、と書かれましたので、きちんと謝罪し、何がその原因になったか、も書きました。AAと同レベルで見られちゃ耐えられませんからね。

ここに、昨夜削除した二つのコメントを添付します。


まず、式さんのコメント

『初めまして。しきと申します。ボランティアお疲れさまです。
現地の情報も感謝しております。
が、

>大阪では違うの?
>たしか、僕の地元の動物愛護センターでは、そう教わったけど・・・・。
>大阪って違うのかな・・・・・。
>大きな町には住んだこと無いから知らないけどね。


この言い方はないんじゃないでしょうか?
「大阪って違うのかな」ってそんなはず無いでしょう?
大阪だろうが大都市だろうがどこの人間でも、
愛護センターで教わるまでもなく、
まともな人は拾うし、まともじゃない人は拾いませんよ。
いい歳をした大人がそんなつもりは無かった
悪気は無かったなんて、言い訳は無用です。
悪気が無いのは故意の悪意より自覚がない分たちが悪いものなのです。
気に障られましたなら申し訳ございません。
失礼致しました。』


次に送られてきたadaさんのコメント

『あう、ナナパパさん、私より先に怒られちゃったね。
私も大阪に住んでいるよ。
大阪弁も、ああいう態度で話されると嫌われてしまうんだよねえ。
あれは、大阪だからとかなんだかと言うより、人間性の問題ですね。
嘘っぽい人間は見れば判るし…
判ってたのに、くそ!!失礼。』

以上、昨夜削除してしまったコメントです。改行点をいじっただけで、文面は一切いじっていません。

以上、弁解終わり:でも、まだ失言だとは思っていない「天の邪鬼」な僕)


ボラの仕事になっていたとは・・・・・

飼い主失格のような気がする・・・・・

えつ?
あの犬は統括の愛犬?だから糞は統括が拾えって?
僕の愛犬じゃない!・・・・・ってなことにはなりませんよね。


さらに【追記】
平日のボラが減っています。
雪も舞い始めた様子。
ここでボラが減ると、ボラが少なくてここではもう世話が出来ない、と更なる逃げの口実を献上してしまう結果にもなりかねない。
どうか駆けつけられる方は駆けつけてあげてください。
ボラが多くても良いじゃないですか?!
今はボラの団結が必要となっています。多かったらみんなで暖め合いませんか?
心も体も!


uran_nana2003 at 07:50コメント(40)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

広島  新しいブログの紹介

昨日の書き込みに、新しくブログの紹介がありました。


花子ママさんのブログ。
I Love Hanako and Momo   http://hanako-momotan.cocolog-nifty.com/blog/

隔離室のボラさんです。
シットのいた部屋の状況がよくわかります。




uran_nana2003 at 05:56コメント(8)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

2006年12月02日

広島 シットの死 【追加あり】

今日の記事で、シットの死、について、少し触れました。

そして、シットが慕い、いつも追いかけていたベテランボラさんのことも。

その方の事が、おとめ母ちゃんのブログで、書かれています。

でも、やはり、母ちゃんも又聞きのようで、真相はわかりません。



そしてシットの死、です。


シット危篤の連絡を受けたボラさん達は、病院へ駆けつけたそうです。
その中には、このベテランボラさんも、当然いました。

お互いに慕い合うワンコとボラです。
どれほど辛かったろう・・・・・

その心ははかりしれません。


そして、シットが息を引き取ったとき・・・・・

その現場には代表はいませんでした。


連絡がいっていない、とは思えません。
シットが入院していることだって、情報として知っていると思います。

推測ですので、何とも判りませんが、事実として言えるのは、

シットの死の現場に代表はいなかった。


それだけです。



【追加】 シットの臨終と出棺の様子が、らぶわん日記http://bissula.cocolog-nifty.com/blog/ にアップされました。ご覧下さい。物資リーダーです。

【追加】 記事に出てくるシットが慕い続けたベテランボラ「ももみ」さんのブログhttp://blog.livedoor.jp/momo_mikan/に、シットの闘病の様子、臨終の様子が掲載されています。ご覧下さい。

uran_nana2003 at 16:16コメント(17)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

