2006年12月21日

広島 御報告

今朝、帰宅しました。
本日お休み。疲れたからね。

さて、もうすでに、ムーブでも放送され、2チャンネルでも多くの情報が流れたボラ達の合同質問行動。

前日夜半に出発して、高松中央ICあたりから、岡山広島県境あたりまで、電話の連続。話し続けてた。あ、イヤホンマイクですので御安心を。

翌日の体制やら、内容、などの打ち合わせの連続でした。

経緯・・・・・・・

前回の広島行き、30分の差で現地に間に合わず、悔しい思いをしたまま引きずっていました。帰るにも腹が立ちすぎて帰れず、広島をウロウロしながら気を静めて、知り合いのボラ仲間の自宅に転がり込んで、コーヒーなぞしばいていると、同じボラ仲間からメールが。

「どうにも我慢ができない。やっぱり疑問に答えてもらいたい」と。

そこから、今回の合同質問の話が生まれました。

その場で、メール相手と計画の練り直し。
さまざまな検討後、いったん帰宅。

翌日の仕事を終えて再び山陽道を疾走。

そう、流星号は、突然現れるのです。

そして、前述した車内電話の嵐になっていったのです。

現地に着く前に、パーキングで仮眠・・・・のはずが熟睡(笑)

目が覚めると、回りは明るい!

”ぎゃ!また間に合わなくなるのか?(汗)”

時計を見ると、6時過ぎ。

”ほっ、まだ間に合う(ここは小谷のSA)”

必死で走り(流星号がですよ)なんとか、友人宅にたどり着きコーヒーを一杯!
(団地内で迷子になり、5分も団地を迷走。ワカリニクイ)

打ち合わせすることは、すでに車内で終わっているから、深呼吸の連続。

20日撤退の噂があるだけに、今日を逃すと、もう質問が出せない。

その不安と、現場を想像することへのプレッシャーで、脈拍が速くなる。


しかも、最大の不安は、最強の相方である「おとめかあちゃん」が動けなかったこと。駆動輪の片方が無いことへの不安。逃げ帰りたかった。

不安を押し殺し、ボラ友達の車に便乗し、現地へ。
ボラたちが三々五々現地入りしたのでは、変なので一旦集会場に集合。

不安な顔のボラさんたちに、今日の内容を再説明。

「暴挙ではない」
「暴動でもない」
「今までの疑問に答を頂きたい」
「犬の搬送先を知りたい」
「紳士であれ(淑女であれ)」

などですね。

で、10時に現地へ。
ひさぶりの現地です。妙に懐かしかった。

しかし、現地には代表も統括も不在だったため、在籍したスタッフさんに質問を行い、回答を求める。
このシーンは、一部ムーブにアップされていましたね。

複数頭を搬送するときに、その搬送先を教えてもらえなかったことに対する疑問に関してなど、一部は間違いであったことは認めていただけました。

しかし、それ以外の搬送先の保護団体名や、ホストファミリー、里親さんたちなど、犬の行き先への質問には「代表と連絡を取ってから」「代表が帰ってから」と回答を保留され、そのスタッフは事務所へ。

再度、質問をしたい、と求めると「自分に答えられるものなら」と男性スタッフのかたが。

ドーベルマンの死に関する搬送までの時間についても、5分と答えていた内容について、間違いであったことを認めていただけました。

そのスタッフが自らかかわったこと以外の疑問には、お答えはいただけませんでした。

まあ、そういう質問のやり取りの中で、女性スタッフの方が「あなたにだけは言われたくない」と言うような内容の発言をされ、ボラたちから一斉に疑問の声が上がりました。この部分の放送はありませんでしたが。まあ、犬の問題とは違う次元の話ですので、仕方ないですね。

でも、あの言葉の意味を知りたい、と思うのは当然だと思います。

僕のブログでも、よく、発言には責任を持ってください、と言う批判レスが良く書き込まれます。どなたが書いているのかまでは、わかりませんが。

それと同じで、あの時の発言にも、自分で出された言葉ですので、責任を持っていただきたいと思います。
そのご自分の発言の意味を説明していただけないことが不満であり疑問でもありました。

その後、代表が30分程度で帰ってくる、と言う話がありましたので、その間に休息とマスコミさんのインタビューを受けていました。

ここからは時系列がごちゃごちゃです。
どれが先だったのか、記憶があやふやです。
それほど緊張していましたので。
時系列の狂いはお許しください。

緊張で口の中がカラカラになる、と言うことを久しぶりに体験しました。


代表と統括が戻られた時は、マスコミが代表を取り囲みインタビューをしていましたが、代表の着替えとかもあるのでしょう、一旦事務所に戻られました。

再度出て来られた時もマスコミが代表を取り囲みインタビューを続行していました。
ボラ達も後ろから話を聞いていましたが、ある程度インタビューが終わると、もう話すことはない、予約も取らずに押しかけてきているマスコミの話は聞けない、と言うような主旨のお話で戻ろうとされている時、あるマスコミが追いかけるように代表に質問を投げかけると、「情報を金で買うようなマスコミの取材は受けない!」と激昂(僕にはそう見えた)されました。さすがに、そのマスコミも思わず、それはどういう意味ですか、と突っ込んでいると、証拠を持ってくるから待ってなさい、と言い残して事務所へ。
ずいぶん待たされ、次に戻られた時は、その話ではなく別の話になっていました。証拠提出はありませんでした。

