二條未鈴の占いラ・ビアン

ひろしまの母、二條未鈴が日々感じたことを書きます。

5
2022年の夏、異常な暑さと、コロナウイルスの感染拡大が全国でピーク状態となっています。

8月6日、広島に原子爆弾が投下されて77年とたりました。
8時15分の黙祷から平和公園での一連の式典を、テレビの前で釘付けで見させて頂きました。

2月24日から始まったロシアのウクライナへの戦争を、テレビで見ていますが、今の私達の平和な日常が有り難く感謝しないといけないと痛感の日々です。

6月22日、占いラ・ビアンのホームページを作って貰い、2018年からスタートしたプラチナクラブ主催の「わくわく健康講座」の広報チラシもお願いしていた山代さんが、68歳の若さで亡くなられました。

また、私が尊敬する論理的でシャープな発想と実践力のある山下洵子さんも68歳で、東京に行かれ5ヶ月後にお嬢さん宅にて亡くなられました。

「わくわく健康講座」では、協賛の一般社団法人:農・食・医同源センターとして、講師のご紹介やご参加をしてくださる人にアピールして下さいました。

プラチナクラブの協賛は、第18回の講師(株)玉屋の児玉賢司さんまでですとの事でしたが、山下さんは、ご自分の未来をすでに察しておられた様な気がしています。

山下さんは私は、家が近かったので、いろいろと楽しい事を一緒に過ごし、ただ悲しくて今年の初盆の供養を8月15日にお寺でさせていただくしかありません。
山下さんとの充実した時を、大事にしながら、明日に向かって歩むことが私の人生と思っています。

5
第19回わくわく健康講座を9月にBIG FRONTひろしま5階で開催します。

その前に私、二條未鈴からメッセージです。

新型コロナウイルスの感染者が、全国で20万人を越えている今、行動制限をせず、経済活動もコロナ禍以前と同じように過ごしています。
一度しかない人生を、豊かに幸せに楽しく生きるには、どうすれば良いのでしょうか。
9月4日(日)の「わくわく健康講座」の講師 先川孝徳様は、その生き方のコツを実践を通して摑まれています。
やり方は「平凡な事実」の中にあるとのことです。
この講座をチャンスとして、これからの人生に奇跡を起こしませんか!
お会い出来るのが楽しみです。

IMG_20220715_104659


第19回わくわく健康講座(いきいき活動ポイント講座)
プラチナクラブ主催
【日時】令和4年9月4日(日)13:00〜15時30分
※受付開始は12:30となります。

講師 先川孝徳(さきがわ たかのり)
テーマ 「三つの宝」

スケジュール
講演(1時間)、記念撮影、わくわく交流会(1時間半)

講師プロフィール
・昭和31年安芸高田市生まれ。
・広島県警察官として36年奉職。
・定年後エネコム勤務、民生委員、行政書士として勤務。
著書「いのち支えた三つの宝」。

講演内容
1999年秋の胡大祭で暴走族が大暴れしたことで翌年4月からその取締りに従事。
以後4年半少年犯罪の実態と向き合い、その過程で知り合った、トイレ掃除、ハガキ道、玄米菜食を通じてのエピソード。
日本で起きている現実問題に気づきこれから先のあり方を共に考えたい。

【主催の二條より一言】
先川先生は芸能人のような華やかさがあり物腰柔らかで素敵な方です。
自信を持ち歩まれてこられた人生観がお人柄に表れており、ぜひ皆様に会っていただきたい先生です。

【会場】
広島市社会福祉協議会
広島市南区松原町5ー1
TEL 082-264-6416

【プラチナクラブとは】
この会は健康で心豊かな生きがいのある人生を送るために、心身の健康と美を得るための企画をする。
会員相互の交流を通して人生100年時代を「プラチナ」のように輝いて生きる事を目的とする。
代表 二條未鈴