広島  巡り合わせ

まず最初に・・・・・・
たくさんのレス、本当にありがとうございます。
個別にレスを返せないこと、申し訳ありません。

現地のボラからも、皆さんのレスを読んで嬉しかった、涙が出た、と言うメールをもらいました。本当にありがとうございました。

また、このブログが住むライブドアが深夜になるとどうも重たくなるようで、投稿にエラーが出ることが多いようです。
皆さんが「エイッ」と送信ボタンを押しても、非常に時間がかかって、最後にエラー・・・・・・ゴメンナサイです。でも、エラー出ても、無事に投稿されていることも多々あります。更新してご確認下さい。って、この更新がまた重たいんですよねぇ。ゴメンナサイ!(これは、ライブドア営業の代わりの謝罪です。あとで、ライブドアには僕に謝ってもらいマース:笑)



昨日は熱くなりすぎました。

以前、「熱い心と冷静な頭」を持つナナパパ・・・・・と褒められたのに、
昨日は「熱くなりやすい(瞬間湯沸かし器)心と薄くなった頭髪」のナナパパ、と化していました。

前回、熱くなったときには「アイスクリームで冷やして・・・・」と言われ(笑)今回は「アイスノンで冷やして・・・」(笑)とありました。

さすがにアイスノンは「ブルッ」ときそうなので、代わりに夜風で冷やしてみました。星がきれいでした。そして寒かったです。

”ああ、ワンコたち、寒くないかなぁ・・・・”

どうしても、思いはそこに行きます。
我が家のワンコたちはファンヒーターの前で「暖房犬」と化しているのに、パークでは寒さに震えているかも・・・・と思うと、夜風で冷えたはずの脳みそが、また沸点を迎える感じがしました。

どうも、最近脳みその沸点温度が下がったような気分です。





さて、ゴミ捨て場に捨てられていた首輪とリードの写真を届けてもらいました。

リードの袋1リードの袋2










リードの袋3捨てられたフード









「この首輪、見覚えある?」
と言うメールとともに送ってこられたこの写真。

携帯写メですので、ちょっとわかりにくいので、そのまま「ちょっと見にくい」と返信。

別に犯人探しをする気はありません。
犯人捜しは「コナン」にでもやらせておきます。
事実確認のために送付してもらったのを、僕は皆さんにも見てもらいたかっただけです。じゃないと、僕の話が、ウソじゃない?となってしまうので。


もう一つ弁解・・・・・

僕は文中で「犬」を「ワンコ」とよく表現します(よく?ほとんど確定的に?)
レスで、初見の人から見ると、真剣味が足りなく感じるかも、と言う非常に重要なポイントを教えていただきました。それで、”ああ、そうかもしれないな、「犬」に変えようかな・・・”とも考えました。

でも、やはり僕の中の声が”変えるな”と言います。

僕には「犬」は冷たすぎるのです。他人行儀に感じるのです。
「犬」・・・・・自分の中で、見下したような気分になるのです。
やはり、馴染めません。

初見の方、また違和感を持たれる方、イロイロいるとは思いますが、やはり僕は「ワンコ」でいこうと思いますので・・・・・ゴメン!



「黒ラブおとめの気まぐれ日記」の「おとめ母ちゃん」が、キレました。

シットの死で、辛抱の限界を超えたようです。
やはり僕と同じ「瞬間湯沸かし器」タイプかもしれません。

おとめ母ちゃんは、初期の頃からボラに入っており、犬舎担当で頑張っておられたので、僕の知らない人間模様やワンコの様子、などが赤裸々に語られています。
そして、疑問や不満、不審や不信、など心境の変化と問題提起がなされています。
ぜひ一度、お読みになってください。(と言っても、キレてまだ一晩。噴き出した記事は1回目ですが)