また、先に女性スタッフから回答のあった、代表が戻られたなら、その質問にお答えします、という部分に関してもお答えはありませんでした。
まあ、こちらが再度聞かなかったのが悪いのでしょう。

傷害事件の話にもなり、代表がインタビューで答えていた「顔中傷だらけ」発言について、引っかき傷ぐらいで傷だらけ、ではないでしょう、と言うボラの発言に「あなたは見ていたのですか。現場を見ましたか?」と代表が突っ込まれて、そのボラは「わたしが見てませんが・・・・・」とためらった時、隣から「僕は現場にいました。見ています」「わたしも現場で見ました」という実際に現地にいたボラたちが多数声を上げました。
代表は「じゃあ、写真を見せてあげる。傷だらけの写真を」と言い、再び事務所に戻りました。

写真を撮りに帰るには長すぎる時間を待ち、事務所に「あのぉ、ボラが待っているのですが」と聞きにいくと「今、プリントアウトしているから待ってなさい。誰が入っていいと言いました?」「出なさい」「待ってなさい」と連発されました。

あのぉ、ボラたちは部下でも生徒でもじゃないんですけどぉ・・・・・・

きっとあれだけの時間を待たせるのだから、2〜30枚の写真を持ってきてくれるのか、と思ったら3枚でした。

そして、その写真を見せて「どうですか?これ、傷でしょ。傷ついてますよね。これでも傷ついてないと言うんですか?」と。
(傷だらけでしょ、とは言わなかった)
ボラからは「傷だらけじゃないですね。引っかき傷が三箇所ですね」と。

「そういうことは警察が調べることだから、あなたが言うことではない」と言う趣旨の発言で、はい、終り、と戻りかける代表に別のボラが・・・・
「ボラが物資を盗んだ、と言っていますが何がどう盗まれたのですか?」と問いかけると「それは、あなたの胸に手を当てて考えなさい」と発言。

あのぉ・・・・胸に手を当ててもわからないから聞いているんですが・・・・
証拠がある、とおっしゃっていたから証拠を見せて欲しいと思ったワケなんですが・・・・

思わず、僕が追いかけ、「待ってください、代表!」というと、
「誰が入っていいと言いました!?出なさい!」
「まだ他にも・・・・・」
すべてを言わせてもらえず
「出なさい!あなたに話す必要はありません。今、警察を呼んでいますので!」

しばし互いに無言でした。
初めて怒りを瞳に出しました。

それまではできる限り冷静に、礼を尽くし、挨拶もし、頭も下げ対処しました。
しかし、その時は、怒りで言葉を失いました。

「わかりました。警察を待ちます」
そう言えたのは数秒がたってからでした。


ゲートの外に出て深呼吸をしながらボラたちに状況を説明し、警察が来るからそれを待って事情を説明しますと伝えました。

警察が来るならその前に帰る事は卑怯な行為に写ると思ったからです。
悪いことはしていません。
暴動も罵詈雑言も罵声も、何一つありません。
やましさはないのです。

しばらくすると、都合4台の警察車両が。
全部覆面パトカーです。
正直焦りました。
まるで「特捜最前線」(古い!)みたいなデカさんがぞろぞろ降りてきて
パトカーのおまわりさんじゃなく、デカさんですよ、刑事さんたち・・・・

”僕って悪者?犯罪者?”って言う気分です。

そのまま警察の責任者の方が「代表の人は?」と問いかけ、ボラさんが僕を呼ぶのでいつの間にか、その日の代表になってしまいました(苦笑)

そのまま警察の人たちに囲まれ再度パーク内へ。
このシーンが、2チャンネルに流れ
「ナナパパ連行!?逮捕!?」というとんでもない情報が流れたのでした。
2チャンネルの皆さん、御迷惑をおかけしました。

中に入ると、連れ込まれた、と言う雰囲気ではなく、カメラがアップで事務所を追いかけているので、もっとこっちへ、と奥に奥にと入り込み、そこで、今日の状態を聞かれたので、合同で質問してその回答をもらいたかった、暴動ではない、暴言も一切ない、と説明。当然、僕はすすんで免許証を提示し、自分のすべてを開示しました。やましさないですから。

で、質問の内容を一つ一つ説明し、資料となる以前の質問書を提出。
その上で、面談を強要すると「強要罪(?)」になるので、早く解散しなさいね、と。(僕、強要せず、お願いしたつもりなんですが・・・・・強要できるほど強くないし権力ないし・・・)