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【事務局】
占いラ・ビアン内
広島県広島市中区八丁堀11ー10 KSビル7F
TEL 082-221-3027
   090-9730-1889
FAX 082-578-4718

お電話の際に、氏名、住所、電話番号、メールアドレスをお伝えください。
FAXでも大丈夫です。

5
7月10日の参議院選挙は、自民党の圧勝で終わりましたが、突然の安倍晋三元首相の死があって、ただ驚きと悲しみの日々です。

私は、人の運命について考える良い機会を与えられたと思います。

運命と簡単に考えるという事を具体的に説明すると、乗っていた車が事故を起こして死んでしまったら、それがその人の運命なのです。
自分の寿命であれば死ぬでしょうし、寿命がまだ尽きてない人は、ビルから飛び降りても死にません。

人の運命には法則があり、自分の代だけでなく、自分の生き方が子や孫に遺伝していくと言われています。
自分がここに居るということは親がいて、そのまた親がいてというふうに何百年もの間に何千人もの親たちからずっと繋がっているのです。

その完成品が今のあなたなのです。
人は決して一人で生きているわけでなく、運命は自分だけで出来上がる事はありません。

今日一日を感謝して楽しく過ごしたいですね!

IMG_20220715_075808

5
占いラ・ビアンのホームページがトラブル発生で更新できないので、予約の方はこちらの電話番号にお願いします。

予約専用電話番号
090-9730-1889 二條未鈴まで

ご予約の方はお名前、連絡先の電話番号、どのような相談かをまとめて、ご連絡ください。

すみませんが、よろしくお願い致します。
6月の予約はまだ空いております。

5
2018年6月からスタートした“プラチナクラブ”は、健康で心豊かな生きがいのある人生を送るために、心身の健康と美を得る為の「わくわく健康講座」を開催しています。

また、会員相互の交流を通して人生100年時代の絆を深めながら「プラチナ」のように輝いて生きることが目的の会です。

6月5日(日)第18回「わくわく健康講座」は蟠眠阿了玉賢司社長でした。
沢山のご参加をいただきありがとうございました。

テーマ:死から教えられていること、でしたが、映像を見ながらの説明でしたが、今生きていることの大切さを再確認し、いろいろと考えさせられました。
〈なぜ葬儀をするのか〉
‘体の喪失→火葬してお骨になる
故人とのこの世でのお別れをする→精神的に区切りをつける
死を通して、残されたお方が無常観を知り、より人生を充実したものと考える機会になる→ご縁をいただく

人間は、目の前のことを一生懸命にやることしかない。

〈生き方、死に方の指南〉
インドの中興の祖であるガンジーが言っています。
『明日死ぬかのように生きよ!永遠に生きるかのように学べ』

人間は元気なうちは永遠に生きれるように思いがちですが、万人に死は必ず訪れます。
終末期の精神的にも体力的にも弱っている時に、
「どこか旅をしてみたい」
「やりたかったことをやってみよう」
と思っても出来ません。

また、「もうこの年だから勉強しなくてもいいだろう」などと人生を無駄に過ごすのもだめです。

亡くなる直前までがその人の人生です。
亡くなる直前に「人生に悔いはない!」
と言えるような人生を送りたいと思いました。

IMG_20220610_065547


当日の集合写真です。
みなさん、ご参加ありがとうございました。

5
2020年春から全世界に広がった新型コロナウイルス禍の中、今迄の考え方が適用しなくなり、生き方や考え方を再確認せざるを得なくなり、人間学でもある「東洋の帝王学」と呼ばれている算命学での占い鑑定をされる人が多くなりました。

実は算命学は、人と人が助け合い、許し合い、力を合わせてより良い世の中を作るための処世術でもあるのです。

人間は「人の間」と書くように、人の中で生きています。
別の読み方は「じんかん」。
家族、友人、職場の仲間、そして袖擦り合う人々。
私たちの人生は常に、まわりの人たちとの人間関係で形成されているのです。