そして、実際に現場に足を運んでいるボラさんからの怒りの声、疑問の声、をもう出して良いと思っています。いえ、今が声を大にする機会です。

昨日の記事への書き込みにありました。
パークのA−1のボラさんの声。



『昨日夕方行ってみました  隔離 2名  A-1 4名
 いつもの顔ぶれそして皆シットの病院にかけつけた人達ばかり...
 きっと寝てない
 いつもより黙々とわらいもなく心の中で拳をぐっと握り締めて気丈に頑張ってるみんな
 心が 震えて 泣きそうになった
 シットの事言えば皆崩れそうで何も言えなかった
 昨晩は心も体もボロボロになって床についたはず
 最年少ながら重圧にひたすら耐えながら頑張るリーダー...

 今から行って来ます』


今朝、8時過ぎの書き込みです。
シットの危篤に駆けつけ、最期を看取ったメンバーばかりの様子。

その心情・・・・・引き裂かれそうな気分です。

そして・・・・シット

シットが慕い、追い求めたボラさん・・・・・駆けつけてくれて最後を一緒に看取ったそうです。
たしか、シットに呼び寄せられるように、前日にパークに足を運んだとか。

巡り合わせではない・・・・何かがあると思います。

そして、そのボラさんは、ベテランであるにもかかわらず、今、パークには足を向けていない・・・・・・・

いえ、違います。
足が向かないような気分にさせられたようです・・・・・おそらく、スタッフに。

でも、僕はこれは書けません。
人から聞いた又聞きだからです。
事実を歪曲してしまったら、このボラさんに謝罪では済まない非礼をすることになりますので。

きっと、誰かが真実を語ってくれると思います。

僕が望むのは、「全てを飲み込んで、もう一度ワンコのために戻って欲しい」

今こそ、このボラさんのようなワンコ目線で戦うボラが必要なんだ、と思っています。



今まで、僕は広島の件に関しては、自分で見たこと、聞いたことを主眼として、出来る限り噂や又聞きは書かないようにしてきました。

しかし、事ここに至っては、ある程度の確証のある又聞き、噂、等は書かせていただきます。(でも、自分で、これはおかしいと思うものは書きません。)



昨夜、あるボラさんから苦悩のメールをもらいました。

先々週のボラの時、倉庫の中で、ゲージの整理をしているとき、横に分けてあるゲージが邪魔で確認すると、ボラと一緒に来たスタッフが大阪に運ぶから、と。その後、その大阪行きのゲージの整理をした、と。これって、加担したことになるのかなぁ、と真剣に悩んでいました。

その時、考えたのは、広島から大阪に行ったワンコたちがいたから、そのためかなぁ、と思ったそうです。

事情の説明はなく、大阪へ運ぶから、と。

僕はこれを物資が消える原因とは言いません。

それよりも、このゲージは何のために大阪に?と言う疑問の方が強いです。

今、考えると、これは大阪から広島へワンコを移送するためのものではなかったか、と思うのです。
事実、大阪の動管から保護したワンコを広島へ連れてくる、と言う話を聞いたことがあります。

”このためか・・・”

あるいは、別の場所で使うために、移送するのか・・・・・推測しかできません。

このボラは加担なんかしていません。
物資を言われるまま整理し、スタッフの指示通り準備しただけです。
ボラは純真、スタッフは不純?

いえ、このスタッフでさえ、もしかすると理由も知らずに準備させられているだけかも・・・・。




撤退宣言・・・・・・・
ムーブの放送・・・・・・
シットの死・・・・・・
ボラの噴火・・・・・
そして、代表への告発もある様子・・・・・

目に見えない何かが動き始めた気がします。

過日の書き込みに「この時期にナナパパさんがボラをしたのは必然ではないかと・・・・(オカルトチックですみません)」というモノがあったのを記憶している。

まあ、僕のボラはそこまでの必然性は無いでしょう。
でも、この一連の変動は、オカルトではない、何かを感じます。

胎動か・・・・・・

一気に走り始めたか・・・・・・

もっと、声を、現地の生の声を・・・・・

僕よりも数段苦しみ悶えながらじっと歯を食いしばっている多くのボラたちの叫びを・・・・・


今、ボラが立ち上がるときが来たと思う。
だから、まず、声を上げよう。
後方支援が「これを待っていた!」と喝采を上げるような現場の声を!


