結婚まとめ~恋愛・結婚式・結婚式二次会まとめ

恋愛・結婚式・結婚式二次会などの情報をまとめるサイトです。ジャニーズ・AKB・三代目JSB・EXILEなど芸能関連の恋愛から占い・結婚式・2次会などの話題もお伝えします!

2018年02月

no title
1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/02/04(日) 18:38:44.54 ID:CAP_USER9
http://www.asahi.com/articles/ASL215D8JL21PTIL01N.html

 昨年の「新語・流行語」年間大賞になった「インスタ映え」。より「絵になる」シーンを投稿しようと、SNSユーザーは工夫を凝らす。ただ、行きすぎた行動に出る人や、日常の充実を「演出」する人もいる。

「リア充アピール代行」で「いいね!」2倍に

 多くの友達と一緒に日々の生活を楽しんでいるかのような写真をSNSに投稿したい――。そんな望みをかなえるため、「友達役」の男女を有料で派遣する「リア充アピール代行」のサービスがある。

 結婚式への代理出席などの代行業を手がける「ファミリーロマンス」(東京)が2年前に始めたもので、派遣料は1人2時間で8千円。同社によると、昨年10月はハロウィーンパーティーの需要もあり、50人ほどが利用した。25~35歳が多く、「いいね!」が欲しかったり、フォロワー数を増やしたかったりする人が目立つという。

 派遣された「友達」は、依頼者とあだ名で呼び合い、会話で盛り上げる。どうすれば「いいね!」をもらいやすい投稿になるか、アドバイスもするという。

 一緒に夕食をとるシーンを撮影するための「おしゃれでスーツが似合う20代女性3人」や、バーベキューの様子の撮影のための「男女5人」の派遣を依頼したことがある女性(26)は「パリピ(パーティーピープル)感のある投稿をしたかった」と振り返る。実際、派遣を依頼した投稿は「いいね!」の数が2倍程度になり、フォロワーも急増したという。

 男性2人の派遣を依頼した会社員の男性(35)は、一緒に楽しく筋力トレーニングをする様子を投稿した。自身のインスタをフォローしてくれている部下に「親しみやすいイメージ」を伝え、距離を縮めたいと思ったという。

 ファミリーロマンス代表の石井裕一さん(36)は「『ニセの友人』と批判する人もいるが、需要がある。ニーズに合わせてサービスを充実させたい」と話す。

 美しい港の風景が広がる神戸市…

残り:849文字/全文:1629文字

引用:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517737124/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

no title
1: 影のたけし軍団 ★ 2018/02/09(金) 11:21:02.65 ID:CAP_USER9
東京都は結婚を後押しするため『東京2020オリンピック・パラリンピック、あなたは誰と観ますか?』と題した動画を制作した。
小池都知事は「結婚するかしないかは個人の自由であるし、自分の人生観に基づいて決めること」としつつ、
「でも9割の方が望んでいてもなかなか一歩を踏み出すことができない。結婚を望む方々の明日への一歩を応援したい」と述べた。

国の調査によると、全国の18~34歳の未婚者のうち90%近くが「いずれ結婚するつもり」と回答する一方で、
東京都の生涯未婚率は男性が26%で全国3位、女性が19%で全国1位となっている。

こうした状況を受け、東京都は結婚を後押しする映像を制作。
映像では交際中の2人が1964年の東京大会をきっかけに結婚した祖父母に思いをはせ、結婚へと踏み出していく様子が描かれている。
3日に公開され、東京都のHPなどインターネットで見ることが可能だ。

婚活支援サービスを手掛けるパートナーエージェントが行った「若者の結婚観の調査」によると、
2017年は10代、20代の男女とも「結婚したい」が半数を超えているが、2016年に比べると減少傾向にある。

一方「結婚したくない」の割合も減少、「わからない・答えたくない」が増えており、一概に結婚したくない人が増えているというわけではなさそうだ。
また、理想の結婚年齢は10代、20代の男女ともに「20代」が増えるなど、若者の結婚観に変化が起こりつつあるのかもしれない。
https://abematimes.com/posts/3674605

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518142862/

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