「人生とは、間に合う人になることである」と言われています。
間に合う人とは、まわりの役に立つ人のことです。
そうでなければ社会から孤立してしまいますし、「幸せになりたい!」「成功したい!」と願っても、ひとりでは何もできません。

算命学は、まず自分を知ることからスタートします。
鍵になるのが生年月日です。
そこから割り出される干支番号を知れば、自分が自然界のどのグループに属し、どんな個性や才能を授かり、どうすれば社会と融合して人の役に立って、より良く生きていけるかが分かります。

また、まわりの人たちとの相性も分かります。
相手の性格を知ることで隠れた心の内が理解でき、不用意な衝突を防ぐことが出来るのです。

「東洋の帝王学」と呼ばれる算命学の占いは、実は人と人が助け合い、許し合い、力を合わせてより良い世の中を作るための処世術を知ることが出来ます。
今の自分をまず知ることが次へのステップになります。
人生は一回切りの夢一杯の旅です。
コロナ禍の今こそ、自分を知ることから出発してみてください。

二條未鈴

5
4月3日(日)のわくわく開運講座にご参加くださり、ありがとうございます。
大元和貴弁護士はみなさんに、講演の内容の要約、概要のレジュメを渡してくださいました。
だから分かりやすく、お話を聞くことができました。

みなさんからは、
「来てよかった」
「為になるお話が聞けた」と
好評の声ばかりです。

本当にありがとうございました。

IMG_20220410_121250


みなさんでの集合写真です。

5
第18回わくわく開運講座を6月にBIG FRONT ひろしま5階で開催します。

IMG_20220405_123249


第18回わくわく開運講座(広島市 いきいき活動ポイント講座)
日時:令和4年6月5日(日)
   13:00〜15:30
講師:株式会社 玉屋 代表取締役 児玉 賢司(こだま けんじ)
テーマ:死から教えられていること

株式会社 玉屋 代表取締役 児玉 賢司
・広島市出身 62歳
・広島県葬祭業協同組合理事長
・NPO全国葬送支援協議会広島支部支部長
・終活講座を公民館、老人会などの依頼でさせていただいております。

多くのお方の葬儀をさせていただく中でその「死」を通して、生かさせていただいている命の大切さを感じております。
これまで多くの「死」に直面する中で教えられたことをさまざまな事例をもとにお話させていただきます。

広島市社会福祉協議会
広島市南区松原町5番1号
BIG FRONT ひろしま5階
TEL:082-264-6416
主催:プラチナクラブ
協賛:農・食・医 同源研究センター

プラチナクラブ
この団体は健康で心豊かな生きがいのある人生を送るために、心身の健康と美を得る為の講座を開催する。
会員相互の交流を通して人生100年時代を「プラチナ」のように輝いて生きることを目的とする。
代表 二條未鈴

事務局:広島県広島市中区八丁堀11ー10 KSビル7階 ラ・ビアン内
TEL:090-9730-1889
FAX:082-578-4718

占いラ・ビアン
https://uranai-labian.com

参加費(会費2,000)円です。
皆様のご出席を心よりお待ちしております。
住所、氏名、電話番号、メールアドレスを電話の際にお伝えください、FAXでも大丈夫です。

5
一月は行く。
二月は逃げる。
三月は去ると言われていますが、もう四月はすぐそこですね!