全てのボラが、全ての支援者が、必然であるのかもしれない。

このとき、この場所に集まるという必然性。

このとき、こうやって支援をする必然性。



これがワンコが呼び寄せたボラと支援の輪。
ワンコ目線で、踏ん張っていこう。


現地へ走れる人は、ボラに行きましょう。
多くてもイイじゃないですか!
多かったら、お互いに声を掛け合い、元気なボラ精神を見せつけましょうよ。

ワンコ目線で、ワンコを救うためのボラへ。
お互いに話をして、今こそ・・・・心の叫びを!


 『ボラをなめるな!』


PS:今、現地に入ったボラから報告。本日11時過ぎで犬ボラ20名程度。以上。


uran_nana2003 at 11:47コメント(14)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

2006年12月01日

広島 初心を取り戻せないものは・・・・

まず、昨日の記事のアップに訂正があります。


フードを搬送してもらった山口の保護団体ですが、200頭ではありませんでした。
オッチャンが20頭。別のオバチャンが80頭、更に別のオバチャンが100頭、の合計で200頭でした。
また、今日食べるフードが無い、と言う記載ですが、フードそのものが無い、のではなく、いつも食べさせている「鶏がらスープを混ぜ込んだフード」を作るための「鶏がら」が無いので、フードへの食いつきが悪くなる、と言う内容での、フードが無い、と言う意味であったそうです。

情報確認が遅くなり申し訳ありませんでした。

上記のように訂正させていただきます。

でも、それぞれ、近所の方の協力を得ながら環境を大事にし、ワンコたちの保護を続けておられる様子。本当に頭が下がります。
こういう細々と保護活動を続けている方もいるのですね。

皆さんのおかげで、そういう地道な活動を多く知ることができました。

少しでも、多くのワンコたちを救えるように、いろんなところにアンテナを張って情報収集をし、皆さんにお伝えできるようにしていきます。

一人一人の力は小さいですが、こうして多くの方の思いが集まれば、それは必ず大きな力になります。
それを確信して、進めていきたいと思います。






さて・・・・・

広島から帰って以来、記事を書いては消し、消しては書き、の繰り返しです。
消し去った文面はパソのデスクトップに「ボラ報告」として残してあります。

いつか使う日が来る、そう思っていました。
でも、刻々と状況が変り、新たな情報も入り、文章校正ばかりする羽目になっています(汗)

そして、昨夜(もう明け方か)「シットが逝った」と言うメールを受け取りました。
危ない、危篤だ、と言うブログを読んでいたので、不安だったのですが、やはり・・・・ダメでした。

死因はあるでしょう。
そして、その原因となったものもあるでしょう。
でも、一つの命が消えたことは、紛れも無い事実。

もっと、初期に詳しく徹底的に検査をしていれば・・・・・あるいは、と思えてしまいます。
それをしてもらえなかったシット。
残念です。悔しいです。

せっかくレスキューされたのに。取り戻せた命を・・・・・




改めて書きます。

広島ドッグパークの悲惨なワンコを救うためにAAが突入してくれました。
そして、実際に多くのワンコが救われました。
これは事実です。
そして、この点に関しては、本当に感謝の気持ちです。

でも、今、この混乱を招いているのも、まぎれもなくAA。

広島以前のAAを知る人もいます。昔は違った、という感想です。
もしかすると、昔は本当に愛護団体だったのかもしれません。昔を知らない僕は何も言えませんが。

少なくとも、多くの支援金を、手厚い医療と看護にまわせるのに、まわしていないのも事実。
多くの支援物資がありながら、倹約しろ、だの、在庫が無い、だのと使わないで在庫にしていることも事実。
そして、他団体へフードの譲渡を許可しているが、あくまでも安めのフードのみの譲渡であり、高めのフード、医療食は出していない(これは獣医の処方が必要な場合もあるので一概には言えない)ことも事実。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