僕は「先ほど最終の答を統括から頂いたので、もう解散するところでした。警察の方が来ると聞いていたので、待っていただけです」と。

で、警察の方に促されボラたちを集めて、説明を

「これ以上、ここで打つ手は・・・・・・・・・・・・残念ですが・・・・・・・・・・ありません」

「とりあえず・・・・・・・・・・・車を置いてる場所まで・・・・戻りましょう」

この言葉の空白は事実です。
悔しさと、もどかしさと、怒りと、何もかもがごちゃごちゃになって言葉に詰まりまくりました。
こみ上げてくる悔しさに堪え切れませんでした。


ボラの疑問に何一つ満足できる回答をもらえず、何一つ教えてもらえず、一方的に「入るな」「君たちに話す必要はない」「出なさい」でした。

犬の世話をしている時も、里親が決まって巣立つ時も、搬送される時も、その都度、世話していたボラさんに、行き先を伝えてくれていれば、ボラたちは安心して見送ることができたはず。

それをしてもらえず、犬の行く末に不安を覚えたボラに対し、それでも情報を開示してくれない。
確か、代表は「一対一なら話すから、代表だけ中に入って」と言われました。でも、みんなが代表の口から聞きたかったのです。ですからそれを拒否し平行線のままでした。

なぜ、一人なのでしょう。みんなに話せは済むことなのに。
みんなからさまざまな疑問を出されるのが困るのでしょうか?

今まで、ボラを続けてきて疑問に思ったこと、不安に思ったこと、それを聞きたくて行ったのに、満足する回答どころか、話すら拒否される部分もある。
立ち入ることすら許されない。
現在、管理されているのは確かにAAですが、そこまでかたくなに拒否すると言うことは、ボラの質問は「反対勢力」と言うことなのでしょうか。

質問すら許されない。
犬が心配で、それを聞いているのに、弁護士が個人情報の開示になるので答えられない、と言うからダメだ、と。

挙句の果てに、全頭幸せにするから、里親に出すから、と言い、保護団体に預かってもらう、と説明しながら、事実は大阪のペットショップへ。
そこのオーナーはインタビューに「一月に行われる譲渡会に出す、と聞いている」と。

決まっているのではないの?
一部が決まっている、のではなく、全頭決まっていないの?

地元ではボラたちがすでに、受け皿としての保護団体を構築しています。
もう、その保護団体は完成しています。

その受け皿を母体としての交渉はすでに、別のブログで書かれています。
メンバーの名簿を提出しないと信用できない、と拒否されています。

すでにリストは動管にも提出されています。
行政でもない一民間保護団体のAAに名簿を提出する必要性はありません。
動管に出ており、動管がチェックしているのです。

まして、名簿とは、個人情報の坩堝です。

里親や保護団体の情報は出せない、と言いながら、その一方で名簿を出せ、と。



昨日の広島行きを含め、今月だけですでに5回広島に行っています。
11月をあわせると、10回を越える回数です。

そのほとんどをブログにはアップしませんでした。
僕のブログはAAの方に見られています。

ですから、何回も黙って広島に行っては、ボラさんたちと会っては話を続けました。
皆さんとともに受け皿作りもしました。広島の動管にも行きました。

そしてやっと、昨日です。

でも、何も納得できませんでした。

犬の行く末を案じ、犬の幸せを守りたくて、動きました。
単に、今、目の前の犬が里親にもらわれていくだけでは不安なのです。

それは、AAのダーク性を感じるからです。
将来にわたる犬の幸せを感じ取るためにも、犬を守りたかった。


すべて納得がいきません。
疑問は一つも解消されないまま、増大しつつ、レスキューの邪魔をしたのは「反対勢力のボラだ」と言う形で、すべての幕を引くつもりでしょうか。

犬を心配する善意のボラを、悪者に仕立て上げたまま、反対勢力の抵抗や邪魔が入りましたが、無事、全頭レスキューができました、と発表するのでしょうか。

行き先のわからない犬。
最初から頭数不明のまま。

増えたり減ったりする犬の数。
有り余る余剰物資。

すべて謎と疑問のまま、今日、撤退会見があると聞いています。

同じ時間に、僕はこの記事をアップします。


最後のあがきかもしれません。
もと早くやれよ、と言われるかもしれません。

すべてボラを守りつつ犬を幸せにしたい、犬を助けたい、と思ってやってきました。
犬たちが、安心して里親さんの元で幸せになることを願っています。

僕の広島は、とりあえず終わりました・・・・・・・
でも、広島ではまだボラががんばっています。

必要とあらば・・・・・・流星号は再び走ります!



PS:
コメントは、現在「下書き状態」で保存しています。
書き込みはできますが、ブログには反映されません。
皆様の書き込みはしっかりと読ませていただいています。
忌憚のないご意見をお聞かせくださいね。
原則として反映予定はありません。御了解をお願いします。


uran_nana2003 at 13:02コメント(0)トラックバック(0) 
広島ドッグパーク 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
見に来てくれた人の数