この世に生きる全ての人は、明るい未来を求めているはずです。
自分と家族が幸せになり、その状態が少しでも長く続くことを願っているのは間違いありません。

ではその為にどうするか?
その為のヒントとアドバイスを与えてくれるのが占いであり、算命学なのです。
今年はどのような星が回り、それが自分にプラスになるか、マイナスになるかが分かります。

もしマイナスの星が回ってきていたら、それを避ける方法のアドバイスを与えます。
たとえば天中殺が回ってきていたら、やりたい事を天中殺明けにまで先延ばしにする。
天中殺の時期を知らず、自分の思いだけですると、大失敗をしてしまいます。
天中殺の時は弱運なのです。

算命学の占いは、自然界のルールをベースに成立しています。
考案した古代人たちは、自分たちは自然界に生きている、ならば自然界や宇宙の法則に影響されるはずだ。
一日には昼と夜があり、一年には四季があります。
そこから夜空の星を見つめるようになり、運命の謎への探求が始まったと思います。

空を見つめると、12年に一度、同じ場所に戻ってくる星があります。
後にそれを木星と名付け、暦の基準とするために歳星と呼ぶようになりました。
これを含め、火星、土星、金星、水星の5つの星の動き、太陽や月も入れて7つの星の動きに目を向けるようになります。
これが一週間の七曜日の始まりです。

天空にある5つの星、つまり五行に当たる星に陰陽をつけて十種類。
この十種類を空間現象ととらえ、次に時間現象として木星から学んだ十二種類を組み合わせて、総計60種類の干支を編み出しました。
この干支は60年を経過すると干支に戻ります。

これを還暦と呼びます。
陰陽説と五行説、それを組み合わせた干支から徐々に個人の運命から国家の運勢までも占えるようになったのです。

古代中国で生まれた土着宗教であり道教を故郷とする算命学は、自然界と宇宙の法則を体系的にまとめた東洋の予知学です。
それと同時に、未来の当たり外れだけを見るのではなく、自然界の法則をベースに人はどう生きるべきか?どうすれば運命を切り開くことが出来るか?を本来の目的とした人間学です。

運が良いから舞い上がり過ぎる事、また運が悪くなりそうだといって落ち込む必要はありません。
物事にはすべて意味があるからです。
自然界に目を向けると、上りっぱなしの山もなく、また下がりっぱなしの谷もありません。
運勢がたとえ下がったとしても、それは一時的なこと。
むしろそこには天が我々に何かを気づきなさいと暗示を与えていると捉えるべきです。
算命学は開運を指南する予知学です。

5
第17回わくわく開運講座を4月にBIG FRONT ひろしま5階で開催します。

IMG_20220327_093546


第17回わくわく開運講座(広島市 いきいき活動ポイント講座)
日時:令和4年4月3日(日)
   13:00〜15:30
講師:弁護士・大元和貴(おおもと かずき)
テーマ:身近な法律のお話

法律というと小難しい、関わりたくないお話のようにも思えます。
しかし、ご近所関係から相続まで知らないことで不利益を被ってしまうことも沢山あります。
自分の身近で問題になりうる法律の話を易しく紹介します。

・1986年 広島県広島市に生まれる
・2011年 中央大学大学院法務研究科卒業
・2012年 広島市中区の大元・秋山法律事務所に所属し、現在に至る

大学病院や国立病院等の法律顧問や多くの病院で倫理審査委員会委員や監事に就任している。

広島市社会福祉協議会
広島市南区松原町5番1号
BIG FRONT ひろしま 5階
TEL:082-264-6416
主催:プラチナクラブ
協賛:農・食・医 同源研究センター

プラチナクラブ
この団体は健康で心豊かな生きがいのある人生を送るために、心身の健康と美を得る為の講座を開催する。
会員相互の交流を通して人生100年時代を「プラチナ」のように輝いて生きることを目的とする。
代表 二條未鈴

事務局:広島県広島市中区八丁堀11ー10 KSビル7階 ラ・ビアン内
TEL:090-9730-1889
FAX:082-578-4718

占いラ・ビアン
https://uranai-labian.com

講師の大元和貴弁護士に、交流会でいろいろ質問をしてみましょう!
生きていく日常の日々で法律知識は必要だと思いますよ!!

参加費(会費2,000円)です。
皆様のご出席を心よりお待ちしております。
住所、氏名、電話番号、メールアドレスを電話の際にお伝えください、FAXでも大丈夫です。

このページのトップヘ