昨日のアップでも、できるだけ熱くならないように辛抱しました。

冷静に倉庫の現状をアップしました。

でも、今、僕の中で我慢の限界を越しました。

僕が、倉庫の現状をアップしたのは・・・・・・

まだこんなに在庫がある。
ワンコに使うならどんどん使え。
なぜ使わない。
犬ボラの要望をもっと素早く実現しろ。
どう見ても、余る物資をどうするつもりか。

それを疑問符として投げかけたかった・・・・・・



昨日のボラの数・・・・・・A−1が午前中二人だけ。A−3も二人。そう聞いています。

事情があるのはわかります。
どうしようもない状況もあるでしょう。

でも、昨日は現場から、足りない!と言う悲鳴が届いています。

今、ここでワンコを見棄てたら・・・・・思うつぼです。


僕は、本音では、あのムーブでのボラ盗人発言で切れてます。
でも、できるだけ落ち着くように自分に言い聞かせていました。


昨日は書けなかった・・・・・いや、書かなかった。

今までも書けなかった。


ごめんなさい。
今日は、読みたくないようなことを書くと思います。




現地のボラの心は、不安と疑問と不信でぐちゃぐちゃである。
少なくとも、物資ボラは、そうである。
ただ、それを言葉に出さないのである。

言葉に出すと、お互いの疑問や不満が火山のように噴出してしまうのが怖いのである。
僕もそうだった。
疑問に思うこともある。不満を感じることもある。
(もちろん、不満とは、ボラ環境のことなんかでは断じてない。ワンコの環境、世話、に関する不満である。どのボラも、自分の環境には何一つ文句も不満も抱いていない。身銭を切ってやっているのだ。ボラは無償、当然だ。)
でも、言葉には出さなかった。

出せば、収まりがつかなくなる。
みんな、すべてを飲み込んで、ワンコ目線、ワンコのために、と踏ん張っているのである。

「頑張る」ではない。

「踏ん張る」である。

崩れそうになる自分を自分で叱咤激励し、笑顔で楽しく作業をしているのだ。
これは、物資も犬も関係ない。
大多数のボラが、そのはずだ。

ボラと言ってもいろいろいる。(ああ、なんかこのセリフもいやだなぁ)

互いにワンコ目線で踏ん張っていても、感じ方、とらえ方、それぞれ千差万別であろう。

AAを擁護するボラ。
AAを批判するボラ。
AAを嫌うボラ。
AAが好きなボラ。

きっとこんな感じだろう。
でも、みんな目線はワンコ。
その一点だけは、ずれていない。
だから、みんなまとまって作業ができる。

実際に作業をしている間、頭の中は、目の前の作業がすべてであり、ほかの事を考える余裕はあまり無い。

だから、休憩のときや、昼のとき、夕方の作業終了になると、顔色は変化する。
フッとした時、顔が暗くなる。溜息も出る。

物資ボラは多くの善意の物資を前にして「なんで・・・・」と言う思いである。
こんなに多くの善意が集まっているのに、なんでこんなに人を信じられない環境があるわけ?
なんで、こんなに疑う気持ちを持たなきゃならないわけ?


譲渡会までは、感じなかった。

譲渡会では、いろいろなトラブルも多かった。でも、みんな、ワンコが幸せになるために、と精一杯処理をして、苦情をなだめ頑張ってきた。

でも、譲渡会以降、突然バリケンの販売が中止されたり、バザーそのものが中止になったり、と・・・・・・

いつのまにか、AAを疑う気持ちを持ちはじめていた。
AAの反応の遅さが、それに拍車をかけたのだろう。

でも、仕方ないよなぁ。という思いがあった。
ムーブの放送日までは・・・・・・



ムーブ放送の日。情報は入らなかった。
ボラの雰囲気も普通であった。

でも、携帯でミクシーから放送内容を読み、ボラ盗人発言を知った。




僕の中で完全に何かが変った。



「僕が盗人?」

よくも言ってくれました。

一部のボラに対する言葉、とはいえ、その一部は特定できない。
と言うことは、僕も、その「一部のボラ」である可能性があるわけです。

ボラ全体を批判したのと同じである。
他のボラとは、この気持ちは話していない。
話せるわけがない。
でも、きっと、みんな同じ気持ちだろう。

あの発言は、ボラのインタビューで出た「支援物資が消えているんですよねぇ」と言う発言がベースであろう。
ボラは、暗に「AAが大阪へ運んでいるのでは」と言いたいのだ。

それに対して、代表が「運んでいない。とすれば消えるのはボラが持ち去っているんだ」と言いたいのでしょう。
確かに代表から見れば、消去法でいくと、そういう答えになりますね。スタッフが大阪か別の場所に運んでいなければ、ね。

それは逆にボラの立場からすると
「自分たちボラが盗ってない以上、考えられるのはスタッフだ」という消去法が成り立ちます。

本当の泥棒が入っていない限り、です。

でも、泥棒が盗んで嬉しい物資でしょうか。
バリケン?
医療フード?
首輪?
リード?
ササミジャーキー?
盗んでも高値では売れませんよね。

そして、ボラは盗んでいません。

となると、僕の答えも消去法ですが、スタッフがどこかへ運んだ、としか出てこないのです。

まあ、これは証拠物件が出ない以上、堂々巡りの議論でしかありません。

(もちろん、ボラのフリをした何者かが現地に紛れ込んでいる可能性も否定できません。でも、この時期にそれをして何のメリットがあるのか。
メリットを見つけられない以上、可能性は低いと思います。)

でも、僕はボラです。
そして、そのボラが、盗人のように言われている。
これを問題視しているのです。

ボラ無しでは到底できなかった世話です。
そのボラを、こともあろうに盗人扱いです。

所詮、AAから見れば、ボラは駒だったんですね。
文句も言わず、黙ってAAの指示通り動けばいいのです。
自分の判断や批判は御法度。

現に、大阪のAAのスタッフが退去させられたのも、意見書を代表に出したとか、意見を言った、とか、が原因でしょ。

と言うことは、ボラだけでなくスタッフも駒でしかない?
代表と統括の意見がすべて?

ボラでも、代表の心にしたがったり、同じ考えであれば自然と優遇されるし、笑顔の会話も冗談も出るのは、僕自身がお二人と話して確認済みです。
もっとも、これは初期の頃の話ですが。

最近は、顔は笑っていても、目は笑っていませんでした。



AAがこのワンコを救う突破口を作ったことは事実。
これは、ものすごく感謝している。

でも、だから、AAがすべて正しい、とは言い切れない。

これから先、AAがきちんとした報告なり発表なり、をして、AAが保護団体としてまともな団体である、となったとしても、この発言が存在する以上、僕は今のAAを信じられない。

ボラに対して、きちんとした謝罪がない限り、僕はAAを許すことはできない。
スタッフ個人を信じることはあるかもしれないが、組織としてのAA、そしてあの発言をした「あの方」とは今後、一線を画す。
言ってはいけない一言を言ったのだから。

でも、ワンコがいる限り、信じられないAAでも、僕は動く。
止められても、ワンコがいる以上、僕は動く。

ボラが行かなければ、ワンコは金儲けの道具にされる。
それだけは止めないと。
これ以上の悲劇はもういらない。


僕は、以前から書いている。

僕は、ワンコと仲間のために動く、と。
今もそうである。
だから、AAがどういう団体であれ、ワンコがいて、仲間がいる以上、僕は動く。

人は人で動く。
ワンコのため、であっても、やはり、人で動くのだ。
だから、僕は広島の結末を絶対に見る。
このまま、手を引けば、ワンコや物資はどうなる。

この結末を見ない限り、自分の中で広島は終わらない。


----------------実は、上の−−−−−−−−からここまでは昨日書いていた。
アップしようかどうか悩んで削除したものだ。

これをどうするか悩んでいたが、やはりアップする。

支援金の問題。
支援物資の問題。

どこに真実があるのか。
どれが真実なのか。

わからない部分も多い。

でも、目の前にある現実は幻想ではない。
そして、自分が見たこと、聞いたこと、直に感じたこと。
そこに真実があると思っている。
噂ではなく、自分を信じる。


もし、このままボラが減れば、結末は見えている。

AAの思うつぼだ。

物資もワンコも広島から消え去るだろう。


なぜそう思うか。

広島の犬を救う、と言う目的で突入して、まだその犬は残っている。
その犬たちに、なぜ充分な治療を施さず医療費を使わないのか。
里親に行ったワンコたちの体調をなぜ、充分なケアを施さないのか。

「充分な」である。
補助金だ、一部だ、などというけちな了見での話ではない。
それだけの支援金が全国から集まっているのだ。
使って当然の支援金を、なぜ、出さない。
獣医師会がどうの、では無いはずだ。

光熱費?
ボラの食事代?
どこのボラが金を払ってもらって飯を食った?
僕は食ってない。
物資のボラも食ってない。
炊き出しか?
2回しか僕は食ってない。
中には、金を払ってもらって食ったボラもいるのかもしれない。
すべてのボラにアンケートをとったわけでもないしね。

でも、ボラの食事代、と明言するなら、すべてのボラに食わせろ。
一部のボラなら、一部のお気に入りのボラ、と明言しろ。

(食い物の恨みは恐ろしい、って知ってるよね)

まさか、昼飯に支援物資差し入れのカップラーメンがそうだ、とは言わないだろうなぁ。

「充分な治療」
それが先決である。
シェルター?
大いに結構。作ればいい。
でも、今、必要なのは、シェルターより初心の「広島のワンコ」の完全治療ではないのか。
あまったら、シェルターでも何でも作ればいい。

「余ったら」であって「余らせた」ではない。
そこを間違ってもらっては困る。

支援物資だって、もっと犬ボラの要望に従い、どんどん使うべきだ。

ボラが駒ではなく、スタッフが駒になるべきだ。

なぜ、それをしないのか。
欲しいのは理由などの言葉ではない。
行動なのだ。
わんこのための具体的行動なのだ。
間違わないで欲しい。
行動とは「充分な治療」である。よそに連れて行くことではない。
どんな理由をつけても、この点が変らない限り絶対に信用に値しない。


なぜ、そこまで僕がこだわるか。

それは・・・・・・・初心を忘れているからだ。

「違う」と言うなら、その証拠を出して欲しい。
目の前の広島のワンコを見ながら、その証拠を出して欲しい。
ワンコの瞳を見ながら、答えてもらいたい。
シットの亡骸を前に誓ってほしい。

初心を忘れた人間は、もはや金の亡者である。

当初の目的を達せずしてシェルター云々など片腹痛いわ。

多くのボラの皆さん、報道に振り回されるな。
今、必要なのは、ワンコ目線でワンコを救うボラなんだ。

ボラがワンコを、物資を守らずして誰が守る。


AAのスタッフが守るのか。
守ると言う確証があるのか。

AAにワンコの所有権があろうが無かろうが、そんなことは関係ない。

所有権があったとしても、目の前のワンコを救うのにボラは不可欠だ。

今まで大事に大事に守ってきたワンコを、金儲けの道具にさせてもいいのか。

大切に大切に扱ってきたワンコを、ボラを駒としか見ていないAAに任せるのか。



昨日の記事でも書いた。


初心を忘れ、ワンコ目線でワンコを救えないものは・・・・去れ!

心あるボラが、最後までキチンと面倒を見てくれる。
それだけの多くのボラがいることを僕は信じている。

仲間だから。
同じ、ワンコを救おう、と言う志を持った仲間だから。
僕は仲間を信じる。




uran_nana2003 at 17:43コメント(62)トラックバック(4) 
広島ドッグパーク 
見に来てくれた人の数